ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
【王道設定バトン】
F原さんより、なにやら変わったバトンを頂きました~(いつもありがとうございます!)。【王道設定バトン】指定されたキャラで下記の設定に当て嵌めて答えるバトン?
ぎんたまで指定頂きましたので、ぎんたまキャラで当て嵌めて答えてゆきたいとおもいまーす!

【1】 昔から共に生きてきた主と従者。主は?

局長で。…ディフォルト?

【2】 相方をかばった怪我が原因で記憶喪失に。記憶を失ったのは?

副長で。…姫のような局長がご覧いただけるかと!

【3】 敵に操られ仲間を攻撃!操られたのは?

王子で。…敵に操られていても、局長は攻撃いたしませぬ。

【4】 新任の先生と入学したばかりの生徒。先生は?

銀さんで。…だって、銀八せんせー…(笑)

【5】 出会ってしまった民間人と王族。(もしくは貴族)民間人は?

ええ?マダオですか?(何故だか庶民の代表)

【6】 傷ついた天使(妖怪など人外の者でも可)を保護した人。人は?

えと、ペドロさんで。善人なので。

【7】 小学生を預かることになった専門学生。小学生は?

九ちゃんとかどうでしょうか。

【8】 追う立場の探偵と追われる立場の怪盗。探偵は?

ヅラいっとこか。すごく役立たずな探偵で、ワトソンのが優秀なパターン。

【9】 霊感もなくいきなりその存在を知った人と新参者な(守護)霊。人は?

駄メガネで。…パチはそういう巻き込まれ型主人公。

【10】 雨に濡れたペットを拾ったご主人様。ペットは?

エリーしかいない。

【11】 自分が側にいない時に事故にあい意識不明に。眠り続けているのは?

局長で!局長!きゃっきゃ!(姫属性はすべて局長)

【12】 前世に結ばれていた二人。その記憶を持つ者と持たぬ者。持つ者は?

銀さんで。…なんだか、銀さんはそういう哀れな役が似合う…。

【13】 ある店で共に働くホストとバーテン。ホストは?

グラさん?

【14】 冤罪を晴らすために逃げる賞金首と賞金稼ぎ。賞金稼ぎは?

追うのが陸奥で、追われてるのが坂本かな…(笑)。

【15】 死刑囚or終身刑犯罪者と看守。看守は?

ザキで。…なんとなく(笑)。

以上でーす!イメージ合わなくても失笑する程度で心にしまっておいてやってくださ…。
そして、バトンは回すことに意義がございます。つーことで。
T姉⇒ばってりで。
ミッコ⇒ダイAで。
なんか、超身内に回した気分(笑)!
スポンサーサイト
南瓜鋏ネタバレ感想~!
あたくしの風邪はどうやらママにうつったらしい…です…よ…可哀相に…(お前だ)。まだ咳が止まらないので病原菌を撒き散らしている気分です。(気分どころか)(病原菌そのもの!)早く治りたい…。

南瓜鋏を読みました~♪前々から気になっていたのですが、アニメ化したときにチェックしそこねてたんですよね…。ネタバレ感想でーす!
ジャンねたばれの日~!
うーん、風邪が全然治らない…でも熱だけはさがったので、日常生活への復活でつ。鼻水によく効く薬ってなんだろう…。
風邪を引くと食欲がまずガツンと落ちるものですが、今回はミニストのマンゴパフェが始まったので、意気揚々とアイス生活に浸ってました。好き!アップルマンゴー一番美味しいですよねー!mango.jpg
こんなにごろごろ…!贅沢!

一週間すこーんと日記をサボってしまいましたが、おおふりの新刊!出ましたね!&ジャンネタバレ感想、ダブルで以下つづきまーす!
うーん…
パソは生きてるのですが、本体のほうがダウン中…。
月曜からこっち、ぬくぬくと体内で風邪ウイルスを養殖してます…。順調に成長中…。
Lamentoプレイ日記~
夕方からママと車でお買い物に行ってきました。ていうか、ママにアイスを買ってもらうために引っ付(黙)。携帯と免許証だけ持って行けばいいので、こないだ買った和柄のがま口カバンを引っ掛けていったら、それを見たママがなんだかえらくお気に召したらしく一言。「これくらいなら、ママ作れるんじゃないかな。作れるよね。うん、作れる作れる」。
ミーの楽観的なところは絶対におかん似だよ…!(確信)
遺伝だよ、これ、遺伝だよ、このアバウトさ…!どうやったらがま口カバンを自分で作れるなんて発想になるんだろう。いや、まあ、ママ頑張って…。お好きになさるといいよ…。(ママの趣味はパッチワーク)

それはさておき、うちの近所に田舎のアウトバーン(笑)的な直線道路があるのですが。滅多に通行人もいないし、車もそんなに通らないっていうか、信号の繋がりがいいし広い道路なので渋滞しない。で、スーパーからの帰り道、その田舎アウトバーンを通ったときの話。
直線の途中に一個だけある押しボタン式の横断歩道。それが押されたらしく、ノリノリで駆け抜ける気だったミーの目の前で信号が黄色に変わります。
「ちっ!なんだよ、どこの誰だよ、この道路でボタン押すなんて!どうせ車通ってないんだから、勝手に歩けYO!」とか舌打ちした心の狭い成人女性のことは脇に置いておいて、その信号が青に変わる前に既に道路の半分以上を歩いている三人の男性が。
「ああっ、やっぱり横断歩道を信号無視して歩いてる…!なら信号押すなYO…!」と思ったワタクシの考えを裏切るように、信号が青になると同時に小学生くらいの男の子がひとりたたたっと駆け出して、信号無視して渡った三人の男性に追いつきます。
…どうやら、信号無視したその子の兄と父と祖父らしき年代の男性に、ひとりちゃんと横断歩道の信号が青に変わってから渡った子供、という構図らしい。

………!

