ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ジャンねたばれの日~!
四月最終日、明日からのガソリン値上げに際し、夕方のガススタ混雑はすごかったですよー。一車線、ガススタに入るために渋滞できてますから、ほんと金額大きいもんなぁという感じです。
かくゆうワタシもジャン買いにいくついでにガスを満タン入れようと思っていたのですが、あまりに渋滞が酷いのであっさり諦めました。根性ナシの負け犬です。だってリッター130円が160円に上がると仮定して、30円違うんですよ。10リッター入れれば300円の差ですよ。アクセラたんは満タン45入るみたいだから、単純計算で1350円違うわけですよ。
1350円違うのに面倒くさがって帰ってきちゃうわけですよ。
全く嘆かわしいものです。タカヤマさんあなたです。

orz

負け犬気分でジャンねたばれの日でーす…。
[ジャンねたばれの日~!]の続きを読む
スポンサーサイト
超私信。
旅行翌日月曜日、ジャンを買いに行くことも忘れ起きたのは16時でした。
(お約束)
それはさておき、起きたら足に青痣が四個もできてたんだけど、ミッコご存知ないかしら…!
ワタシ、記憶にないところで、どんな大冒険しちゃってた?!
引くよ、自分に引くよ!

書き忘れましたが、北陸自分土産として人生初めてゆべしを食べました。
柚子味のお餅のお菓子です。名前を聞いたことはあれど、口にしたのは初めてで。
感想は「ふーん」みたいな…。
なんでワタシは長年これが気になってたのでしょう…??不思議不思議。
北陸旅行その2~!
翌朝は六時前起床です。前日早く寝たのですっきり目覚めでしたよー。ミッコと二人して旅先の早起きは苦にならない人なので、今日も朝からモリモリ行動しますですよ。
本日の予定は、

①厳門
②ヤセの断崖
③能登半島、七尾の海的なアレ(能登は遠いので飛ばしました)
④富山県伏木の海的なアレ
⑤伏木分室の海的なアレ
⑥瑞龍寺参拝
⑦富山で名物の白エビを食べる

というコースです。
本当は能登半島を一周する予定だったのですが、お天気の予報が悪かったのと、下手すると富山が廻れなくなるんじゃなかろうかという時間的都合のため、能登支部はつるっと飛ばして海的なアレは七尾だけに留めることに。
あと羽咋市の上のほうに宿泊していたので気多大社が近かったのですが、こちらも時間的都合で断念。
というわけでまずは七時出発で能登の厳門です。能登金剛という呼び名の方が有名なのかな?
朝七時の観光地は流石にみやげ物屋さんも何もやってないのですが、この日は朝から強風で遊覧船も欠航だったろうから無問題。人気のないところに入り込むのは慣れている我々です。
能登の厳門は自然の波に岩が削られてできた景勝地なんですが…。押し寄せる高波で近寄ることもできず。洞窟を渡った先にあるのですが、引き潮なら周りの岩場とか渡れそうだったのですけどね。
写真だけパシャリ。
080427_0716~0001
080427_0716~0002

洞窟を入って…。
080427_0718~0001
080427_0718~0002
080427_0718~0003

まるで玄界灘を思わせる高波の日でした。時化てる!絶対に時化てるよ今日!みたいな空気で、寒かったです。
(でも荒くれた海も素敵)
是非ともこの穴を潜ってみたかったものですが…海水浴のシーズンとか入れるのかな。(無理だと想いますよ)

お次はそのまま海沿いの道を北上してヤセの断崖。厳門に行ったついでだったのでそう期待はしていなかったのですが、予想外にこれがヒットな選択でした。
断崖に着いた我々。断崖自体は「覗き込むと身が竦む思いのする絶壁」という意味で名付けられた景勝地のようですが、そうたいしたこともなく
(まあ東尋坊や厳門を見てますからね)
ヒットしたのはその近くにある「義経の舟隠し」なるものの方です。
来たついでだし、そっちも行ってみたい~とミッコを誘ってヤセの断崖から脇道に入り、お天気もよくなってきた海沿いの道をお散歩することしばし。(お天気がよい能登から眺める日本海はそれはもう言葉にできないほど美しくございました…)
くだんの場所に到着。
080427_0809~0001

この場所は義経が奥州に逃げる際に47隻の船を隠しておいた入り江だそうです(ワタシ何故か九郎さんとベンジャミンが手に手を取ってチンギスハーンになるために旅立った場所って覚えてたんですよね…。奥州でした、奥州。スミマセン)ぶっちゃけ、この激しい岩場にどうやって47隻もの船をと思ったのはさておき。
この、この景色…!
080427_0810~0001

ちょ、むしろこっちのほうをガイドブックには乗せるべきじゃないですか?!
なんと恐ろしいことに、この断崖、柵などの囲いもなく、好きな先端まで歩けていけてしまいます。うすうす気付いてたけど、北陸の観光地ってフリーダムですね!好きなところまで行けばいいさ、自己責任でってことでしょうか。(多分、危険区域の線引きが難しい場所ばかりが観光地だからだと思いますが)
ミッコは怖がって(そりゃそうだ)来ませんでしたが、多分途中までなら安全なので、高いところが怖くないひとは是非ともいってみて欲しいです。絶景です。
更には隠し入り江の隣にあるこの岩場が素敵だったのですよ!
080427_0812~0001

