ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
鰻とアニ振り~
土用の鰻が余っていたので、本日はお雑炊の上に鰻の卵とじを落として食べましたー。気分だけ胃に優しい夏向けのカンジ…三つ葉がなかったので、大葉で代用。コンソメ味にしましたが、もう少し濃い味がいい人は鰻のタレを投入してもいいかもー。玉葱は大きめに切っても大丈夫でしたよ。
その前は、同じようにちょっとだけ残ってたドライカレーとご飯を混ぜて、ホワイトソースとチーズを乗せてドリア風に焼きました。オーブン温めるのが面倒だったので、フライパンで。できるのですヨ。

こういった前日の残り料理リメイクが好きです。なんか目新しくて勿体なくないカンジがいい(笑)。
まあ、さも自分が調理してます的に大口叩いてますけど、この人、やってませんからね。家でワタシの口に入る料理はすべてママの手作りですからね。
ワタシはその後ろでうろちょろして、アレ入れてこれ作ってと強請るだけです。恥じるべき大人です。

アニ振りの撮り溜めた分をDVDに落としつつ纏めて見てました。ワタシはコミックス一巻のときのイメージで早々にアベミハで落ち着いたのですが、改めて声付きで見ていると、ミハアベのが強いよね(笑)!ミハが「あべくんには俺が投げるんだ」とか言ってる辺りとか、うおおお攻めくせええええと思わずテレビの前で笑ってしまいましたよ。はるなも早々に出てくるし。
しかももう夏大予選が始まりました。わあ。初戦前、敵のスタメンの特徴が覚えられなくてあべくんに個人ミーティングを受けさせられるミハのくだり。リストを見てると眠くなるミハにあべくんが怒って椅子を蹴り飛ばすシーンで、チームメイトが「なになに」「見に行くか」「いや大丈夫みたい」なんて会話をしてるのをアニメでみたら、改めてなんていい子たちなんだろう…!と感動してしまいました。
チームメイトで一番感動したのは、一回戦終わった後、寝込んだミハをはないくんたちがお見舞いにくる回のお話ですけどね!(修ちゃんがまたいい味だして…!)「こんなの当たり前だ」といえる子供の強さもですけど、「中学で会ったら絶対に苛める側だったな。よかったな、高校で!」とか考えてるはないくんの人格の真っ直ぐさもまたすばらしい…と感動しきり。素敵な高校球児たちです。ていうか、原作に追いつき気味です(笑)高校野球のシーズンにちょうどあわせたくて前半急いだのかなー。
スポンサーサイト
ジャンねたばれの日~
あれ…?四日連続で呑んで…る…(笑)?今日はちゃんと自力で帰ってきましたYO!酒が美味しい季節ですね。(綺麗に纏めたつもり)

酔いどれで帰っても帰りがけにコンビニでジャンを買うことは忘れません。(ヲタの鏡)(なら今頃原稿やってるはずじゃ…!)(や、今頃はまずい)
ジャンねたばれでーす☆
ワンピ10周年~☆
夢が一個叶いました…夢…それは、美味しいケーキ屋さんで、「すいませーんvショーケースのケーキ全種類くださーい」という乙女の可愛らしい野望に満ちた夢です…。F&Mにて慣行。いやあ気持ちいいな!持って帰るのに大箱二個にもなったけど!(いい笑顔)
因みに自分で食べるのではございませんよ…友達にご褒美としてプレゼントしたのでございますよ…。

ワンピの10周年なんちゃらを買ってきました~。付録つきーわー、つくらなーい(笑)10周年早かったなあ。色んなカプに萌えたり色んなキャラに泣かされたりしたけれど、いつも楽しい10年でした…。すごいなー、本当に。まだ全部読んでないのですが、書き下ろしはポスターとナミロビのカラーと直筆コメントだけなのかしら。でも充分か…年表見てたらオダエが凄い働いてることを実感してしまったよ…アニメはお任せしてますとか言ってたけど、でもこれだけの企画が色々あって原作者が完全にノータッチでいられるわけもないので、きっと色んなところで漫画を書くこと自体以外に時間を割かれて今日のワンピワールドがあるんだろうなと思います。素晴らしい。なんてえらいひとなんだ。心から尊敬する。