ショック!雷に打たれたようなショック!
「いちいち横断歩道の信号の色変えずとも勝手に横切れYO!」とか思った誰かさんの心の汚さはさておき、保護者三人が信号無視して歩道を渡り、ひとり男の子がちゃんと押しボタンを押して信号が青になってから渡っていったこの事実…!
ちょ、ちょっくらショッキングすぎませんか…?親御さん、その態度でいいの…!?(ほんと人様のこと言えた義理ではございません。ええ、まったく言えない女ですがそれでも尚)
大人のモラルとか保護者の教育責任とかそういう言葉じゃなくて、道徳心という言葉が脳裏を過ぎりました…。
道徳心…。
昔は学校にも道徳の授業の時間てありましたよね…。道徳心て言葉、今の若い子は知ってるのかな…?
ワタシは産んでも育ててもいないので子供を産んでから成人させるまでの責任と立場について人様にいえる立場ではありませんが、それでもさすがにどうよと思わずにはいられない…。
あの男の子はいい子だった…。当たり前のことをしてるだけなのに、いい子に見えた…。
ピュアなものを見ちまったYO…。
そんな、ワタシ、親にアイスをせびって朝グレンを録画し損ねたことに何時までも打ちひしがれてる場合じゃないんじゃないの…?もっと世界は広くて素晴らしいものだと思い知るがいい、自分…。

けれど、買い物から帰ってきてまずしたことが、Lamentoを立ち上げることでした。
汚れきった大人らしく、ネタバレ感想でーつ☆(☆をつけときゃすべてが誤魔化されるわけでは)
封神再読。
バトン回答のために思い出したからか、封神が読み返したくなったので、いそいそと発掘作業に勤しんでみました。
結果、11巻までカムバック。

…またか…!

どうしてこの家は漫画が消えるんだ…!(うしとらも然り)この家っていうか、ユーだよ…!(自己完結)
でもとりあえず11巻まではあったので読み始め。しょっぱなから申が出てきて、そういえば申太だったことを思い出しました/笑。キャラ紹介的な前半よりも封神計画の真相が暴かれる後半のほうが個人的に好みなので、やっぱりない後半をどうにかせねば…と思ったり。聞飛をね!読まないとね!
どっかにあるんだ…この家のどっかには、あるんだ…(うしとらのときも同じようなこと言ってた気がします)
結局その後レンタルで借りてきて最後まで見ましたよ、封神。(そこまでして読みたかったのか)(うん)読み終わって、結構な巻数嵩むお話なのに、無駄な話(本編に不必要な絡み)が一話もなかったことが凄いなーとちょっと思いました。
連載当時は結構話の矛盾とか設定ミスじゃない?的なのを突っ込みいれながら読んでいた気がするのですが、通しで読んだらそれはそれでいいんじゃないかと。ていうか、細かいことなんていいじゃん、これだけ絡み合ったのを頑張って辻褄合わせて終わらせたんだから的な(笑)。
リアルタイムでどうだったか忘れてしまったのですが、今回読んだらラストの「導はなくなったのだから」みたいなモノローグに感動して泣けてしまいました。ああ、ここに行き着くための始まりだったんだなー、と。
キャラはやっぱり天化が好きでした。で、カプは申太。かなあ。当時は確か発雷も好きだった…。どのキャラも味わい深くて素敵です。人がざくざく死んでゆく話でもあるので、リアルタイムで同人やってたら気が気じゃないジャンルじゃないかなーと余計なことを思ったり/笑。

中国で数えられる有名な物語は、西遊記と水滸伝と三国志とこの封神の四つで、名前は知ってるけど原作を読んでいません。どれも興味はあるしすごく面白そうなんだけど、読むまでがしんどそうで手が出ない…。…だって、字面で名前が覚えられないんだもん…。手の出ない歴史小説(のようなもの)に対する取っ掛かりとして、噛み砕いた漫画って大切ですよね…封神みたいにね…。(水滸伝と三国志は横山御大がお描きになられてるのを読めばいいのか…/三国志は張飛が死ぬあたりまでは読んだような覚えが…)西遊記は噛み砕かれすぎているので、誰か原作そのまんまにラストまで漫画にしてくださらぬものか…。
ストりんぐす感想~
最近…またちょっとおパソ様のご調子が思わしくないらしく日々強制終了の嵐です…。なんかね、起動もおかしいし…。
ワタシ知ってる、こんな症状知ってる…!去年(二回連続で)パソが壊れる直前もこんな挙動不審なカンジだった…!
というわけで、ワタシが電脳から姿を消したら「ああ、ついに壊れたか…」と思っていただきたく(いやここは携帯からでも書き込めるんですが)。今度は直さないよ…即買い換えるよ…ああでもビスは嫌だ…(うだうだ)。

それは置いといて、弦楽器見てきました~。弦楽器って直訳だなー。弦で操る人?いいやもう、ストりんぐす(笑)。
ネタバレっていうか、「すとりんぐすが今年度のアカデミー賞で間違いないわ!(くわっ)」と感動胸いっぱいのレイディは回避ください。例によって近場の映画館で全然上映してなくて、郊外まで一時間半かけて車で行ったのですが…どうして市内でやってないのかちょっとわかった気がする…うん…。
やさ竜のあれが届きました。
本人もすっかり忘れていた、やさ竜の全員サービス小冊子が届きました~。わー、こういうのって忘れたころにやってくるんですよね…(笑)。
ポストカード(ビーンズ版の表紙六冊分の絵柄かな?)と小冊子のセットです。小冊子は書き下ろしと幻の続編収録(これは見たことある)と漫画版の予告漫画と四コマ。
以下、書き下ろしのネタバレ含みます。気になさる方は回避くださーい。
腐女子限定強制バトン~!
おー、なんかミッコすげえもんまわしてくれたなー(笑)。凄いものが廻ってきましたヨ。「腐女子限定強制バトン」。
なんか聞くからにしんどそうなのですが(笑)、せっかく頂いたバトンなのでれっつらごー。腐女子とのことで、BL仕様で頑張ろうかと思ったのですが、全然駄目でした(笑)なので、色々混在します…。

