ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
娑婆気一巻
しゃ/ばけ一巻読み終わりました…。
恐ろしい…!予想以上に恐ろしい小説きたよ…!
また老人ホームまで持って(黙)
病弱な若だんなが、昔から若だんなの家にいる妖怪たちと周りの事件を解決してゆく大江戸捕り物帳かと思いきや、ええ…っ?!そんな話なのおおおお?!という顛末。
以下、あらすじです。

ぴっちぴちティーンの若だんな(病弱)を目の中に入れても痛くないというかむしろ口の中にでも入れて、人からも病気からも悪意からも遠ざけてしまいたいと日々耽々と企む回船問屋長崎屋の手代、仁吉は実は1000年も生きた妖怪である。
仁吉は若だんなのそばにしれっとした顔でい続けるために人間に化けて小さい頃から若だんなの遊び相手兼見習いとして長崎屋に潜り込み、それから十余年、見事若だんなの育ての親としての地位をゲッツ。若だんなのために薬を調合したり若だんなのために若だんなを軟禁したり若だんなのために周囲を無碍に扱ってみたりと充実した日々を送っていた仁吉だが、ある日、ちょっと目を放した隙に自分に黙って夜遊びに出た若だんなが人殺しの事件に関わってカムバック。もうもうもう、これだからちょっとでも目を離すとなにをしでかすかわかったもんじゃないと、ぷんすか仁吉。唯一の目撃者である若だんなを犯人が狙いに来るかもしれないと心配し、人間たちがその事件を解決するまで若だんなの軟禁を軽く決意する。
ところが、そんな妖の思惑など露知らず、事件は中々解決しないどころか、どんどん若だんな(軟禁中)が関わってきてしまうことに。人間なんて何人死のうが犯人が捕まらなかろうがどうでもいいけれど、自分の若だんなが関わってるとあっては心落ち着かない仁吉。
しょうがないので柔らかな外出禁止からすべてを投げ出しての逃亡にスイッチしようかなと思いかけたとき、思わぬ客人が長崎屋に訪れ…。

千年生きた妖怪の、人生二度目にして最後の恋物語「しゃば/け」一巻、以下ネタバレ感想です☆
[娑婆気一巻]の続きを読む
スポンサーサイト
裸になるバトン~
グラコロ食べたい…とぼやいた日からこっち、実は毎日グラコロ食べにマックへ通っています。粘着質なので嵌るとそればっかり。でも実はナゲットが一番大好き…。

F原てんてーからバトン頂きました~!ありがとうございまーす!ほんと、いつも楽しいです…!

■今一番愛してるキャラは?

うっわ、微妙(笑)一番と言い切れるほど飛び抜けたひとがいない…。

■そのキャラのどこにハマりましたか?

1に答えられないと、自動的にこの設問にも答えられないという(笑)

■そのキャラへの愛の深さを、何に例えて説明する?

何かジャンルに嵌ると、その愛の深さを例えるのに、「これは老人ホームまで持ってくわ!」が一時期心の基準でした。共に白髪の生えるまで…。
痛々しいのであんまり口には出していません。(賢明な判断)

■何がきっかけで今(同人やコスプレ等)に至る?

友達にそっち方面への扉を開かれたから…(笑)。その後は喜んでこのぬるま湯に浸ってます。

■今している妄想を暴露してください

若だんなは絶対に佐助と仁吉を残して死ぬ運命だけど(多分)多分、別に仁吉は究極的には若だんなが死んでも構わないんだろうな。なぜなら若だんなが生きてようが死んでようがどこまでも仁吉はついてゆく所存だから。若だんながそこにいて、ついてゆかないわけがないから。要するに仁吉は若だんなが一生懸命生きようとしてるからそれを精一杯助けてはいるけれど、基本的にあの世でもこの世でも別の世界でも若だんなさえいればなんでもいいから、若だんながあの世へ連れてゆかれそうになっても別に慌てないんだ。自分にその方法さえあれば。だから仁吉と若だんなの縁はあの世までも続いてゆくのね。しゃばけあの世編とかやっちゃえばいいんだよ。仁吉だけは何があっても絶対に出るから(笑)。あ、因みに若だんなは自分の死期を悟ったら、佐助には次に生きる目標みたいなのを探してやって、「私が死んでもお前の人生を全うしてね」とか言い残して、佐助はいい子だから若だんなのその遺言を真っ当に守るためにこの世で行き続けるんだけど、仁吉は基本的に自分の欲望(=若だんなのそばに居ること)に忠実だし、基本スタンスが若だんなの話は聞き流す方向だから、若だんなが生きてといおうとそばに来るなといおうとそんなの右から左へ受け流すスルーで死んだ若だんなを追っかけてあの世へでも行っちゃうんだと思います。ていうか、若だんなと自分を引き裂く存在なんてたとえ「死」であろうとも許さないよね!

