ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
大食い@テレチャン~!
ジャイアントしろた引退~!!!うわーん!びっくりー!ついに引退か…という心境で諦めが先にたちましたが、彼が飲食店を経営したがっていることは昔から公言してましたので、頑張ってね、という感じです…東京ならきっと一度は食べに行くでしょう…。

今回は予選からがっちりテレビの前で見てましたよ。強くなったなあ、皆…となにやら偉そうな視点で(笑)。特に元キンが言ったとおり、しろたくんが引退しちゃったらもうライバルがいないんじゃないかな。女王戦はギャル曽根が予想外の四回戦で負けちゃって、ぎゃあああああああ!と雄叫びをあげてましたが…。ギャル曽根が!ギャル曽根が!ギャル曽根は大好きだけれど、しろたや元キンに勝てるとは思ってませんでした。でも決勝くらいまでは行くだろうと思ってたのに…。まさかの四回戦(正確には三回戦だったことも事実/そしてギャル曽根とみおちゃんの差が食べ方だったことも否めない)。ギャル曽根の時代が終わったとは全然思わないけれど、女性で強いキャラが出てきたことは確かですよね。女王戦が楽しみ…。爆食王座はもう元キンもしろたくんもいないから、来年からどうなるんだろう…(T_T)

なんかね、なんかですね、今回はもうずっとテレビの前に釘付けで拍手したり歓声上げたりしてました…。決勝戦のラスト11分でね、一旦箸を止めた元キンが気合を入れてもう一度食べ始めたときに笑顔を見せたんですよ。すっごく感動!苦しいときほど笑えって言葉を思い出しましたね。あの姿勢を万人が見習うべきだ…(でも実際はそうそうできることじゃない)。元キンが勝っても不思議じゃなかったっていうか、明らかに元キンのが勢いがすごかったけれど、最終戦だけあってしろたくんの気迫が半端じゃなく、結果、一度も箸を止めなかったしろたくんの勝利となり、とっても満足で温かい気持ちです。60分の長丁場、二人とも今までは戦うのはきつかったのにね…20杯越えなんて前人未到だったのにね…。いやもう、二人とも頑張った…そしてもう、二人ともに見れないなんて…(テレチャンだけだろうけれど)(他のバラエティにはガンガン出て欲しいな…)

ああそれにしても、大食い見てると自分までなんだか食べてみたい気がしますね。納豆なんて絶対に嫌いなのに…。唐揚げが物凄く食べたかった。思わずコンビニに買いに行こうかと思った。いやいや夕ご飯、と我に返った(笑)。

大食いが熱すぎて順序が逆になりましたが、グレンの最終回も見ましたですよ!とっても大団円というか、このオールドタイプの人間にもわかりやすい(笑)明確なエンドでした。予想通りで満足ー。ただ、ロシウの20年後だけは皆が呆然としただろうと思わずにはいられない…(特にロシ受けの人々が…)。ロシウって実は村長の息子だったん?というのは穿ちすぎ…?あまりに似すぎてアレです。きっとあの集落はあまりに世界が狭すぎて隔世遺伝しまくってるんだろうな…。元を辿れば皆血縁、みたいな…。
勢いよく元気にポンポンストーリーが進んで、とっても見やすいアニメでした。秋からも一本くらいワタシでも見れるような判りやすいアニメがあればいいなー。
スポンサーサイト
うっかり…
日記を書くということを忘れきって一週間を過ごしてしまいました…。ワオ…。なんかこういうことをすると、本気で一ヶ月くらい書かなくなりそうで怖いな!続けられるうちは続けようと努力をしないと…。

冬支度パート2!なんか毛糸のもふもふした部屋着が欲しいな!と思って、ウロウロしに行きました。今年は白い毛糸のが欲しいな!という気分で。見つけたのはこちら。uni.jpg

黒ですよ、タカヤマさん(お約束)。だって、白いもふもふはすごく汚れそうなんだもの…。しかもゆにくろです。ていうか、実は初ユニ。ユニって色んなものがあってすごいのね!そして店員さんは、どこぞの中古本屋のように「いらっしゃいませー」「ありがとうございましたー」の大合唱。おおお…。なんだかすべてが目新しいカンジでしたよ…。
ついでにブーティが欲しくて靴を見に行ったのですが、買ったのは普通のブーツという落ちも…。お前…。だって、今年の新作なんですよと茶色のブーツの試着を勧められて履いてみたら、全然ヒールが低くて快適だったのです…。去年はヒールのブーツを買って、それであちこち旅行したら大変なことになったのでね…。
結局この秋のブーツは買わずに終わりそうです…いつだって流行に乗れない女…。

さて、先週から色々アニメが最終回してるので、纏めて感想アプです。
ちょっとずつ、冬準備…。
町はもう、秋物通り過ぎて冬物をゲットしないといけない時期になってるんですね…うっかりまだ夏服でそのへん歩いてるんですが、だって今年暑いんだもん…(もんて言うな)。
地元の数少ない和物のお店に寄ったら、手袋が出てました。わー、もう出たのかー、でも流石にまだ買う気にはならないなーと思っていたのに、お店の方が「全部一点もので冬が来る前に品切れになっちゃうんですよー」と仰るので、ついつい買ってしまいました。それがこちら。wamono.jpg