以下、長いので折りたたみ収納~。
Lamentoプレイ日記~
ふへ。
新しいお財布をついに決めました。といっても日常使いのお財布ですが。nina.jpg

になりっちの春の新作です。緑のラインちゃんが可愛いなあとは思ったのですが、今までになりっちにとんとかかわりのない人生を歩んできたので、どうしようかと悩んでいたのですよ…。結局コレ。
買うときは「まあ、次にいいのが見つかるまで」と思いながら買ったのですが、中身を詰めてカバンに入れてみたら思ったよりも全然可愛くて仕方なくなってきてしまいました。この子可愛いよ!可愛い!裏地も緑だから、横から見ると超緑!黄緑だけどさ…。
なんだか思わぬ収穫な気分です。いやあ、お財布が壊れてから長かったなー(笑)。
でも難点もあって、収納が前のお財布の半分以下なので、カードケースを別に持ち歩かないといけないんですけどね…。もしくは、スリムな子なので、これをお出掛け専用にしちゃうかな、とか…。
でも念願のがま口なので、暫くは使い込もうかと思いまーすv

Lamento剣士ルートクリアーしました~。ワンコルートをやってるときに全然気付かなかったのですが(それもどうよ)剣士の声が森川さんだった…!一気に燃え上がるテンション。森川さんに喋ってほしーい(笑)!以下ネタバレ感想でーす。
ジャンねたばれの日~
今日のお昼は昨日買ってきた551の豚まんでーす。551の豚まんはあんなに中身が詰まっていて美味しいのにお値段も普通だし、なんて謙虚で可愛いのかしら…。
大満足で豚まん食べた後、車のブレーキランプが切れていたのでまた近所のガススタに持っていきました。そしたら、ついでに点検してくれたエンジンオイルが真っ黒。真っ黒!こんなに真っ黒なの、ちょっと久々に見たよ…!(久々て)えええ、何コレ~と雄叫んだら、いつものお兄さんが「いやあ、前回変えなかったから…」と突っ込み。
そういえば、三月の定期点検のときに時間がなくて、ああ、いいです今度また持ってきたときに変えてください~とかいってそのままにしていたんですよね…。
どうりで最近加速ののび具合が「?」ってカンジで、もうこの子も年なのかしら…という踏み具合になっていたはずですよ…。昨日大阪行くときも、この車で行って無事帰ってこれるんだろうかとちょっと不安になったのも否めない。(結局電車)こんなに真っ黒でそれでもエンジン回してくれてたなんて…!なんて、なんて不憫な子…!ていうか、マジごめーん!
車に平謝りしつつ、ランプと一緒にオイルも変えてもらいました…。オイルを入れ替えた(勿論フィルターもお陀仏)うちの子は軽快に加速してくださいましたよ…。
ついでに、実はタイヤの食いつき具合も、なんだかぶれるような気がするなあと思っていたら、お兄さんが「溝はまだ大丈夫なんですけど、ちょっと劣化してますから変えたほうがいいですねー」と教えてくれました…。そうか、タイヤもか…。

どうでもいいことですが、車を運転してる人って自分の車のコンディションは見た目じゃなくて走りで感じ取ると思います。特に毎日ハンドル握っていると、違和感てやっぱり伝わってくるんですよね。多分世の中のドライバーさんは多かれ少なかれそんな感じだと思うのですが…。(車との付き合いの長さもあるのかなあ)いやいや、今回は車に申し訳ないことをしてしまいました…。

そして月曜日!二週間ぶりのジャン!
GW大阪イベントお疲れ様でした~。
大阪イベでーす!新刊ない女が言う言葉ではないのですが、これで漸くGWが終わったって気分ですね…。皆様今年もお疲れ様でした~!
今回は一日遊ぶ体力もなく(笑)会場と家を直行直帰です。もったいない…(笑)。
難波にワタシのだいだいだいだい大好きなラーメン屋さんが店舗を出したと聞いたので、それくらいは行こうかとちらっと思ったのですが…。難波って梅田と場所逆だったらよかったのにな…(笑)。次回は是非。でも次回は夏ですか。夏にラーメンですか。翌々回は是非(笑)。

さて、地元に戻りミッコと別れて帰りのバスに乗ると、そこにはわんさかと子供が。日曜日なのに何この団体さん、と聞き耳を立てていたら、どうやら学童保育(って今も言うのかな?)らしき子供たちが引率のお兄さんに連れられて科学館へ社会見学へ行ってきた帰りだそう。
それ自体は大したことではありません。きゃいきゃいした子供に目を瞑ればスルーできる自体です。
けれど、ワタシのセンサーにスルー出来ないものが引っかかってまいりましたよ…!

引率の、おにいさん。

おにいさんが、二人。ふ・た・り…!(センサーMAX)

子供たちはそう多くないバスの座席の空いてる場所に別れて全員座っています。その引率の先生らしき人二人は真ん中あたりの席に座ってました。二人で。(グッジョブ)ちらりと見る。お兄さんたちは二人とも二十代後半から三十代前半辺りの若いお兄さんでした。
けれど、ほかの人が乗ってきてバスが動き出すと、一人のお兄さんは席を立って後部座席の子供たちの傍にいきます。そのままずーっと子供たちの話し相手をしてあげてました。もう一人のお兄さんは静かに座っています。
どうやら、一人がお元気タイプのお兄さん、もう一人が物静かな青年タイプのお兄さんらしい。そうか、パパとママか…!夫婦か…!めおとか…!!
帰ったら夕ご飯だからね、なんて話をしながら、その子たちは帰途の途中で降りてゆきました…。降りる際も、元気なお兄さんが小声で静かなお兄さんに「前の子たち頼む」というと、無言で頷く静かなお兄さん。降りるバス停に着くと、後部座席の子供たちに声を掛けながらおろしてゆく元気なお兄さんと、前のほうの一人掛けの座席に座って居眠りしてた子供たちを「ほら、○○起きて」と静かな声を掛けてゆくもうひとりのお兄さん…!最後は並んで去ってゆきましたよ…!

ああ、なんかいいもの見た…!ときめいた…!青春きた…!

田舎ならではのほのぼのさです…。ご両親が働いている間預かっている子供たちを、あのお兄さんたちが面倒見ているんだ…きゅん!みたいな。(学童が日曜日もやっているのか存じないので、もしかしたら養護施設の子供たちなのかしらとも思うのですが、そんなことはどうでもいい…)
いいなー、ときめくなー。またばったりバスとかでお会いしたいものです…二人セットで。
蜘蛛男3ネタバレ感想~
蜘蛛男3見てきました~!公開から一週間ずらしただけあって、いつもどおりの独占公開(笑)。いやあ、やっぱりあの映画館好きだな!万歳!