というのを一昨日、延々とミッコに語ってきました。(割合日常です)

■今一番好きなCP、どんなところにハマりましたか?

一番じゃないけれど、とりあえず嵌りたてだから仁吉×若だんなでも…。
このカプの最大の魅力は勿論仁吉の親バカ具合です。かなり盲目。「え?うちの若だんなが世界で一番尊い人間じゃないわけがないよね?お前何言ってんの?」的基準で今日も若だんなの意見さておき、若だんなの呼吸を止めずに一秒でも長生きしてもらうためのあれこれに余念がございません。
あと、テレビ版が谷原仁吉だったから…完璧…!あのキャスティング、完璧…!変態万歳…!

■あなたは何フェチですか?

骨格…。

■好きな受けと攻めのタイプは?

実はありません(様々な要素に迎合)(ものはいいよう)…一生懸命頑張ってる子が幸せになれる相手にめぐり合えたらいいなとは思います…。

■今気になるジャンルと、そのCPは?

し/ゃばけ。大妖二匹×若だんな。なんてタイムリー。

■今まで好きになったジャンルとそのCPは?

この老体に人生のすべてを語れと?(笑)

■ずばり、萌えって何?

胸を撃ち抜かれ「ぎゃあああ!!」と雄叫びながら床を転がり、「萌えた…萌え尽きたぜ…」と満足そうな笑みを浮かべて力尽きること。

■いらないと思った質問を消して新しい質問を考えてください

「■今まで好きになったジャンルとそのCPは?」を削って、「■今まで好きになったジャンル(CP)の中で、思い返しても一番熱かったものは?」につるっと変えてみたいと思います。自分が答えられなかったからって…。

■バトンを回す5人!

五人!ですね。
えーと、ミッコ、ちゃーちゃん、亨たん、梓たん、そして綾瀬てんぱい。先輩のみ、一問目の答えは「☆野きゅん!」から初めてください。(年末歳時強制イベント)
お時間あるときによろしくです~。
どっちが萌えバトン
T姉からバトン貰いました。ワタシを置いて仙台いったT姉から。「どっちが萌えバトン」だそうです。萌えが一発変換される大層嫌なPCです。

●ブレザーvs学ラン

学ラン…!だって、ブレザーはそのままスーツにスイッチできるけれど、あの詰襟にはあの年代にしか許されない高尚な萌えが存在する…!人生、一度は学ランを…!すべての民(男)よ学ランを…!
そして、学ランは女の子が羽織ってても萌へええええええええええ!なんです。(必要ない予備情報

●爽やか系vs秀才系

どっちも萌えない…秀才は即ち兄系で、爽やかは即ち腹黒だからだ…(どんな世界の摂理)

●照れ顔vs膨れ顔

照れ顔!照れ顔!それ貴重!目線は伏せがちでお願いします!(敦盛しゃん…!)(きゅん…!)

●黒縁眼鏡vs銀縁眼鏡

眼鏡男子萌えも装備されてないんですよね…。まあ銀縁と答えておきます…。

●秀才眼鏡キャラvs鬼畜眼鏡キャラ

鬼畜眼鏡で。秀才という言葉にすべからく反発する消去法。兄系を連想させる言葉にはとりあえず嫌悪から入ることにしています。大抵正しいです。

●『愛してる』vs『ずっと君の傍に』

『ずっと君の傍に』かな?どこまでずっとなんだろう、あっさり10年後には別れてるんじゃないのかということを突っ込みつつ…。(それもまたよし)(え)

●攻めvs受け

女の子は絶対受け萌え。なぜなら攻めは自分だからです。(激痛カミングアウト)世界中の可愛い女の子を集めたハーレムを築きたいよ!(憚ったほうがいい将来の夢

●硬派vs甘えん坊

甘えん坊が攻めなとき限定で萌え。(ヘタレと紙一重なら尚更…!)