ところでついでに夏コミカタロムを買ってこようと思ってたのに、ログしかまだ売ってなかった…発売いつなのかしら、ミッコ様。←ワタシの情報源。
御朱印ゲッツだぜ!
午前様で帰ったのに翌朝は七時起きでした。頑張ったな、ワタシ…。
朝から何してるかと言うと、ぽっかり半日時間が空いたので、御朱印スタンプラリーです。ネットで調べてみたら、市内で御朱印いただける寺院が50件以上あるみたいなんですよね。ワオ。そりゃあスタンプラリー状態のワタシは機会があるうちにいっとかないと!
いそいそと一日乗車券を買って出発。お昼に友達と待ち合わせしているので、三時間で何件回れるかです。
結果、四件。
…あれ?思ったより少ないな…!事前には一日乗車券でいける範囲を10件以上探しておいたのですが、現実はそう甘くなかった。移動時間が結構無駄になったり近場だと思ったのにえらい距離歩いたり…しかも、タカヤマさん何を考えたか真夏の炎天下の日中にそんなことを思いつかんでもさ…!もっと紅葉の美しい季節とか、冬の木漏れ日の中で、とか時期が選べるじゃん…!なんで今日行こうとしたの…!
汗だくで四件廻ったよ…。スタンプラリー御朱印貰うのに一生懸命だったのでどこの写真も撮り忘れましたが、一枚だけ見逃せない看板をパシャリ。hakuryu.jpg

白龍龍寿大社っていうお寺さんがね…!白龍…!白龍…!きゃっほうとスキップで参詣。他のお寺でもそうだったのですが、日曜日の午前中はオンリーワンステージ。やりたい放題ありがとうございます。(事後不承諾)だって白龍だったからサ!
お参りしながら「これからも大変だと思うけれど、頑張ってね白龍」と、神様を逆に励ますおかしい参拝客(IN脳内)。いやあ、一気に疲れた吹っ飛んだね…!この神社に歩きつくまでに「どうして今日を選んだんだ」「どうしてもっと交通の便のいい神社にしなかったんだ」「どうして今日はこんなに晴れてんだ」と散々愚痴を零しながら歩いてましたからね…タカヤマさん心の独り言多いよね…。
そしてその後はずっと行きたかったオイスターバーで友達にランチを付き合ってもらい産地ごとの牡蠣を食べ(NL産が侮りがたく!)、出産した友達のところへ赤ちゃんを見にお邪魔し、また夜は夜で戻ってきて呑んでました…。日中暑かったからさ…一杯汗かいたからさ…また酒がうまいうまい…。うまい酒は大好きです…つい時間を忘れます…。

で、また終電乗り逃しました…(ていうかもう終電の時間に店出る気なかったよねタカヤマさん)。タクるのも気を使いそうだったので、夜中に親を呼び出して迎えに来てもらう始末。
地獄へ落ちると思います。(駄目大人の見本)
酒は命の水。
ルパーンの夏のスペサルがやってましたね。毎年恒例?なんだか今年の話はパラレルでしたよ。時空移動とかパラレックスのお話は相当慎重に組み立てないと矛盾がバンバン出てくるという…ま、いいか(笑)。
それよりも冒頭と終わりの海保とのカーチェイスならぬ海上おっかけっこが気になりすぎました。CL140てどこの船よー(笑)!海保の船が相手なもので、ルパーンたちがそれを追い抜いたりするときも「壊さないで!」とハラハラですよ…。
敵の名前が「マモーきょうすけ」って気になりすぎるんですが。マモーって。マモーって。使っていいの?