というわけで、がっつりネタバレでーす。未見の方回避ください。
レメントプレイ日記~
去る年の後半某日、エロゲに勤しむワタシにちゃーちゃんがぽつりと仰いました。
「ユー、エロゲばっかりやってるけど、BLゲはやらんの?」

ぽろり。
(目から鱗)
そ、そういえばBLゲーは嗜んだことがほぼ皆無…!ちゃんとやったのは王子様くらい?好きしょも学ヘヴも咎狗さえも触ったことすらございません…。
ああああ。なんてことなのかしら…!いくら可愛い女の子のほうに興味があるからって、ゲーム界の片隅に身を置く女として、どれはどうなんだろう、ワタシ…!と一念発起。大した予備知識もないので、たまたまそのとき店頭にずらっと並んでいた商品を手に取ったのでした。

それが、Lamento初回限定版

いや、ゲームやりたいだけだから限定版じゃなくて全然よかったんだけど、何故か発売当初で限定版しかなかったんです…。さあ、これでワタシも立派な腐女子ゲーマーよ、と持ち帰り。

………えと、そこから半年くらい軽い放置プレイかな…。

(タカヤマさん、今五月
まったく、月日が過ぎるのは光陰の如しですよ…。(遠い目)
いやいやいや、冬くらいに一度開封してインストールはしたのです。ええ。…しただけなんですけどね…。インストールするととりあえずいつでもやれるや~とか思って、それで結局しないんだよ…もう判りきったこの行動。
…Lamento、漸く始めました。

何も考えずにその時出てたというだけで買ったこのゲーム。今更ながらにパッケージなぞを読んでみる。どうやらファンタジーらしい。へえ。キャラが全員普通に猫耳としっぽ常備なのは、人間が滅んだ後の世界、二本足の猫が生息する世界観だかららしい。へえへえへえ。早くに両親を亡くし、ある日突然なにかの呪いをかけられてしまった猫耳主人公が、閉鎖的な自分の村を抜け出して旅を始めるというお話…。メインのお相手キャラは三人。後は脇役を何人か落とせるらしいけれど、二股とかは出来ないので、ひとりひとりそのルートを攻略していくしかないカンジ。
オケー、でははじめましょう、とゲームスタート。
以下、初回ネタバレ感想です。
アヴリルのニューアルバム~
暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。親指の爪が半分剥がれていやーんなタカヤマです。粗忽なので自業自得です。あああ。

どうもワタシ、買ったものを買っただけで満足して放置する癖があるのですが(ミッコほどじゃないな…)、先月買ったアヴリルのニューアルバムを漸く開封しました。
アヴリル!アヴリル!声もルックスもワタシ好みの可愛さでだいすきです。2ndのとき来日してたのを見てからのファンなので、俄かファンですが…。
久々のアルバム。ダンスナンバー中心らしい。ほうほう、と再生。

………。

…うーん?ちょっと声変わった…?声というか、発生方法というか歌い方というか(同じです)。なんだかあのビブラの鼻にかかるような音の抜け方がなくなったような…!気のせい?気のせいですか?ちょっと違和感を感じてしまったのですが…。

ワタシが日本の歌手で好きなのが林檎姫とヤイコなのでとてもわかりやすいのですが、ワタシは巻き舌調で歌う人がだいすきです。アヴリルも昔はそんな感じが強かった。後これは他の歌い手さんでもそうなのですが、どうもどの歌手も初期の頃が一番好きなカンジなのです。アルバムでいうと1stで惚れこんで2ndで最高!と思い、3rdで…あれ?とか思う(笑)。勿論ずっといいなあと思えたり(それは裏を返せばそのひとがずっと変化なく歌ってるということですね。揺らがないと取るか成長ないと見るかは美妙でしょうが)、初期は全然なのにどんどん好きになる人とかもいるので一概ではありませんが。

まあ、そんな話はおいといて、アヴリル。初回版を買ったのでPVもついてたのですが、化粧も服装も変わっちゃったというか、ワタシにジャストミートだった頃からはちょっと外れるテイストです。うーん。アヴリルには違いないので、聞き続けているうちに慣れるかなあ。なんだかんだと4thも絶対に買うんだろうなとは思う(笑)。
アヴリルは本当に(外見が)可愛い…可愛い…可愛いなあ…。
お財布放浪記…。
今日は銀座にお買い物です~。いやね、T姉たちが展示訓練行くもんだから。あの人たち前のり、撤収見送り派だから、朝から夕方までずっと張り込んでるんです。ついてゆけません。なぜならガラスの脹脛は今日もスト気味です。
ということで、本日はマダムらしく(マダムマダム言うけど、ユー独身ですからね)銀座でお買い物です。地元で結局買いあぐねているお財布を捜して、ねりねり練り歩く予定。
途中新宿で乗り換え損ねて千葉県へ連れてゆかれるハプニング(もう!だから帝都の乗り換えって嫌いなんだよ…!)(でもせめて御茶ノ水辺りでヤバイ空気を察してよユー)に巻き込まれつつも、銀座到着。一番好きなのはプランタンです。一階に入ってるフルーツパーラーが特に好き。ここのフルーツタルトは絶品…(うっとり)!…だというのに、なんと、なんとなんとそのお店が四月末で閉店してました…。

orz

世知辛い世の中よのぉ…。しくしくと本来の目的であるお財布捜して銀座を放浪。でもなんていうか…地元よりも品数少な(黙)。あれえ…?銀座の方々はお財布をお求めになられないの…?帝都でお財布買おうと思ったら、もっと別の選択をしなくてはいけなかったの?ううーん。どうしようかなと練り歩いてるときにT姉から電話。予定よりも早く撤収したので品川で合流してご飯を食べることに。
あーあ、仕方ない、とプランタンの地下で今度来たら寄ろうと思っていたビゴたんちのパンを(また有り得ない本数)購入してプランタンを出て駅へ向かおうと店を出たら。

