ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
おおふり10巻☆
「次郎長三国志」が九月に公開ー!映画版です。超楽しみー!くっがつ♪くっがつ♪
大好きです、次郎長三国志。荒神山と後日談まで描いてくれる三国志が一番好き好き。
映画は2時間枠だから、どのシーンをメインに持ってきて作るのかで印象もキャストも大分変わりますよね。石松を出すなら前半だと思いますが、穴太徳&黒駒と決着を着けるなら後半ですよね。できれば前半がいいな!だって石松のくだり、大好きだもん!
それにしても露出少ないのでは…偶然HP見つけるまで製作決定も知りませんでした。(それはどうかな…)びっくりびっくり。上映館数が多少心配です。やじきたより少なかったらどうしよう…どこに観にいけば…!

本屋に行ったらおおふりの新刊が出てました。前出たの十二月でしたっけ、一月でしたっけ。ペース戻りつつあって嬉しいです。
おおふり読むと、この荒んで汚れきって堕落した大人の心も、少しだけピュアさを思い出して洗われるようです。(タカヤマさん、かなりの気のせいですよ。まだ絶好調に穢れてますよ)
以下、10巻ネタバレ感想でーす!
[おおふり10巻☆]の続きを読む
スポンサーサイト
ジャンねたばれの日~(遅れすぎ!)
都合、四日遅れでジャン感想の日…。(もうネタバレとも言わないような)
なんだかんだと今週前半は連日午前様だったので読んでる時間がありませんでした…。いけないいけない、ジャンを読む時間だけは睡眠時間を削っても確保したいところですね…!
ナルニア第二章
ナルニア第二章観てきました~。
ナルニア、主人公四人には特に思い入れはないのですが、ライオンがひたすら大好きです。
でも一緒に観にいった友達はねずみを大プッシュしていました。
何故ねずみ?と首を傾げることしきりですが、なんでも世界一のねずみらしいです。マジですか。ワタシにとって宇宙一のねずみは十二国記の楽俊なのですが、それを越えるネヅミなんているの?(いるわけないよね?)と半信半疑で聞いたら、なんでも楽俊のモデルがナルニアのねずみらしく。
マジですかああああああ!それってどんだけ男前なねずみなのおおおおおお!と一気にナルニア見る気満々に。

以下ネタバレ感想です。
原作未読のため、映画視点にて。ウイ。
少林少女
ぽかんと二時間ほど時間が空いたので、時間つぶしに映画を見ることにしました。

ワタシはチャーリーが見たくて、友達は少林少女が見たくて、じゃあ先にやるのは何っていったら、少林少女が先の上映時間だったので負けて少林少女に(笑)。
だってもう、B級エンタメなのがポスターから判るじゃないですか、少林少女(笑)。でもまあ、負けは負けなので二時間ぬるく笑うつもりで映画館イン。
お話は、少林寺で修行を終えて日本に帰ってきた主人公の女の子が、日本でも少林寺拳法を広めたいと頑張る話。
以下、意外に面白かったのでネタバレ感想です。
主人公(女の子)とヒロイン(女の子)を望美と朔に置き換えて遊んでたことはひみつひみつ!
静岡にてイチゴ狩り~
ルキズが二週連続で特番で潰れるそうで、朝から新聞見て愕然としたタカヤマです。ほんと、どれだけ楽しみにしてたのってくらい、ルキズが気になって仕方なかった模様。ああもう、新庄が仲間に戻ってさ!全員野球ですよ。その夢は七日に持ち越し…(悔し涙)!

そんなわけでルキズがやらないので、もう家にいる必要もないわということで静岡にイチゴ狩りに行ってきました。いやおかしいその言い方。ルキズは気になってましたが、友達と新車のお披露目がてらイチゴ狩りに行く約束をしていたので、心置きなく旅立ってきました、です(笑)。
静岡、東名高速走るときに必ず通りますが、降りたことは少ないです。去年の静岡港ぶり?お茶が名産なことくらいしかぱっと思い出せませんが、お茶摘みがいつの時期なのかはさっぱりな無知具合。
でも今回掛川の150号線沿いのイチゴ農園にお邪魔する予定だったので、その近辺で観光検索かけてみたら、遠州三山なんて素敵な名前が出てきたので、またも友達引き連れてお寺めぐりになった次第です。関係ないお友達を連れてゆくのってどうなのタカヤマさん。すみません、付き合ってくれてありがとう。でも、本当に行きたいのは大洞院だったけどそっちは趣味に走りすぎてるから我慢したんだよ!一緒に行くひとのことも考えてさ。(森の石松のお墓があるお寺です。いしまつだいすき…!)

静岡で何を食べたい?って聞いたら鰻食べたい!と即答返ってきたので、掛川インター近くで探した鰻屋さんに昼一番にイン。開店直後に行ったからすんなり入れたのですが、その10分後にはすでに外まで待ちの行列ができるという人気店だったようです。おお、びっくりした…!鰻屋さんてワタシの地元じゃそんなに特別地元型のお店でもないイメージなのですが、もしかして静岡の方には郷土料理的存在なのかな…?土曜のお昼は鰻で決まりなの?
注文来てから焼き上げるらしく(関東関西どっちかな…蒸してさらに焼く感じ?)、注文してから待つこと20分。寝坊して朝ごはん抜きだったので、美味しく頂くための腹準備は万全です。丁寧に作っていただいているのだと思えば、待つことも苦にならない感じ。
そして、やがてでてきたのがこちら。
080524_1127~0001

写真で伝わりますか、このふっくら感が…!(伝わりません
皮も身も蒸してある分ふっくらで、身も厚いし超美味しい!
小骨があるから子供とか鰻嫌いな子多いと思いますが(ていうかワタシが子供の頃嫌いでした)、これはいいよ、子供食べなくていいよ、いい年取った大人のごちそうでいいよ、ときゃっきゃあがるテンション。うな肝も久しぶり。
うな丼とうな重は器以外にもお店によって格が違うと聞いたのでうな重にしましたが、うな丼でもきっと美味しいんだろうなー。量もがっつり入ってるので、お腹すいてる状態のタカヤマさんはぺろりと完食させていただきましたですよ。

待ち行列ができてたので、食後は急いで退出。
お昼ごはんを食べた後は、イチゴまでの腹ごなしに遠州三山詣でに出発です。
尊永寺、油山寺、可睡斎の中でまずは尊永寺へ。ていうか、可睡斎から行こうと思ってナビ設定間違えて尊永寺に。いやこれが結果的によかったのですが。
尊永寺は厄除けで有名なお寺です。山のふもとに駐車場に車を入れて、あとは延々砂利の山登り。お天気は悪かったけどまだ雨じゃなくて、逆に涼しい感じでとても歩きやすかったです。伊勢神宮みたいに、山門から本殿までが遠い感じですが、まあ食後の散歩散歩。
紅葉の新緑がいっぱいだったので、秋はさぞ見事な紅葉狩りができるのだと思います。今は蛍の時期らしいですけど。桜の木もありましたよ。春に桜、夏に蛍、秋に紅葉、冬に雪景色ってこのお寺実は最高のロケーションじゃあ…。
相変わらず体力の足りない現代人は、石段にひーこら言いながら登頂。
先週の那智大社ほどじゃないですが、登ると気持ちいいですね!
こちらは厄除けの神様なので、厄払い代わりに厄除けのお守りをゲッツ。二種類あって、ご本尊の厄除けと、干支神様の厄除けとありまして、干支が珍しいなあと思ったので干支の方を頂きました。日常携帯用の小さなやつです。今年厄除け行ってないので嬉しいな!
参拝を済ませ(御朱印も頂き)、登山途中、途中の茶店でこれまた名物の厄除け団子をいただきます。
080524_1311~0001

小さな串団子に餡子が乗ってるだけのシンプルなお団子なのですが、これがまた超美味しい!信じられないくらい美味しい!
味と食感は有名な赤福を想像して頂けばよいかと思いますが、賞味期限一日しか持たないお餅がとにかくつきたてで柔らかくて半端ない美味しさです。
一皿ぺろっと完食ですよ。本気で美味しかったので、お土産に一箱お持ち帰りしましたが、どうして三箱くらい買っておかなかったのかと後々後悔。賞味期限一日だからですよ、タカヤマさん。一日で三箱も食べちゃ駄目ですよ。これ通販で買えないかな…無理かな…。
尊永寺行かれた方は是非。この世の和菓子の中で何よりお勧めします。(これまた良心的にお安いのですよ。このボリュームで一本百円。)
餡子が嫌いな友達も、厄除けのためにと頑張って食べていました。可愛いなあ。