久々に午前様というか、六時間も呑んでました…。流石にもう「お客さん、看板ですから」といわれる時間まではいることはありませんが、それでも六時間て…(苦笑)。話が弾むと酒もうまいね。いや、酒が進むから話もぶっちゃけてくるのかな。
タクって帰ればいいものを、酔っ払いはテンションが上がってるので、飲み屋から歩いて帰れる気分にもなるから不思議です。四キロ歩いて帰ったよ…!女の子(子?!)二人夜中に大声で話しながら…!(迷惑!)歩いてる間とかは全然平気だったのですが、帰ったら足の裏が痛かった。ミュールだもんね…(黙)。でも久々に楽しい酒呑んだ…。昔はそうでもなかったのに、最近は居酒屋のカウンターに女の子の二人連れとか結構いるんですね。でも居酒屋でも禁煙席を作ってくれると嬉しいな。(美味しい酒のために)
おにゅーの扇風機~
ion.jpg

扇風機を貰いました…。何故扇風機…(黙)。せっかくなので箱から出して、いそいそと組み立ててみたり。
イオン扇風機だそうですよ。イオンて何にいいんだっけ…ともうそこからなタカヤマ。風が吹けば一緒じゃんとか言い出しそうな原始人。10秒ほど吹かれてみましたが、結局違いが判りませんでした。
でもせっかくなので風呂の前にでもおいておこうかな。銭湯の扇風機みたく。使うかな。微妙かな。
漸く梅雨明け宣言したって聞いたのですが、どうも今年は七月の記憶がない(ブートキャンプだったから…)。もう来週から八月?!夏コミ?!と言った具合です。えええマジで…?いつの間に?ワタシまだ夏コミまで一ヶ月以上ある気分なんですけど…!(で、例によって原稿がアレです)(皆まで言うな)覚えてるうちに懺悔しておこう。ご友人各位、また駐車券申し込み忘れま(沈黙の羊)。

遙か3CD眺めてて気がつきました。リズてんてーだけ歌ってない…。あーさんの傷はまだ深いのかしら…(触れてはいけないトコロ?)
はいからさんが通る
懐かしのイニシエ漫画が読みたくなって、「はいからさんが通る」に手を出してみました。文庫版で全四巻なんですね。もっと長いお話かと思ってましたが。

大正時代のお話です。はいからとか浪漫とかいう言葉が賑わってた、けれど穏やかではなかった頃の時代。身分格差とか戦争とか関東大震災とかね。はいからさん~は紅緒さんと少尉との恋愛ドラマというだけではなく、そういった時代背景も含めての本当に素晴らしい漫画でした。勉強になるよー。
少尉が紅緒さんを好きになってくのは結構あっという間だったのですが、そこから二人が両思いになって、というか晴れて結ばれるまでが長かった…。少尉も紅緒さんも今はない人情とか義理とかそういった言葉に縛られて自分を押し殺して。今もしもそんな女の子が友達にいたら「そんな!」とびっくりするだろうけれど、あの時代はその「そんな!」がまかり通ったんだなあ…好きだなあ…。
脇キャラもそれぞれ個性的だったのですが、冬星の番外編だけはギムナジウムとか風と木の詩とかそういった言葉が頭を過ぎりましたよ…髪型もアレだしさ…(あれって)。少尉はずっと紅緒さんには敬語でいて欲しかったのに、結婚したら普通に呼び捨てになってました。残念。敬語の夫婦って可愛いと思うんだけどな…。(しかも年上が敬語)
ところで、二人の子供の名前が秋星だったのは、これはどう解釈すれば…!「恩人から一文字」でいいの?勿論紅緒と編集長の間にそんなことがなかったのは判っているんだけど(子供もまあ少尉似だし)名前だけ聞いたらもう完全に編集長の子供ですよ/笑。
編集長はその後養子にした子供にも春星と名付けていたし、なんかの伝統なんだろうか…。夏星が外されたのは、日本人らしくない名前だからだろうか…。