多分、この岩場降りれます。頑張れば。だれか能登半島旅行して頑張っちゃった人とかいないかな…。感想を聞きたい。この岩場、涼しい春の日に波の音を聞きながら昼寝するのに最高のロケーションだと思うのですよ。
いやあ、素敵!超満足!きてよかったと引き上げて、誰もいない駐車場で昨日福井で買ったパン屋さんのベーグルで朝食。
一日置いても超美味しくて、ほんと頭の下がるベーグルですよ。ロケーションも最高ですしね。
ともあれこれで能登半島の海沿いドライブを終了し、一路山道に入って半島の反対側の七尾市へ。
一時間ちょいのドライブの後到着したのはやっぱり見慣れた海的な場所なのですが、今度も船がみあたりません。あれー?結構大きな港なのにねー、と話しつつ、しょうがないので次なる場所へ向かう際に気になった七尾港の魚介センターのような場所へ。
能登の特産品を見たかっただけなのですが、思いもかけず建物を出た瞬間、魚介センターに隣接した公園沿いに見えたのが海保のアレ!(横浜基地みたいなシュチュエーションを想像してください。建物のすぐ横が海浜公園なんです)
ミッコと二人して(というか主にミッコが)ぎゃーと叫びつつ走る大人。
なんでー?!もしかして波が高いから沖に待機していた船が戻ってきたところー?!と騒ぎながらいっぱい写真を撮るも、なんのサービスなのか大型の船が我々の目前を二週もするする。
うおおお?なんだこのサービス?飛び乗れってことですか海保のひと(*違います)。
そしてよく見ると、制服を着た見送り隊や家族連れも広場ぽい場所に。更には船の上にも。
あれ?もしかして今日、秘密裏に9管の体験公開の日だった?でも友の会連絡来てないよ?あれ?持ち株会(仮)?持ち株会(仮)特権?
ざわめく我々。
見送りに手を振ってる海保の人を捉まえて真相を聞いて来いとミッコの背中を押すも、「四本線なんて無理だよ!」との悲鳴。
なんか、海保の人の制服は線の数が多いほどお偉いさんみたいです。いくらフレンドリー海保といえどおいそれと話しかけられないみたいです、ミッコをしても。(強調)
四本線て基地長クラス?よくわかりませんがそんなお偉いさんがお見送りするほどのイベントだったのでしょうか。
よく見ればマイクスタンドなんかも広場には用意されていて、海保の見送り部隊も出航した船をその場で待つ構えです。
なんだったのかなーと思いつつ、とりあえず船も見れたことだし、と七尾を後にし、ついで伏木へ。
伏木では基地とは反対側の橋を渡ったところにでかい船が接岸しているのが見えて、きゃー!と走りましたよ、またまた。
これまた弁慶と義経の逸話のある場所だったらしく(勧進帳の元になった土地だそうです)、観光船が出ていたのですが、我々の目的は再び船。関係者以外立ち入り禁止のフェンスのあたりをミッコがウロウロしていると、これまた親切な管理人(?)のひとが入っていいよーと気軽にまあ。そして言われるままにスキップしながらフェンスを入ってゆくミッコ。長距離運転で腰が痛くなって車の中に寝転がりながらなまぬる~~くそれを見つめるワタシ。
だってミッコったら、勧進帳の有名なシーンの義経と弁慶の銅像がでかでかと立っていたのに関わらず、その横を通ったにも関わらず、全然気付かなかったんですよこのひと。どんだけ海保の船にターゲットロックオン状態なんですか。いいですけど。全然いいですけど、楽しいから。
弁慶と義経の主従関係は完璧だとか、どうして時代劇でたっきーが義経だったんだろう、おかげで義経攻めだったわなんて話をしながら、場所が近かったので夕食に食べるつもりだった富山の白エビを食べれるお店へ。
富山の白エビはこの時期(春先)限定品で、世界中で富山でしか獲れないエビだそうです。ちょっと小振りですが柔らかいらしく、丸ごと掻き揚げにして出してくれるお店で食べました。
080427_1342~0001

富山駅の特選館に入ってるお店なので、お立ち寄りの際は是非一度どうぞ(珍しいので)。料亭で食べると高いのですが、ここは普通のお値段で初心者向けだと思いますよー。
天麩羅だけでなくお刺身も食べられます。柔らかい白身ですが甘えびじゃないので甘くはありません。でも美味しかったです。

そのお次は事前に調べて御朱印が格好良かった富山の瑞龍寺というところへ。これまた巨大な門構えのお寺で、入館料は高いのですが(笑)素敵だったのでよしとします。ミッコ、付き合ってくれてありがとー!
更には折り返して再び富山港へ。最終目的地は伏木分室です。こちらも分室自体はすぐに見つかったのですが、肝心の船が見つからず。北陸って殆ど川沿いが多いんですね。入り江から出航する感じ?基地と船の停泊場所が離れているのは神戸くらいだろうと思っているので、多分近くにあったのかもしれませんが見つけられずじまい。海保は本気でマッピングして欲しいですな。

さて、これで全ての行程を終了です。
時間は夕方。富山県内まだ観光する?と相談するも、特にこの時間からいける観光地もなく(アルペンルートを辿るならともかく…)、折角なので新しくできてから一度も走ったことのない東海北陸道(富山→岐阜→愛知を突き通る道)で太平洋側に降りることに。
で、その途中、岐阜の高山で夕ご飯に飛騨牛を食べよう!ということで。
この旅の我々は非常に前向きです。いつも二人揃うとファーストフードでも何の文句もない人たちとは思えません。(旅先でも平気でそういうものを食べちゃう駄目観光客)(だってはずれがないし)
非常に優秀で二日間六食、きちんと食べてなおかつ全てご当地物ですよ!すごいな、これ!
初めて走る東海北陸道はなんというか、対面通行なので初心者の方にはお勧めできない感じです。現在まだ白川郷と清見の間が開通してませんし、日が暮れるとSAも締まっちゃいますしね。
最後の最後で我々の詰めの甘さがでたのは、飛騨牛の店を決めずに「高山に行けば何かあるだろう」程度で行ったこと。行き当たりばったりはよくありません。一応店は色々あったのですが到着したのが九時前なのでどこも閉店間際。
どうにかこうにか見つけた一件で念願の飛騨牛。
080427_2133~0001

飛騨牛、実はちょくちょく食べてるのですが、やっぱり柔らかくてジューシーで美味しいですね!肉の塊が食べたかったので、豪快に串にかぶりつきです。
これで本当に全行程終了。
最後まで頑張った、頑張ったよ我々。
ラストは二日間の運転で腰が痛くて危険な感じでしたが、何とか日付が変わるくらいの時間には地元に帰り着きましたですよ。現在0~4時の間にETCを使うと40%割引なのです。お得お得。それでなくても不思議なことに北陸方面は普通にETC割引が多かったです。なんでだろう?嬉しいですが。

行程を追った駆け足旅行記ですが、足りない部分はミッコのブログで補完してください。お互いに何かを忘れて書いてるんですよね、いつも…。相手の日記を見て思い出すという…。

あ、余談。
北陸はまだ桜が残ってたり、気候のいい場所ではチューリップが咲き乱れていたり田園風景が広がっていたりと、非常に心癒される場所でした。素敵!
初日は「人間、こういうところで命の洗濯をしなきゃいけないんだよ。全ての彷徨える民が訪れるべきだよ。こういう風景を思い出すことができれば、あのサラリーマンンもチューリップの頭を傘で薙ぎ倒す真似なんてしないですんだろうに…」とか調子いいことほざいてましたが、二日目の帰りに暗黒の岐阜の山の中を彷徨ってしまえば、あっという間に薄汚れた故郷が懐かしくなるものです。
もうこの半端に田舎で半端に荒んだ町でしか生きてゆけないのね…と思い知ったのでした。
北陸旅行その1~!
新しいアクセラたんを走らせたくてたまらなかったので、ミッコを誘って北陸旅行にいってきました~。
ミッコはね、海沿い行きませんかといえば大抵釣れます。ありがたやありがたや。
海沿いで海的なアレにアレしたいミッコと、とにかくアクセラたんを走らせたいワタシとで、有名観光地を殆ど無視した北陸漫遊記。
まずは初日です。