●短髪vs長髪

短髪!短髪!もうベリーショートがいいよ!それでいいよ!

●年の差vs身長差

どっちも好き好き。かなり好物。

●文化系vs体育系

体育系…文化系への萌えが浮かばなかったから…。

●首筋vsへそ

男の人の首筋のラインは秀逸だと思いますが、女の子はおへそにいたるくぼみのラインが神の業なんですYO…!(打ち震え)

●手vs脚

男の人なら手。女の子なら足。なんてスタンダード。

●細身vsマッチョ

マチョていうと炎多留をいまだに思い出す…のですが、ミナスティリスの総大将が受けなので(決定事項)マチョ受けを推奨しておきたいと思われます。

●眼鏡vs裸眼

裸眼てアイテムじゃないよね(笑)。眼鏡ついててもついてなくても付加価値はないです。

●年上vs年下

ああ、どっちも萌える…昔は年功序列が好きだったけど、自分が年取ると(笑)年下攻めも面白くなってきた…。あ、でも女の子なら年下!学生がいいな!制服の!!(お前の嗜好なぞどうでも)

●健康vs病弱

若だんな限定病弱。

●頭を撫でるvs頬を触る

T姉の回答⇒頭を撫でる。受けが攻めを(ココ重要です試験に出ます)。

追記・・・国家試験にも国際検定にも出ます。幼稚園で平仮名より先に教えられる世界の常識です。

●抱きしめるvs抱きしめられる

抱きしめる!受けが攻めを!(攻め将棋)

●同意vsムリヤリ(何が?なんてきかないでね)

同意。
全世界の兄へ。ちゅけには優しくしてあげてください…(落涙)

T姉、これ最後どころかすべて腐女子仕様ですよ(笑)楽しいバトンまわしてくれてありがとーう!
それでは回します。
F原さん!
Tがやさん!
亨たん!
梓たん!
人数制限ナシ?では四人で。皆様、お暇がありましたら是非受け取ってやってくださいまし…。(お忙しいところすみません…)
じゃんネタバレの日~
さっそくミッコにしゃばけを借りてきて読んでるタカヤマです。そういうことばっかり早い人です。(欲望に忠実)
にきちがいちいちネチネチと変態くさく若だんなに絡むので、速やかに読みたいのに全然進んでくれません。にきちめ…そんなに若だんなが好きか…!(好きだろうとも!)
因みに変態とはにきちに対する褒め言葉です。(ええ)

ジャンねたばれの日でーす!
若旦那あああああ…っ!
ほぎゃー!きたああああ!
しゃばけきたあああああああ!!!

ミッコが、あのミッコがわざわざBL以外の小説読んではまってるわけが一瞬にして判ったよ!OPで判明したよ!
仁吉×若旦那なわけだねっ!!!超納得ううううう!!
かくいうワタシも5分で目がハート。佐助と仁吉の過保護っぷりはジャストミートストライクです。直球です。一撃です。メロメロノックダウンです。人生の真正面です
ときめく…!とくめくよ、保護者…!もうテレビ見ながら即行ミッコに「しゃばけ萌えええええ!」とメル打ってました…(そしてもちろんミッコもリアルタイムで見てました…)。

ワタシ「白沢の思い人って誰?!若旦那以外に誰を愛するというの?!」
ミッコ「おばあちゃんだね。まあ一太郎が生まれてからは確実に一太郎になってるはずですが
ワタシ「仁吉と佐助は今後も(未来永劫)若旦那の側にいてくれるんだよね(最重要項目)?!」
ミッコ「勿論だよ!一太郎を置いて行く訳ないじゃない!許されないよ、そんなの!」
ワタシ「あの二人以上に若旦那とカプるキャラは今後出てくる…?!ワタシ、なんの不安もなく二人×若旦那に飛び込んでいっても平気…?!」
ミッコ「出てこない、大丈夫。でも出てきてもあの二人にかなう人なぞ!