黒皮に親指と手首のラインだけ和布…!ちょ、可愛くないですか?色は青皮と茶皮の三色あったのですが、スタンダードに黒で。こないだ買ったショールの裏が黒だったので微妙に合わせてみた…つもり…(ほんと微妙だなー)。
たまたま可愛い!と思った和柄のスニーカーが品切れで、家に帰ってからネットで検索してみたら、今ってネットでも色々買えるんですね…!和柄のスニーカーもしっかりありました。
でもお店で見るより品数も店舗数も多くて、目移りして結局決めきれていない…のです…。スニーカーは欲しいんですけどね…でも秋めいてくると、ブーツのがときめくんですよね…和物ブーツ?流石になさそう…。

とりあえず、今欲しいのは和物のカバンです…旅行いけるくらい、大きいの…。
ジャンねたばれの日~!
うっかり先週から毎日ずっとドーナツ食べてるタカヤマです。お前…りっちどーなつ、普通とか言っておきながら…!や、でもあの普通さが癖になる…!でも毎日は食べすぎだよな…そろそろ自粛しないと…でも後三個買い込んであるので、これを食べきったら…ですね…(人間、そうやって節度を失ってゆく…)

ジャンねたばれの日です~。
ジャン、ていうか、ジャンの裏表紙にでるこんのニューバージョンの広告が載ってて、それに緑のバリエが…!緑!緑!ついに時代がワタシに追いついた(うっわ、言い切った)!アプルだかバイオだかなんだかでもカラーシリーズでましたよね(いつの話)。色が選べる時代は嬉しいです。でも、でるこんもびすたもまだ全然欲しくないので、買い換えることはなさそうです…(でももうそろそろパソはきっと寿命…)
ひーだぎゅー!
今日は地元に出来た飛騨牛のお店へ行ってきました~。友達が肉星人なので、月に一度は肉です。
このお店は2店舗展開してて、焼肉とステーキのお店になってます。今回はステーキで。せっかくいいお肉なんだから、やっぱりブロックでね!の精神で。
飛騨牛って結構こってりしたイメージなので、ああ、今日はそんな気分じゃないわあ…と思いながら連れられていったのですが、なるべく脂身のないほうで…と思いつつステーキ丼なんぞを頼んでみたら、これが!これがまた絶品…!写真はこちら。hida.jpg
ブロック食べに来たのに切り身じゃん!なツッコミも聞き流しつつ口に運んだのですが、まあまあ、柔らかくてあっさり噛み切れるお肉…!しかも味わい深くて胃にもたれない…。
肉気分じゃないわあといいつつ、うっとり完食です。ブランド牛なのに全然無理のないお値段設定なので(ランチはさらにお得に!)美味しいお肉が食べたいときはこのお店…!というのを頭に刻んでおこうと思います。ウス。飛騨牛ってなんだか他の牛に比べ食べる機会があるのですが(年に一度は飛騨行くから…)、結構どこでも美味しいと思える牛ですよ…生きてるのはみたことないけど…(見てどうする)(食物連鎖の生態系を思い浮かべる)。

そいえば夏コミに買い忘れたまま忘れきっていたサークルさんの本が書店委託されているそうなので見に行ってみたら、とっくに完売してました…うう、切ない…切なさに悶えるよ…!そもそもは、夏コミでチェックし忘れてた自分が悪いのですが…。(なんのために現地行ってるの!)(まったくだ)
自分を罵倒する言葉は尽きません。
果汁バトン
いつもありがとうございます、F原さん!(大変遅くなってすみません…!)表題のバトン、頂きました~。果物大好きーなので、浮かれながら答えさせて頂きますv(初め間違えて、”果実バトン”てかいちゃった…)

◆果物の王様といえば?

アップルマンゴー!!王様!王様!マンゴーブームが始まる前から嵌ってました…。宮崎県産も食べましたよvお値段に劣らない味で大層感激いたしました。生絞りなマンゴージュースも大好きです。

◆↑で答えた果物っぽい人は?

マンゴーは…ほらあれ、かぶれるし…どろっとしてるし…(もごもご)(だからなに)

◆あなたの家で冷蔵庫にある果物は?

巨峰と桃と梨とイチジク~。一時期巨峰にも嵌って、一人で一房デザートとかで貪り食べてましたね…。今はそうでもないですが、桃と梨は常時大好きです…。

◆今一番食べたい果物は?

スイカ。今年はスイカを一玉で買ってスプーンでほじるという荒業(で、漏れなくお腹を下す)をやってない…!冷蔵庫に入りきらなくて浴槽にプカプカ浮かぶスイカは夏のロマンスです。

◆自分を果物に例えると?

………キウイ?(緑…)

◆一番好きな果物の漢字は?

林檎。なんか可愛い。書けないけど。

◆のび太を果物に例えると?

なぜのび太?!…やあ、その辺の石ころとかでいいんじゃないかな…もしくは野いちごとか…。

◆苺っぽい人と、オレンジっぽい人と、桃っぽい人と、レモンっぽい人に回してください。

一護(わざと)→ミッコ
オレンジ→亨たん
桃→ちゃーちゃん
レモン→T姉

果汁関係なかったですが(笑)お暇があったらで構いませんので、バトン受け取ってやってくださいませ~。
高級的なドーナツ。
ここのところ、五分でも暇があるとアプリを開いて「僕のアリス」を延々再生してるタカヤマですコンニチワ。キモい星人呼ばわりされても、今だけは否定できません。チェシャ猫視点にニヤニヤ笑って携帯を覗き込む女…絶対に不審すぎる…。でもやめられない…一日何回振り返ってるんだってカンジです…。

東京と北海道で限定発売されていたりっちどーなつが昨日から地方でも発売になりましたね~。
新しいものとなるとふらふらと引き寄せられる人種なので、早速買いに行って早速かぶりついてみました。りっち画像。
rich.jpg