さてさて。海的なアレに時間制限はありません。
夜が明けて空が明るくなっていれば我々の戦闘はスタートです。
と言うわけで無駄に五時半出発な予定だったのですが、五時に迎えに行くつもりだったワタシの起床時間が4:57分という目玉が飛び出るような時間だったため三十分延長で。でも頑張って30分でコンタクトまで入れて出発できたのはすごいことだと思うんですよ…!
いやいやいやスミマセン。遅れは高速で取り戻すので勘弁してください。何年かに一回くらい、こうスコーンと記憶のないままに目覚まし止めて二度寝ってしてしまうんですよね…。新幹線とかじゃなくてよかったー。

気を取り直して、出発です。季節は既に五月間近。夜明けも早いですね!爽快な朝の空気を吸いつつつるっと高速イン。
事前に調べたこの連休の天気予報で北陸は曇りのち雨みたいな感じだったので、ドライブ旅行を目論んでるワタシとしては戦々恐々でしたが、何とか何とか…晴れでのスタートです。

本日の予定は
①福井県敦賀で海的なアレ
②福井県の気になるパン屋さんを襲撃
③福井県福井市の海的なアレ
④永平寺・東尋坊観光(一箇所くらいはネ!)
⑤福井で有名な(らしい)越前そばを頂く
⑥金沢へ移動して海的なアレ
⑦能登半島上陸

海的なアレ以外は全てワタシ発案ですね!見事にお互いの趣味が分かれたところですが、それもまあよさげです。
まずは舞鶴行く道すがらおなじみになった敦賀で一旦下車。
後々振り返ってみれば、この敦賀が一番オープンザウインドウかつわかりやすく、またきれいな場所だった気がします。
とても判りやすい公園を目の前にした庁舎、そしてお船。一隻しかいませんでしたが、見事写真ゲッツ。幸先よいスタートです。
(先輩方へ→海関係のアレ的な写真はミッコのブログで見てくだされ)

そして海的なアレを満喫したあとは、再び高速に乗ってワタシが気になってた福井県で人気のパン屋さんへ。
このパン屋さん、ワタシの好きなハード系のパンが人気らしいのですが、行った時間が焼きあがり時間と合わなくて残念ながらカンパーニュしか買えませんでした。フランスパンが欲しかったのに!
でも朝食として買ったベーグルサンドがありえないほど絶品でしたよ!バルサミコとルッコラのサンドを頂いたのですが、ベーグルがモチモチなのに噛み切れる程度で、もうもうほぼ完璧。
付き合ってもらったミッコも美味しいと太鼓判を押してくれたし、大満足。ていうか近くに欲しいんですがこのパン屋さん!
ビゴたんちと同じくどうすれば地元に誘致できるか一生懸命考えましたが、空気もまずく水も美味しくなく気温もよくないこの地元に、どう頑張っても誘う言葉が見つからずすごすごとパンをかいだめて退散。
でも本当に美味しかったんです、ベーグルサンド…。

そして再び、今度は永平寺・東尋坊・福井支部の三箇所を廻るのですが、欲望優先でパン屋に飛び込んでしまったために高速を跨いで永平寺に戻る道を。
まあまあ…まあまあまあ…ね…(何ですか)。効率よく廻れない、こんなこと、旅をしていればよくあることですよ。(開き直る)
でも、面倒くさがらずに行ってよかった永平寺!
永平寺は素敵過ぎました。皆様、ご存知ですか?福井県の永平寺。人生一度は目にしているだろう、年末「ゆく年くる年」で除夜の鐘をついてるのが永平寺ですよ。
ってガイドブックに載ってただけですけどね。(えらそうに)

行った時間が丁度午前中でよかったのか、門前の駐車場につるっとイン。
駐車場でご近所ナンバーの車を見て萎えながら(なんとなく遠出したつもりの旅先で、地元ナンバーの車を見かけると脱力しません?)、まずは山門をパシャリ。
080426_1008~0001

きゃっきゃ言いながらお次は受付へ。
永平寺は流石に観光名所だけあって受付も大きくて、堂内は全て土足厳禁。お堂とお堂の間も渡り廊下が完備してあり、全て棟が繋がっています。参拝経路にしたがって真ん中のお堂に入ると、そっからあの有名な梵鐘が。
一応写真。
写メなんで遠くてスミマセン。
080426_1021~0001

こんな鐘だったっけと思いつつ、いつも雪深いお寺の映像ばっかり見てるせいだろうなーと、本堂へ。
残念ながらワタシが行った日は持ち株会(仮)の方々のご祈祷が入っていたため肝心の本殿が立ち入り禁止だったのですが、それでも充分堪能しましたよ、永平寺。
なんていうか、もう全てが巨大なんです。天井は勿論、生えている木も全部が見上げる感じ。歴史をひしひしと感じます。ほれ込みました。大好きです。神社とお寺の違いってまさにコレなんですよねー!(この木造のお堂の魅力!)(しかも中に入れるなんて!)(ツルツルの廊下を靴下で歩く感触がなんとも言えないんですよ~~vvv)
見習い小僧らの法衣の袂が風に煽られ(そう、この日は強風でした)ひらひら揺られ、大層可愛らしかったのを覚えておこうと思います。心のアルバムにイン。

永平寺を隅々まで堪能しまくると、お次は海的なアレをしつつ東尋坊へ。
福井支部は残念ながら見つけられなかったのですよー。ナビどおりに行ったら川沿いで発見できず、海保手帳の住所にしたがっていったら跡地だったという…。多分あの近くにあると思うのですが、船も見つけられずに泣く泣く断念。
その足で海沿いを北上。この旅で初めて走る日本海の海沿いに二人とも一気にテンションアップ!
もうもうもうもう、何十回来ても褒め称えますよ、日本海!超きれい!超きれい!
太平洋側の人間だからかもしれませんが、ほんと日本海はきれいだと思います。見ていて全然飽きません。晴れの日は特に。
北陸、午後から雨の予報だったのですが、今のところ穏やかな空で何とか凌いでいます。

向かう東尋坊は自殺の名所として有名ですが、殆どの方は二時間サスペンスのラストで犯人が立つ場所として記憶にあるのでは?
あの断崖絶壁ですよ、東尋坊って。
ドラマのイメージだと波がぶつかって寒々しいイメージですが、春先の東尋坊はきれいな景勝地でした。
写真を何枚か撮りましたが、どうかな…。
080426_1224~0002
080426_1224~0001
080426_1218~0001

でも思ったよりもスケールは小さかったのが本音です。
映像で見ると物凄い高さに思えますが、実際は割りと(というか想像よりは)低いです。でも先端まで行けちゃうんだぜ!高所恐怖症の人にはやっほうだぜ!
ワタシは怖いもの見たさでついつい危ない場所まで入り込んでしまうタイプです。
でも写真は撮り忘れました。先端の映像こそお届けすべきものを(悔)!(でもトロくさいのでそうやって携帯を海に落としたりする信じられないひとでもあるので、まあ賢明な判断でしたよ…)
東尋坊はとにかく強風でしたね。
子供とか簡単にゴロンゴロン…ぼちゃん、しちゃうのではないかという期待危機感が生まれるほどに。

