FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
SATC
夕方のスーパーでお買物をしてレジを抜けたところ、レジ袋に商品を袋詰めしていた母子の会話が聞こえてきました。
どうやら袋詰めをする台の上に置いてあった募金箱に母親が募金したところ、小さな娘さんが透明なその箱の中身に、「小銭しかないよー」と率直な感想を抱いた模様。
自分の買った商品をレジ袋に入れながら、聞くともなしに聞こえる会話。
母親が淀みなく言いました。
「小銭だけでもね、皆が小銭を入れれば結果的にたくさんのお金になるの。100円を稼ぐのはすごく大変なことなのよ
100円を稼ぐのはすごく大変なことというのは、きっと金額よりもお金を稼ぐのがすごく大変なこと=稼いでくれるお父さんへの感謝の気持ちを植えつけるということだと思うのですが、その言葉を聞いて娘さんが自分の持っていたお金(お小遣いだか、自分のお菓子を買ってもらったおつりだか、とにかくいくばくかの小銭)を母親に倣って募金箱に入れた様子が見えて、すごくすごく感動してしまいました。
いたよ、ここに花を咲かせるひとがいたよ!
率直に言って母親のその立派な発言のほうにより感動していましたが、きっとああいうお母さんに育ててもらったお子さんは、性根の真っ直ぐないい子に育つに違いない。
なんて素敵な母子なのかしら、と思いつつ、募金もなにもしないで帰途に着くタカヤマさん。
自分で花を咲かせることなんて、これっぽっちも思い出さなかったよ!(根っから駄目人間)
家に帰ってから深く深く反省して、そのあと友達と夕ご飯食べにファミレス入った時に、レジにおいてあった募金箱にそっと小銭を入れてきました…。これは純粋な募金というよりも、自分への戒め…。

SATC観てきました!楽しみだったのです~。
ドラマ版から好きだったので映画化決定したときも嬉しかったのですが、やっぱり久々の皆も素敵!すっかりアラフォーになって(三年後?だった気が…)、様々に生活の基盤が移動しています。
以下、ネタバレ感想ですので、まだご覧になってない方は回避してください~。
[SATC]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。