いい加減うちんたも思考がジャストミートすぎますよ、ミッコさん。
いいんだ…!いいんだ…!
キャスティングも絶妙だった。たにはら仁吉…!そんな過保護と変態さが紙一重な…(きゅん/褒め言葉)!そして佐助は情熱一直線。いいよ、完璧だよ!
小説未読ですが、テレビシリーズはこのままスペシャルとして続いて欲しいなーと心から思います…。へんにドラマ化はして欲しくないねとミッコとも話してましたが、もしもあの二人(にきちとさすけ)の過保護さがヒートアップした捏造話ならもろ手を挙げて歓迎してしまいそうな今の自分よちょっと落ち着いて。(ほんとにね)

いやあ、遙か4に引き続き、ちょっと風邪だなんていってる場合じゃない波がきてますよ…沸いた脳内に。(それウイルスかな)(どっちもね)
あ、ミッコ、メル無断転機ゴメン。(超今更
2008年三月…!
HARUKA☆4発売…っ!
(ずがーん!)
ちょ、ちょ、マ、マジでええええ?!
衝撃が走りました。早いよ!まだ早いよ!3を消化するのでいっぱいいっぱいのワタシにこれ以上のMOEはまだ早すぎるのよおおおお!ていうか、年表もう頭に入らないんだよおおおおお!(本音)とその一文にまずドン引き。
に、2010年とかにならないかな…と、冷や汗かきつつ開いた公式HP。
そうしたらば、そうしたらば…!

キタ…!!!

始まりの物語、きた…!ワタシの好きな黄金パターン(笑)きた…!
いやあ、いつか来ると思ってたというか、来て欲しいと思ってましたよ、始まりの物語!だってほら、DQだって3で「そして伝説へ…」だもん!
一気に上がるテンション。発売延期して欲しいと30秒前まで龍神に祈ってた誰ですか(笑)。
いやいやもう、楽しみです。はい。素直に。
正直始まりをやっちゃったらこれで遙かも終わりかなーとも思うけれど、このままそ知らぬ顔して織田信長とか戦国時代を更に駆け上るよりも、始まりに手をつけてこの世界の歴史を完全に晒して欲しいなと思うので、楽しみに待ちます。

とかいって、OPムービーでそこまで妄想をかっ飛ばしたけれど、元祖神子の話じゃなかったらどうしよう(笑)まあ四ヵ月後には明らかになるさ…。

あまりにびっくりしたので本日二本目の日記でした/笑
2007/11/24(土) 23:49:24 | GAME | Trackback(-) Comment(-)
そんなの関係ね…(黙)
先週辺りから鼻水が止まらずに、ああ鼻風邪だわーと思ってたら、今度は咳が出て喉がかすれ、遂には声が出なくなってしまいました。
まあ…!声が出なくなることなんて初めてでは?!ときゃっきゃ浮かれるタカヤマさん。しゃべれないわー、電話も出れないわー、話しかけられても答えられないわーとルンルン気分(え)でしたが、

考えてみれば引き籠りなので、そんなの関係(黙)

一言も喋らずとも生きてゆける…生きてゆける人は存在するのですYO…!(ぶるぶる)
熱もないくせに、引き籠りなので、家から歩いて五分のところにあるマックに行くのさえ面倒で、グラコロ食べ損ねてます…。グラコロは食べたい…だがしかし出かけるのが面倒だ…。おお、なんだこれは哲学か…?(絶対に違う)
寒くなってきたので一日20時間寝ています…。20時間寝ても、グラコロは食べたい…マックはデリバリーもすべきだ…(もうお前黙れ)

なんだかグダグダなので、一人DVD鑑賞会してました。
王の帰還のCEとSEEを続けてみる帰還祭り。え、なにそれ。どちらもやっぱりサムワイズには泣かされるのですよ…畜生、なんだあの男前の庭師…。真の勇者はお前だよ…!
そしてエオルの子らにときめきマックス…!きゅんとなるよね…!あの実直で素朴な人柄…!そして(ゴンドールと違って)愛されてる王様…!好き…(泣)!
そして相変わらずエルフ一匹いれば戦い終わるんじゃね?奥方の眼光でサウロンも黙るんじゃね?的慄きは感じずにはいられない…。なんであの頭に花の咲いた常春エルフはきゃっきゃと象で滑って、「ねーえ、私のギムリ、今の観ててくれてたー?」と一人遊園地気分なんだ…!ほんと、エルフ一匹で世界を守るのも壊すのも気分次第ってことか…!
最後船で旅立つ一行。あの同じ船にOKU☆GATAと所持者が一緒に乗ってるのか…!と気付いてしまえば、なんて怖ろしい女王様船なんだ…!と思わずにはいられません。まさにクイーンエリザベ(ハ?)。