東尋坊と言うのは(ミッコの調べによると)お坊さんの名前だそうです。
昔この一体で悪さをしていた東尋坊というお坊さんがいたのですが、最後はこの岬から突き落とされて死んでしまったそうで、その名前を取って東尋坊と呼ばれているそうです。
初めは、へー、よっぽど凄い断崖絶壁で、なおかつそのお坊さんは怨まれていたんだねぇと観光気分だったのですが、一歩その東尋坊に足を踏み入れた瞬間、まるで天啓のように東尋坊の事実がワタシの脳裏に閃きました。
なぜなら、東尋坊は断崖絶壁とは名ばかりに、どう頑張っても海に落ちて死ぬというよりは岩肌にぶつかって死ぬといったほうが相応しい場所だったからです。
ここから海に突き落とした?え?場所によっては「この高さで死ぬの?」みたいな場所から?
そう疑問に思った瞬間、全ての謎は解けました。
東尋坊は、確かにかつては荒くれた悪僧でした。
仲間たちと徒労を組んでいっぱいいっぱい悪いこともしたでしょう。
そしてそれを看過できなくなった地元のお役人から目をつけられた東尋坊。お役人らは内密に、東尋坊の一党に間者を紛れ込ませます。
その間者が東尋坊を追い詰め、捕縛に至らせようという作戦でしたが、ここで誤算が一つ。
その間者と東尋坊は恋に落ちてしまうのです。(言い切るよ!)
己の職務と東尋坊への愛の狭間で苦しむ間者。
けれど作戦実行の日は刻々と近づき、どうしようもないまま、東尋坊一党は役人らの罠にかかり、岬へと追い詰められてゆきます。
岬まで追い込まれた東尋坊。
そこでついに自分が唯一信じ、愛することを教えてくれた仲間が役人の間者だったことを知ってしまいます。
愛に絶望した東尋坊。
そして東尋坊はこの先、生きていても何もよいことなどないと絶望し、自ら海へと身を投げ出したのでした。
そして、東尋坊を助けようと後を追って身を躍らせた間者も含め、二人の遺体は不思議と岩部から見つかることはなく、愛を知った人間ならば更生の道もあったろうにと人々が憐れみ、せめて楽土で二人手を取って幸せになれますようにと供養の意味もこめて、この岬を東尋坊と名付けたのです。

…という真実をあの地に足を踏み入れた瞬間(電波で)感じ取ったのですが、不思議なことに東尋坊の案内看板のどこにもその事実が記載されていません。首を傾げることしきり。あれ?皆どうしたの?この壮大な悲しい愛の物語を、我々後世の人間は伝えてゆくべきじゃないのかな?
皆様、福井に立ち寄られた際は是非とも東尋坊へ。
あの岩場に一歩足を踏み入れれば、その瞬間強烈な電波はキャッチできますから。ええ、それこそが真実です。



タカヤマさん、有名観光地だから憚って。



東尋坊の愛をミッコと熱く語り合いつつ、丁度お昼頃だったので今度は待望の越前そばを食べに。
予め調べておいたのは三国駅の近所にある創業100年のお店です。
ワタシ全然知らなかったのですが、越前そばって有名らしくてですね。ええ。越前そばはおろしで食べるのが一般的らしいです。や、なんで食べてもいいのでしょうが、それが有名らしいので、せいろが一番好きなんですが、一応おろしで。
ごぼう天のおろし蕎麦。
080426_1331~0001

これが!
これが超美味しいのです!(写真だと欠片も美味しそうにみえませんが、それはカメラマンの腕が悪いので仕方ないのです!)(威張っていうことじゃない)
わー!おろし蕎麦を食べたのも初めてなら、越前蕎麦も初めてですが、このおそばがまた、美味しいですよ~!
お蕎麦って茹でてもちょっと硬いし、味があるから苦手だったのですが、以前山形で超美味しいお蕎麦を頂いてから、旨い蕎麦は旨いんだと気付き、それ以来大好きです。
冷たいおろしはちょっと辛かったですけど(でも、そんなもんですよね)、夏場とか食欲なくてもこれならツルツル入りそうな感じで。
天麩羅も絶品だったのですが(ごぼうの天麩羅大好きです)、何より本当に麺が美味しくて。
ごぼうの天麩羅が食べたかったからおろし蕎麦にしましたが、次回があるなら絶対にせいろにします。ていうか両方食べたい。ああ、このお店も近所に欲しい…!

お蕎麦を食べた後はまったり気分で金沢の海的なアレへ。
金沢は、また海沿いにつるっとあって初め入る場所がわからなかったのですが、波止場の駐車場のようなところに入り込んだから、なんと目の前に海保でなく、海事の船が!
わ~~~、なんでー?!なんで海事がいるのー?!と目を丸くしながらも、そこはそれ、目的は海保のアレなのでわき目も降らずに海保の小さな船の方へと走ってゆく我々。
海保の船を思う存分アレした後に、海事の船の停泊してる反対側にも海保の大きな船が停泊してるのを発見。
でもこの敷地入っていいのかしらと遠めに眺めていると、海事の船に乗ってる海兵さんが手招きをしてくれます。え?ミーたち?ヤベ、立ち入り禁止だった?と思いつつ近寄ってみると、なんとその日はどうやら海事の体験航海かなんかの日だったらしく、招待状のない一般人も停泊中の船に乗れちゃうのでした。
丁度夕方でひとも少なくて、更にはワタシの横で船(海保だけど)にカメラ向けてきゃっきゃ言ってるミッコがいたものだから、多分海事の人たちは「ああ、マニアの女の子だ」とでも思って呼んでくださったのでしょうね…。
いや、うん、我々の目的はその向こうの海保の船だったわけですが、招いてくださるのなら行きましょう。あらあらパンフ付でマンツーマン接待ですか、そうですか…。
T姉とかなら喜んだだろうなー(遠い目)。
でも丁寧に二隻も案内してもらえてついでに機関砲まで(当たり前ですが空砲です)触らせてもらったので思いがけない体験ができました。
我々が案内してもらった二隻は水雷撤去艦?だったのかな?なんかそんな感じの説明もしてもらいましたよ。海事が海でなにやってるか~みたいな。
残念ながら母艦の公開時間が終わった後だったので本艦には乗れませんでしたが、それでも貴重な体験です。
隣でミッコが「これが海保なら…」と心の中で叫んでいる血の涙を流しているのが手に取るように判りましたが、大人なので黙ることにします。
いやいや、貴重な体験でしたね!偶然万歳!