昔の漫画って一ページに情報量というか書き込みがいっぱいあって、巻数の割りにすごい読んだ!という充実感があって好きです。今もそういう漫画はあるかもしれませんが、昔のが読みやすいのは何故だろう。ネームが詰まってるだけっていうのは全然違うんだけど。
また何かいい漫画読みたいな~。
ジャンねたばれの日~
気がつけば町から子供達が消えてました…。って、サスペンスじゃなくて、夏休みか…っ!(ギリギリギリ…!羨ましい!)(ユー、年中夏休みみたいなもんじゃない)
前回の宝くじで一等三億円を三本も出した売り場が市内にあるそうなので、そこに買いに行こうとして出かけたのに、全然別の買い物して帰ってきちゃったこのマジック。ありえない。ありえないよ、タカヤマさん…っ!みすみす三億円を逃すなんて…っ!(もう貰える気)ジャンボは買って三億円☆とか夢見るくせに、なんだかんだといつも買い逃して終わるような気がします…。だって…売り場がやってる時間とか、生活時間じゃないのよネ…もっと24時間体制でやってないかな…銀行や郵便局もさ…(どんだけ引き籠りなの!)

二週間ぶりにジャン感想です。先週も先々週も外せないところだけ流し読みってカンジで、久々にジャン…!(感動!)
時かけ
koujou.jpg

ふ…ふふふふふ…っ!ついに!ついに入手!やほー!!!

何をそんなに浮かれているかと言うと、ずっとこの和菓子を探していたのですvVふふふ。遥か昔、お土産で頂いたことのあるこの和菓子。その当時は名前を覚えることすらせずにいたのですが(おいしい和菓子ということだけは覚えていた)最近になってどうしてもたべたーい!との欲求が湧き上がり、確か西方面の土産だったはず…とネットで和菓子情報を集めること暫し…漸く写真の和菓子に行き着きました。
初めは高島屋に店舗が入っているという話も聞いたので、そちらを探しにいったのですが、期間限定だったのかどうなのか、見つからなかったのであっさり通販。でもお取り寄せすると、送料と本体の代金が同じくらいするんですよね…笑。まあ仕方ない。
写真だと普通のおまんじゅうに見えますね。外側は淡雪です。で、中が黄身餡。この溶ける様な食感が恋しかったの…!(じーん!)単品で食べると甘さが過ぎるというひともいらっしゃるかもしれませんが、お茶請けとして頂くとまさに絶品。心憎い甘さ加減よのう…!(左団扇)淡雪って昔は味気なくて嫌いだったのですが、今改めて食べるとこの食感癖になるわー。今回はスタンダード看板商品を頂いたのですが、淡雪でべつの和菓子もあるそうなので、次回は是非それをお取り寄せしたいところ。六個、あっという間に一人で食べちゃったしね…。(一人て)
送料かかるからね…ほんと、自分ご褒美とかにね…(笑)。昔はケーキとかのがダントツ好きだったけれど、最近は年を取ってきたせいか、和菓子の体に馴染む味が恋しくなってきました…。和菓子って見た目も芸術ですしね!高島屋行ったら夏の和菓子とかデパ地下にならんでて、可愛らしさにくらくらしてしまいましたよー。色も鮮やかで!
夏に出る葛饅頭とか水饅頭とかスタンダードに蕨餅とか大好きです。つるんと一口で頬張るのが…!(人前ではやめてください