ポキン。

………。
…………。
ああああああああああああ!!ひ、日傘のホネが折れた…っ!!!
ぽかんと開きかけた傘を見つめるワタシ…。あああ。あああああ。そういえば初日二日目と風が強い中日傘差して歩いてたもんなぁ…そうか、耐え切れなかったか…。がくし。お気に入りだったのにー。三年くらい愛用したかなあ。寿命なのかなあ。
まあもう陽も傾いてきたし、ということで、余計な荷物を買って帰る事もあるまい…と傘を買うことは諦め、品川へ向かったのでした…。
で、T姉がアンミラでご飯食べたいというので(品川行くといつもアンミラね…一杯お店あるのに(^-^;))、アンミラでご飯食べて、荷物は予め宅配で送り返したので、ビゴたんちのパンだけを抱えて電車に乗ってミッコと帰宅。鎌倉から始まる帝都近辺GW日程は静かに幕を閉じたのでした…。
おうち帰ったら丁度ブレストがテレビでやってましたよー。わー。ミツワタミツワタ…。でもやっぱりアニメ映画ってCM抜きで観るのがいいですよね。洋画とか別に平気なんですけど、アニメだけはなんとなく我に返る瞬間が…。

ガラスのアレ(もうアレ呼ばわり)を気遣って行動したおかげで、体力は全然損なわれていません。ただ、帰ってきたらGWが終わるんだなあとちょっとミッコと二人で欝っただけ(笑)。休み明けの学校とか超嫌いなタイプでしたから。ええ。永遠に夏休みが続けばいいよ…人生に必要なのは適度な休息ですよ…(タカヤマさん、適度って言葉知ってて使ってる?)。
いやしかし、あと一週間くらいGWがあってもいいと思うんだ…GWっていうか、GMならいいと思うんだ…。マンスリー。うっとり…。
GW二日目~
イベント二日目の朝です。
今日も朝から元気に筋肉痛でorz。
やっぱりね…うん、想像はついていたよ…そんな、いくら両足に湿布を何枚も貼りまくったところで、この痛みが一晩で消えるわけがない…。
ということで、ガラスの脹脛を引き摺って二日目参戦です。今年のGWの東京はスペースを取り忘れた不慮の事故で両日一般参加なのですよー。
会場後、とりあえず何はなくとも局長祭。祭るぜ、祭るぜ、と痛む足を騙し騙しぎんたまスペへ。きゃっきゃ言いながら局長がお可愛らしくていらっしゃる本をゲットさせていただき、いただき、いただき…………。

燃え尽きたぜ…(アレの真似)

本当はもっとネリネリと場内練り歩くつもりだったのですが、ガラスの(以下略)。本日も昼にはつるっと撤収することにしたのでした…。ああもう、ほんと、イベント何しに来たのってカンジですよね…や、本を買いに来たんですけど…(小声)。

流石に二日連続で昼に帰って昼寝するのも、何のために東京出てきたのってカンジなので、本日はイベントアフターで千葉へ。中央港で船的なアレをコレしに行ってきました…。
千葉は…千葉には小さいお船しらいらっしゃらないのですね…。まあ、三管は羽田や横浜を抱えてるもんなー。有明から千葉経由でおうちに帰ることにしたのですが、行きも帰りも渋滞に捉まり、この距離で有り得ない時間を車内で過ごすことに。ワオ。T姉お疲れ様…渋滞の運転て凄いストレスだよねー。
なんだかいつもイベント前後って寝不足やなにやらに祟られて疲労困憊日程なのですが、このGWは有り得ないくらいまったりと過ごしましたよー。12時前に寝てる…奇跡だ…自宅にいても、こんなことは奇跡の領域です…おおお。
GW初日~
GWのイベント初日です。もそもそと起床して…起床して…起床できませんでした。
激しい筋肉痛で、た、立ち上がることも出来ない…おおう…!
足の裏の肉刺じゃなくて、脹脛が痛い…!力が、力が入りません…!これは明らかに歩きすぎじゃなくて、銭洗弁天から源氏山へ向けての急激なアップダウンによる負担の結果と思われ。あああ。あああああ。
のたうつワタシにミッコが軽く一言。「だからイベント前日に鎌倉観光なんて…って思ったんだよ」うん…。だってほら、タカヤマさん、鎌倉観光を優雅なマダム観光と勘違いしてたからサ…。

そんなこんなでどうにかT姉の車に乗り込んで、初日です。初日はお買い物殆どありません。ワタシが入場してまずしたのは、二階のベンチで休息をとることです。(駄目イベンター)
30分ほど足を休めて、よたよたと。けれど、もう会場内歩き回るような足のコンディションじゃなかったので、早々に撤退。
マツキヨで湿布薬を買って店を出たらミッコに見られて爆笑されましたヨ。アウチ。
マ、マツキヨさん…ちょっと、紙袋に入れるとか、外から見えないような配慮が必要な製品ではないかな、これは…。かなりデリケートな問題ですよ…生理用品くらいデリケートな問題です。筋肉痛はデリケートですよ…。ワタシのガラスの脹脛がギシギシ言ってるのでね…。

そんなこんなで、酒だけは忘れずに買って早々にT姉んちに帰宅。そのまま湿布付けの足でお昼寝して体力回復。T姉に夕ご飯作ってもらって買ってきた酒全部呑んでお風呂入れてもらって本日は早々に就寝いたしました…。
このガラスの脹脛は…明日はマシになってるんだろうか…。

