FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
娑婆気一巻
しゃ/ばけ一巻読み終わりました…。
恐ろしい…!予想以上に恐ろしい小説きたよ…!
また老人ホームまで持って(黙)
病弱な若だんなが、昔から若だんなの家にいる妖怪たちと周りの事件を解決してゆく大江戸捕り物帳かと思いきや、ええ…っ?!そんな話なのおおおお?!という顛末。
以下、あらすじです。

ぴっちぴちティーンの若だんな(病弱)を目の中に入れても痛くないというかむしろ口の中にでも入れて、人からも病気からも悪意からも遠ざけてしまいたいと日々耽々と企む回船問屋長崎屋の手代、仁吉は実は1000年も生きた妖怪である。
仁吉は若だんなのそばにしれっとした顔でい続けるために人間に化けて小さい頃から若だんなの遊び相手兼見習いとして長崎屋に潜り込み、それから十余年、見事若だんなの育ての親としての地位をゲッツ。若だんなのために薬を調合したり若だんなのために若だんなを軟禁したり若だんなのために周囲を無碍に扱ってみたりと充実した日々を送っていた仁吉だが、ある日、ちょっと目を放した隙に自分に黙って夜遊びに出た若だんなが人殺しの事件に関わってカムバック。もうもうもう、これだからちょっとでも目を離すとなにをしでかすかわかったもんじゃないと、ぷんすか仁吉。唯一の目撃者である若だんなを犯人が狙いに来るかもしれないと心配し、人間たちがその事件を解決するまで若だんなの軟禁を軽く決意する。
ところが、そんな妖の思惑など露知らず、事件は中々解決しないどころか、どんどん若だんな(軟禁中)が関わってきてしまうことに。人間なんて何人死のうが犯人が捕まらなかろうがどうでもいいけれど、自分の若だんなが関わってるとあっては心落ち着かない仁吉。
しょうがないので柔らかな外出禁止からすべてを投げ出しての逃亡にスイッチしようかなと思いかけたとき、思わぬ客人が長崎屋に訪れ…。

千年生きた妖怪の、人生二度目にして最後の恋物語「しゃば/け」一巻、以下ネタバレ感想です☆
[娑婆気一巻]の続きを読む
スポンサーサイト



Designed by aykm.