ところで、予定外にお寺が広かったのと団子を食べていたので、予定の時刻にイチゴが入らない腹具合に。まだお寺めぐりもしていないしということで、予約時間をずらしてもらって次なる可睡斎へと。
可睡ゆりの園の方が有名なのでしょうか。可睡斎は火避けの神様だそうです。
お参りして御朱印頂いたのですが、雨が降ってきた上、ずらしてもらったイチゴ狩りの時間も迫っていたので、ここまで来て(車で五分程度の距離なの!)油山寺は諦めることに。うーん、遠州三山揃わなかった…ここまできて勿体ないけれど、これもめぐり合わせですねきっと。
(ていうか友達の方が気にして、予約時間に遅れてもいいから寄っていこうよ、御朱印集めようよと必死で言ってました…付き合いいいお友達です)
山側から150号線海沿いまで、雨が降る中のんびりドライブ。
ていうか、予約時間が迫ってたのでのんびりしたくなかったのですが、前を走る静岡県民の方が非常にセーフティドライバーなのでのんびりドライブです。
いやいいよ、雨だもんね、安全第一ですよ、静岡の方。
雨が降ってなかったら少し足を伸ばして浜岡砂丘(太平洋側最大の砂丘)とか行ってみたかったのですが、本降りになってきたので諦めました。

一時間ほど走って、イチゴ農園に到着。
イチゴ狩りが有名な土地らしく、周囲もいっぱいイチゴ狩りできる場所がありましたね。
静岡のイチゴというと章姫が有名というかワタシなんかは頭に浮かぶのですが、聞いてみたら今の時期紅ほっぺという品種が一番お勧めらしく、本日は紅ほっぺたんでイチゴ狩りに挑むことに。(本当は一番大きなアイベリーにしてみたかったのですが、時期が終わってましたー残念)
受付の建物から紅ほっぺのビニールハウスまでがこれまた遠くて、「車で移動されますか?」と聞かれて「いえ、歩きますよ」と笑顔で答えたことを30秒で後悔しました。雨だしさ。
でも雨の中歩きながら、並ぶビニールハウスを眺めつつ、どんだけ広大な土地なの、農地代はどうなってるの、経営はもとが取れるの、なんて余計なことばかりが気になるお年頃。

時間制限があったり練乳持込禁止だったり、色々そのお店ごとに制約があったりするのがフルーツ狩りですが、こちらのビニールハウスではとても緩やかでしたよ。イチゴを傷つけないように手荷物は置いていってくださいくらいで後はフリー。他のお客さんもまばらな上、大きいハウスだったので友達三人で好き放題歩き放題な感じでした。
080524_1521~0001

紅ほっぺたんは普通のイチゴより大粒のイチゴたんで、章姫より酸味があり、ケーキなどに使うと丁度よい品種だそう。でも今の時期は丁度甘く仕上がってるので、練乳などを掛けなくても充分食べられますよといわれ、まずはもぎたてをひとつパクリ。
…本気で甘い…!
おお、イチゴ美味しいなー!
買って来て食べるイチゴは冷やして練乳掛けて食べるひとですが、こういう美味しいもぎたてイチゴは冷えてないのも何も掛かってないのも気になりません。
友達二人はやる気満々で、元を取るまで食べるぞー!と意欲的で、こういうひとは見てて清々しいですね。ワタシなんかは早々に味に飽きて、オマケで貰った練乳つけて、更にはそれでも足りなくて友達が持参した練乳貰って食べてました。練乳飲んでるんだかイチゴ食べてるんだか、みたいな。絶対に効率よい食べ放題とかいけないタイプです。(余計なもので腹を膨らますみたいな)
でも、あー、もうお腹いっぱーいとしゃがみ込んだら、思いもかけぬ素敵な光景が広がってましたよ。
080524_1522~0001

こちら。
イチゴハウスを下から覗いた風景。
なんか素敵!普段見ない目線です。イチゴがぶら下がってるのも可愛いけれど、無人の列がなんだか迷路みたいで不思議な感覚。一瞬満腹感も忘れて魅入りますね。
面白かったので列の下を潜ったりハウス内を練り歩いたりイチゴの大きさを観察したり花を眺めたりして、また気が向いたらイチゴ摘んで、みたいな食べ方してました。因みにバリアフリー農園なので普通より通路もフラットで、車椅子でも入園できますよ。

さてさて、気がついたら頑張ってた友達が沈没してたので、イチゴ狩りは終了。でも気がついたら30個食べてましたよ!イチゴ三十個ってすごくね?この前に鰻と団子食ってるって更にすごくね?(なにその無限の胃袋)
当然ですが、その日の夕食は何も入りませんでした。(予定調和)
たまたま行った農園でしたがすごく広くて、園内に子供動物園とか併設されていて楽しかったです。簡単なやぎとかうさぎとかがいるだけなんですけど。ワンコもたくさんいましたよ。普通につながれてるだけなので触り放題です。お好きな方はよろしいんじゃないかと。お好きじゃないタカヤマさんはびくびく通り過ぎましたけど。(わんこめ…!)
ワタシが気に入ったのは池のほうです。肥え太った鯉がわんさか。肥えてるわりに泥臭くてまずいんだろうなお前たちはと蔑みの言葉を投げつつ(愛情表現です。アニマルセラピーです)、15分くらいぼーっと眺めてました。
イチゴを食べ過ぎて運転席に座れないよ!なお腹も落ち着いたところで、死ぬほど食べた紅ほっぺを更にお土産に買ってイチゴ狩りは終了。
雨の静岡をそっと後にし、帰路についたのでした。

朝は帰ってきてから呑みに行こうかとも話していたのですが、イチゴの食べすぎでもう何も入らなかったのでやめにしました。お酒ってお腹膨れますもんね…。
そして、見事本日も食べ物の写真ばかりで一日埋まってます。このサイトって(笑)。
御朱印帳
そうそう、一冊目の御朱印帳が終わったんですよー(もう先月のお話ですが)。
一冊目は確か岡山の吉備津彦神社…だったかな。その辺りで頂いた御朱印帳でした。(でも御朱印自体を初めて貰ったのは厳島神社です。記念!)(で、二冊目が熊野三山なわけです。どんだけ遙か
御朱印帳って有名な神社になると自分のところの名前を印字した帳面を作ったりしているし、それ自体をコレクションしてる方もいらっしゃったりするのですが、ワタシはどちらかというと何の文字も入らず、どこの神社のものかぱっと見判らないものがよくて、そういうのを捜してました。
なので、熊野三山にお参りしたときに買ったのもそういうシンプルな御朱印帳です。
080520_2036~0001

下(水色)が一冊目で上(茶金)が二冊目ですー。(カバーで反射してますが、ちゃんと布張りです)(一冊目は箔押しの銀杏が可愛かった。お気に入り)
ワタシ大抵緑色が好きな人ですが、こういうのは出会いなので、色は特に選んでません。全国各地色々なのがあるわけで、これを作ってる製本会社さんは一箇所じゃないのかな。やっぱりとか余計なことを考えたり。
ちなみに、約一年で一冊埋めたわけですが(裏表48箇所)その中で一番達筆で美しいと思った御朱印がこちら。
080520_2038~0001

東京の護国寺さんです。
やっぱりいっぱい書いてるから上手くなるのでしょうか。
ここだけの話、熊野三山の御朱印は帳面に書いてもらうと勿論手書きですが、紙で買うと印刷物なのでちょっとがっかりしました。厳島神社は紙で買っても手書きだったのに。

それはさておき、一冊目をしみじみと見返していたら、もうどこで頂いた御朱印かさっぱり判らないものも数点ありました(字が崩し書きなので神社名さえさっぱり)。全国各地行ってるからなぁ…やっぱり日付が入ってるから大丈夫なんて思わずに、自分でメモとっておけばよかったかしらとちょっぴり思ったり。そのうち被って貰ってそうで自分の記憶力が恐ろしいです。
ジャンねたばれの日~
みどりのこがハーブスのミルクレープをお誕生日ケーキとして頂いてきゃっきゃと喜んでいたラジオを聞いて、久々にハーブスが食べたくなったタカヤマです。みどりのこは本当に可愛い。
ハーブス、若い頃大好きでした。今でも一個まるっと食べられるのかなぁ…ミルクレープなら平気かなぁ…。ハーブスの大きさは半端なく、甘いもの好きなひとなら大満足のカットです。味もちゃんと美味しいので、お勧めお勧め。