なんか、こないだから画像が半分しか載らない…ていうか、写メ撮ってるのですが、半分しか転送されてこないんですよね…まあいいか…(どういう投げっぷり)。
判りにくいですが奥二つがりっちちゃんです。普通のドーナツよりも心持ち大きめ。で、お味はというと、とってもフワフワのパンみたい!ぶっちゃけフワフワなだけでなにが違うのかよく判らないドーナツではあるのですが(なんて感想を…)、なんか昔懐かしい食感のような気もしないでもない…。今度はチョコ食べてみたいなー♪
とりあえず、食べたくて仕方なかったので満足です。そしてミスドが夜中まで開いてるお店でよかった…(思い出して夜中に買いに行った人)。
あ、因みに、りっちとかいうから某ドーナツ屋のように高価かというと、全然そんなことはありません。他のドーナツと同じくらいのお値段。りっちっていうのは材料と製法に拘ったという意味なのかなー。発売初日の朝一番に買いに行った友達は、「出来立ては香りが断然違う!」と力説してましたが…。(ごめんよ、夜のおわりもおわりに行ったからサ…)
花きみ最終回~!
お店のエスカレーターのタラップの、ほら、あれって細かい線の集合体じゃないですか。あの線の溝にヒールの先が嵌って危うくエスカレーターを止める(または壊す)ところだったタカヤマです、コンニチワ。
溝に入り込んで動けなくなった瞬間、「ど、どんだけ…っ!」と思ったのはさておき、異物感知してエスカレーターが止まるより先にワタシのミュールと、もしかしたら吸い込み口が壊れるほうが先だと感じ、慌ててミュールを脱いで手で引っこ抜きましたよ…あぶないあぶない…。自分のミュールよりも、あんなものの修理代を請求されるほうが怖いっつの…でも、そんなミュールの踵が嵌るなんて、むしろあのエスカレーターのが危険物…!?某訴訟大国だったら絶対に訴えられてたんだろうな、と生温く店を後にしました…。

花きみ最終回!視聴率が良かったらしく、最終回が二時間スペシャルに変更!というのは後半戦入った辺りで決まったらしいのですが、さすが急造の二時間スペサル…という具合。友達なんぞは「前半丸々今までを振り返って、みたいな感じなんじゃない?」と辛辣なことを言ってましたが、むしろそれは後半だった…。後半怒涛の思い出ラッシュ。脚本急遽作り直したんだろうなーみたいな…。でも難波先輩とのやり取りに感動して泣いたことは黙っておこうと思います。
原作と違う違うといいながら楽しんでみていた花きみですが、一番のグラッチェはやっぱり神楽坂でしたね…最後の最後までアレですよ…。(あの部分追加撮影だって聞いたんだけど、ホントだろうか…えらいものを追加してしまったものだ…)神楽坂には早いところ正気に戻ってもらいたいものです。でないと、可愛いすぎて困ってしまう…(なにが)。
後半株が急上昇したのが中津でした。中津!中津!中津びっくり!なんていい男なんだろう、中津!これは中身のひとの好演技といえるのではないでしょうか…。や、中津は原作でもあの通りの行動でとってもいい子なんですが、でもやっぱりドラマ版のがそれをしみじみと感じました…。中津のあの一人心の声演技、とっても楽しくて好き…回を追うごとに秀逸に…(笑)。
もう、花きみのドラマ版に関して言えば、佐野より断然中津派です。中津とくっつけばよかったのに…!てくらいに中津イチオシ☆最後、抱きしめてくれたときに感動した…!

ホリキティの演技も毎回元気が良くて可愛かったです~。原作付きだとどうしても「ここが…」とか色々違いを批判したくなるものですが、このドラマはドラマ版としてとっても楽しかったですよー。録画して残しておけばよかった。(見返すかどうかはともかく)
しかしなんですね…思い切り、単発スペシャルを作る気満々の終わり方しましたね…。
僕のアリスゥゥゥゥウウウウウ!!!
たまたま店の前を通ったときに、以前友達がK’Sマンハッタンのローストナッツチョコブラウニーが見境なくなるくらい絶品…!と手放しで賞賛していたのを思い出したので立ち寄って一箱買ってみました。で、早速一口。

…絶品…!

なにこれ、なにこの上品なブラウニー…!さすが、さすが名前に負けてないわ…!
ワタシの好みジャストミートはもう少し焼きが入った状態なのですが、でもこれはこれで完璧なバランスを誇っています。素敵!素敵!いやあ、美味しいわー、美味しいわー、といいつつ、一人でまくまくと食べてました。一箱を。(タカヤマさん…鼻血出るよ…)(いやだって、福岡いけなかったし…)(関係ない)

で、思わぬ絶品だったブラウニーをまくまく食べながら、ピコピコやってました、歪アリ。全部の選択を選んでコンプリしましたよ!きゃっほう!猫!猫!
なので、叫ばせてください。
僕らのアリス!改め、僕のアリスウウウウウゥゥゥゥウ!!!!
足が痛くても、ジャンねたばれの日~
T姉がね、今頃福岡の空の下なんですよ。T姉がね、福岡行くのにワタシは地元の空なんぞを眺めてるのですよ。…T姉が行くのに~~~!わあん!ワタシがいけないなんて!なんて!(じたばた!)
ワタシは誰かが旅行に出るときは可能な限り便乗してひっついて行きたいひっつき虫です。海外以外。(なのに目的地に着いたら別行動でもオケというツンデレ具合)国内の地方とか大好物です。なのに、今回は用事があって一緒に行けなかったのです。T姉は行ったのに。行ったのにT姉たちが行ってるのに(めそめそ)。
というわけで、置いてゆかれた(被害妄想)ワタシは、寂しいので一人しくしくと近隣の県で日帰り旅行にでも旅立とうと思っていたのに、昨日のアレでまたガラスのふくらはぎがアレなカンジだったので、泣く泣く諦めたのでした…。