さてさて、時かけがテレビでやっていましたね。原作も実写版も見ていないのですが、「ああ、これが有名な…」ということで一応テレビの前にスタンバイ。
そしたら面白くて最後まで席を立つことが出来ませんでした。風呂上りだったのに!笑!(冬なら風引いてるよ!)
有名ですが、一応ネタバレ隠しです。
遙か3ドラマCD感想~
は、遙かの…ドラマCDを漸く聴きました…。漸く…漸く…。別に避けていたわけではないのですが(笑)聞く機会がなくて。
取り溜めた録画やDVDとかって実は色々他ごとやりながら見たりすることができて(ご飯食べながらとか本読みながらとか髪の毛乾かしながらとか)そのためだけの時間を空けなくてもなんとか吸収できるのですが、耳で聞く音楽とかって、そのために集中する時間を空けないと対応しきれないという意識で、手が出なかったんですよね…。多分耳で聞くという作業にあんまり慣れてないんだと思いますが。(ラジオも全然聞かないし、音楽は車で聴くしなあ…)
そんなこんなで敬遠しがちだったのですが、すこーんと聞く体制が出来たので(笑)反動的に一気に全作網羅です。多分。
ネタバレもですが、発言も色々注意で以下続きます。
フラワーオブなんとか~(なんとかって)
よしなが/ふみさんの漫画を読みました。フラワー云々。(云々て)完結したら読もうと思っていたのです。全四巻!

ネタバレというほどのこともないのでこのまま。
主人公は骨髄移植を受けて留年した高校生。そんな彼と新しいクラスメイトとのお話。転校生のお約束的に、まず主人公は与えられた座席で、自分の前に座っていた男の子とお友達になりました。翔太くんというその子はぽっちゃり型で内気な心優しい少年でした。ああ、もうこの時点で萌えだな…(ぽっちゃり型、実は好き…!)。翔太くんの趣味は同人誌。部活はマン研。その影響で、そっち方面には全然興味もなかった主人公が、あっという間にその道に嵌ってゆきます。あああ。そ、そういう話だったのか…!と暫し脱力。
でも主人公と翔太くんは高校生活を同人に傾倒しつつも、ちゃんと高校生らしい青春を満喫しながら過ごしていきます。そんな彼らの一年間のお話。
主人公はとにかく翔太くんが大好き。優しいしいい子だしぷよぷよしてて可愛いし、もう誰にも渡したくないくらい大好き。同じくマン研のヲタ男が、そんな二人の後姿を見て、これで翔太くんがあと20キロ痩せていたら写真を撮って腐女子に売りさばいてやるのにと目論んだりもするんだけど、翔太くんは今のままでいいよ…!むしろ、今のままだからこそ萌えるよ…!
まあ二人の間にあるのが普通の友情であることは明らかなのでそこは突っ込みませんけどね。うふふ、可愛い友情じゃない、と読み勧めること暫し。ていうか、最終回。
「………!」
衝撃が走りました。
主人公が、金髪だった主人公が、髪の毛を黒く染めてきたのです…!うわ、ヴィジュアルショックきた…!(ただ単にワタシの好みなだけ)黒髪でなんだかちょっと誠実そうに見えるこの子が、「いつか、翔太がこの事実を受け止めることができるようになったときに話そう」とかいうんです…!(ネタバレに関わるので、何を告白するかは割愛)うわ…!うわ、見守り愛きた…!黒髪の、一皮向けて誠実そうになった主人公が、翔太くんへの愛を囁いてしまった…!
転がり落ちる腐女子心。
きた…!きたよ、きたきた…!
最終回にして、ホモ萌えきた…!今後こそ、見守らせていただきたい展開なのですが、よしなが節をきかせ、このままエンディング。終わってしまった…後はあなたの心の中で?!マジで?!最終的には翔太くんが結婚するときに(あの子はお母さんみたいに優しい女性と結婚するのではないかと思う)、実は好きだったんだと主人公が真島にカミングアウトするとしか思えないんですけど…!(ていうかその時まで真島と付き合いがあるのか)(腐れ縁ぽく…)
や、そこに至るまで続かれても長いけどさ…。うん、ちょうどいい長さですが…。

