ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ジャンねたばれの日~
ものすごい遅れ気味でジャンねたばれ(もはやねたばれでもなんでも)感想でーす。
[ジャンねたばれの日~]の続きを読む
スポンサーサイト
おすすめバトン
F原さんから「おすすめバトン」なるものを頂戴しました~。ありがとうございます!

1.現在おすすめのアニメを5つ

なんにも思い浮かびません…アニメ見てないからなぁ…。深夜のとらドラ見てるのですが、あれは万人にお勧め~というようなジャンルではない気がします。
でもこの間友達と居酒屋で熱弁奮って来たのですが、現在の日本で万人に誇れる漫画といえば、それはやはりワンピだと思います。誰に対しても熱く、あの素晴らしさを伝えられますよ…!お勧め!

2.現在おすすめの食べ物を5つ

二つ目で早くも気付いたのですが、ワタシの嗜好というか生態がすでに万人向けじゃない気がするのです…。自分は好きだけど、人様にはお勧めしない(ORできない)みたいな…。
でもそれを言い出したらすべてに答えられなくなることも同時に気付きましたので(よかったね)、このまま現在の嵌りを垂れ流すだけで突っ走ろうと思います。

じゃ○りこ。(突っ走った結果)(しかも一つ)

3.現在おすすめの音楽を5つ

最近音楽新しいの聞いてないのですが…。
林檎姫、ヤイコ、アヴリルは無条件に新譜はチェックします。あと報道を聞いてて楽しいのはあの子達の声だからだとわかってます。(冷静)
…また5つに届いてない…。

4.現在おすすめのその他を5つ

なんて大きなくくりなんだろう…!
・ワンピと同じく万人にお勧めします、幻水シリーズ。でもDS新作をやるかは判らない(黙れ)。
・柚子のお酒はいまだにブーム続いてます。小町ラブ。20歳以上の方限定。
・みうらはるまくんがお兄ちゃん役を演じると非常に萌えることに気付きました血の月曜日。

…みっつ…orz

5.おすすめを聞きたい人5人(あいうえお)

あいうえおってなんだろう…。まさか、あ行のお友達?そんな厳しい。よってスルーします。

・あなたのお勧めがワタシにとっての世間のバロメーターです。→亨ちゃん
・とてもワタシと同じかもしくは正反対のツボをお持ちで勉強になります。お忙しいでしょうが…!→梓さん
・ブログ復活したので、ちょろっとどうかね。→T姉

最後まで5つ埋められないこのやるせなさ…。
なんか、埋められないと自分がどれだけ偏った人間か思い知るような気がします…。なんだろうこれ…もっと若い頃は間口が広かったはずなのに…(悔しい)!
番六
番六の一巻を読んでます。
だいぶ前にどなたかが面白いよと仰ってたのですが(ばってり絡みなので、ちゃーちゃんかミッコ?)、読んでみたら確かに読みやすくて(児童書なので文字が大きい)あっという間に読めてしまいました。
キャラはもう、カップリングにしか見えない主人公(?)二人組なのですが(主人公受けの血脈に則ってネズ紫です)。問題は六巻まで出ててまだ完結してないってことなんですよね…ワタシ、これ多分纏めて読まないと細かいことを忘れそうな…そうな…。
イニシエの神本、バナナFを彷彿とさせます。できることならさくさくと物語を進めて欲しいタイプの本ですが、でも六巻…六巻か…。
歓喜の国
のんびり読書週間~。
お天気良かったのでやっぱりどこかに出かけようと思いながらも、昨夜も終電まで飲んでいたので(久々に走りました。終電逃しそうになって)(そう毎回逃してるわけにはいかない)起きたのがお昼前というこの必然性。
何事もなかったかのように、読書の日とすり替わりました。行楽の秋じゃなくて、読書の秋、アリですよね。

有川さん繋がりでレインツリーの国を読み終わりました。他より薄めで読みきりだったので、一日で読み終われてすっきり。
レインツリーは図書館戦争とのコラボということですが、両方とも特に関連性はないというか、片方しか読まなくても関係ありません。
お話は、ネットで知り合ったフィーリングの合う女性が実は聴覚に障害を持った女性だった、という男性側視点に重点が置かれたお話でした。気付きましたが、この作者さんは男性視点で感情の揺れを語ることのほうが得手(好き)なのかな?

以下、ネタバレ感想です~。
少女と熊
漸く読み終わったのは、ライラの冒険1巻。
これも長らく積本にしてた一冊です。映画見ちゃったので、ストーリーを知ってる前半がたるみがちだったのですが、ライラの永遠の恋人、この世で一番格好いい熊、イオレク・バーニソンが出てきた辺りから怒涛のスピードになりました。イオレクウウウウウウ!!!!(握り拳)
もう、映画見たとき超イオレクのぬいぐるみが欲しかったのを思い出しました。イオレク超好き。あんな格好いい熊ちょっといない。イオレク!イオレク!(怒涛のイオレクコール)

