FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
タクシーNYとハチクロ
TAXI面白いですよって以前お勧めしてくださったのって、F原てんてーでしたでしょうか…(違ってたらすみません…)。なんか誰かに面白いよとお勧めされた覚えだけがあったので、これまた夜やってたNYを見てみましたですよ。初タク。
多分、本家シリーズの方が主人公が男なのでそっちをお勧めされたのかもしれませんが(あらゆる意味で)、NY版の女主人公もスピーディーな展開で楽しかったです。久々にアクション映画観ました。
主人公の気風のよさも素敵だったんですが、それよりなにより、主人公の恋人役の声が小杉さんだったのが一番のヒットでした。
やっぱり超好きな声…!アニメやドラマよりも、実は映画に宛ててるときの声が一番好きかもしれません。

ついでに、溜まってた録画を消化しようと思って、一番溜めていたドラマ版のハチクロを一気見しました。
概ね原作どおりですが、原作の大学生活四年間(でしたっけ?)を1クールに納めきるという凄い技をかました作品でもありました。でも雑じゃなかったですよ。ワタシが感じた限りは。
ラスト、しゅうちゃんとはぐちゃんをくっつける展開は煩雑になると思ったのか、そこはばっさりカットされて、竹本くんとはぐちゃんの友情が綺麗に描かれて終わっていました。真山は主軸に近いから外せないだろうなあと思いましたけど、野宮さんと山田さんがちゃんと描かれていたのは嬉しかったです。あと、森田さんはちょっとオリジナル…?なんかちょっと出番増えてた気がします…。(それをいうならローマイヤ先輩と山田父ですよ)(先輩なんて結局最後まで美味しいところを…!)(先輩、実家にお戻りにならなくてよろしかったのですか…!?)
山田さん、原作では物凄く上手に片思いが描かれていたのですが、テレビでいつまでも真山を振り切れないところが繰り返し続いたので、テレビ版だけ見てる人はちょっとイラっとしたのでは?!と思ったり。ち、違うの、原作を読んで!そうしたら全部判るから!と思わず弁護したくなりました…。いや、テレビ版も丁寧でしたけど。ちょっとだけ思ったの…。
これはまさに、以前原作を読む前のワタシとハチクロファンの友達の間で交わしたやりとりそのまんまですよ…(笑)。原作読んでると、どうしても原作読んで!それが全てだから!といいたくなってしまうのですよね。あの感覚は中々言葉で説明できないですし。

しかし、竹本くん、最後まで半ズボンでお疲れ様…。「雨の終わるところ」の話は一番好きなフレーズなのでちゃんと入ってて嬉しかったです。二番目に好きなのは「青春様のご光臨じゃあああああ!」です。あれ?そんな感じの台詞がありましたよね?(うろ覚えか!)

ところで、1クールでこの容量のハチクロ。映画版は未見ですが、一体どうやって纏めたんだろう…?
スポンサーサイト



Designed by aykm.