ジャンねたばれの日でーす。
ルキズ、ついに!
納豆生活、ひきわりに続き小粒もクリアー。なんだやっぱり食べれる食べれる!
最初に食べたのはきっとメーカーの味が合わなかったのだと思うことにします。
多分このまま大粒納豆も食べられると思うのですが、暫くはこの小粒とひきわりの間をウロウロしていようかと…。かつおだれだけで平気です。からしはいらない人です。
しらすが余ってたのでカリカリに炒って混ぜたらそれも美味しかったので満足です。じゃこってたまに食べたくなるのですよね…。

夜、イッテQを久々に見たら、若だんな出動の回でした。
久々にテレビ見て涙出るほど笑いましたよ!笑い要素がどうとかじゃなくて、とにもかくにも若だんな要素だと思います。若だんな、ここでも上から目線健在!でも飛べなくて残念だったね。負けず嫌いぽいので本人悔しかったんじゃないかと思います。(練習で成功してるだけに)
若だんなももっとロケいっぱい行って欲しいなー。まだひとりで外に出すには不安がある子なんだろうか…。上から目線だし…(関係ない)。ほかの報道の子たちがいないところでは、結構淡々と仕事こなしてそうなのですが。
二人組でロケでもした場合、セニョリータに任せると進まなさそうなので、「僕、頑張りますよ!」と前に出てからまわり。でも若だんなが失敗してもセニョリータは笑っててくれそうな気がします。(番組的には進行できなくてもね☆)(成り立ってないけど、二人が可愛いから視聴者も満足☆)
後、てごます可愛いけど、あの二人で外出しても何も進行できなさそうな気がします。そういう意味で慶ちゃん以外の報道の子たちはロケ向きじゃないのかなひょっとして。

家に戻ってルキズ、ちゃんと見直しました。
以下、ちょっとだけ感想ですがネタバレ含むので閉じておきます。
新緑の熊野御幸
天気予報の晴れマークを見ていたら突然ドライブに行きたくなって、一人和歌山旅行行って来ました~。
ほんと、突然。思い立ったが吉日生活。でも今日の明日のっていうのはなかなかないかなー(笑/腰が重いので)。
和歌山。
行こうと思ったのは、なんだか中々行く機会がないから。それは何故か。高速道路が半島一周してなくて行きづらいから。
行こうと思いたって夜、ネットでポチポチ和歌山検索掛けてました。行くのはいいけどどこ行こうかな~みたいな。(そっからですか)
やっぱり和歌山観光でヒットするのはダントツ熊野古道ですよね。でも熊野古道をメインで旅するには準備が足りない気がします(気どころか)。
なのでそれはやめ、(ワタシの旅の)基本に忠実に神社仏閣めぐりにしようかと。実は前回の北陸旅行で御朱印帳が一冊終わってしまったので、ワタシのスタンプラリーの旅ももう終わりでもいいかなぁなんて思ってたのですが、やっぱりまだ神社仏閣好きだし、スタンプラリーも飽きたわけじゃないので、二冊目をゲットして続けることにしようと決めました。二冊目の御朱印帳を買うことから始めないといけないのですが。
それはさておき、和歌山で神社仏閣めぐりといえば、頭に浮かぶのは熊野三山と高野山。距離的にはとにかく遠いし、ハシゴするのが難しそうなのでどちらかにメインを絞ってゆかねばなりません。
うーん、どっちにしようかなぁ…。
高野山に行って写経したい気もします。早朝から。でもやっぱり初和歌山としては熊野三山?うーん、うーん…。
あの、すごいキモい人ですみません、ワタシ熊野三山には(実際行った事もないくせに)思い入れが強すぎてなんかもう、一週間くらい潔斎してから巡礼服着てしか行っちゃいけないようなイメージなんです。(どんだけ)(タカヤマさんどんだけ)
え、マジで?マジでワタシ熊野三山行っちゃうの?行って許されるの?とかまだ出発前なのに計画の段階で非常な動揺が心を襲います。
でも行くか、ついに熊野三山…!最後の聖地…(いいすぎ)!
とはいえ、決めたところで、あんまり綿密な計画を立ててる時間もなければ(もう夜なので)、一人旅の気楽さと車のナビがついてるから大丈夫だろう感覚で、熊野三山行けばオケー!で準備は終了。
よーし、和歌山高速通ってないから移動に時間掛かりそうだし、朝早起きして出かけるぞー!と気合を入れて眠りについたのでした。

明けて翌日。
日の出とともに起床。(言い過ぎました)
予報どおりお天気はよさそうです。日中暑くなりそうなので薄着して、ちゃんと山道歩けるようにスニーカーで出発。完璧です。後は財布とケータイさえあればいいだろうという身軽さですが。あ、でも何故か思い至って飴を持ってきました。買ってきた飴の袋をね、開けてね、小さなポーチに移し替えて、飴ちゃんポシェットを作ったのです。
すばるくんごっこですよ、きゃっきゃ!(あたまのかわいそうなおとな)
テンションあげて高速乗ってつるっと早朝ドライブ。そこそこ車走ってるんですよねー。トラック以外にも。
結局一晩(寝ながら)考えた今日のメインスケジュールは、

瀞八丁で紫のたぬきごっこ

熊野本宮大社で敦盛しゃんを拾う

熊野速玉大社で舞舞台に乱入

熊野那智大社で滝から落ちかける


というまさに新緑の熊野御幸です。まぁ、三箇所くらい午前中に回りきれちゃうんじゃない?というお気楽旅、時間が余ったら海岸線でもドライブしつつ、今日は新庄のためにリアルタイムでルキズを見たいので八時までには家に帰ろうという計画。おお、完璧じゃないですか。
まさか、それが机上の空論で終わるとはね…。(え)
まずは高速を降りて延々山道やらなにやらをドライブです。和歌山を上から下に向かう旅なので初めは瀞峡へ。タカヤマの脳内計画では朝一番に清々しい空気の中、静かな渓谷の河原でよいではないかよいではないかとお女中をくるくるさせる法皇様ごっこをして(法皇様そんなことなさいましたか?)、八時には本宮で御朱印を貰ってる予定です。
それが、ナビで瀞峡という地名がでてこずに、念のため持っていった(よかった!よかったよアナログな人間で!)地図に頼って瀞峡に到着した時点ですでに10時。ホワイ?ワタシ朝食も食べずに早起きして運転してきたんですけど、どういうこと?
この時点でタカヤマさん、ルキズをリアルタイムで見ることを潔く諦める。だって。どう考えても無理です。和歌山を甘く見すぎていました。高速使わない山道移動がこんなにも時間のかかるものだなんて…!しかも本気で山道しかないですからね。舗装されているのが奇跡ですが、運転してる本人も酔うような山道ですからね。(そして痛々しいことに、飴ちゃんポシェットを作ってきゃっきゃ言ってたら、常備薬の酔い止めも痛み止めも忘れる始末)(ほんと頭弱い大人ですこと…!)
若干フラフラになりながら、瀞峡に到着。ワタシ事前にちゃんと調べていかなかったのですが、どうも現在瀞八丁には船でしかいけないようなんです。一応休暇村みたいなところがあってですね、そこの高見台から渓谷が眺められるということになっていたと思うのですが、季節柄現在閉鎖しているのか、その施設自体もう運営していないのか、残念ながら手前までしか車ではいけませんでした。(歩く気もなく)(だって手前とかいって、船で15分くらい掛かる位置なんですよ)
非常に人気の少ない、けれどご夫婦が運営しているらしい観光船乗り場にはたどり着いたのですが、ワタシ一人しかいないという状況、更には若干車酔いしている体調でしたので、ここまで来て泣く泣く瀞峡ツアーは諦めました…。一人で船乗って酔ったら誰が介抱してくれるの…(船酔いキング)。まだ旅の始まりですよ…。
けれど、熊野川の恐ろしいほど雄大な風景は心のアルバムに納めてきましたよ。
080517_1004~0001

