FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
海の底
有川週間(週間てほどマメでも多分ない)第二段~。
この人の作品を全部読むつもりなのですが、とりあえずお次は「海の底」を読みました。(お勧めしてもらったので♪)
この人ほんと、自衛隊とか機動隊とか組織に特化した書き手さんなんだなぁとしみじみ思いました。
このお話は、横須賀基地を突然巨大甲殻類の大群が襲撃、ものすごいスピードで人間を次々襲っては食い散らかしてゆく、そんな外敵と人間の戦った一週間のお話です。
まず海から突如現れた何万という巨大ザリガニの群れ(しかも人間よりもっと巨大)(鋏の一閃で人間の足なんて簡単に切断されちゃうくらい)という奇抜な設定に、ちゃんと学術的な説明をつけたのがすごいなあと思います。正確に言うと学術的根拠は捏造なのですが、ワタシは小説は面白ければ勝ちだと思っているので気になりません。どこまで真顔で絵空事を論じれるかが手腕ですよね。
で、その巨大ザリガニに対する人間たちの動きも、

①巨大ザリガニに襲撃され逃げ遅れた民間人の子供13人と、それを保護し湾内に停泊中だった潜水艦に立てこもった自衛官2名(静)
②巨大生物の襲来を受けて出動した警視庁+機動隊(動)

前線に出てガンガンザリガニと戦う立場の機動隊と、潜水艦に立てこもって子供たちのケアをしながら収束を待つしかない自衛官。
陸上の機動隊(警視庁)は政府(警察庁)や米軍や自衛隊なんかとの微妙な線引きの中で目の前のザリガニと肉弾で戦っていかなくてはいけないし(機動隊の装備程度だと、ザリガニの甲殻が弾丸を弾き飛ばしてしまう)、司令部は司令部で上層部との政治的駆け引きなんかもしつつ市民を守らないといけないし。
反対に潜水艦の中という非日常空間(限られたスペース)に押し込められた子供たちは、いつ終わるとも助けが来るともわからない状況で精神的に己と戦わなくてはいけない。
この対比する二つの存在がメリハリあってまた面白いです。

以下感想は結末までのネタバレを含むため隠しで。
[海の底]の続きを読む
スポンサーサイト



Designed by aykm.