でもジャンは買いましたがね(人生の必然)。
人間は色々な因果で生きている。
言い訳させてください。
今日も最終を逃して親に迎えに来てもらっちゃったのは、何もへべれけになっていたからじゃないんです。(いつも程度で)その日は運悪く入店した時間が遅かったからなんです。スタートが遅いと、お開きも遅いね、ということで仕方なかったんです。
で、なんでスタートが遅かったかと言うと、それは目星をつけていたお店が団体予約しか受け付けてなくて、個人顧客は予約が出来ないお店だったんです。で、本当ならば開店と同時に並んで入らないといけなかったのに、入れなかったので案の定席は埋まり入店を拒否られ、八時過ぎから別のお店を探し始めたからなんです。土曜の夜なのにー。
しかし、そもそも開店と同時に入れなかったというのは、アレなんですよ。その前に往復2時間かかる土地へ嫁いだ友達に会うために出かけていたんですけどね、いえ、そのお宅を出たのが遅くなってしまったというのもあるのですが、そこで出されたお茶菓子をついつい出されるままに食べ過ぎてお腹が全然すいてなくって、じゃあお腹がすくまでブラブラ歩いて買い物でもしようかーという流れに乗ったら、ついつい目に入った呉服屋さんの夏物処分バーゲンに目を引かれ、ついつい夏物関係ない和柄ショールに一目ぼれし、結局買ってしまったりしちゃってですね。
あ、ちなみにこれがそのショールです。一片の後悔もなし。完璧。すべてが完璧な可愛さを誇っております。
wamono.jpg

たまたま一緒に行った友達が二人とも着物が好きな人たちで、いいねー、着物やっぱりいいね!ゆくゆくは着物を普段着とかにしたいね!と盛り上がって、そのお店がまた試着し放題のお店で、ついつい、ついつい長居し過ぎちゃったっていう敗因もあるのですが、楽しかったのでそれはよし。とまあ、時間を大幅に過ごしてしまったからなのです。
ところで、なんでお邪魔した友人のお宅を良識的な時間に辞せなかったかというと、それはそもそも友達と待ち合わせして動き出した時間が予定より一時間遅れてしまったからで、なんでそんな豪快な遅刻をしたかと言うと、それはその日の午前中に、また懲りずに御朱印めぐりをしていたからなんですが、いや、聞いてくださいよ、それだけじゃないんですよ、聞くも涙、語るも涙のストーリが、その前に存在していたのです…。

ワタシはその日、そもそもが起きたのは七時だったのです。ありえない規則正しさです。なにそれ、休日に起きる時間じゃないよね。
で、なんでそんな早起きしたかというと、本日は友達と11時半にランチを食べる約束をしていたわけですが(で、その後別の友達の家へゆく)、その前にせっかくだから神社へ寄って御朱印を貰いに行こう、一個くらいは間に合うだろうという計算で動いたのです。11時待ち合わせで七時起き。ね?模範的でしょう?
で、目星をつけていた神社へ赴き、御朱印をゲッツ。更に情報を調べたら同じ地域にもう一箇所、もらえる神社があるらしい。時間はたっぷりあります。ただし、地図で調べたらちょっと歩いてゆける距離じゃございません。暫し悩み、近場の電車の駅からバスに乗り換えてゆくことにしたのでした。
なのに、ワタシは乗るバスと降りるバス停を間違えて、結局とぼとぼ全行程歩くことに。
……。まあ、ワタシの計画なんていつもこんなザル具合。いつだって行き当たりばったりさ、これくらいなんでもないわ、と歩くこと30分(ひい)。漸く目当ての神社を見つけ御朱印をゲッツしてホクホクしていたのですが、そこに急な雨が。ぎゃー、横殴り!コンビニで急遽大きなタオルを買って、さてそろそろ電車に乗って待ち合わせにいかなくちゃ、と思ったのはいいのですが、さて、どこから電車に乗ろうかというのが問題でしてね?
いやそれはですね、同じ道のりを30分歩いて戻るくらいなら、大通りだし、路線バスの一本も通っているだろうから、このまま通り沿いに歩いてゆけばいつか別の駅に向かえるバス停に出るだろうと思ったのですよ。しかし、それが敗因といえば、敗因の序章でした…。
そう、その道は、ワタシを裏切ってバスが通ってなかったのですよ…。
ガッテム!え?マジで?国道だよ?八車線道路だよ?大通りですよ?!
国交省を呪いつつ、仕方ないのでぜーぜー言いながら歩き続けたら、なんとか見覚えのある土地に。ああ、ここは○○駅の近くね♪と漸く希望が見えたのですが、そこでまたタカヤマさん、余計なことを思い出す。
…この駅の近くにも、確か一個後朱印もらえる神社があったな…。
よせばいいのに、雨振りの中、待ち合わせのタイムリミットがある中、歩き回って足が痛い中、ついつい「ここまできたんだから…」という勿体ない精神に侵されてその神社を探して彷徨います。
で、うろ覚えの記憶で動くもんだから、またも迷子になって30分歩きまわり。
最終的に目的の神社にたどり着くことはできたのですが(最寄駅から正反対に離れていた…)、その時点で待ち合わせの10分前でした…。
顔面蒼白。すぐさま平謝りで遅刻の連絡をし、もう料金なんて構ってられないわ、友達を待たせているのよ、とタクシーをひっ掴まえて目的地まで行こうとするも、何故かタクシーが一台も通らず、たまに通ったと思ったら、素通りする始末…!くそう…!国か、国が悪いのか、国政が悪いのか…!
結局息を切らせつつ、次の最寄り駅まで歩き続け、そこから電車に乗って待ち合わせ場所に向かったのでした…。
で、待ち合わせに30分遅刻し(いやでもワタシ的には30分ですんだことが奇跡にしか思えない)(その最低な言い訳は墓場にまで持ってって)、更には予定していたランチのお店まで歩く根性が残っていなかったので近場の違うお店にしたら30分並ぶことになって、と、そんな風に時間が遅れていったのですね…。