もうね、もう、この砂利の河原とか、何者をも拒まない懐の深い雄大な流れとか、超素敵なんですが!
タカヤマさん一気にテンションあがるあがる。ここから熊野本宮に目指す山道殆ど川沿いなのですが、「かっけ!超カッケーよ熊野川!」と一人で車内でテンションあげてる人。タカヤマさん大概ビッグな独り言多いですよね。(うん)
ここを勝浦から延々来たのかぁ…と思うと、ほんとものすごい旅路なんですけど。裏熊野の三人組はどういう移動手段を使ったのか。望美は何日外泊したのか。地図上で移動距離を換算して日帰りするなら街道沿いは馬だろうとは思いましたが、実際に来てみるとほんと半端ない旅路です。そりゃあ熊野詣が神の道といわれるはずですよ。
裏熊妄想してる間にあっという間に本宮町へ到着。なんかね、なんかですね、全国熊野大社の総本山とされる熊野本宮ですが、「熊野古道が世界遺産に登録されたし、期待を裏切らないように頑張らなくちゃ!」という感じの非常に微笑ましい景観作りに専念した町並みが見えて、タカヤマさんひとりで感動のあまり泣きそうになってるのですが(リアルにキモい人です)。
そんな中たどり着いた本宮は意外なほどごじんまりとしたたたずまい。これまで全国各地の有名な社を見てきましたが、名前と存在に比べてあまりにも控え目な感じがします。駐車場の数とか観光土産物売り場とかもささやかですよ?一帯すべてみて廻ったわけじゃないから、正面近くの話だけですが…。
ともあれ、本宮へ登る階段へ。
080517_1046~0001

あろうことか、これほどの有名(になった)観光地でありながら、奇跡のオンリーロンリーワン劇場。
あれ?独壇場?タカヤマさん独壇場?
いい気になって「敦盛しゃんっ」と聖域の結界に弾かれた敦盛しゃんがどこかに落ちてないかしらと辺りをウロウロして敦盛しゃん探索しながら登ってたら、まさかの息切れ
ぜーぜーいいながら、途中でへばってました。どんだけテンションあげてるんですかタカヤマさん。酸欠ってマジですかタカヤマさん。それでも敦盛しゃんの手を繋がなきゃ…とか言ってましたからね。ワタシ、こんな厳かな観光地で挙動不審な真似するそんなひととはお友達になれないな…!(自分ですよ)(いつだって痛い現実)
無駄に体力消耗しながら本殿にたどり着くも、本殿内は撮影禁止なので、境内から一枚パシャリ。080517_1101~0001

有名なヤタガラスですね。
熊野水軍、このカラスの紋の入ったおそろいの法被とか着てたら可愛いのにな。
本殿内は意外にも小さかったです。伊勢神宮の敷地は広いけど本殿は質素とかそういうのと同じ雰囲気。以前どっかで熊野大社をお参りしたことがあるのですが、そちらのほうがよほど華美だったくらいです。でも神様がいるところの豪華さなんて意味ないですよね。お寺は宮大工さんが一生懸命作った彫刻とかいちいちが見ものですが、神社はどれだけ心の信仰を持つかが大事な場所の気がします。(とは言ってもやはりちゃんと意匠がこらされているのですが)
ここを別当殿がお守りになったわけで、と思うだけでじんわりしてきます。見たことある角度は心のアルバムに納めてきましたよ!ルビパチはちゃんと撮影許可とってCG作ったんだろうな。もうそのまんまそっくりで非常に嬉しい。

参拝を終えてなんだかもう満足の溜息とかついてますけど(参拝前のおかしなひとり芝居が嘘みたいです)、あまりにゲームそっくりだったのでこの次への期待も深まるままに、お次は速玉大社です。後から気付いたのですが、本宮と速玉と那智自体の距離はドライブで行くにはそんなに無理な距離じゃないんですよね。県外からそこまでたどり着くのに時間がかかるというだけで。
速玉大社。町中にあります。つくりは本宮と似てます。本宮のように撮影禁止の看板が見当たらなかったので他の神社と同じく撮影させていただきました。(本来それでも自粛すべき場所でしょうが、ヲタ心優先ですみません神様)
080517_1211~0002

角度には拘りましたよ(笑)!
でも速玉小さいんですよね、割と。どこに舞台設置したのでしょうか。昔はもっと中にも入れたのかなー。
話は変わりますが、速玉の駐車場もやっぱりこじんまりとして見逃しそうな感じです。で、その駐車場、ワタシが到着したときに三台分の空きがあったのですね。神社の入り口近く2台と離れたところに一台。
一歩でも歩く距離を短くしたいものぐさ人間、迷わず神社前の空きスペースに車を寄せましたが、よ~~~く見れば、小さく「障害者専用」のマークが後ろにあるじゃないですか。ああこれ見逃しやすいなぁと思いつつも、見てしまったからには良識あるドライバーとして車を戻して他の空いてるスペースにイン。
すると、ワタシの後から来た一台の家族連れの車が知らずにそのスペースに車を入れようとしてます。まぁ、他に空きないみたいだし、あの表示も見難いからなぁと思っていたら、その車が一旦停車しかけてそのまま出て他の場所へ移動するじゃないですか。
障害者専用マークに気付いたらしく、駐車場内、他に空きなんてありませんが、ハザードをたいて空きができるのを待つ態勢です。
…感動しました…。
普通に感動しました。なんて良識あるひとなのでしょう。観光地だし、マーク見づらいし、小さい駐車場内で二台分も空いてるし、多分スーパーや高速パーキングの駐車場で他に空きがなかったら心無い人とかが気にせず停めちゃおうとするだろうなぁと割合普通に思っていたのに、その車はその場所に停めることなんてありえないという態度で待ち態勢なんです。ああもう、地元和歌山ナンバーの車でしたけど、超感動しました。和歌山のひとはもしかして神の使いですか?誰に怒られるわけでもなく誰に褒められるわけでもなく誰に感謝されるわけでもないのに、当然のようにそういう態度を取れることをリアルに尊敬します。
ああ、和歌山万歳…和歌山は神の慈悲に満たされるといい…そうなるべきだ…と優しい気持ちをいただきつつ参拝を終えて戻ってきたら、その障害者用駐車スペースにウチの地元県内ナンバーが恥ずかしげもなく駐車されていて非常に絶望しました。(勿論車椅子乗車表示もなにもない)なんて壮絶なオチ。もう滅んだらいいんじゃないかな、あの県!(地元ですよ)絶望した!あの県民の心無い姿に絶望した!(絶望先生ごっこ)

地元に悪態をつきつつ、気持ちを切り替えてお次は那智大社へ。
山道だし電車もは知ってないようなのでもしも車以外の手段を使うなら観光バスになりそうな距離ですね。バス、本数は出てるのか非常に微妙なところですが。基本的に車でしかいけない観光地だから、若い人が少ないのでしょうか。(なにせワタシですら、「こんな若い子が御朱印なんてえらいわねぇ」と褒められたくらい…若くなくてスミマセン…!)
那智大社は熊野三山の中で一番観光地らしい観光地でした。土産物のお店が軒を連ねてたりしてね。本当は山頂の専用駐車場があるのですが、通り道見落として入れなかったので、普通に近くのお土産物屋さんの駐車場をお借りして、延々石段を歩くことに。那智…三山の中で一番きつい傾斜ですね…この堕落しきった体には中々重労働ですよ。
080517_1354~0001

那智の角度忘れちゃったけど、確か境内前の砂利辺りでベンジャミンが話してる姿が印象的です。で、あの人どっか裏の森とかに消えてゆくんですよね。裏に森がないんですが。森というか山なんですが。どこに入ってどこの小川で湛快さんとお話になってたのかなベン!
山の清々しい空気を吸いつつ、那智の滝の方へ。
途中三重塔があって登れたので、そこから那智の滝の写真をパシャリです。
080517_1405~0001

080517_1415~0001

はっきり言っていいですか。
神子様は一体この滝のどこから足を滑らせかけてのかな…どんな勇気の鈴がリンリンリンな子なんですか。近寄るだけでも半端ない高さですよ。洞窟とか何かあるのかな。みえなかったけど。
で、この塔から見てあまりに滝が遠かったので、その滝に行くのはともかく、帰ってくるためにまた山道を登ってくるのかと思ったら気力がしぼんだので、そこは潔く諦めました。無理だよ自分の体力思い出して。タカヤマさん、一日300歩も歩かない引き篭もりじゃない。ていうか、石段がきつくて膝が痛いです。(どんだけ)
見切りをつけて車に戻り那智大社も終了。でも帰り車で前を通ったら実はそんなに距離なくて、この距離を歩けないと諦めた自分はかなりの愚か者だと思いました。でももうぶっちゃけ人が多くて面倒だったのでそのままスルーしましたよ。とてもいけない観光客の例です。どうか見習わないで下さい。(なんのために行ったの、みたいな悪例)
さて、なんだかんだと時間が掛かってて、この時点で三時です。三時かー。どうせ今から帰ってもルキズは見れるか微妙なところだし、まだ体力もあるし海沿いをドライブしましょうと思い至り、そのまま42号線を南下。和歌山観光サイトを見たときに、橋杭岩って観光地が目についたんですよね。そこを目指すことにします。
海沿いドライブ楽しい。お天気がよくて更に楽しい。でも間違いなく今日も車焼けしてることと思いますが、もう開き直るしかない。
やがて見えてくる千畳岩。その先に橋杭岩。こちらです。
080517_1550~0001