この時点でまだ夕方だったのですが、本日の予定を全てこなしてしまいました。
宿のチェックインの時間まではまだ時間があります。ついでに夕ご飯も食べなくてはいけません。何も決めてません。
あっさり我々は金沢市内に向かうことに。兼六園とか金沢城跡のある辺りですね!商店街みたいなところをウロウロしましたよ。ていうか、ミッコがお約束に「本屋行きたい」と言い出したので、それなら間違いなく欲しい本のあるアニメイツにでも行けばいいんじゃないとなった結果でして、我々は図らずもこうして全国のアニメイツをじわじわと制覇しつつあります。どこにも誇れませんが(まったくです)。
夕食は結局、折角北陸来たんだからということでガイドブックに乗ってた近江町市場で魚介を食べることに。
これまた決めたのが遅かったものだから、市場のお店は全部閉店。かろうじて空いてたご飯屋さんも八時とか九時閉店なので、慌ててやってたお寿司屋さんに飛び込みましたが、このお店がまぁ、また大当たりで!
080426_1945~0001

特選にぎりを頼んだのですが、全然お値段が高く感じないくらいに全部が全部美味しい!噛み切れる柔らかさ&みずみずしい新鮮さって、写真では全然伝わってませんが(失笑)!
うわ~~やっぱり食べるところで食べると違うものですね。お寿司とかたいして好きじゃない我々(でも折角だから名物食べておこうという観光客)にして絶賛のこのお店。多分、市場が開いている時間だったらもっと食べ歩けたんだろうなと思うと残念ですが、ともあれこれで北陸来たんだなぁという気がしみじみとしました。
そんなこんなで市場を出た我々の上に、計ったように雨がポツリと。
わー、ついに雨きたー!
でも、今日の予定を全てクリアーしたあとに雨なんて、なんて都合がいいんだろうと感心しました。ミッコが晴れ女なんですよ。絶対に。ラッキー!ありがとう、ミッコ。
そのまま再び高速に乗って、ツンデレナビにあろうことか「高速降りろ、そしてまた乗れ」って騙されながら能登半島に入り、本日の宿にたどり着きました。あのナビの心の傷は深すぎて、ちょっと受け止めきれないよ僕!
本日の宿はネットで探したペンションです。
本当は廃校利用の宿とどっちにしようか迷ってたのですが(だって廃校に泊まる機会なんて滅多にないですよねー)(怖そうだけど)、写真で内装が超可愛かったのでペンションに。シーズンオフなんでリーズナブルだったのもあるのですが、これまたこのお宿が大当たり!
すごい、なんだこの旅行、当たりまくってるんですけど!
写真撮ってくるのを忘れましたが、カントリー基調で古い家具とか置いてあって壁一面にパッチワークのタペストリーとか飾ってあって、もうもう絵本の中のおうちみたいなペンションでしたよ~。
ペンションなのでトイレや洗面所が共有ですが、これもまた可愛いつくりの洗面所で文句ナシ。
お風呂が狭いかなーとは思うけれど、少人数滞在のペンション、更にはミッコと二人旅なので特に問題もありません。それに温泉を引いてるので、ついでに能登温泉に入れたことになって二重にお得感が(笑)。
ペンションたどり着いたのが十時前くらいだったのですが、すぐにお風呂入って翌日の行程を決めて、十二時くらいには就寝です。なんて健康的な(笑)。
…唯一、夜中にトイレに起きたら古い洋館のようで怖いなーと密かに思ったりもしたのですが、夢もみずにぐっすり寝こけたので無用の心配でした。
ただ、他の客を男性しか見かけなかったことだけは明記しておこうと思います。ツレ?お兄さん方ツレですか?ツレであって欲しい。男二人でメルヒェンなペンション。いいじゃないですか。いいじゃないですか、ええ。
(いい夢みれたじゃない、タカヤマさん!)
まだまだ続いてますジャニ。
最近日記に書いていなかっただけで、J禁方面への萌えはまだ続いています。
今日はここ最近の感想を纏めて吐き出してみようかと。
またも検索避け万全の構えで、以下続く。
3丁の銃。
完結したので纏めて読みましたトライガン。
途中で止まってて、でも確か結構読んだはず…で思い出せなかったしコミックスを発掘するのも面倒だったので、レム回想の辺りから纏めて読み直しです。
九巻辺りから?マキシマムになる前からだから、思えば長い付き合いです。そして長い連載でした。作者様、本当にお疲れ様です。

以下、オチまで暴露したネタバレ感想です。
ジャンねたばれの日~!
珍しく今期のドラマは色々みてます。
色々といっても、ラスフレとごくせんとルキですが。
今日からおせんちゃんが始まって、全然チェックしていなかったのですが予想外に和雑貨が可愛かったので、また来週から忘れなければみていると思います。着物もね!可愛いんですよー!
(ラスフレもごくせんもおせんちゃんも、図らずもJが関わっている辺りが今のタカヤマさん的に笑えない…)
ルキはなんだかすごく懐かしい感じがします。リアルタイムにジャンで読んでいましたが、纏めて読み返したくなるような。新庄は頼れるヤツなのですよ…!その辺りをね…!もう一度みたいかと。伝説の名シーン、「先生、野球がしたいです」と言って泣き崩れる辺りをね…!

タカヤマさん、それはスラダン。(お約束)

スラダンも思い出すと読みたくなります…。スポーツマンがって一気読みがいいですよね。

ジャンねたばれの日でーす!
群馬花見ツアー二日目~
翌朝は五時半起床です。いや、正確にはその前に起きましたが。(一人準備が遅いので…)
張り切りすぎですよね。でも頑張りましたよ。お天気も曇り時々晴れといった感じで絶好の行楽日和と言い切ります。(晴れすぎるよりは…)
今回は総勢七人なので、T姉と二人で車を出してそれぞれ東京組を迎えに参ります。ワタシの担当は高円寺方面。七時に迎えに行ったらば、「今、起きました」との素敵な状態に。うん、予定調和ですね。
それでもマッハで仕度して、別ルートで友達を拾って関越に乗るT姉と高坂PAで待ち合わせ。
そこでモーニングを食べたのですが、その時点で既に群馬到着予定の九時を遙かにオーバーしていたことはひっそりと心に留めておこうと思います。(五時半起床→七時出発→九時到着の完璧な予定でした。机上の空論です
T姉の車が今スペアタイヤで一つだけサイズが違うので走り勝手が悪いそうで、アクセラたんが先行して群馬入り。いえ、走る速度を調整して二台連なって走るのって結構気を使うし高速じゃ危ないんですよ。場所はお互い知っているので現地集合が一番正しい道です。
と、T姉を置いてった言い訳をしてみる。
だって80キロで走っても遠ざかってゆく距離を一体どうしたら(困)。
それはさておき、先に群馬入りしたのは途中の妙義神社に立ち寄って御朱印を貰いたかったからです。妙義神社。妙義は何度かきたことあるけれど、妙義神社参拝は初めてです。去年の土砂崩れで本殿が立ち入り禁止区域に入ってしまったので途中までしか登ってませんが。残念。
ここの道の駅でねぎ買ったり(ミックミクに振らないと!)(ネギソードで熊と戦わないと!)桜味のソフトを食べたり妙義を満喫している間にあっさりT姉たちに抜かれました。浮かれててお待たせしてすみません。
目的地のさくらの里という妙義山の真ん中に登るも、やっぱり今が丁度見頃だからかもしれませんね。峠が物凄い渋滞です。
アクセラたん、MTじゃなくてよかったよ…。峠の登りで渋滞ってミッションじゃ耐え切れない…。
でも峠を登る途中から見た山の斜面に一面の桜が。
080420_1214~0001