何故いつも見返すのが帰還かというと、旅と塔はほら、アレだから…白き都の執政の息子が…世界のすべてを魅了した総大将がメリピピや弟とじゃれて太陽のような笑顔を惜しげもなく振りまいてらっしゃいますから…。そりゃあ一人で見返せないよね…うっかり心臓止まるよね…。最終兵器Boromir…
ジャンねたばれの日~!
日曜日から一気に冷え込みましたねー。寒さで腰が痛みます。久々に温湿布の出番です。ぬくい…。出番といえば保湿ティッシュも出番ですよ。冬のタカヤマは鼻水製造マシーンです。これ売れたら儲かるのにな…(売れませんよ)。

衝撃が走りました。
蟲/師の作者さんて志摩さんなんだ…っ!名前変わってたんだ…っ!うわー!うわー!知らなかったー!漫画見たのに(笑)気付かなかったー!
大昔好きだった絵師さんです。漫画とかあんまり読んだことないんだけど(それほど昔)、今でも漫画家さんでなんか嬉しいな。

ゆるみきって今更にジャンねたばれの日でーす。
割引券の罠。
またもやT姉たちがワタシを捨てて仙台に行ってます。ワタシがいけないのに、仙台行ってます。アレ?ユーたち鬼ですか?この、長年の友人を無情にも捨てて旅立つその心意気、鬼畜ですか、ミッコ(指名制)。

今年出来た和物屋さーん!若い子向けに色んな商品を置いてくれて嬉しい。
今日覗きに行ったらマフラーとか手袋とかが登場してました。手袋は以前別のお店で買ったので、今回はマフラー!
四色あってどれにしようか延々店員さんと一緒に行った友達と悩んだ結果、赤に…。赤って、今年、赤のストール(和柄)買ったくせに、お前…!とすごく思ったのですが、だって、スニーカーが赤だから赤のがあわせやすいかと思ったの…(言い訳)!071118_1221~0001.jpg

ついでに鞄も一個ゲッツ。赤いマフラー買ったら(模様が蝶の切り抜きなんですヨ!)(裏が和柄で)、なんだかそれにあう鞄もいいなあって思った…んだもん…。
でもこのお鞄、斜め掛けにするとちょっと長さが足りないんですよね…(致命的では)

今日飲みに行ったお店は友達が50%オフという夢のようなクーポンがあるというので行ってみたお店だったのですが、最後お会計のときに別に全然割引されてない…。あれ?と思ってお店の人に確認してみたら、「フードは全品50%オフです」とのこと。
ああ…っ、つまり我々みたいに酒代が大多数を占める客は絶交の鴨というわけだね…!
なるほど、たまに物凄い割引のクーポンをみかけるけど、そういうタネがあるのかー、ととっても納得して大笑いしてしまいました。どんだけ飲んでるのって話です
あと、酒屋で柚子小町の新作を見つけました。にごりちゃんです。色も違うんですよー。
でもワタシはシークワーサー入ってないのがやっぱり好きかなー。
ジョン9
テレビでジョン9がやってたので、なんとなく見てました…ら、あれ?見たことあるなあ、と。映画館で見たのはなんとなく覚えてるのですが、DVDで手当たり次第見てたのはどうにも見た覚えがなくなってゆきます。
ジョン9はお約束のお涙頂戴アメリカンストーリーなのですが、とても模範的な視聴者のタカヤマさんは、勿論がっつり号泣。ううう、ジョン、良かったね…!と泣かされつつエンディングへ向かったところ…。
………。
あれ?こんな終わり方だったっけ?
ジョン9て生き残るんだっけ?な「??????」。なんか、ワタシが覚えてたジョン9の終わりは最後ジョン9が撃たれて死んだような気がしてならないのですが、ちゃっかり入れ替わり作戦で生き延びていた…。これってDVD版でアナザーエンドとかあったのかなあ。そっちを覚えていたのか他の映画とごちゃまぜになってるのかさえもう思い出せない…。(関係ない話ですが、ワタシこれまでで一番秀逸なアナザーエンドは蝶エフェクトだと思ってます)