…ね?そもそもは、この国の公共交通機関が発展してないことが問題だと思いませんか。(そうきたか)

いやそれでも、遅刻して待たせた友達にはスライディング土下座でしたけどね…。ああもうホントごめんなさい今日一日ユーたちの下僕ですからって泣きの入れ具合でした…。

ところで、そんな風に一日過ごして、最後もう駐車場から家まで歩くのすら億劫なくらい疲れ果てていて、ああ足が痛い痛いと思っていたら、両足に靴擦れと水ぶくれができていました…。考えてみれば八時に家を出てから、12時に駆けつけるまでほぼ三時間は歩きっぱなしだったんですよね…。しかもミュールで。(後から数えたら初めに降りた駅から、最後にたどり着いた駅まで五区間。電車で五区間の距離を迷子になってふらふらしつつ歩きとおしてました…ありえない…ありえない旅人具合…!)
見てみたら、ミュールのヒールのゴム部分が全部削れてました。今年買ったミュールのゴムが全損て!全損て!ど、どんだけ…!
ハートフル兄弟(いやおにいちゃん)
家の前の駐車場に車を入れようとしたら、お子様がですね、その前の道路の真ん中でサッカーをして遊んでいたわけですよ。小学生低学年くらいのお子様が二人とね、その横で三輪車に乗って二人を見ている3~4歳くらいの幼児とかいて、三人でね。
で、ワタクシは子供を甘やかさない大人ですので、大人らしい尊厳を持って「オラ!轢くぞ餓鬼ども!」とばかりに速度を緩めることなく突っ込んでいったわけですよ。ええ。
すると、あたくしの車に背を向けてボールを蹴っていた男児のほうが車の音に気付いてはっと振り返り、その時飛んできたボールもそっちのけで、三輪車に乗ってぼーっとしていた弟(ええ、恐らく弟くんなんじゃないでしょうか)へと駆け寄り、庇うようにがっと覆いかぶさったわけです。
おおお、弟を庇った…!なんて躾けの行き届いた尊敬すべきお兄様なのかしら…!と感動して、あたくしその場に一時停止、すると、そのお兄ちゃんのほうは車が停まったのを見ると、道路に転がったサッカーボールに走り寄って回収、それを持ち上げると、深々とあたくしの運転する車に向かって一礼したのでございました
…感動…!
超感動いたしました、わたくし、超感動いたしましたのよ…!我が家の前の道路は実は私道なので、子供たちがそこで遊んでいること自体は問題にはなりません。あたくしも子供の頃は駆け回っていたものです。
問題はその後、その児童のとても模範的な態度ですの…!
弟を庇い、車を止めてボールを回収するのを待った相手に対するお礼を忘れない、その躾けの行き届いたなんて見事な態度…!感動!感動!
もうもうもう、このお子様たちの成長を、温かく見守りたい…!この兄弟がどんなふうに成長しておにいちゃんがどんなふうに弟を守って弟がどんなふうにおにいちゃんに懐いてゆくのか、一分一秒も見逃さずに見守りたい…!
ひと、それをストーキングという…。

絶対に近所の子供たちなんだよな、あそこで遊んでいたということは…。うわあ…物凄く将来が楽しみで仕方ない…。道ならぬ愛に悩む年頃になったら、そっとオバサンはその背中を押して応援してあげるからね、と勇気付けてきたいな!と思ったのですが、今それをやったら間違いなく通報されると思ったので自粛しました…。
やあやあしかし、いい子供たちだった…(たち、というか、その小学校低学年のお兄ちゃん…)

で、感動した大人はその後、脂の乗った秋刀魚を買いに行くのよというママにひょいひょいついてって、翌日のお昼に食べる月見トロロソバを買ってもらおうと思ったのに、売ってなかったのでしょうがないから野菜おろしソバとマンゴーメロンパンをそっとママの買い物カゴに忍ばせたのでした…。
この夏のブームは月見トロロソバ…コンビニよりもスーパーで売ってるのの方が美味しいのです…。実は密かにほぼ毎日食べ続けていたのでした…。(月見じゃなくちゃ駄目~)単品ではそんなに好きじゃないのに、この三つが合わさると最強の食べ物になるマジック…。
感動の涙はいい薬だと思います。
ミッコとメルして歪アリの話をしていて(大体我々のメルはチャット状態)、ミッコが「タカヤマと話しててまたプレイしたら泣けてきたよー」ということを言ってました。「どんだけ~!」と思ったくせに、じゃあワタシも…と自分も再び初めからプレイしなおしてて、「今度は逆の選択をしてゆこう!」と思い、「手を振り払う→逃げ出す」などとチェシャ猫をいたぶる選択を重ねていたにも関わらず、針に串刺しにされそうになったところで、猫が助けに来てくれて、「猫…っ」と感動して泣いてしまいました。
自分こそ、どんだけ(引くわ)。
猫に冷たくして傷つくならしなければいいのに…と思いつつ、色んなルートを見てみたいので頑張って続けるつもりです…。