後から考えれば、この景色が一番きれいでした。遠くから見ると全景が見えますからね。近くだと頭の上の桜しか見えませんから。
なんだかんだと思い出(アレ関係で)の第一駐車場にたどり着き、T姉たちと合流。中之嶽神社も久々に参拝して御朱印を貰いに…とよってみれば、ちょっとアレな感じのものが視界を過ぎります。
駐車場で車から降りた観光客も、指差してざわめいてましたからね。
アレな感じのもの↓
080420_1245~0001

我々が聖地巡礼をサボってる間に完成してしまったらしい
080420_1256~0001

…中之嶽神社はアレですよ。御朱印書いていただきましたが、物凄く字がきれいで素敵でした。(アレからは目を逸らしつつ
でもアレの後ろにそそり立った岩山!これ登れるみたいなのですが、残念ながらスニーカーでもないし、山頂まで初心者は登れないみたいなので断念。是非とも岩の中にエレベーターを設置していただきたく。絶景かな絶景かなって仁王立ちしたい。高いところ苦手だから多分足はブルブルしてるだろうけれど、それも面白いから好きです。背筋がぞーっと鳥肌立つ感じがね!
中之嶽神社は野球のげん担ぎもしているらしく、微笑ましい絵馬がたくさん並んでいます。ミッコに優しい心を手に入れるための桜のお守りを買えといったのに、優しさは充分持っているから必要ないと無碍にされました。その辺りが既に優しくない。あのひとの優しさは飼い犬限定なので滅多に人間には向けられません。さすが、熊を手刀で倒すと言い切った人はいうことが違います。
ステータスに優しさ(犬限定)とネギソードを装備したミッコらと七人で、さあ桜のお花見をしようよと桜の里公園に入ってゆきます。
結果から言いましょう。
迷子になって堪能どころではなく、雨にまで降られぜーはーいいながら急勾配を登る羽目に。
桜全然見てないよ。一枚も写真撮ってないよ。なんとかあったのは二枚だけ。(しかも曇り空)
080420_1226~0001
080420_1212~0001

あれですね。大群の桜は遠くから見るのが一番きれいというオチですね!
大阪城みたいなところは桜並木がきれいなので下を歩くのも楽しいですが、妙義は急勾配の斜面に群生しているので桜の下で死体を掘り返すのも一苦労です。ついでにさくらの里は駐車場がいっぱいだったので入れませんでしたしたどり着けませんでした。
なんのために行ったのか、イマイチ花見の感動も薄いまま終了。
それよりも予定外のハイキングで汗かいたから風呂でも入りに行こうよー、ということで近場のもみじの湯という温泉に立ち寄ることに。
文字通り、もみじの時期なら露天風呂からの景色も絶景なんでしょうね。でも汗を流せてすっきりしたので大満足です。
ついでに風呂上り、もみもみマシーンに10分掛かったら昇天しかけました。もみもみマシーン最高。自宅に欲しい。生きてゆく上で必要不可欠なものを見つけてしまったよ。人類が発明した最高傑作と言い切りたい。

その後、本当は群馬行ったらわかさぎ食べたいとか(綾瀬先輩が)赤城行きたいとか(ミッコが)碓氷走りたいとか(T姉が)言ってたのですが、時間も時間だったため、妙義と碓氷の間にある、有名な峠の釜飯屋に行くことに。
ここも久々ですね!
池谷先輩と真子ちゃんが出会った場所ですよ。あの看板はリニューアルとともにはずされてしまいましたが。
峠の釜飯屋さんも改装してとてもきれいになってました。そこで遅めの昼食&早めの夕食で峠の釜飯をいただくことに。
080420_1716~0001

ワタシは食べてませんが。(え)(釜飯あまりお好きでないのです…)(一人ザル蕎麦啜ってました)(旅先で蕎麦食べるの大好きです)土産で買って帰ろうかと思いましたが、賞味期限が八時間なので断念しました。ナマモノなんですね。
ついでにフロマージュ食べました。明らかに食べすぎですが超美味しかったので大満足です。楽天のお取り寄せグルメでも買えるチーズフロマージュですよ。お高いですが。
そして次の日仕事のあるワタシ以外の三人を早めに帰してあげるために、ここで東京組と解散。ツンデレナビ(*注1)にナビされつつ群馬を脱出。一路帰途に着いたのでした…。

今回、アクセラたんの走り心地を確かめたくて仕方がなかったので行きも帰りも二日間専属運転手になる気満々だったのですが、流石に朝早かったのとおなかがいっぱいになったのもあって、群馬の帰り道で寝オチ。マチコ先輩に運転を代わってもらいました。ありがとうございます、マチコ先輩。余所見運転の強引トラックに殺されそうになりつつ、アクセラたんを守ってくださってありがとうございます。(ほんと、高速道路の一番怖いのは貰い事故だと思います。自分の運転技術はなんとでもしようがありますが、ぶつけられるのと反対車線から飛んで来るタイヤだけは回避しようがない)
おかげさまでつるっと地元に帰り着いて、お三方を送って帰宅してもまだ日付を超えてませんでした。折角ETCをつけたのに、そんなわけでETC割引適用されず…(笑/ETCを深夜0時~4時の間に使うと現在40%割引が適用されるんですよー)まあいいや。時は金なり。

オマケ。
釜飯屋のお土産物コーナーで発見した一品。
080420_1721~0001

まだあったんだ、こういうグッズ…!懐かしい。全てが懐かしいですよ。古巣ですから。群馬は聖地です。これからも隙を見てはちょくちょく行きたいと思ってます。聖地ですから。