このお話は周りのキャラもとてもいい味だしてる子が多くて、ヲタ系漫画じゃなく、普通の高校生青春漫画としても楽しめると思いました。ていうか、楽しめました。委員長好きだな!
死なない男4.0
わーん!漸く死なない男4.0を見に行くことができました…!おかしいな、ワタシの人生設計ではすでに三回目辺りを見ているはずだったのに…(ギリギリギリ…)!
ワタシはもう、このシリーズが大好きなのです。これでB/Wファンになりましたからね。前作からすごく時間が経って、もうそろそろ世界で一番運の悪い男も定年間近でしょうか。
そんなわけで、あんまりネタバレ的なネタバレでもありませんが、感想いきまーす!
よろよろにヴィクトリー…
どこぞのブートキャンプ並に過酷な二週間強制プログラムを無事終了し、下界に戻ってきたら台風と地震が日本を襲っていた模様で。おおお、恐ろしい…!
台風もさることながら、タカヤマは地震が一番恐ろしいですよ。逃げる場所がないんだもん。(どれもですよ)今回も被害は中越に集中してるそうで。あそこ、ユーラシアプレートの断層の上だから毎回厳しいよなーと思いました…。ワタシは引っ越すなら北米プレートの上がいい…や、日本にいる限り、どこにいても大陸プレートの歪で地震からは逃げられないのですが…。震災にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます…。

さて、崑崙山に篭って仙人になる修行に勤しんでいたタカヤマですが、下界に戻ってきたらガラスの脹脛が再度筋肉痛で、また丸一日ベッドの住人と化しました…。脆い…脆すぎる…いや、ブートキャンプが過酷だったのか…。崑崙山にいるときは渓流で釣った魚を串焼きにして食べるという野生児のようなことをしていたわけですが、今年はいやあ、釣れる釣れる…!川釣りがこんなに楽しかったのって初めてじゃないかな…!豪雨来てて合羽着てさえ全身びしょぬれですが、川から上がりたくなかったもん!楽しすぎて!生まれて初めてキャッチアンドリリースなんて贅沢な技も繰り出してしまいましたよ…!やっぱり楽しいな、釣り…!遊魚券を買って放流をする川にいるようなお魚さんは割りと慣れれば簡単に釣れてくれるのですが、山脈を登った細い川とかにいる天然のヤマメちゃんとかはとても警戒心が強くて、人間の気配がすると駄目だし、一度釣り損ねると二度とその餌には食いついてくれないという上級者向けのジャンルです。今年はそちらにも挑戦。見事、惨敗。ワタシ、釣り糸たらして我慢比べとか全然平気なひとなので、何度か食いついてはくれるのですが、引き上げるテクニックが足りないのか、釣ってる途中で逃げられちゃうんですよね…。やはりワタシレベルでは、放流された魚を釣ってきゃっきゃいってるレベルがお似合いですよ…ていうか、ブートキャンプ、素できつかったしね…。

とりあえずそんなわけで下界に戻ってきたので日常生活を再開したいと思います…。
まずは壊れた傘の買い替えからかな…今年クラッシュしたの三本目なんですけど…!(衝撃!)
い…
生きてます生きてます生きてます。(三回言った)
生きてますタカヤマ。今週も生きます。来週も生きています。

というわけで、また暫し消えます…。
(なにその生存確認…)
今年も行ってきました、舞鶴!
はーイ。今年も行ってきました、舞鶴旅行~。旅行ていうか、保校の文化祭にあわせて行ってきた例のアレですが(笑)。去年はT姉とミッコを保校でほかって、そのまま天橋立を見に行ってきたんですよね…。
でも今年はシングルライダーではございません。綾瀬てんぱいとミッコを例の如く保校でほかると、納車されたばかりの車を駆り参加してくださったまっち~てんぱいと二人で天橋立(その他)ツアーです!二回目!二回目!え、そんなに天橋立好きだった?(黙)