同じく今日、Tがや先生の日記で、「嫌なことがあった日の帰り、スーパーへ行って果物を持ってレジに並んでいたら、一杯詰め込んだ買い物カゴを持って前に並んでいたおじさんが列を譲ってくれようとした。嫌なことあった気分が±になった」というようなのを読んで(ああああTがや先生、無断ですみません…)、感動してもらい泣きしてしまいました。人生は良いことも悪いこともあって、総じてトントンだと思っているタカヤマですが、こういう善人は親切の分だけ幸福の数が増えればいいと願ってやみません…。善人大好き…。ワタシも何度こういう他人の善意に癒されたことか。世の中は持ちつ持たれつで連鎖していっているのだなーというのを思い知る瞬間です。
見ず知らずの他人に善意を示すのは頭で思っていても中々できることではありませんし、絶対に報われる行為でもありません。年を追うことに自然に差し出せなくなる手もあれば、年を重ねたからこそ出来る善意もあります。どういう人間になるかは自分の心一つのはずなのでこういう年のとり方をしたいとは思うのですが、根が悪人なのできっといつまでもこういうキラキラした綺麗な人間を尊敬の眼差しで眺めつつ一生を終えるのだろうなと思ってます…。人間、えてして自分になりえない特性を持った相手に魅力を感じるものである…。(なにそのオチてきなまとめ)
発見!発見!
きゃぁぁぁぁぁっっほおおおおお!!!
少し前にワタシの好きなお煎餅屋さんが商品ラインナップを変えちゃって悲しいというような日記を書いたのですが、そのメーカーがまだワタシの好きなお菓子を売ってたああああ!マジで?もうないって言ったじゃん!でも嬉しい!嬉しい!勿論店頭分買い占めましたとも。そして早速一袋開けて、花きみ見ながらもぐもぐやってましたとも。うれしーい!
問題は今後も流通に乗ってくるかということですね…。直営店じゃないので多分判らないだろうなと思い、店員さんには聞かなかったけれど…。

…いい大人なんだから、こんなことできゃっきゃ言うなとか思うんですが、嬉しかったのですみません…。
脳内メーカーやりましたよ~。
脳内メーカーやりましたー。(今更)(ほんとね)いや、なんとなく、人がやってたので…。
画像細工するの面倒だったので(どんだけ)貼り付けてないのですが、本名で検索したら浮かんだ言葉は一文字でした。

「秘」
………。
秘て!しかもそれオンリー?!引くわ、自分に引くわ。なにを秘密にしてるっていうの…こんなに欲望オープンなブログ書いておいて…(駄々漏れですよ…垂れ流しですよ…)

ちょっと打ちのめされつつ、ついでに自分のPNでも入力してみようと目論んだのですが、ここで大問題が。
ワタシはPNを一つしか持っていないのですが(面倒なのでHNもそれ)、それはワタシが同人をやり始めた学生時代に作ったPNです。そして、実は最初は(実はっていうほどのもんでもない)漢字の名前でした。それが月日が経つごとに面倒くさく平仮名のが読みやすいよねってことで、今の形に変化したのですが…。
その、最初の漢字がもう思い出せない…。
マジで…?確かにそんなに愛着も使った時間もない漢字だけどさ…!まさか自分でつけたものを思い出せないとは。
年をとったなあと思わずしみじみしてしまいましたよ…。別に、PNなんて好きなように変化させればいいんですが、そういえば友達や従姉妹の子供の名前とかも、漢字覚えられないんだよなーと思ったり…。

哀愁を感じつつも、ジャンねたばれの日です~。
僕らのアリス、きみが望むなら
僕らのアリスゥゥゥウウウウウウウウウ!!!!(雄叫)

アリス!アリス!いや、シロウサギ!!!
世間の波から遅れること2年、漸く歪アリをやりました。携帯アプリのゲームです。ミッコが超感動した!超泣いた!と言ってたのでそれにつられてずっとやりたかったんですよ~。実は普段全然携帯ゲームをやらないワタシは、7月くらいに綾瀬てんぱいにお勧めされて初めて知ったゲームだったのですが…。やり始めるとつるつる進むノベルゲームですので、始めちゃえば全部で五時間くらいでクリアー。(トゥルーエンドのみ。コンプリ未達)
ネタバレ隠しですので、未プレイの方回避ください。あ、あとF原さんも回避、回避!(名指し)(つまりはそういうゲーム)
オーシャンズ13
夏休みも終わって、(夜中の)映画館から子供も消えただろうし、ということで、久々に映画を見に行ってきました~。といっても、友達がオーシャンズを見たいので付き合って、と言われて、行って来たのはオーシャンズなのですが…。
オーシャンズを見た方がほぼ思うことだと思うのですが、ワタシも例によってオーシャンズには何の感想も沸いてきません…お金のかかってる(主にギャランティに)映画だなあと思うくらい…。
実は11も12も未見なのですが、友達が見に行きたい!というので、こないだテレビでやってた12は見て、「ああ、こういうノリの映画なのね」とキャラ関係だけは掴んでおいたのですが、事前に必要な情報はそれくらいかな(笑)。11から見てる友達が「もっと決定的なピンチが一個くらいあると思ったのに…」と呟いてました。
12と13で坊やの両親が見れたので、ワタシはそれで満足かな!
確かに、これはもしも諸々の状況が解決して14を作れる状況になったとしても、13で終わって充分だ…と思うような映画でした。

ところで、トランス~とF4銀河も見に行きたいとちらっと思っていたのですが、このオーシャンのように感想らしい感想が何も浮かばないことが目に見えるようなので、きっと見ずに終わるんだろうな、と密かに思ってます…。
アニシールド・ナーガ戦ラスト
アニシールドでナーガ戦がラストだったので、久々にアニメ版見ました。アニメは原作のいいところがあまり出ていなくて全然見ていなかったのですが、今回はものすごいものを見せてくださいましたよ、アニシールド…!驚愕!驚愕!

