FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
黄昏のしたで。
ワタシがたまに通る、家の裏手の川沿いの堤防。土手の上に近所の人が置いたらしい手作りのベンチとか花壇とかがある、なんとも田舎っぽい平和な風景。
そこにですね、毎日(多分)おじいちゃまが二人、夕方になると近所の子供が川沿いの空き地で遊んでいるのを眺めてお話してるんです。おじいちゃまっていうか、まあ、恋人同士ですね(必然)。ワタシはたまにこの道を車で通ると、今日も恋人たちが逢瀬を重ねてるわふふ、なんてハートウォーミングな風景なのかしら、心が潤うわ、よし、今日も一日誠実に生きよう…(後数時間だけど)!とか思ったりするわけです。
そんな密かな憩いスポットに変化が。ここ数日、おじいちゃまがお一人しかいないんです…。動揺するワタシ(ストーカー)。え?おじいちゃまどうしたの、今日はお一人なの?恋人はもう帰られてしまったの?何か用事があったの?と胸を痛ませつつ過ごしていたのですが、遂に今日。お一人で淋しそうに傘を持って(そう!この日は日中雨だったの!雨あがりの夕方だったの!)帰るおじいちゃまの姿が!

ぶわわっ!
(湧き上がる涙)

セ、セニョリータ…!なんて淋しそうな背中なの抱いて抱いて抱いて抱いてセニョールは何処?!セニョールが抱いてくれないならいっそワタシが!(痴女)ああああああああ一つの恋が終わるとはこういうことなのね…その背中が全てを物語っているよ…。なんて哀しい背中なのセニョリータ。セニョリータを抱きしめてくれる新しいセニョールが現れることを願ってやまない…。セニョールが戻って来てくれれば一番いいけれどね…そしたら、ワタシがセニョールをセニョリータの分まで悲しませたことを叱ってあげるよ…(そして通報されるよ…)。

ていうか、このブログは二日連続でJ禁か…。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。