またも朝三時起きなのはもはやご愛嬌というか、通過儀礼のようなもので、一路舞鶴へ。まずはとれとれセンターへ、朝ご飯のような昼ご飯のようなものを食べに☆いやあ、去年も感動したけれど、新鮮な魚介は美味しいですね…!こういうところ大好き。好きな魚介を選んでその場で焼いたりナマでおろしてもらったりして食べることが出来るのです。去年同様牡蠣の美味しさに舌鼓を打ったのですが、今年ははらすが脂乗ってうまいうまい…!酒が欲しくなります。まだ旅始まりなので謹みます。
おなかを一杯にして本日の目的の殆どを達成したのでは?的満足感に包まれつつ、天橋立へ。ナビが違うルートを指示しようとするのですが、いつだって目指す道はワンウェイ。私の前に道はない。私の後ろに道は出来る的なアレルートで日本海側を通りつつ向かいます。
残念なのが天気が下り坂だったことー。晴れてれば由良海岸とか超!超綺麗なのですよ。薄汚れた太平洋(暴言)ばっかり見ていると、日本海の美しさは何度見ても感動するのですよ~。うーん、残念…。
まずは天橋立の向こう側である成相寺へ。もんのすごい半端ないヒルクライムに引きつつ山頂へ。山頂にパノラマ展望台があって、そこから天橋立が一望できるのです。有名な股のぞき台ですね。しませんでしたけどね(クール)。これもお天気がよければ遠くまで見えて気持ちがよかったことでしょう…。
また容赦ないダウンヒルを下ってきて今度は元伊勢籠神社へ。前回はここの阿吽像の引き裂かれストーリーを捏造してまったりしてたな…(ひとりで)と思いつつ参拝。
そして!そして前回ひとりで来たときには気付かなかったのですが、団体ツアーのガイドさんが説明なさっていた岩に思わず目玉が落っこちました。それがこの岩。
sazare.jpg

さざれ石!国歌に歌われてるさざれ石ですよ!ワオ!ワオ!国歌の言葉の意味なんて全然知ろうともしなかったけれど、そうか、さーざーれーいーしーのー♪はさざれ石って歌ってたんだ…!わあ…!
思いがけず知識が増えて嬉しい感じ。三日後には忘れてる気がしますが、やあ、やっぱりツアーガイドさんはえらいなあ(笑)。二人なら絶対にスルーしてました。ていうか、現在この神社改築中で、工事事務所の裏に隠れてるの、この岩。絶対に気付かない…!気付かないよ、それ…!

さざれ岩を満喫して(神社じゃないの?!)、今度は反対側へ。智恩寺です。「三人寄れば文殊の知恵」で有名なのかなー。何故か我々の愛する小坊主の立て看板が。あれ?これりっち先輩的観光スポット?と思いつつ写真を撮ろうかとも思ったのですが、女の子二人がその小坊主と一緒に写真をとったり戯れていらっしゃったりしたのでそっと去りました。あれは腐女子に違いな(黙)。
そして旋回橋を通って天橋立に。わー☆前回もきたけれど、ぱっとしない砂浜だな!(憚れ)天橋立横断は前回達成したので、今回は雨も降ってることだし、途中までで引き返してきました。あ、途中のお茶屋さんで休憩したとき、智恵の餅をいただきましたよ☆
chie.jpg

みたらし団子というよりは、五平餅みたい…。おでんにつけるような甘味噌です。外は焼けてるのに中がとろっとしてる食感の御餅。多分串で食べれるのはここだけじゃないかなー?おみやげ物は伊勢の赤福みたいに餡子が乗ってるのが売ってます。でもワタシが買った自分土産は乾き物セットでした。
や、お酒のつまみにおいしそうだったから…!小魚とか好きなの…!