ところで、ワタクシ、酒瓶の王冠を栓抜きなしであけるミラクル技を習得いたしましたよ。(条件付)
余計なスキルばかり磨くワタシ…。
鎌倉(遙か3)旅行~
黄金連休中日ぽっかり一日空いたので、鎌倉へゆくことに。実は初鎌倉!鎌倉って微妙に行ったことなかったんですよね…。
初鎌倉!ということで、ガイドブックを用意。「ぶらり熟年ゆとりの旅」。…ええ…熟年でね…。ゆとりの旅をネ…。鎌倉観光ということでちゃーちゃんでも誘うべきでない?とか思ったのですが、原稿で超タイトな時期のようなので、自粛しましたよ…。(賢明です)ということで、お一人でぶらり旅。実は白いジャケットとあわせようと思って買った白いサンダルとおカバンをデビューさせようかと思いまして。えへへ。サンダルでよくない?有閑マダム旅行でよくない?とそれを履いてゆくつもりだったのですが、直前で我に返りました。地図の等高線が明らかにアレなカンジの傾斜を描いている…!レンタカーを借りようかなとも思ったのですが、どうもガイドを読んでいると、鎌倉では車が渋滞するらしいので断念。わたわたとスニーカーを出すワタシ。もうね、バレエ靴とかペタサンダルとか通り越してスニーカーです。格好に構ってません。結果としてはそれが不幸中の幸いだったわけですが。
因みにうっきうきで買った新しい鞄には財布と携帯とDS(え?)と日傘入れたら一杯になったので、熟考の結果、ガイドブックは置いてゆくことに。超意味ない。でも日傘とガイドブックどっちを取るかと思って、日傘を取ったのは正しい選択だったんですよ…。
前準備を終え、朝は三時に起床。
え、タカヤマさんどこの国に行くつもり?
いや、遠足の前の日は眠れない子供なんです…。(にしても)寝るのを諦めてパソ立ち上げながら時間を潰し、日の出と共に出発(言いすぎ)。本当はうちから行くなら横浜経由が一番早いのですが、どうせ一人だし、急ぐ旅でもないし、乗り換え嫌いだし、たまにはぶらり鈍行列車の旅っぽくのんびり行こう!とのんびりコースを選択。
結局電車に揺られている二時間ずっとDSでゲームしていたので、景色なんて一ミリも見てないんですけどね…(現代っ子)。おかげでマザ3、第5章ですよ。ふふふ…。

そんなこんなで神奈川突入。大船で乗り換え迷子で30分彷徨いつつ(や、バスで行こうとして失敗したんです)、10時ごろに北鎌倉到着。本日は北鎌倉から藤沢方面へ巡る予定です(何故時計回りって、等高線が不穏当な傾斜を描いていたから/笑)。地図で見る限り、鎌倉は京都みたいに徒歩で歩ける圏内に寺院が密集しているようなので、北鎌倉で降りて後は歩ける範囲は歩こうかという作戦です。(そんな作戦立てておきながら、ミュールで来るつもりだったタカヤマさん)(我に返ってよかった)
因みに、ぶらり熟年ゆとりの旅で決めた本日のコースは以下の通り。

円覚寺⇒建長寺⇒鶴岡八幡宮⇒長谷寺⇒鎌倉大仏

一日で鎌倉の主要観光地をすべて廻ってしまおうという欲張りのゴールデンコースです。(ユー、どこでゆとりを学んだの?)試算では全行程六時間。まあ夕方寺院が閉まる時間までには回れるかな~気分でのんびりとスタート。まずは北鎌倉の目の前の円覚寺から。電車の混雑具合でもうぐったりしていたのですが、案の定、門前の石段の辺りから既に入門のための行列が。
え、マジで?(イキナリ萎える)(人混み嫌い)(観光行くな)
けれどGWの観光地なんてこんなものよワタシと自分に言い聞かせて仕方なく並ぶ。並びながら辺りを見渡してみたのですが、どうも子供が多い…学生服の子から小学生、ボーイスカウトの子まで…。そうか…最近はGWに修学旅行をなさるのですね…。さらに萎える(子供嫌い)。
境内に入ったら、子供以外に大学のサークルとか友達同士とか、とにかく団体が多い。マダムが2~3人とか女友達二人旅じゃなくて、10人単位の団体さんが。ええええ、そうなのー?ワタシいつもどおりオンリートラベルなんですが…(あまりにいつものこと過ぎて気にしてなかった…)。
しかし、山頂の見晴台(茶屋)。そこでリスと戯れねば…!と、突然ただのぶらり観光が遙か3モードに入り、気力を振り絞って人混みを抜け。
見晴台へと続く石段。
en.jpg

何の試練ですか、先生。
無理くね?一発目から軽く無理くね?ここでこの石段(写真で切れた上部にも九十九折で延々と続く)にチャレンジして、それでワタシの鎌倉観光は終わる気がする。いやまさか。まだ一件目ですよ?そんな冒険冒せない…!
というわけで、ここは勇気ある撤退を。くるりとUターン。円覚寺観光、5分で終了。(目的以外に目を向けなさ過ぎですよ…!)
いやいや、こんなの次は頑張るから、と自分を励ましつつ、円覚寺から案内看板に従って今度は建長寺へとてくてく歩き始めます。
どうでもいいけれど、細い道なのに徒歩の観光客が一杯いるものだから、すれ違うのも大変ですね…。そして、気温がありえないくらい上がってきてますよ。(日傘持ってきてよかった!)(日焼け止めしてないけど!)
後○○Mなどといった看板に騙されつつ、建長寺に到着。建長寺にも勿論観光バスの団体客がいらしたのですが、不思議と円覚寺のようにうんざりとはせずにうっきうきと入門しましたよ。(なんか多分好きな雰囲気だったんだと思います)(いつだって気分の浮沈はお手軽です)とはいえ、半僧房への道はやっぱり挫折。まあ、なんか特別公開とかで普段入れないお堂の中も入れたからいいです…。(天井の龍の曼荼羅みたいなのとかね!格好良かったのですよ!)
見れるところをすべて廻って満足して建長寺を後に。北鎌倉廻りにしてよかったー、と思いつつ、鶴岡八幡への下り坂をてこてこ歩きます。
そして来た来た、鶴岡八幡!まずは本宮でお参りです。相変わらず何の願いもありません(苦)。で、ここでお守り買っておみくじ引くんだ♪と決めていたので、まずはおみくじを。筒を振って出た棒に書かれている番号のくじを貰います。
末吉。
………。
そうか………。
ワタシ正月もその後どっか行って引いたときも、全部末吉だったんですよね…。そうか…そうですか…今年は何度どこの神様に頼んでも末吉な人生なんですね…。いっそ清々しい。
お守りは散々悩んだのですが、持ち歩くのに気に入る可愛いお守りがなかったので、これも巡り合わせかと購入断念。
そんな感じで参拝を終え、さあ、今度はと携帯を構えます。
tsuru.jpg

