FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
絵本カフェ
テレビで紹介されているのを見て行ってみたかった絵本カフェに行ってきました~v漫喫の絵本版?店内にある絵本読み放題…至福…。ワタシ、絵本だいすきなんです…。子供の心を忘れられない大人なんです…。(なんかさもしいなそれ)でもちょっと前に「大人のための絵本」とかブームが一瞬あったような。大人にこそ癒しが必要なんだよー。絵本は癒しなんですよ…。あの、凄く簡単な文章内に秘められた教訓の多さというか得るものの多さというか…。行間を読む!究極版といった趣。
絵本にもいくつか種類があって、たとえば子供に何かを教える、数の数え方とか動物の種類だとかそういう教育面を重視した本とか、昔からある物語(かぐや姫とかさるかに合戦とか)をわかりやすく噛み砕いた本とか、ただただ突出した感覚の中での世界を展開していく本(バーバパパとか)とかがあるのですが、ワタシがその中で一番好きなのは「教訓系」のお話です。「100万回生きた猫」みたいなの。(ずっと転生を続けた猫が自分の生において何が大切かを漸く悟り、その存在ナシに生きても意味がないと言って100万回目の生で終えるというお話です。人生において必要なものは千差万別だけれど、幸せに死ねるかどうかはその生き方に掛かってる、みたいな教訓と受け取り)(ワタシはね)あらよるも大振り分けするとこの系統なんだろうか…。ビレバンとかで扱ってる絵本はこの系統が高くて好きです。というかビレバンが好きなんですが(笑)。なんかねー、もう一冊いい本があったのですが、タイトル忘れちゃった…木と少年の話…少年が生まれたときからおじいちゃんになって死ぬまで、その木が少年を愛し続けましたというお話…緑の表紙の…あああ思い出せないー。
あと教訓というか、ただただ言葉が響く絵本というのもあります。「どんなにきみのことすきかあててごらん」という本。もう、そのタイトルまんま、大きいうさぎと小さいうさぎがお互い自分がどれだけ相手のことを好きか言い合うお話です。可愛い!可愛い!最高!(あとラブモノでは「しろいうさぎとくろいうさぎ」も秀逸!)
絵本の数はとにかく多くて、多分一生かかっても全部読むことは出来ないと思いますので、こういう機会に読みまくって、その中で一冊でもお気に入りが見つかればめっけもの…と思ってます。それに子供ならではの感覚というか、そういうのにあわせた行動展開をするお話は読んでいて新鮮で楽しい…。絵本博物館とか近くにあったらいいのにな、と思ってます。長野にあるんですよねー、黒姫だったかな。言ったことあるけれど、平日のイイカンジの空き具合…。もっと近所にあれば通うのですが、長野は遠いのう…。それに購入に際しても、昔は岐阜とかにあるような絵本専門店に行ったりしたものですが、今は買うものさえ決まっていればネットでお買い物ー。らくちんらくちん…。ただ、集め始めるときりがないので(洋書だとお高いし)厳選して自粛してます…うん、自粛…。
ところでその絵本カフェはお茶一杯で時間制とかは全然ないし、店長さんもとても優しいいい方だったのでお気に入り店として心にブクマ。ちょっと駅から歩くのと駐車場ないのと17時閉店といった点であしげく通うのに困難なポイントもあるので、多分癒されたい!と爆発したときに寄らせてもらうお店になりそうです。
スポンサーサイト



Designed by aykm.