さてさてさて、天橋立を堪能してこのエリアは終了。まだ合流時間には余裕があるということで、あとは舞鶴エリアに戻ってめぼしいお寺をしらみつぶしでいこうかと(笑/まっち~先輩、付き合ってくださってありがとうございます…!)。
舞鶴のハローワーク付近が一杯小さなお寺があるんですよね。車でどこにナビられるかと思いましたよ。地元神社みたいなのが多かったのですが。(火の輪潜りみたいな鳥居の神社があって、面白かったですよ!)それを廻ってもまだ時間があったので、ちょっと離れたところにある金剛院まで廻ることにしました。金剛院。ここのご本堂の前の階段が、とてもとてもとてもアレに似てたんですよ…!kongou.jpg

アレ?
写真だとわかりづらいな…!現物を見たときには、まるでアレのようだと感動したのですが…。「いっきゅうどの~!」と新右衛門さんごっこをして駆け上がらねばならない衝動に駆られたのですが、そこはそれ、タカヤマさん、70段目で呼吸困難に。さ、酸素吸入器…と呟きつつ、よろよろと登りきりました…。まあ…予定調和…。
ワタシがそんなあほなことをやって登っている間に隣のまっち~先輩は石段を数えていてくださった模様。105段ですって。え?聞くと大したことない?いや、心臓やぶりですよ!(声を大にして)ムリムリムリ。、まあ世の中にはもっと絶望するような石段とかありますけどね…お参りする前に参拝者を振り落とす気かっていうひとを選ぶ神社とかね…うちの地元にもね…おかげで地元に初詣に行けません。(今明かされる事実)
本堂を更に山の奥に入っていったところにある滝を見物しつつ、雨でぬかるんで殺人兵器と化した山道を下り、預けていた御朱印帳を引き取りに事務所へ。その際、この金剛院に樹齢千年を超える大木が生えてるのですが、その木の種を記念にいただきました。
こちら。sen.jpg

嬉しいな、こういうの…!(きゅん!)大量生産のお守りよりもよっぽど肌身離さず持ってたいカンジですよ!
多分、季節さえ合えば参拝客は申し出れば誰でももらえると思いますので、金剛院行かれる方がいらしたら是非。
で、ここで五時を回り、本日の観光はおしまいです。(どうでもいいけれど、誰か4時過ぎても五時まで開いてるお寺リストとか作ってないかな…!お寺が締まるのって大体早い時間なのですが、五時までリストはかなり重宝すると思うんだ…!)
本日頂いた御朱印は五つ~☆予想通りただの収集マニアと化してますよ…スタンプラリー扱いですよ…。ありがたみのない…。

その後は放り出してきた保校チームと合流。綾瀬てんぱいのリネ友さんお二人とお会いして、六人で居酒屋へ。プチオフ会みたい…。(みたいっていうか)さすが綾瀬先輩のお知り合い。初対面でもとても優しくて素敵な方々でした!
ただ少々事前打ち合わせが足りなかったのは否めない。「好きなエロゲはなんですか」という微笑ましい問いに上手く答えられなかったのが悔やまれてなりませんが、Fateはタイガー道場までコンプリですはともかく、BL(男同士にあらず)とDQ(某RPGにあらず)が好きで臭作に至っては出来の良し悪しを綾瀬先輩と語れるほどですとはいえませんよね…主に綾瀬先輩の今後のために…。憚ってみましたよ…。(最後の良心)帰りの車は四時間正座で説教大会でしたが。もちろんスタートは「温泉卵の割り方が悪い」からです。

そういえば、リネ友の方にワタシのキャラが掴めない、と言われました。偶然ですが、最近同じことを数年来の友達にも言われたんですよね。そうか、無個性で影が薄いのかしらん…とこの年になって自分のキャラ立ちをしばし考察。
結果、周りのキャラが異常に濃すぎるんだよ!と逆ギレ的に落ち着きました。まあ…ワタシが大人しくて慎み深い淑女であることも、一因ですな…仕方ない、淑女ですから…。

え?KEnHirAi?UkeですYO!
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。