本宮前の階段と樹齢ン百年のご神木を激写。
きゃー!きゃー!これ迷宮ですからね!迷宮なショットゲットー!ここでアレとかコレしたんだなあ…。なんだかヲタモードが萌えあがってしまったので、鶴岡八幡からナントカ小町を通って江ノ電乗って長谷寺へ行くつもりが、一本ずらして例の教会へ寄ってゆくことに。
x.jpg

例の教会です。ワタシ的に迷宮ツアー(いつのまに)に置いて一番外せない場所です。いいのかな、入っていいのかな、と信者のふりして教会内部に侵入。沈黙の行のようなものを行っているようで、中で写真は撮れなかったのですが、心のアルバムにばっちり納めてまいりましたよ…!ああ、ここで望美は朔とめぐり合ったんだ…!と、祭壇じゃなくて椅子を視姦する怪しい巡礼を終えて、静かに教会を後にしました…。満たされた…心が満たされましたよ…ワタシにとってあのクリスマスイベントは銀髪兄弟じゃなくて、朔イベントですからね…。外せませんからね…。

心が満たされ気力も回復。混雑にも負けず江ノ電乗って、一路長谷寺へと向かいます。丁度お昼くらいだったので何かお昼ごはんを食べないと…と頭の片隅で思ったのですが、なんとなく空腹に勝る何かがワタシのアドレナリンを補強していたので、そのまま長谷寺を詣り。(蓮の季節とか、そういうお花が綺麗な季節にくるのがよいお寺だと思います。写経したかったけど、時間の都合で諦めました…)前三つに比べるとすごくこじんまりとした境内の作りです。だいすきです。洞窟の中に弁才天様が奉られていたりして。だんだんと団体客や修学旅行生が気にならなくなってきました。
池や新緑をまったりと眺めつつ、長谷寺を後にして人混みの流れに従って鎌倉大仏へ。もうほんと、大仏しかない公園なのですが、いいな、このオープンさ!お天気も良くて清々しい気分で大仏を見上げパシャリ。
dai.jpg

ついでに大仏の中が空洞になっている(珍しい!)ので胎内徘徊もしました。なんていうか、珍しいな…ワタシまだこの旅で何一つ神罰が当たるようなことしてませんよ…すごく普通の観光客ですよ…(それが当たり前です)。
大仏の周りをぐるっと回って、これで当初の予定はすべてクリアーです。時計を見れば一時過ぎ。

…あれ?

(六時間コースじゃなかったの)
(夕方までに回れればそれでいいんじゃなかったの)
どんだけ生き急いだの

おおお、予想外に時間が余りましたでございますよ…!と慄きながら、じゃあこの後どうしようかなーと公園内に設置された近辺地図を眺めると、なんだか佐助稲荷が近くにある模様。
佐助稲荷…!(きゅん!)
アレですよね、アレ…!見返り美人ならぬ、振り返りベン様…!おおおおお、もう今日はあとやることないし、いいや、一気に俄か遙か3ツアーに変更!ということで、看板図を頼りに一路、佐助稲荷を目指します。
…が。
結論から言いましょう…。
鎌倉大仏から佐助稲荷へはどうやって行けばいいのかさっぱり判りませんでした…。
適当に省略された看板を頼りにその方向へ方向へと歩いてたつもりなのですが、気がつけば由比ガ浜の駅近く。アレ?ユー、違わね?激しく違わね?と動揺。けれどここまできて諦めるのもなんだな…(どうせ暇だし)と思い、迷子の小学生と一緒に近くの交番に駆け込む大人一人。お巡りさんは慣れているのか、親切に観光マップのコピーに佐助稲荷までの道順を書き込んでくれて、それをくれました…。結構な距離感に軽く立ち眩むも、歩き出す拙者。
けれども、その空元気は五分と続かず。のまず食わずで朝からアクティブに観光してきたツケが一気に来たのか、歩くスピードがどんどん遅くなり、足を持ち上げるのさえ辛くなってきました…。おおお…。おおお…タクシー…タクシーは通らぬのか…と既に思考が楽を金で買う大人モード。けれど、山道が祟ってか、タクシーどころか車も通りません。絶望です。
仕方ないので、「ベンめ…ベンめ…」と軽く弁慶への八つ当たり(愛故)をバネに歩き続けること数十分。(どこまで迷ってたの)漸く銭洗弁天の看板が…!(佐助稲荷は銭洗弁天の近く)おおお、あと…あと少し…と疲労困憊を隠せもせずによろよろと進み。交番でお巡りさんに言われたとおりの上り坂に絶望しかけ。後○○Mの看板に「またか…またトラップなのか…ベンめ…」と再度弁慶を罵り始め。(これも愛)
な、なんとか、ほうほうの体で佐助稲荷に到着です。
sasuke.jpg