なんかね、朝日が非常にきれいに見える絶景ポイントとして有名らしいですよ。ワタシは夕方行ったので、もう潮が満ちてきていて、岩までの道が海水で埋まってました(でも岩に飛び乗って行きましたが)(いらんところで男前)。
五月の夕暮れは遅いです。
まだ陽も登ってるけど、五時だから他のお寺はしまる時間だなぁと諦め、折角ここまで来たので潮岬で先生ごっこもしていくか!と思い、再びドライブ開始。
橋杭岩から潮岬は割りと近いです。
無知で知らなかったのですが、潮岬は実はこんな場所だったようです。
080517_1624~0001

本州最南端!え、マジで?!図らずもこんな場所に立ってしまいましたよ。
潮岬タワーの展望台から見ると絶景が広がっているらしいのですが、残念ながら五時過ぎだったのですでに閉館後。でもお天気良くてまだ陽はあって充分に堪能しました。地球が丸いってこと、タワーからじゃないけれどちゃんと確認できましたよ!
割りとすんなり道路が通っていてどこで先生が修行をつけてくださったのかわからずじまいでしたが、なんか最南端の芝生の広場でぼんやりしてるとあー、一日終わったなぁって気持ちが沸いてきました。お疲れ様アクセラたん。思えば遠くへ来たものだ。
この距離(正確にはワタシは半分しか通ってませんが)を九郎さんたちは歩いたわけですね。本宮への道が氾濫してるからなんて理由で塞いでいた麻呂にふざけんなですよ。こんなの迂回路っていわないよ敦盛しゃん!厳しい。どんだけご自分に厳しいんですか。そしてそれを当たり前のようにベンも別当殿も肯定しないで下さい。
以前、熊野詣での道は京から徒歩で一ヶ月ほどという資料を読んでそういう距離感でイメージを持っていたのですが、迂回路通ってたら一ヶ月じゃ利かないでしょうねえ…。往復ですからね…。七月に旅立って九月には戻ってきただろうなと思ってたのですが、実際はもう少し掛かったかもしれない。馬とか使ってたかもしれない。実際にはこの42号線じゃなくてもう少し山道を取っていたと思いますが(それこそ熊野古道を)、なんにしても長旅だったというわけです。望美は毎日朔と一緒で疲れも感じないくらいきゃっきゃしてたかもしれませんが、九郎さんたちにしてみれば使命を負った旅でもあり、気付かれも色々したことでしょうしね。
なんてことをつらつら考えているうちにひとも少なくなってきたので腰をあげて帰ることに。
来た道を戻ればいいだけなのですが、なんとなく興味がわいたのでここから何時間かかるのかナビで試算してみることにしました。
結果、予定到着時刻は八時間半後。
軽く深夜を廻ってます。

!!!!(゜ロ゜屮)屮

ヒくよ!そりゃあ驚くよ!!!!
八時間高速走ったらこっから仙台くらいまでいけちゃうよ!
おそろしや下道…。そりゃあ和歌山の人が高速(有料道路)早期開通を願うわけですよね…(途中そんな看板ばっかりだった)(でも多分都心部は短距離開通してるっぽい)
ナビは模範速度回答で試算するから一時間くらい短縮はされるだろうけれど、それにしても深夜か…と一瞬気が遠くなりました。
それだけの距離を走ったということですね。アクセラたんは本当にお疲れ様。でもここからまた八時間の旅ですよアクセラたん。

覚悟を決めて出発です。長距離運転も深夜運転も苦にならない性格で本当によかった。調子に乗って海岸線ドライブだ~って行ってたらあっという間に暗くなって道も危なくなって淋しくなって(笑)ひいこらいいながら42号に戻りました。42号、行きは一車線か…と思ってたけど、街灯もあるし整備された道路だったんですね!感動。
和歌山県内の人も移動が大変じゃないかなぁ…。
どうしても見たかったルキズは車の中で見ました。買ったときはテレビなんてついてても見ないだろうと思ってたけど、見る見る(笑)。こういうときに見るよ!新庄に感動。続けてみようと思ったごくせんは電波悪くて(トンネル地帯を走ってたので)映像悪かったので諦めました。

途中でどうしても腰が痛くなって一度休憩した以外はのんびりと帰ってきましたね。予定通り深夜くらいには帰り着きましたよ。
どうでもいいのですが、今回の旅行で実は何も観光地めいたものを食べてません。一人旅の悪癖です。折角だからご当地物をと思うのですが、事前に調べていかないと食べ損ねちゃう(ご飯自体を)。
因みに通った道沿いに目立ったのはさんま寿司、めはり寿司の看板です。押し寿司かぁ。(めはりはおにぎりだそうで)(せっかくだし、自分で食べなくてもお土産で買って帰ればよかったかな)
確か和歌山ってハモの季節ですよね。ハモ好きじゃないのですが。(細かい骨が…)あと、和歌山といえば和歌山ラーメンが真っ先に頭に浮かびますが、何故か42号沿いはうどん屋さんしかありませんでした。笑。和歌山市内行かないとラーメンは食べられないのかな。残念。

そして帰ってきて寝たのが3時。今朝は四時に起きて出発したので、ほぼ23時間活動していたことになります。我ながら元気ですね。
しかしながら熊野三山廻っただけでこの時間。本気で熊野御幸ごっこするなら泊まりは必須ですね。(そして下調べもね、タカヤマさん)ともあれこれで山中はクリアーしたので、次回ミッコと行くときは思う存分海沿いを堪能できるかと。次回はね、早朝から高野山で写経して、海のアレ的なものを愛でつつ南下して、三段壁で熊野水軍の隠し港を堪能して龍神温泉で朔を襲う望美の如く女体を愛でつつ帰るっていうのはどうかな、ミッコ!
ミッコのために串本町以外の海方面はとっといたから(笑)。
注!三日経ったら罰ゲーム!
次なる納豆は初心に帰ってひきわりにしてみました。
そしたら、卵を入れなくても付属のタレだけで普通にいただけましたよ!やった!やっぱり初級から始めるべきだったんですね!
ひきわりクリアー☆
調子に乗って次は極小粒納豆に挑戦するつもりです。ひきわりパック片付けてから。(三回戦挑みますよマチコ先輩!)
人生ン十年目にして、「この子が納豆を食べれる日がくるとは…長生きはするもんだね…」と両親共に感動された娘。どんだけ。返す言葉を失いました。

でもひきわり食べた翌日、納豆巻きを食べたらどれだけ大粒でもやっぱりそっちのが美味しかったので、ポイントは酢飯なのだとつくづく思い知りました。
でも炊きたてご飯と納豆の黄金コンビに拘ります。

さてさて、亨たんからバトンを頂戴いたしました。いつもありがとうございます。スパコミもお疲れ様でした。
「罰ゲームバトン」です。
一瞬、スパコミ何の新刊も出さずにのうのうとしていたワタシに対する罰かと思いました。
いつだって新刊に対しては卑屈なひとです。すみません。
ジャンねたばれの日~
無限のみどりの子の夢を見ました。
確かに好きなんですけどみどりの子。
夢に見るほど好きだったのタカヤマさん(笑)。

夢の中でみどりの子はスーパーらしきところでお買物。何故か荷物持ち同行するワタシ。(珍しく自分の出てくる夢ですね)
エビのパックを見て、たくさん入ってるのと少ないのとどっちにしようかとみどりの子が聞くので、そっちは多すぎるから、一度で食べきれる小さいほうにしたらいいんじゃないでしょうかねとアドバイスするも、みどりの子はいい笑顔で「これくらい食べきれるから平気やで」と。
きゅんとするワタシ…(あたまのよわい子)!
もうほんと、タカヤマさん、みどりの子が大食漢なのが嬉しくて仕方ないらしいです。ほのぼのと食に旺盛であればいい…!平和な笑顔で美味しいものを頬張っていればいい…!きゅん…!