原作では負けて呆然なナーガ。理由もなく勝ったデビルバッツ。鬼の首を取ったかのごとく浮かれるデビルバッツ。そんな泥門の向こうで呆然と座り込む阿含。神速で脳内俺22反省会。そして一言も愚痴など零さずに立ち上がり、「春大会だ…!」となるのがラストの流れでした。
…が、アニメ版では。
試合が終了。浮かれるデビルバッツ。終了の挨拶をせずに立ち去ろうとする阿含に注意をする審判。ブチ切れる阿含。そもそもあんなのは誤審だ、と審判に暴行を働く阿含。乱闘を止めに入るナーガメン。

ええええええええええええなにそれええええええええええ(ぽかーん)。

なにやってるの!なにやっちゃってんのアニスタああああああ!と目の前の信じられない光景に茫然自失。ああああアニメはやっぱり駄目だったのか…!阿含をそこまで貶めるなんて、ここまで駄目だったのかアニメは、とワタシの心を吹き荒ぶ風。
が、その一瞬後。

白皙の美貌に流れる、一滴のお兄様の涙…。(タカヤマさん正気に戻って)(真顔で正気です)
「すまなかった、阿含…。俺がお前の力を使いこなせなかったばかりに…」

驚愕驚愕驚愕。
おにいの涙…!回想編以外の、おにいの涙…っ!おにいが泣いた!おにいが泣いた!ひいいいい!おそぎゃー!
流石の阿含も予想だにしなかった自体に言葉を失います。(そりゃそうだ)そして歯軋りし、「…春大会だっ!」と、原作の流れに。お兄様は立ち直った弟に、涙を振り切って「そうだな、磨きをかけよう、ドラゴンフライに」と。

う、うおおおおおおおおお??!!!

な、なにこの流れ…っ!ちょ、ちょっと、ちょっと?!あろうことか、原作以上に説得力というか受け止められる流れが出来てるんですけど…っ!
先ほど心の中でアニメ版を罵倒したことも忘れ、脱帽のこの展開。びっくり!びっくり!
原作はあくまで阿含はすべての意味で天才でした。天才であるがゆえに孤高でした。その孤高に追いやったお兄様はけれど、凡人の位置に甘んじて弟とは永遠に相容れない様相を最後の最後まで醸し出していました。
なのに、アニメ版。アニメナーガ戦最終話。そんなおにいが、本当に、ただの善良なお兄様になっていらっしゃった…!ただの善良な兄馬鹿になっていた…っ!まさかまさかお兄様を「兄馬鹿」なんて称する日がこようとは…。ブルブル…ブルブルブル…。

いいものを見させていただきました、アニシールド…。(合掌)

あんなお兄様が見れるとはね…原作とそこまで違うとは思わなかったけれど(原作のお兄様は作為なしに人前で泣くくらいなら死ぬ)(お前はおにいをなんだと思って)、これはこれで可愛くていい…。少なくとも、原作ありきとして、このパターンでもいい…。
あの兄弟の複雑な愛憎模様は、とてもじゃないけれど小学生のお子様がご覧になるゴールデンに向かなかったという大人の事情もあったに違いないとなまぬるくほくそ笑むワタシ…。ええ、あの二人の関係は昼ドラですからね…ドロドロで、しかも救いようのない終わり方とかしそうですからね…。
話がずれましたが、そんなわけで、恐ろしいと思いつつも、なんだか違う兄弟の描き方に、目から鱗が出たような気分で清々しくナーガ戦の終わりを堪能できたのでした。あー、お兄様可愛かったー。絵がごつかったけど、でもお釣りがくるくらい可愛かったー。まさか、おにいを可愛いなんていえる日がくるとは…。
阿含は限りなく負け犬というか絵に描いたようなヒールというか、とても判りやすく敵でしたが。まあ、阿含はどうでもいいよ…(ワタシのベクトルは一体どっちへ向かっているのか)(揃っている二人萌え)。
王城の学園祭におにいだけじゃなくて阿含も来てればまたアニメ見るのになー!と思いつつ、多分もう揃ってる二人は見れないだろうからまたアニシールドからは離れますが、今日の回に限ってはグッジョブ…!グッジョブ、スタッフ、と褒め称えます…(何様)(ほんとに)。ワタシの心に新たな萌えを生み出させてくれてありがとう…。可愛いおにい萌え…。あんなおにいなら、確かに阿含も可愛くて仕方ないだろう…いつもはほら、あれだから…蛇蝎の如く忌み嫌われた歪んだ愛しか頂戴できない阿含の阿雲だから…。(うわあ)
ジャンねたばれの日~
が…っ、ガラスの脹脛がああああああっ(のたうち)!
なんでだろう?昨日はインテとアナ水しか行ってないのに筋肉痛です…どんだけ繊細(ものはいいよう)なのユー。