来てよかった…!
今回の鎌倉観光で一番のベストショット…!ワタシこれ好き…!こんな風景だいすき…!朱塗りの鳥居が山頂まで延々続きます。
勿論きつい傾斜なのですが、鳥居が続く風景だいすきなので、苦になりません。ぜーはー言いながら(言ってるんじゃん)うっとりと登ります。(変な電波でも出てたんじゃ)
しかし佐助稲荷、薄々気付いていましたが、あまり人気のないスポットなのか。今まで混雑したお寺ばっかり廻ってきたのに、ここはオンリーワン。全然ひとがいらっしゃいません。わあ…!独り占め!独り占め!
佐助稲荷は名前の通り、お稲荷様なので狐です。狐とベンて結びつかないですね(笑)こじんまりとしたお山の上の社ってカンジでしたよー。陽射しが強い日だったけれど、木陰の中なので休憩してても涼しかったです~。
まあまあ、ベン、神子様と仲良くね、と余計なことをお参りして、佐助稲荷を後に。特に興味はなかったのですが、せっかく近くなんだし、とついでに銭洗弁天へ。笊でお金を洗って縁起を担ぐお寺です。…なのですが、ここで不幸が。
炎天下?!な陽射しに負けて脱いで抱えていた白いジャケットが、お財布を出す際にぼとりと落ち。運悪く、水洗い場の近くの濡れた泥の上へ。
ひぎゃああああああ!と心の中で悲鳴を。
あわてて取り上げましたが、べったりと白のジャケットに泥が。ああああああ。慌てて水洗いしましたが、全然落ちません…。仕方ない…。もう今日は着れないなー、と泣く泣くしまいます。ああ、うっかりだった…。
で、銭洗弁天で適当に小銭をじゃかじゃかし、ふと見上げれば坂道の上が源氏山公園。らしい。
おおおおお、源氏山公園?!と輝く瞳。だって、別当殿が猫とアレした芝生やあのいい年した大人(愛情表現)がミントンに興じた源氏山ですよ…ね?それは是非とも登らねば…と、既に佐助稲荷にたどり着いたところで疲労困憊に達していた老体に鞭打って、「これ絶対ディーゼルエンジンの車登れないよね?」な有り得ない傾斜を描く坂道を本当に時間をかけて登って、源氏山公園へ到着。
なんだか頼朝像とか全然興味ないのですが、芝生ばっかり眺める怪しい観光客を演じ、あんまり奥まで入ると戻るのが大変というか、本当に足が限界を訴えていたので、そこを折り返しとし、下山。(あの、あまりの疲れ果てぶりに、写真を取り忘れました…どっちにしても、別当殿が転がってたと思わしき場所は特定できずでしたが…)
大通りまで降りてきたら、あっち⇒鎌倉駅の看板が。鎌倉大仏から延々迷子になって彷徨って、結局鎌倉駅まで戻ってきたのかミーは。
と、再度orz。いや、いいんですよ…いいんですよ…計画性のない自分が悪い…。
で、鎌倉駅まで戻ってきて、いい加減昼ごはん(今更)を食べなくちゃ、と思いはしたのですが、なんかもう、疲れすぎて全然空腹を感じないので、そのまま無言でもう一度江ノ電へ。懲りずに鎌倉迷宮ツアーの続きとして、今度は極楽寺駅を目指します。

江ノ電に揺られてあっという間に極楽寺~、極楽寺っていうお寺でもあるからそんな名前なのかな~、と思いつつ、無人駅(笑)を降りて駅前でくるりとターン。そして、駅をパシャリ。
gokueki.jpg

この角度が大事(笑)!ポストと駅の看板がね。別当殿が巻いた花吹雪は誰が片付けたのだろう…ととても平和な風景を見て思いましたよ…。江ノ電初めて乗ったけれど、なんか凄い長閑な風景ですよね…。
駅前の近辺地図を見ながら、ああ、この辺りに有川家とかが、とか思いはしたのですが、歩いて住宅地を彷徨うのもアレなので、ここは駅だけ。いくら無人駅だからって、電車降りて駅前の写真撮ってまた改札潜って電車乗るって、どんだけ不審な女なんだろう…と思わないでもない…。
で、極楽寺駅を撮ったなら、勿論ここを素通りすることなんて出来ません。ハイ、鎌倉高校前~!
eki.jpg

見事に逆光っていうか、光の加減てご存知ですか、タカヤマさん。(存じません)
けれど、ときめいた。ものすごくときめきました。ここに突然別当殿が現れたら、そりゃあ望美もびっくりだよね…!丁度夕暮れ前で涼しいし陽射しも和らぎましたし。ここでしばし風に吹かれてぼーっと。丁度下校時間過ぎなのか、帰宅する高校生たちが通るのを見てました。海岸とかもね、丸刈りの男子高校生たちが遊んでてね、かわいー、みたいな。ふふ、戦いが終わってここを歩いたんですよね皆様…ふふふ…(すっかり怪しいヲタク)。
あと、駅のホームからぼーっと見ていて、何だか記憶に引っかかる風景だなあって考えていたのですが…遙か以外にも出てこなかった?こんな風景、みたいな。
ずーっと考えていたら思い出しました。エスカフローネの最終回だ…!なんかひとみが最後こんな駅から海見てたよね、岩はないけど、バァンを見てたよね。あああ懐かしいな…!まあ日本のどっかには江ノ電の鎌倉高校前駅くらい海に隣接した駅がきっとあることでしょうから、ひとみがどこの高校だったかは定かではありませんが…。

暫し懐かしさに浸って、そこで鎌倉俄か遙か3ツアーは終了。他にも色々いける場所はあったのですが、もう疲れ果てて(笑)。(遙か3ツアーやるなら、前準備というかしっかり下調べしてこないと駄目ですね)藤沢へ抜けて藤沢駅前で少しお買い物したり、駅前家電量販店で「あああ、ここで戦奉行殿が狂喜乱舞したのね」と悦に浸ったり(終わってないじゃんツアー)(余韻)して、その後お友達と横浜中華街でご飯食べる約束をしていたので、それまで横浜でぶらつこう、と電車に乗り。
…座った瞬間、記憶が途切れ、次に気付いたら「次は~終点東京~東京~」のアナウンスが流れていました…。
目が飛び出たよ…。

綾瀬先輩からの「ユー、今どこいんの」というメールに「大変申し上げにくいのですが…」とおそるおそるメルし、慌てて折り返し。待ち合わせよりも一時間早く動いていたので、中華街についた頃には丁度七時半。そこでワタシはずっと食べたかった北京ダックのお店に行きたかったのに、本日の予約は終了しました、との世知辛い看板が。ガッデム!せっかく来たのに!来たのに!何度ももう振られてる気がしますぞ…!
けれど、そこは中華街。中華なお店は選り取りみどり。他のお店でプリプリのプリン体を心行くまで頬張って、本日泊めてもらうT姉のおうちに流れたのでした~(荷物はもう既に宅配済み)。

あー、疲れたー疲れたー、と靴下を脱いだら、なんと足のうらに水ぶくれができて、更に血マメが潰れていましたYO。ワオ。ワオワオワオ!どうりで足が痛いはずだよ…!
T姉に絆創膏貰って、お風呂入って泥まみれのジャケット洗って、本日は就寝。いやあ、今日はよく動いたよ…。

けれど、本当の恐怖はもっと別の箇所に現れたのでした…(明日へ続く)。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。