*(注1)ツンデレナビ
群馬花見ツアー一日目~
新しく来たアクセラたんの高速初走りに群馬まで行ってきました~。
何故群馬。
久々に妙義を走りたかった&花見がしたかったからです。
群馬行くついでに東京に寄ってETCのセットアップをしてもらいつつ行く予定だったのですが、のんびり地元を出発したら首都高の渋滞に巻き込まれて非常にタイトな時間に
慌ててミッコにワタシの振りしてマツダのディーラーさんに電話してもらいましたよ…(いやワタシのふりする必要はないのですが)。
知らなかった、ディーラーって受付が19時までじゃなくて、営業自体が19時までだったんですね…。
(スミマセンスミマセン)
19時過ぎに到着しててスミマセン。その上お茶まで淹れてもらってスミマセン
でもこれでETCのセットアップが終わったので、どこでもいけます。早速明日は群馬に行きますが。
セットアップ終わった後は高円寺で綾瀬先輩と合流して遅めの夕ご飯を…先輩、お待たせしてすみません。全ては渋滞と駐車場の少なさのせいだと思ってください。(責任転嫁)
けれど、待ち合わせを高円寺にして正解!
久々に!超久々に高円寺のてんぷらやさんに行ってきました~!わー!一年以上ぶりですよ。以前は隙を狙ってぽつぽつ行っていたのですが。
常連さんはともかく、一年以上ぶりのワタシのことまで覚えててくださって、接客業って凄いなあとしみじみ思いました。
一人で遠方から来てカウンターで天麩羅食べてりゃ記憶に残りますかそうですかでも好きなんですこのお店の天麩羅が。
頼むメニューはいつも同じ定食なのですが、そのたびにいつもいつもメニューを追加したい誘惑に駆られます。全部が美味しそうなんですもん。そしてまいたけの天麩羅が超好きなんですもん。
でもそこはぐっと我慢です。ここの定食盛りだくさんで絶対に120%おなかいっぱいになりますから。
今日も誘惑に勝ち、食べ過ぎて動けなくなることもなく明日の群馬に備えて解散。
泊めてもらうT姉んちに帰ったら、丁度T姉も仕事から帰ってきたところでした。23時半帰宅ってどんだけ。お疲れ様です、社会人様。
今日一日運転しかしてないのに、やっぱり布団に入ったらお休み三秒でした。のび太万歳。
「ぼくらの」
去年やってたテレビアニメ「ぼくらの」の原作漫画を漸く読みました~。(綾瀬てんぱいありがとうございます!)
原作、漫画だったことも全く知らず…。小説だとばかりおもってました。なんか難しそうなお話だったから。(偏見)
原作七巻まで読破。
以下、ちょろっとですがネタバレ感想です。
ぱんつバトン。
おぱんつバトンを亨たんから頂戴してしまいました。ぱんつって。
池上てんてーから廻ってたそうです。お嬢様がた…。いやいやいや、楽しいバトンをありがとうございます。いつも割かし本気で助かってます。一日埋めることができて(笑)。

【パンツバトン】
1.貴方の好きなキャラはどんなパンツ(若しくは下着)を着用しているのか存分に妄想を書き連ねて下さい。

朔はノーパンですよ、あなた。なにを仰ってるんですか、着物に下着なんて無粋な

2.クラシックパンツ(ふんどし)が似合うと思うキャラや人物を上げて下さい。

局長。
ていうか、ふんどしですよね。リアルに。
副長が脱がすのに苦労なさっていればいいと思います。
王子は割りと面白がって脱がせていればいいと思います。

3.好きなキャラもしくは人物のパンツが目の前に!どうしますか?

亨たんと同じく、「ああ、こんなの(どんなの)はいてるんだ…」とそっと心のアルバムに綴じたあとに、拾いに来る様を影から覗き見ようと思われます。
で、周りに人がいないか慌てて確かめてから拾う様も心のアルバムに激写しておきたいです。恥ずかしげに頬染めた顔萌ええぇぇええ!

亨たんそんなこと言ってない

4.好きなキャラ、人物がパンツ一丁もしくは水着を着て目の前を歩いています。どうしますか?

腹筋が割れているかチェックします。
因みに腹筋が割れていようが、人間、受けるときは受けです。鍛えてある分だけ頑丈そうで、攻めも安心するんじゃないかな!(余計なお世話)
女の子は意外に着痩せするというか、思わず豊満な胸元が垣間見えたときはギャップにドキっとしますね。そんなのを求めてながら近寄っていきます。女に生まれて一番よかったのは、あられもない姿の女性に近寄って、あまつさえ触ろうとも犯罪にならないところです。(なりますよ)

5.この人のパンツにかける熱い思いを聞いてみたい人を5人と言わず何人でも上げて下さい

キャラの下着に対する思い入れが全くなさそうなミッコ。
なんでもどんなものでも前向きに受け止めてあまつさえお国柄でオチまでつけてくださいそうなF原さん。
日記再開させたので、ノリでやってくれそうなT姉。

ぱんちゅで語り合える友達が少ないので(笑)お三方に。
お時間あったらダイビングキャッチしてやってくださーい!
ジャンねたばれの日~!
F原てんてーが日記でぶらり福井一人旅をしてきたと仰っていて、本気で福井県がどこかわからなかったタカヤマですコンニチハ。
九州だっけ確かとか思った昨日のワタシよ消えて。(それは福岡)
山形の下にあるのも福なんとか…と思った昨日のワタシよ謝って。(それは福島)
朝起きて、清々しい朝の光を浴びて、「北陸か…!」と漸く思い出しました。夜はいけません。夜は思考もダークになりがちです。人間は陽の光を浴びて生きていったほうが思考も健康的でいいですよ。

福井県を思い出せなかったのと夜は何の関係もないですよタカヤマさん。(世知辛い現実)

ワタシも福井行きたかったな。福井、のんびりとした感じが好きです。海沿いとか本当にきれい。国道が一車線なのがネックですが。
今週、ETCのセットアップしたら(そう、漸くセットアップしてもらってきます)やっぱりドライブに行きたい。ミッコ、日本海側とかいかがですか?まだ行ってない海保ついでにドライブ。もしくはドライブついでに海保。ワタシはただ車を走らせたいだけの人。ていうかF原てんてーを見習って一人でいけば(笑)。

ジャンねたばれの日でーす!
ブログさぼってるときは大抵こういうことに時間を費やしています(長)。
なんというかですね…(どうして初っ端から言い訳口調なんですか)
ほら、アレなんですよ…。一度嵌り始めるとしつこくそればっかりになっちゃう子なんですよ…。
だからね、うん、仕方ない。仕方ないんだと思うんです。




人生何度目か、PCゲームのフリーセルが止まらなくなって、48時間やり続けてしまいました。

累積1200戦を越えたよ。目が霞むよ。バカだよ。
もう、目を閉じてもフリーセル。トランプの黒と赤が瞼に焼き付いて離れません。思い返せばテトリスのときもそうでした。ブームが去ってもたまにやりたくなってゲームの電源入れると止まらなかった。まるで猿です。
どうして単純なゲームほど止まらなくなるのでしょう…。疲れ目が限界にきたら仮眠を取って、またおもむろにPC立ち上げて…ってありえない。ほんと、ありえない。こんなことで二日も家に引き篭もってたんですよ、この人。(正確には先週一週間ずっとやってたわけですが)このゲームをやり続けて何か得することがあるんですかタカヤマさん。
先週ワタシがやる予定だったのは洗車…。少なくとも洗車だけはしようと思ったのに、それもできじまい…。