ともあれ、この映画は犯罪者の話だということを忘れてはいけないのですが、それでも反政府的な思考はいつの時代も英雄偶像になりやすい。(もてはやされやすい)
刑事さんが言った「今は民衆はお前の味方だが、明日になれば忘れられて終わりだ」という言葉が一番の真理だった気がするなー。
アメリカがテロに屈しない姿勢であるという現実を元に、病院も我儘な患者に屈しないという姿勢を初めはとるのだけれど、その辺お涙的に流れてゆきます。
しかし現実問題として、ジョン9は出所後一生働いても息子の手術費を全額返済することは出来ないと思う。そして移植待ちのリストにあれだけの名前が載っていることから判るように、同等の金額を払って移植を待ってる人は山ほどいて、一応症状順に優先順位がついてるわけだけど、横取りされたひととその家族は業腹だろうなと思う。(映画ではそこを「マッチングするのが奇跡的にジョン9の息子だけだった」という描き方をしてそういった反感を抑えているけれど)
で、払えないジョン9はきっと事件を知った人たちからの寄付金で手術費用の返済をするんだろうなと思うわけですよ。

ほら、最後にひとを救うのは人の善意なんだ…!

しかし、事件前にジョン9が募った募金では全然足りなくて、事件が起きたからこそ、注目され、同情され、寄付金が集まる。事件前は動かなかった心とお金が動く。
それもまた現実です。

ところでママンがごろごろ何個も買ってきたキャベツを眺めてロールキャベツにしてもいーい?と聞くので、ロールキャベツがお好きでないタカヤマさんは「ノン」と答えたのですが、ちょっぴり鬼饅頭を作るための白玉粉がないから買ってきてとお遣いに出てるうちに、ワタシのお好み焼きになるハズだったキャベツは丸ごとコンソメで茹で上げられ(二玉も!)すっかりロールキャベツの準備に取り掛かられていたのでした…。(そして近所の祖父母や親戚のおうちに配られていったのでした…)

作ってもらった鬼饅頭はちょっとサツマイモがパサパサしましたね…食べたくて買ってきたの自分ですけどね…。
ジャンねたばれの日~
「ゆうしゅう」と打って「憂愁」と一番に出る嫌なPCです。
優秀って打ちたかったのですよ?(誰に言い訳)

一日遅れですがジャンねたばれの日~!
なんだか今週はホモビームをびしびしと感じた…(今週どころか)
これが恋?!
みちゃったんだもん…そりゃあ、見るさ(笑)
とかいいつつ、以前あった見たらやらなくちゃいけない系のバトンは果てしなく項目が多かったので挫折したのですよ。亨たん、梓たん、試験終了おめでとう(いつの話)。

 ■ルール
・見たらやる
・タイトル「これが恋?!」に設定する
・地雷バトンです
・見たらすぐやる

・好きなタイプを外見で答えよ
→女の子。

・財布はどんなのを使っていますか?
→がま口萌え中なので、二つ折りのそれ~。色は緑。人生の必須条件。

・携帯ストラップは?
→ネヅミーの下僕的な犬(緑)。和柄模様の熊(緑)。なんか先っぽ取れたビーズ(緑)

・バックはどんなのを使っていますか?
→普段使いはピンクの皮製。A4は必須ですね。

・バックの主な中身は?
→携帯・財布・カードケース・鍵・リップ・ハンカチ・ティッシュ・日傘(今何月だと)・扇子(同じく)・鏡・どこでいつ買ったか覚えてない(多分交通安全の)お守り・裁縫道具バンドエイド常備薬等一式・CD・胃薬(………)

今見たらそんだけ入ってました。でもあとジャン一冊くらいは入るよ!

・星に願うなら?
→世界平和さておき、わたしの心の平和

・もしクレヨンに生まれ変わったら何色いい?
→ビリジアン

・好きなスポーツは?
→ないなー。

・好きな曜日は?
→土曜日。そして一週間の初めに「また一週間が始まるのか…」と絶望しますが、最近はジャン発売日ということで中和気味。火曜と水曜に絶望します。

・最後に見た映画は?
→覚えてないなー。オーシャンズとかだっけ?DVDでよければ可能の王国。

・怒ってるときどうなる?
→黙る?

