FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
チキタ・グーグーがいかに素晴らしいかを語る日。
ワタシが好きな作家さんの一人にTONOさんて方がいらっしゃいます。(同人作家としてのほうが有名…なんだろうか…)昔からこの人の書く漫画のセンスが大好き…(絵も特徴があって可愛い…)。この方の商業誌は大体持っているのですが、その中で一つだけ読まずにいたものがありました。それがチキタ。
別に何が嫌だったわけでもなく(笑)なんとなく読み逃していただけなのですが、それが気がつけば五巻?くらいまで出ている。おおお、おおおおお。なんてこと…!この方の漫画は実は長編のが圧倒的に面白いのです。それは長編のほうが活きる物語の設定や人物相関や深みが多いから…。
というわけで、俄然読む気になったチキタ。一気に五巻まで読破です。

以下、折りたたみ収納でネタバレ感想(またいつもどおり無駄に長いです)なのですが、その前にあらすじだけ。

主人公のチキタは赤ちゃんの頃に両親祖父祖母を人食いの妖怪に殺されてしまいました。その後、親戚の家で育てられた彼が少年に成長し実家に戻ると、そこには見知らぬ人間がひとり。名前はラー。ラーは女性だったり男性だったり少年だったり蛇だったりクマだったり定形外生物だったりさまざまな姿に変身できる妖怪で、両親たちを殺した人食いの妖怪でした。
ラーは言います。「お前で”百年”を始める」と。
”百年”とは、ものすごく稀に生まれる、「妖怪ですらたべられないくらいまずい・毒になる人間を百年丹精こめて飼育することで、この世のものとは思えないほど甘美な食材にすることができる」という妖怪の中の通説のこと。人食い妖怪の上級遊び。チキタはこの「稀な人間」だったため、赤ちゃんの頃妖怪に食べられずに済んだのでした。
まずい人間を美味しく育てるには、体調管理は勿論のこと、心のケアも重要です。だから、ラーはせっせとチキタのために美味しいものを用意して暮らしやすい環境のために家事をし、チキタが楽しく暮らせるように笑いを届け、チキタを傷つけるすべてのものから守ってやろうとします。
初めは人食いの妖怪なんかと暮らせるか、とチキタは逃げ出したりしようとするのですが、ラーの目的が”百年”であることを知り、実際に他の妖怪から守ってくれることを知ると、あっさり受け入れてしまいました。
「覚えてもいない両親の敵なんて知るか、妖怪は馬鹿だから人間が百年も生きないことを知らない。よしんば生きたとしても、百年後なんてどうせ寿命なんだし、老衰で死のうがこの妖怪に食べられようが一緒だ。それなら百年間は守って育てて家族になってくれる妖怪と共に暮らして何が悪い」
幼い頃から親のいなかったチキタは孤独でした。
そんなわけで、孤独なチキタと自分が愛情かけて育てた餌を百年後に食べることを目的にしたラーの二人の”百年”が始まったのでした…。

いやこれ、BLとか少女漫画だったら、「結局食べれずにラブって終わるんでしょ!」とか簡単にラストが見えるのですが、そこはTONOさんなので、そんな単純なお話ではございません(悦)。
ワタシ、これを見るまでTONOさんの漫画で一番好きなのがカルバニアだったのですが、読み終わった後の衝撃といったら、それを凌駕する勢いですよ…。びっくりびっくり…。
[チキタ・グーグーがいかに素晴らしいかを語る日。]の続きを読む
スポンサーサイト



Designed by aykm.