ついで、買物を終えたみどりの子は近くのインポートショップのようなところで鞄を購入。
それがまた大変好意的に見て前衛的なデザインの鞄で、でもお値段だけは物凄くお高くて、ワタシはまぁ、奇抜な個性的なデザインですねと控え目に言ったら、みどりの子は照れくさそうに、「今片思いしてるひとにプレゼントしようと思って」と。
またもきゅんとするタカヤマさん…(あたまのいたい子)!
だって、気がつきましたか奥様?!(誰)
そのバッグはどう見ても普通の女の子が普通に持ち歩けるような鞄じゃないんですよ!そんなのをプレゼントする相手なんて、同じくらいセンスが奇抜な青色の人しか思いつかないじゃないですか!(断言)
そうか、みどりの子はあおいろの人に片思いしてたんだ…!と閃いたわけですよ…!
おおお…おおおおお、そういうことならば、ワタシは心からの笑顔で応援するよ、みどりの子…!と、「プレゼントするのと一緒に、もう告白するしかないYO!」とみどりの子の背中を押す夢の中のタカヤマさん。
青色の人がお好きそうな(センスが飛び出て前衛的な)ラッピングして贈ろうよ!ときゃっきゃ言ってるところで目が覚めました。

続きこそが大事なのに…!(血の涙)

もう、ほんと、ほんと、夢の続きから見れる未来の便利な道具が欲しいですよ猫型ロボットとともに!
大変人生損した気分です。
でも別にあおいろの人に振られた傷心のみどりの子が、黄色い人や黒い人に慰められていてもそれはそれでよろしげではないかと頭の片隅で思ったりもします。
夢は広がるよ無限大に!(さいあくな引用)

無限の話ふっておきながら、以下一日遅れでジャンネタバレでーす。
納豆人生第二幕。
納豆は難しいですね…
色々アドバイスいただいたので、醤油味でいただくことにしてみました。
したらば、今度は辛くて苦くていやーんな結果に。

タカヤマさん、醤油かけすぎです。

ああもうグダグダ…orz
でも卵を入れて混ぜたら丁度よかったですよ。結局今回も卵がけご飯に。納豆だけで食べれるようになる日はいつ。
でも負けません。
三個パックの残り一個は家族が食べてくれたので、また違うメーカーの納豆で再びチャレンジしてみます。納豆が粘ってる分には全然気にならない人なので、また懲りずにねるねるねるねで。
問題は。
いかに。
美味しく頂くかです…よ…!

ところで、物凄く基本的なことなのですが、ほら、納豆って大豆ですよね。マメ科の穀物ですよね。
で、納豆って基本ご飯にかけて食べますよね。米+納豆でダブル穀物じゃないですか。
非常に…非常におなかが膨れるのでございますよ…(どうしてご飯の量を半分にするとかそういう智恵がないの)(バカなの、タカヤマさんバカなの
おなかパンパンですよ…思わずパンパンだぜッアー!と阿部さんごっこしちゃいますよ…。(せめどうし相容れないと思うな…!)
大阪インテの日~
大阪インテお疲れ様でした~。
午前中大阪雨の予報でしたので、先週に引き続きかとすごくやる気なくて起きた時間に適当に行こうと思っていたのに、何故か開場30分前には到着。ホワイ?どんだけイベント体質なんですか。(いいことです)
お昼からは快晴でアフターには丁度いい日和でしたね。
ワタシは欲望のままにHOPE軒でお昼ご飯食べてビゴたんちでパン買い占めてつるっと帰る計画を。
まずはビゴたんちへ行ってハード系のパンを色々買ってご満悦。以前食べたクレープが美味しくてすぐにでも食べたい気分で買いたかったのですが、今からHOPE軒でラーメン食べるので諦めましたよ潔く。
芦屋から西宮に戻ってレトロ館を目指すも、ここで最大のトラップがワタシを襲います。

レトロ館、閉店してた…(業務連絡)!

何故…!何故そんなことに…!
レトロ館てメインじゃなかったの?!(勝手な思い込み)
というか、相変わらずHOPE軒のHPは閉店した店舗も掲載なさってて、非常に顧客に対して優しくないカンジでつよ…!
愕然。超愕然。今日のお昼は絶対にHOPE軒でとんこつラーメン食べるんだ~って思って起きたのに!
でもめげません。だって斜め向かいの西宮店(でしたっけ)はまだ無事でしたから。(二店舗近すぎるのが閉店の理由なのでしょうか…)(でも、なら駐車場のあるレトロ館を残して欲しかったですよ…)
ビゴたんちでほくほくしている間に丁度お昼のピークを過ぎたらしく、並ぶことなくHOPE軒IN。
ずっとずっと食べたくて裏切られ続けてきたHOPE軒のとんこつを漸く食べれました。やたー!
このお店も味は平気なんですよね…越境するとなんでスープの味が変わるのかな。不思議。兵庫県内色々店舗を出しているので、駐車場のある店舗を他に捜してみるのもいいかもしれないし、裏切られるのは嫌なのでここ固定にすべきかもしれない。タカヤマさんそんな心の声はどうでもいいです。そうですね。(なんの一人遊びですか)

ともあれ、食べたかったラーメンも食べれて、もう大満足。相変わらずチャーシューもスープも美味しくて!
食べ終わってまだお昼過ぎですが、特に出かけたついでに何かしたい用事もなかったので(というか雨だと思っててなんの予定も入れてなかったので)その足で帰ることに。
帰りに兵庫から高速乗ったはずがいつの間にか奈良市内の県道で渋滞に巻き込まれてるという不思議すぎるナビはDOなの。なんの罠。ほんと、一般道でツンデレなのはまだ諦めますが、高速でトラップとかやめていただきたく。高速一本で帰れるはずが、無駄に好天気のもと、奈良をドライブをして帰りました…。奈良市内もメイン道路は以前観光したときに通ったことのある道ばかりでしたよ…思わずまた観光していこうかと思いましたが、日曜日で混んでたのであっさり断念しました…根性ナシ…法隆寺とかいっちゃえばよかったじゃない。
そして雨だと思って油断してたタカヤマさんは、また手袋なしで運転をして日焼けの洗礼を浴びた模様です…。ほんと…ワタシって…。

ところで行きも帰りも時間帯関係なく、ガンガン高速ETC割引されるんですよ。この間からその恩恵に預かっているのですが、ワタシが知ってるのは時間帯割引くらいだったので超不思議で帰ってきてググってみました。そしたら、色々割引ってあるんですね…!
多分今回通常の半額くらいで往復してます。使った道がツンデレナビだったのもありますが、すごいなー、ETC。先月からせっせとETC使ってるのでもうあっという間に元をとった気分です。ETCカード、適当に今契約してるカード会社で作ってしまったけど、これだけ利用するならポイント還元なんかの特典のつくカードを作り直すのもいいかなぁと思いました。
思っただけで面倒くさがりなのできっとこのまま使い続けるんだと思います。
ものぐさものぐさ…。
逆裁4クリア感想~
逆裁4クリアーしましたー!
このお手軽さがいいんですよね、DSゲームの容量って。気に入る内容だと、「もうあと一声!」とか思ってしまうのですが。
事前に知ってたのは、ナルホドくんから世代交代した主人公だということくらいでした。新しい主人公はオドロキくんと仰るそうです。新人君の初裁判からお話はスタートです。
さてさて、世間様からだいぶ遅れがちですが、以下クリアーネタバレでーす。
人生初物語。
生まれて初めて(多分)納豆を食べました。
関西人じゃないので、先祖代々納豆は口にしてはならぬという伝統はないのですが、ただ単にワタシが豆類が苦手なだけです。(ほんと、ただの好き嫌いです)(家族は昔からモリモリ食べてます)
煮豆とか食べられないわけではありませんが(でもレンズ豆は食べられない…)、でも納豆は特に匂いや食感も独特ですよね。粘り系が苦手な方は更に苦手なんじゃないかと。(とろろとか、昔嫌いだったなー…)(今は大人なので食べられます)

で、これだけ日本中に納豆製品が蔓延しているのだから、体によいというだけではなく味的にも実は美味しいのではないかと、ある日思い立ち、まずはポピュラーな納豆巻きをね、食べてみることにしたのですよ。
そうしたら、意外に面白い食感であることを発見。なんでしょう、もっと豆豆しくて噛むのが大変かとおもいきや、口の中でシャリと咀嚼するのに全く問題のない固さです。むしろ、固さのハーモニーが見事な融合。(どこのかいばらゆうざんですか)糸引いてるだけあってとろろのような粘着系ですが、それもまた面白い。
おおお、なんだ、納豆って実は食べれなくもないのね…!と気付いた次第です。