・夏と冬どっちが好き?
→冬~。

・最近泣いたのはいつ?なぜ?
→昨日。先週のERを観て。

・ベッドの下に何がある?
→ 埃?

・昨日は何してましたか?
→朝ごはんに起こされて食べて寝て、PCでニコ動DLしながら寝て、ER見て泣いて寝て、風呂入ってご飯食べて寝ました。(基本スタンスです)

・好きな車は?
→馬力のある車内の広い緑のセダン。ぶっちゃけモダンリビング

・あなたの性格を一言で表すと?
→気分屋?

・身長はいくつ?
→162(毎年変動)

・自分の体で嫌いなところは?
→あーーー……………天パ?

・タバコは?
→酒で肝臓を壊す予定なので、肺くらいは美しく保ちたいです。

・ファッションは何系?
→気分次第…モードじゃないことだけは確か。

・カラオケで何歌う?
→ここ数年いかないなー。

以上、面白みのかけらもない回答ですまそ。基本が自堕落な人間なので…。
それではみなさんよろしこ!
見ちゃったからには覚悟決めてよろしこ!(笑)
懐かしいジャンル…
夜、揚げ物を食べると年々翌朝が辛くなる…という話を真面目にカミングアウトして、同年代の友人たちにさえドン引きされたタカヤマですコンニチワ。
ええ~。だってー。なんだもう、本気で胃が弱ってるんだろうか…と言ったら、じゃあまず酒から控えろよと突っ込みくらいました。真理ですが、酒は命の水です。
この日も飲みに行ってたのですが、「飲み放題でもないのに12杯てお前どんだけ!」「どうせ一ミリも酔ってないくせに!」「ザルか?!アルコールは水と一緒か?!」と散々罵られたのですが、そういってる友人自体、同じ数だけ飲んでますからね…向こうは酔ってたのか…そうか…ワタシは帰るときも体が暖まらずに寒さに震えてましたよ…。確かに飲んだとき美味しいか美味しくないかの差で酒のつまみも枝豆があればいいよなんてひとは、もうファミレスでご飯食べてればいいんだよね…。
そういいつつも絶対に我々は次回も同じように飲み屋へ行って同じような注文をし、同じように散財して帰ってくるんだと思います…。同じお金出せば絶対にビルの上の方に入ってる高級なお店でいいもの食べれるよと密かに思う…。まあ居酒屋のあの雰囲気の中吐き出すどうでもいい話のためのお金は、人生の必要経費ということで。