でも、今日雨が降ったので結果オーライだと思うことにします。(えええええ)(むしろ雨が降った次の日こそ磨き上げないと、雨だれの跡が…)
魔法にうんちゃらネヅミー。
最近…すごくおなかがすくのが早いんですが…お昼前とか夕方とか、超おなかすく…(超とかいうな)。
なんだろう、食べてる量も消費してるカロリーも(笑)いつもと変わらないのですが。不思議不思議。でもご飯が美味しく食べられるのはとてもいいことだと思います。って前向きに言ってみる。
家の中では別に構わないけれど、出先でお腹が鳴るのは非常によろしくない感じです。なんか、飴とか空腹時に糖分を摂取するとお腹が鳴らなくなるとか、水を飲むといいよとか聞いたことがありますが、一体なにが本当なのかは怪しいところ。
お腹すいてるのにご飯が食べられない状況で、飴も水も積極的に摂取しようとしたことがないので、まだ試したことがありません。
なんで一日一食でも充分なときもあれば、一日三食きっちり食べてるのに合間にお腹がすくときもあるのか、自分でもこの空腹リズムが不思議です。

そんなワタシは今日、夕方お腹がすいたので、明日用に買ったフランスパンを齧って、その一時間後に友達と夕ご飯を食べに出かけ、その二時間後に映画を観て、更に三時間後帰ってきた後に煎餅食べました。なんでこの短時間でものが欲しくなるのかすごく不思議。

そんな空腹の話はさておき、映画は例のお姫様の映画です。一人なら絶対に選ばないチョイス…!友達が好きなのでお付き合いで。
これが予想外に腹筋の痛い(笑いの絶えない)映画で、もしかしたらそれでまた余計にカロリーを消費したのか…と思わないでもないですが。
以下、ネタバレ感想でーす!

全然関係ないのですが、ライラがまだ公開中のため、映画館の売店にイオレクのぬいぐるみが置いてあるのですよ…密かにあれ欲しいのですが、理性が絶対にやめておけとワタシを留める…。
ジャンねたばれの日~
雨でガンガン桜が散ってます。ウチの近所の桜はもう今年も終わった感じですねー。
北の方に行けばまだ、見ごろの桜もあるかもしれませんが…。

大雨の日に本屋に行くのは大変避けたいのですが、ジャンは買わねばなりません。
ジャンねたばれの日でーす。
嫌な覚書。
本当に、量はあまり関係なくて、ワインとウイスキーをちゃんぽんすると翌日に残るんです。ビールと焼酎とカクテルは全然平気。体質ですか。判ってて調子に乗って呑む自分が悪いのですが、おかげさまで重い頭を抱えて起床しましたよ。
で、迎え酒とばかりに今日も飲みに出てたわけですが、そんなことはいつものことで、問題はそれじゃなくて、帰ってきてからお腹を壊したことなんです。
おお?おおおお?今日は暴飲暴食してないよ?そんな、お腹が悲鳴上げるようなものを何も…。

…………。

あ、また鶏をナマで食べたましたが?

…………。

うわあああああああ!まさか、またですかー!またですかー?!
どうしたのでしょうか、ワタシ。ひょっとして、もうナマの鶏肉は食べられない体に?!だって、念のため警戒して、レバ刺しを一口に留めただけですよ?一緒に食べた友達はけろっとして翌日花見とかいってるのに~。
も、ももももしかしてそういう体質になっちゃったとかいわないですよね…。生涯鶏肉食べれない人とかに…。ワタシ、焼き鳥とか大好きなんで、頼むから勘弁してください…。ほんとに、ほんとに…。枝豆と鳥皮とつくねが、ワタシがお酒を呑む上で最強のタッグなんです…。(誰に頼んでるんだ)

あ、念のため、食中毒みたいな酷い痛みや熱はなくて、ほんと、ただお腹がピーなだけなので、ご心配なく。
愛と勇気と正露丸だけが友達です。

それにしても…それにしても…。
鉄筋原作~
鉄コンDVDが非常に楽しかったので、原作も読んでみましたー。全三巻。
読み始める前は、映画版とは違う話で終わるんだろうなとなんとなく思っていたのですが(逆ですよ)、意外や意外、原作も映画版も同じお話でした。
映画はキャラ設定と大筋だけ踏襲したオリジナルかと思いきや、あれが原作どおりなんですね!なんて素敵なんだろう!
シロを守る自信がないよと項垂れたクロにやっぱり萌えるんです。映画版はとにかく初見だったのもあって奥深く味わうことなくきゃっきゃと言ってたのですが、原作を読むと当然ですが省かれた台詞やシーンもあってより展開がわかりやすいです。これ、ちょっと原作→映画版の順番で見てみたかったなあ…。今更ですし、映画版の完成度も素晴らしいと思っていますが。

いやでも、銭湯のシーンは絶対に映画版のオリジナルだと思ってたのに、本当に原作どおりなんだ…。(何故銭湯だけ)(なんとなく)クロはシロに服を着せてあげてるんだね、いつも。いつも。いつも。(三回言った)
映画版になかったシーンで一番好きなのは、イタチがクロに「お前は本当はシロなんて嫌いなくせに」とか言うシーンです。シロなんてクロがいなきゃ生きていけないくせに、町の皆に愛されているのはシロの方だなんて納得がいかないというクロの深層心理を暴いた(ような)台詞。
まあ言ってしまえばよくある展開なのですが、あの台詞が当初ただのファンキーに見えたあの二人の関係を味わい深いものにしてると思うのです。感性で感じ取れ漫画かと思いきや、台詞でがっちり解説してくれるあの親切さ…。
昔マダラという有名な漫画がありまして、そのラストを読んだときと同じような懐かしい感じがします。
一番高い場所に登りつめることは逆に言えば孤独でもあり、それは必ずしも幸福な場所じゃないんだよという普遍的なテーマですね。マダラが楽園の扉を破壊したように、クロもシロを選んでこの世界に戻ってきて、そして二人はまた前と同じくその日暮らしを始めるけれど、でも誰もそれが不幸だなんていうことはできないのですよというお話。すてき。

こういう昔ながらで、でも今でも廃れることのない判りやすい漫画が一番好きかもしれません。記憶にも残るしね。
エピソードオブアラバスタ
近所の桜がまさに満開で超綺麗。でも昨日の寒波で散りまくってます。眺める分には好きですが、あの下にいると虫とか落ちてくるんですよ…ね…(情緒のないこと言うな)

DVD鑑賞続き~。
これまた劇場公開時は見にいけなかった(だって絶対に号泣すると思ったから)アラバスタ劇場版です。
あの原作&テレビ版をどうやって一時間半に纏めるかと思ったら…!な、ネタバレ感想。一応隠しまーす。
てっきんDVD感想~
ずっと観よう観ようと思ってて放置していた鉄筋DVD観ました~。
鉄コン筋クリートって略すと鉄筋になるんだよね、多分。
後半を略するとコンクリ。
どっちみち元の字に戻る(笑)。
原作未読、以下DVDネタバレ感想です。
もうもう、ものすごく好きな感じ!
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。