調子に乗ってタカヤマさん、お次はスーパーへ行って普通の納豆にチャレンジ。
納豆製品て物凄く色んな種類・メーカーが出てますよね…。
ワタシは初心者なので、極小粒納豆かひきわり納豆にしようと思ったんです。それに温泉卵混ぜて食べようかと。
けれど売り場に行ってみれば、「新発売!」みたいな感じで山積みしてある納豆が。なにやら柔らかな食感で食べやすいのがウリらしい。
ここでまた、新発売の文字に超弱いタカヤマさんは、暫し逡巡の上、その納豆を手に取ったのでした。
で、納豆人生の先輩から、納豆は調味料を混ぜる前に100~120回くらいかき混ぜて、その後少し放置しておきなさい、そうすると納豆菌が増殖するから、と言われたのでご飯の前にまず納豆かき混ぜタイム。
100回かき混ぜるのってどれくらいの時間掛かるんだろうと思ってリビングでテレビ見ながら始めたら、あっという間に部屋が納豆臭くなったので怒られる前に脱兎しました。(なんて迷惑なひと)(ワタシ、納豆嫌いだったころは匂いだけでも嫌でしたね…)
納豆を混ぜ続けると段々白く泡立っていきます。なんとなく楽しい。ねりねりねるね。でも混ぜすぎて柔らかいのがウリの納豆粒が砕けて潰れ気味です。タカヤマさん、加減して。
で、100回ほどかき混ぜた納豆を10分くらい放置して(少ないのかな)付属のかつおだれを混ぜ、ごはんにかけて温泉卵を割り、薬味ねぎをのせて、人生初、納豆ご飯のかんせーい☆
なんか美味しそうじゃないです?美味しそうじゃないです?
納豆巻きとはご飯が酢飯か炊きたてご飯かの違いよねと思いつつ、一口パクリ。

「………」

温泉卵を潰して、二口パクリ。

「………」

結論から申し上げて宜しいでしょうか。
人生初の納豆ご飯は非常に微妙な味わいでした。
なんかですね、豆も納豆臭いし(納豆ですから)、味も全然しないし(酢飯じゃないですから)、温泉卵潰したら、ただの糸ひいてる卵かけご飯だし(致命的ですね)。
皆様本当にこれだけで食べてるのでしょうか。ワタシ、そこまで濃い味付けを求めているわけではないと思うのですが、どうしても、こう、醤油をかけたい衝動にかられます。だって味が薄いんだもん。
でも醤油かけたら醤油味になりますよね。付属のかつおダレの立つ瀬なし。添付されているということはあれが適用量なのでしょうし。(からしはつけませんでした)
健康にいい(はずの)納豆を食べてるのに塩分過多になるのもなぁと思い、結局そのままもそもそと食べ続けたのですが、明らかに納豆まきを食べたときの感動はありませんでした。
なんでしょう、納豆巻きは酢飯に味がついてたから美味しかったのかな。なら納豆ご飯も自分好みに醤油を足して食べてもよかったのかな。
世の中にはこの納豆をオムレツにしたりパスタにかけたりそれはそれは様々な活用法が見い出されているのに、基本の納豆ご飯で躓くって…。
きっと納豆のメーカーの種類的にももっといろいろ自分に合ったものを捜さないといけないのでしょうね。ていうかやっぱり初心者らしくひきわりにすべきだった?
納豆お好きな方は、あの付属のタレと納豆だけで「おいしーい!」となってらっしゃるのかしら…。
なんとか納豆との間によりよい関係を結び、納豆を美味しくいただけるひとになりたいです。
だって、三個パック買っちゃったから、後2パック、賞味期限内にいただかないといけないし。
(どうして三個パックなんて)
(だって殆ど三個パックだったよ)
けれど、これを乗り越えた先に腸内環境正常化された、美しい腸を持つ人間が一人出来上がるはず…!(ゆめみがち)
四方山話。
スパコミ行って雨に降られていやーんとか行ってたら、地元帰ってきても雨に降られる始末。高気圧は南からのぼってきてもらわないと困るんですけどぉぉおおおお!!(八つ当たり)
そんな中、久々に地元の友達と飲みに行ってました。美味しいホルモン焼きのお店があると教えてもらったので、雨の中わざわざ予約して…。ホルモン焼き。超美味しかったんですよ、ホルモン焼き。あんな脂身食べれるなんて、まだ若いのね大丈夫(笑)!(と自分を励ましてみる)(東京で天麩羅食べた後にずっと消化できなかったこととか棚上げ)
で、飲んで食って飲んで飲んで終電までまだ余裕あるからお茶でも飲んで帰ろうかと適当なお店に入ったまではよかったのですが、ワタシはそこでとんでもないことに気付いてしまったのです。
…目の前で喋っている友達と、見下ろしてティーカップを持ってる自分の肌の色が、明らかに違うことに…。
え、酒入ってるから?
いやいや、酒が何リットル入っても赤くなったことなんてないじゃない。見た目変わらないんですよタカヤマさん。
もうそれが気になって気になって、友達の話どころじゃない。
話が途切れたときにふっと向かいに座る彼女の手を取って、テーブルの上で自分の腕と並べてみました。

「……………」
「……………どこの南国言ってきたん?」
「………………………」

気付かなかったぁぁぁああああああ!!
なんかもう、ほんと同じ人種と思えないくらい、肌の色が違ったんですよー(ショック)。
友達がまじまじと見て、首や顔の色と腕の色が違うと大笑いしていたので、多分車焼けなんだと思います。夏場は仕方ないなぁと思って自衛しますが、四月で車焼け…どんだけアクティブに車乗ってたのでしょうね、ワタシ。そういえば連続で出かけてますね、ワタシ。
問題はあれですよ、もう若い子ほど新陳代謝がよくないので、今からお手入れしたところで、白くなるのに一年くらいかかるんじゃないかという…。
…はぁ。
ショックだったので暑さに浮かれて半袖に逃げずに、ちゃんと上に一枚羽織ろうと思います。思うだけで、暑がりなのですぐに忘れそうですが。
いっそ今年の夏は小麦色になればと言われましたが、そんな年じゃな(黙)。
ラリアで日焼けしたシゲのように、あっという間に元通りになったりはしないのだよ、君!(自分)

といいつつGW最終日は前向きに箪笥の衣替えをして過ごしました。長袖全部しまったよ。
(タカヤマさん、誓いは)
(あれ?)
スパコミ二日目~
スパコミ二日目です。参加された方々、お疲れ様でした~!
今日こそは晴れだろうと思っていたのに会場向かう途中でパラパラと雨が降ってきたりしていや~なスタートになってしまいましたね。
二日連続でこの季節に雨。珍しい…。
ミッコに「ミッコが来ないから雨だよ!」とメール送ったら「地元は30度だよ」と返事が。やはり晴れ女伝説がですね…ええ…。