それはさておき、今宵の酒の肴はよしな/がふみさんの対談ネタでした。
お読みになられた方で年代が被る方は全員が頷いたんじゃないかなー。
BLの草分けというか、誰もが一度は通る通過点は「蜃気楼・絶愛・絆」だそうです…。物凄く納得世代(正確にはちょっとずれますが)。我々、この二番目が思い出せなくて、「えっ、間の/楔じゃない?」「終わ/りのないラ/ブソン/グ?!」「たく/みくんシ/リーズは?!」と飲み屋で延々頭を捻らせていましたよ…そうか、我々は晃司を忘れていたんだね…(でもこの元ネタはC翼なわけだし)。ワタシは全部読んだわけじゃないのですが、攻めが全員、懐かしすぎて振り返りたくもない男たちというのがポイントのようです
あと、ワタシが死ぬほど同意してしまったのが、今のBLの流れを革命的に変えたのが「え/みく/り」さんだということ…!そう、そうなの、そう…!これはワタシが昔から声を大にして言ってる事なのですが(友人たちに)それまで同人でも同人以外でもホモネタて絶対に「どうしてこんな思いを抱いてしまうのか」とか「こんなのおかしい…!」といった葛藤がワンクッション存在したんです。でも、この方たちが書かれる(描かれる)BLはその葛藤がない。全然普通の恋愛。普通に恋に落ちて家族に紹介して伴侶になるという過程のどこにも、男同士だからという障害は存在しないんです。
これが実は当時は目から鱗でした…。
今でこそ当たり前にそういう流れがきてますが、この流れを作られたのはこの方たち!と言い切りたいくらい、当時感動した覚えがある…。今でも同人てその時節時節で色んな顔を覗かせた流行廃りがありますが、これって特殊な世界だよなーとつくづく思うのです。はい。
もうすべてが昔の話ですが、同じ年代の子とこういう話を振り返るのはとても楽しいです。ババアになったもんだと心から思いますが。友達なんて特にお互いのジャンル遍歴まで知ってるから、昔話は尽きないですねー。また飲み屋の開店から閉店までいる勢いの頭のおかしい客になってました。
…そう、だからもう最近は好んで地元の飲み屋に行くの…若い子の行く町中の、二時間で追い出されるところとかだと何件梯子すりゃいいのよって感じで面倒なの…。
「次へ渡す」
ちゅたやが半額レンタルやっていたので、地上波見逃した分のERと可能の王国を借りてきました~。
ERはシーズン長いけれど、初期から見続けていたので何とかついてゆけてます…この数を今から追えとか言われたら、きっと諦める…ていうか、2~3続いてるだけのシリーズでももう諦める…。根気がない人です。
で、可能の王国。
ちょっと前ブログで名前がでたので(思い出させてくれてありがとう梓たん!)見返したいなーと思ったら、録画してると思ってたのがなかったのでレンタルしてきました。
古い映画で今更ネタバレもなにもないと思うのでこのままかきますが、この映画はもう泣くための映画です。泣くための本、泣くための映画、泣くための思い出が色々あると思いますが、間違いなくワタシにとってこれは「泣くための映画」。無条件で最後になれば絶対に泣いてる映画なのです…。(「次へ渡す」っていう発想がとっても素敵でひとの善意をひしひし感じて、なんて綺麗なお話なのかしらと思ったの…!)
当時より年をとった今もまだ泣けることができて、ああ、ワタシの心まだ枯れてなかったなーと再確認(笑)。多分スポーツ青春映画の、よかったね!報われたね!な感動の涙のほうが軽く泣けるんだろうなーと思いながらも、こういう辛い涙を選んでしまう…。いやこれも感動の涙なんだけど、最後が可哀相なのでね。はー、もう、ぼろぼろと泣いた泣いた。人間には絶対に定期的にでも泣く事が必要だと思うのですよ。
そして、映画見て泣きながらずずっと鼻をすすったら、何故か小学校のときのプールの消毒素の匂いがしました。えええ(笑)?人間いくつになっても生きるということは新たな発見ですな…。
ICO
ここ一ヶ月くらい地味ーに胃腸(多分)の調子が悪かったんですよ…(その割りに暴飲暴食してましたが)(ちがう、暴飲暴食のツケで悪くなったんだ)。
で、胃腸改善のためにまずできることといったら食事改善?とばかりに、三食偏らないものを食べようと決めた翌日、一日一食生活とか何時におきて何時に食べてるの的ニート感満載の生活を繰り返し、ますます改善のかの字もないことになっております。
本日は夕方突然鳥の唐揚げが食べたくなり、近所の唐揚げ屋で(そんなものがあるのです)すみませーん、からあげ500gくださーい(500てお前…!)(加減を知らない子供)と唐揚げ買ってそのままもしゃもしゃ食べ続け、ぐうたらし。23時頃今から帰るわコールがママからきたので(そう、ママンはこの日おばあちゃんち行ってたのです…)やっべえご飯一口も食べてないと、慌ててもさもさ食べ始めたら、帰ってきたママンがミスドのリッチドーナツをお土産に買ってきてくださったので、ご飯を食べた後にまたもさもさドーナツ食べてました。夜中の一時に。

タカヤマさんの99%は欲望優先無計画で出来ています。

で、それは前置きなのですが、ICO。ゲームのICO。大昔、とても魅力的なゲームだと思ったにも関わらず、絶対にワタシがクリアーできないような要素があったため諦めたゲーム。
数年後、そのノベライズが出てることを知りいつか読もうと思いつつ、また幾年月…(おまえ…)。
で、漸く読みました!
ICOへのときめき熱が下がった今、ふーんこういう話だったんだーと思った反面、これがオリジナルならいいなとなんとなく思ったりも。大筋こんな話だとしても、ゲームではもっと違う要素が一杯あるとそのほうがいいなと思いつつ、でも絶対にゲームはやらない予感。ていうか、やらない。
長年の積み本を一冊消化できたのでよしとしよう…と思ったりな日でした。
ジャンねたばれの日~!
剣八格好いいんですけど…っ!
な、ジャンねたばれの日でーす。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。