ジャンねたばれの日です。
N700乗りましたv
九月に入って一気に夜が涼しくなり、秋の夜長といった風情ですねと日記に書こうとしていた矢先、大阪インテに行ってああまだ夏は終わってないと反省したタカヤマですコンニチワ。(連続でこの始まり)
暑かった…大阪は暑かった…。朝の出かけとか涼しいっていうか寒いくらいで、あれ?もしかして選択間違えた?もっとがっちりジャケットとか着込むべき季節になってた?と動揺したワタシでしたが、大阪行ってその暑さに、まだ夏は終わってなかったな、と思い知りましたよ…。
今回はスペ申し込み損ねたので一般参加でしたが、並んで入っても時間がかかるんですね、最近…。人数が多くなってきたのか、コミケばっかり行ってるからそのスムーズな入場になれているのか…。大阪はあれ一般入場口を広げたらいいんじゃないかな…と余計なことを考えつつ、入場を待つワタシとミッコ。
ワタシはポツリと言いました。

ワタシ「ところで今日、買い物がありません」
ミッコ「ああ、聞いてあげるべきだったね、”で、今日なにしにきたの”って
ワタシ「新幹線乗る前にな

入場前から負け犬ですか。
ま、まあいい…(強がり)我々の本日の一番の目的は、実は帰りの新幹線です。そう、!こないだデビューしたN700系!ミッコが新幹線好きなのでね…(笑)
というわけで、イベントは一時間ほど歩き回ってするーっと脱出。寄り道もせずに新大阪へ向かい、カウンターの職員さんに「N700乗りたいのですが!」といえば、ぱっと出てくる時刻表。
絶対に、うちんた以外にもそういう切符の取り方するひといるんだろうな…。
本数が限られているので、一時間ほど時間を潰し定刻近くにホームへと上がると、皆、フェンスにかじりつきでN700の到着をカメラを構えて待ってましたよ…(笑)。やっぱり狙ってる乗客が多いのね…で、勿論ミッコもぱしゃぱしゃ撮ってましたので、N700の映像はミッコのサイトで見てくだされ(とかいってアプされなさそう…!)。
N700の「N」は、ニューのNだそうで、そのJR東海的なセンスどうよ…!九州を差し置いて?!とかなりどうでもいいJR同士の体質なんかを思い浮かべたのはさておいて、乗る前は「ニューって…ニューって…800にすればいいじゃん…」と胡散臭そうにしていたワタシも、N700に乗ったらもうすぐさま虜!虜!
だって乗ったら新品のシートの臭いが…!(あたらしいものすき)N700は通路も僅かに広いのでしょうか。内部の表示文字や電光掲示板のニュースなんかも全部が大きな文字に変わってました。トイレとかも綺麗だそうですよ!まだ新しいから全部が綺麗…(うっとり)。
これで車体が真っ黒だったら、「陸を走るスタフラ」として我々の旅の専用機になったのにね!とミッコと話しながら大満足で帰ったのでした…。

あ、あたくしの本日のもう一つの目的。anano.jpg
アナ水のノベルティ!ゴールド皮の宝石箱です。中は布張り。いつも買ってるアナ水まで行くのが面倒だったので駅近くのデパートに飛び込んで買ったのですが、どこで買ってもアナ嬢は大抵可愛いですのう…。でも紙袋の上を止めるシールの端を折り曲げてくれなかったので(デパートとかで買い物すると、後からテープを外しやすいように端を親切に折り曲げてくれますよねー)、やっぱりいつものアナ水だわ…!地元贔屓っぽいアホなことをほざいておこうと思います。そういえば、こないだ大型本屋で本を買ったときもその貼り方してくれて、密かに感動した…。あれはお店の教育なのかな。本人のバイト歴からの対応なのかなー。

追記・・・灼熱の大阪で大汗かきまくって帰ってきたけれど、やっぱり地元の夜はもう涼しかったので、そのうちうっかり腹を出して寝て風邪とか引くと思います。(犯行予告か
絶望した日。
今週はおおふりも地球へも両方録画予約に失敗して、力の限り絶望したタカヤマですコンニチワ。
おおふり毎回録画してたのにー!毎回可愛くて楽しいのにー!地球へなんて二週連続で見逃してます。ついてゆけるのか。来週ついてゆけるのか(諤々)。ニ、ニコ動とか…。

更にショックなことが。
ワタシが大好きな煎餅屋さんがワタシが大好きだった商品の販売をワタシが知らない間に終了させてしまってました。orzマージーでー。大好きだったのに!大好きだったのに!!その商品自体がなくなったというわけではなく、その種類だけ詰め込んだパックがなくなったというだけで、他の商品との混在販売はしてるらしいんですけど…でもワタシがお菓子袋一杯に貪り食いたい(タカヤマさん…)のはその種類なんですもんー!!うわーん!
もともと直営店とか入荷してる店が限定されてる商品だったけど、明確に店頭から撤去されてるのに気付いて、思わずお客様相談窓口に電話してしまいましたよ…(タカヤマさん……)
人間、食べれないと知ると食べたくて仕方なくなります。でもそれはもうその煎餅屋さんのどこを見ても売ってません。
仕方なく、食欲を満たすために、そのお菓子と全然系統が違うけれど、別のお菓子を買って気を紛らわせることに。
と、買ってきたものの一部。(一部?!)
okasi.jpg
………タカヤマさん、加減とか節制って言葉、知ってる?
ああああああアホかあああああああ!!誰がこんなに食べるの。誰がこれを食べるの。ほんと、なにを考えていたんだろう…(マイお菓子ボックスに詰めてて我に返った)(そういうものがあること自体、色々と自分の生き様を見つめなおしたほうが)。
念のために書いておくと、間違ってもスナック菓子を毎日食べるような年齢ではありません…一袋空けでもしたら、翌日顕著に肌に出ますよ…(怯)毒素が!毒素が!(うるさい
あああ、どっか他のお菓子屋さんで、似たような商品を出してるところはないだろうか…がっくし…。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。