それはさておき、イベントアフターに初めて築地卸売市場へ行って参りました。ご飯どこで食べようかーお台場の辺りは混んでるねー食べたいもの決まらないねーそういえば雑誌でさー…というグダグダな流れだったことは、今に始まったことでもありませんが、魚介をチョイスして食べようというのは初めてかもしれません。よっぽど先週の北陸が美味しかったのねと思ってください。(美味しかったんです…)
築地自体は祝日だからか午後過ぎだったからか、空いているお店は飲食店くらいで、並んだ市場を見ることはできなかったのですが、それでもまだまだ人の足は途絶える様子のない混雑でしたね。どのお店も軒並み長蛇の列。
大抵は海鮮丼とかお寿司のお店だったのですが、我々が目指していたのは(雑誌で見たのは)天麩羅のお店だったので、そのお店を捜して築地内をねりあるき…ねりあるき…途中、ああもう、お寿司でもいんじゃね?的気分に陥りながら(おなかすいてたんです…)練り歩き…ついに発見!
そのお店は店頭で海鮮焼きを立ち食いさせてくれて、奥の店内で座席が用意してあるお店でした。
当然のように並んでましたが、回転が物凄く速く、T姉と二人で並んで五分ほどですぐにカウンター席に座れましたよ。
そこで周りが(有名なのかなやっぱり)海鮮丼を頼んでいる中、ワタシが特天丼、T姉がアナゴ天丼をオーダー。出てくるまでの間、カウンター越しに目の前で海鮮丼を作るお店の人の手際を見ていたのですが、ものすご~~く早い早い早い!しかもオーダー絶対に間違えないのね。こんな、1分おきにオーダーが入るような混雑時なのに、1分で全ての具材を乗せて出す手際のよさに見惚れることしばし。
天麩羅屋さんで天丼を頼んだら、そりゃあちゃんとしたところなら注文貰ってから揚げるわけだから10分程度は待たされても当然かと思っていたのですが、そのお店はタイムテーブルが違ったのか、1分ぼーっと座ってただけで、通りがかりの店員さんが「あれ、オーダー来てない?○番、まだかー?!」って奥の厨房に向かって叫ぶんです。多分10回くらい代わる代わる確認されて叫ばれた(笑)。遅いと思ってないのでご心配なくという感じ。
なんていうのかな、戦場なんです、店内全員あらゆる場所で、オーダーを叫んでるんです(笑)。
でもそれが慌しくて落ち着かない感じではなくて、どこかコミカルな掛け合い漫才みたいなテンポで、店員さん同士も忙しい中コミュニケーションを図ってる感じで、見ていてとっても楽しかったです。
店員さんがテンパって忙しく叫んでいると客も落ち着かない感じになりますが、ここは家族経営なのかなー。人数多い中で赤ちゃん背負った奥様方がお味噌汁を作ったりしてるのが見えて、店員さん同士も下の名前で呼び合っててアットホームな感じでした。
結局、多分10分少々待たされた程度で(混んでるお店屋さんではあんまり待ったうちに入らないかも)目の前に注文の天丼が。それがもう、ボリューム満点!
普通の天丼じゃなくて欲張って「特」天丼をオーダーしたのは、なんと白子の天麩羅が入ってるからなんです~~。
白子を天麩羅で食べる機会が少ないので超嬉しい!(白子だいすき!)特天丼はアナゴ・エビ・イカ・カキ・白子(そして何故かメニューに書いてなかったけどホタテも)が乗ってました。それだけ乗ってても全然お安いんですよー。
おなかがすきすぎて食べるのに必至で写真撮ってませんが、T姉の頼んだアナゴ天丼なんて、アナゴが三匹まるっと乗っていて丼からはみ出してるという超豪華さ。
ていうか、ダイナミックさ(笑)。
アナゴって結構油がのってるから、三本もなんてよほど好きな人しか完食できないんじゃないかなー。
天麩羅の美味しさはもう雑誌の載るだけある!ってくらいの文句ナシさでしたが、でも丼、超大きくてご飯も満遍なく詰まってるので(これは目の前で作られていく海鮮丼もそうだったけど)女性には中々胃の容量が厳しいものがあるかもしれません。ていうか、半分食べられればよく食べたほうだよとか密かに思ったり。食べるのがお好きな方とか、大満足の量だと思いますよー!
とっても美味しかったので、またいつか是非ともリピートしたいです。海鮮丼も美味しそうでしたので、次回は是非そっちで。築地、お台場から近くて、イベント帰りには中々の穴場だなぁ…。(混んでるけど)(そして車前提だけど)

それにしてもこのブログはほんと、食に関する話が多いですこと(笑)。食か萌えか。ものすごい人間の欲求に忠実(すぎる)な話題がてんこもりですね。
GW真っ只中でしたが、新幹線のチケットは余裕で取れて更には乗車客も少なくのびのびと帰れました。こんなもんですよね、中日って。
帰ってきてまずしたことは、荷解きより先に録画しておいたごくせんとルキズを見ることでしたよ。ごくせん、かざまくんが思ったよりもコミカルなキャラで楽しいですね。
そしてルキズ、ああもう、一話から録画残しておけばよかった!と後悔しきり。(つるっと消してしまいました)超楽しい超楽しい!
次回はついに新庄のお話ですね。新庄は本当に仲間思いのいい子です。
でも、あんなプリクラを後生大事に眺めるシーン、あったかしら…。
原作の強面新庄がそんな乙女ちっくな真似してたかしら…。まあ楽しいから、いっか…。若菜もまた、いい子なのです…(しんみり)。
スパコミ!ですね!
今年のGWは飛び石休みで、皆さん何気に動きをとりづらいのではないでしょうか。
まぁヲタにはあまり関係なく、毎年GWはスパコミですが。
それにしても今年は雨!雨のスパコミ。
(超晴れ女のミッコが不参加だからだ!とT姉と二人して騒いでしまいましたよ)
頑張って行く気満々だったのに、朝(相変わらず前のりでT姉んちに来てました)起きて雨降ってたものだから、一気にテンションダウンして、折角早起きしたのにT姉が録画しておいたここ2~3回分の銀アニを見て過ごすというていたらく。
だって…雨の中、入場待ちで並べないですよね…もうすっかりへたれた大人です。
でもそのお陰で見損ねていた銀アニ見れましたー!もうもうもう、王子超格好いい!王子!王子!今なら局長をお嫁さんに上げてもいいくらい、王子に目がハート!
大概原作時も王子かっこいー!と叫びまくっていましたが、いやもう、動いて喋っての王子の格好よさは半端なかったッス。王子素敵。未だに思い出してはうっとりしています。あの鬼畜王子が、局長だけには初心なんだぜ!いえー!(タカヤマさん夢見すぎないで)(いやこれに関しては原作どおりですよ…!)

と、朝からよく分からない銀アニ萌えー!(どうでもいいのですが、T姉のPCから日記更新してるのですけど、この人のPC、ぎんたまが一発で銀魂って変換できるんですよ。なんて怖ろしい。こわいこわい、僕、そんなPCとオトモダチにはなれないな…!)
で、たっぷりおなかいっぱいになって、あれ?もう今日イベントだったっけ?飯食って寝ておわりじゃね?みたいなグダグダのテンションで有明へ。
もたもたとお昼御飯を食べてから入ったらつるっとそのまま一般入場できましたです。おお。絶対に込み合ってると思ったのですが(傘を持ち歩いてる分入場が混雑すると思ってたのです)結構人は少なかったのかな?ラッキー。
で、ネットで全然見つからなかったT&T本をゲッツしてほくほくで撤退。
T姉が新しく買ったカメラのケースを買いたいわというので、電気屋さんへいったりのんびりお買い物したりして早めの夕御飯食べて帰りました。

本日の戦利品
・T&T本(初めて買いました。楽しみ!)
・サンダル二足
・トートバッグ
・ドライヤー
・アロエヨーグルト
・逆裁4

………。
タカヤマさん、スパコミ行ってきたんじゃないの?(ビッグな疑問)
いやっ…いやいや、アレなんですよ、電気屋さん行ったついでにね、今回ドライヤー持ってくるの忘れてきたもんだから一個新しいの買ってT姉んちにおいておこうと思って。(T姉はショートなのでドライヤー使わない人なのです)(で、業務連絡→T姉んちに泊まる全ての友人へ。このドライヤー置き去ってきますので、今後T姉んち泊まるとき、ドライヤーいらないよー)
で、T姉とフラフラウィンドウショッピングしてたら、和柄ぽい可愛い布バッグが目に飛び込んできましてね。ええ、丈夫な布バッグは使い道がありそうですよ。
さらにはGWバーゲンとかで靴も安かったんです。問題は二足も買ってどうやって持って帰る気かというところですけど。
アロエヨーグルトは三個パックを買ったので、一個食べたらこっそりT姉んちの冷蔵庫に隠してくるつもりです。発掘したT姉が食べてくれるよ、うん。

いやもうほんと、イベントの日とは思えない行動ですね…いつも大抵疲れてダウンなのに、むしろイベントアフターのが元気という。
逆裁4はいつかやろうやろうと思ってて、たまたまT姉がゲームショップでなんかソフト買ってたので、便乗して一緒にT姉のカードで買ってもらいました。買いました。買ったからにはやるぞー!(いつも買うだけ買って投げ出す人)

そういえば電気屋さんで何となく血圧を測ったら、上が80の下が40でした。
これっていくらなんでも低い…ですよね?
なんかこの間群馬旅行行ったときに測ったときもそうだったけど、ココ何度か測ってもいつも「え?生きてる?」ってくらい低いんですよね…。最後に正常値だったのいつだろう…少なくとも去年の今頃はちゃんと上は120くらいあったはずなのに…。
血圧低いのが原因かどうかはわかりませんが、これまた先月辺りから時たま頭痛が酷くて動けなくなったりしてます。頭痛ってメカニズムがよく分からないから、改善のしようもないんですよね。どうなってるのでしょうか。
頭痛がするとなんだか全ての行動のやる気がおきなくて、布団にリターンとかなってます。ダメ人間みたい。(みたいどころか)
先月PC開いてる時間とかいつもの半分くらいしかないような気がします。最近頭痛薬も飲みすぎて慣れちゃったのか、効き難くなったような気もするし…。
ワタシ程度でこれなんだから、世の中の偏頭痛持ちの人はほんとうに可哀想だなぁ。どうしてるのかな。やっぱり薬で押さえつけるしかないのかな。皆様大変ですね…。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。