映画版感想で大分語り尽くしましたが、ほんと、聞いていた通り原作とはまた違った(よく言えば映画枠で収まりきるような構成の)話になってましたね。ワタシは原作も映画版もそれぞれにいいところがあると思っていますが、原作のライラが書かれている通りおてんばでちょっと鼻につく賢しさがあるのに対し、映画版のライラはちょっとおてんばで子供らしく愚かで、あとは大体可愛い。イオレクの王座奪還戦を見守っているときなんて、特に特に可愛い。
多分目で見る印象の違いないんだろうな、と思います。
対するイオレクも映画版ではもう初めから終わりまでライラの騎士ですが、原作ではあくまで雇われたという立場から始まり、直接ライラの願いを聞いてくれることはありません。まあ、そんなのは初めだけなんですけどね。(言い切った)
そういう点では判りやすくドラマチックに、また受け入れやすく纏まってた映画版の方がいいのか、という印象になりますが、これがまた原作も原作だけあって、当然素晴らしい小説でした。
何が素晴らしいって、その発想も素晴らしいと思いますが、ライラとイオレクの愛が明確に謳われてるところが非常に素晴らしい。
気球乗りがいいました。
イオレクが人間だったら、その感情は愛情と呼ばれるものだと。
ライラは思いました。
今、イオレクが振り返ってくれたら、自分の瞳の中に揺ぎ無い彼への愛情を見て取れただろう、と。
そして、戦いの最中、怪我をしたイオレクの血がライラの服に飛び散ったのですが、「ライラは大切な愛の証のようにそれに手を押し当てた」のですよ…っ!
ちょ、も、半端ないっ!
文章の持つ破壊力、半端ない!!!
まさに、文字だけが持つ無敵のインパクトです。映画版でライラがイオレクを抱きしめたときもやっぱり死ぬほど悶えましたが、それが明確に文章化して目の前に出てくると、更なる衝撃に襲われます。行動を明確な文字にするって凄いことですね。

ただ、原作版の残念なところは、スバールバルの王になった後も映画ではライラとイオレクの仲は深く結びついたまま続きますが、小説では、当たり前ながら三部作の一話目なので区切りのように二人は別れていることです。二人はずっと一緒がいいのに!そうあるべきなのに!
このラストが違うんですよねー、映画版と原作のライラ。
なんだかこのラストを見てたら、映画版どうやって二部へ続けるのだろうと非常に不安になってしまいましたよ…。だって…ロジャーも生きてるし…嫌な親父(うん、小説版、最悪なひとでしたね!)もどうにもなってないし…。
映画版のまま、永遠にライラとイオレクが一緒にいてくれたら物語が進まなくてもいいとワタシは真剣に思う次第でありますが(二人でスバールバルの氷のお城で新婚生活を始めればいいと思います。ライラはスバールバルの女王になっちゃえばいいよ!熊の国、初の人間の住民!)、第三部でもう一度イオレクと再会するのもやっぱり見たいので、映画版で早く続きがやるといいな、と願う次第です。打ち切りとか…嫌だな…。
因みに、小説版の二巻、三巻は今のところ読むかは保留です。
何せ第二部にはイオレクが出てこない。それ多分、物凄く読むのが辛い。(なんて理由)
イオレクとライラの愛情あってこそのライラの冒険、とここで言い切ってしまいたいと思います。汚名を着せられライラによって救われたイオレクと、イオレクという無敵の騎士を手に入れたライラの冒険。そんな話でいいじゃない。(もう完結してるお話ですよ!)

三部作トリロジーBOXが出ると予想してDVD買ってないのですが、無性に、無性に映画版が観たい…。
UJ卵はとんでもないものを盗んで(略)
昨日ジャンを読んでいて、広告ページで初めてしったのですが、UJの電脳版でコミックスの無料配信をしていて、それ自体は特に気に留めてもいなかったのですが、その中で女体化版肉漫画なる連載があるんです…!
びっくり…!
公式同人て少なくはないですが、まさか肉のにょたが公式で読めるなんて…!
絵も別の人が描いているので、女の子が普通に可愛いです。胸もでかーい。
勿論、早速サイトにアクセス。現在公開中の四話から最新作までを読んできました。これって無料配信だから過去ログがないのかなぁ。UJに掲載されたら消えるのかなぁ。一話から読みたかった…どうやら六月くらいから連載してた模様。気付かなかった!
肉は一時期嵌りましたが、女の子版は初代のにょたでした。
二世はどっちかというと結構さらっとした友情も目立ちますが、初代はもう間違いなく熱い男の友情。
そのにょたー!ということで、当然のようにテリーマン(♀)はスグル(♀)を愛していました。ビバ百合。ビバにょた肉。
29周年記念作品で毎回短いネット配信なのでギャグ中心というか、そんなディフォルトになっていますので、多分正統派原作ファンのひとたちには評判が悪いのかもしれない…と思ったりもしますが、ワタシはとてもとてもとても楽しい同人を読んでいる気分なので、好きです。楽しい楽しい!でも絶対コミックス化はしないんだろうな…。(して欲しい)
どれくらいのペースで更新してくれているのか判りませんが、また消えないうちに覗きにゆきたいと思います。原作でウォーズマンが出てくるのっていつだったろう~~。ブロJrも早く一杯絡んできて欲しいと思いますが、どうにも肉、米、ロビンの三人がメインぽいのでひょっとしたらクローズアップされないかもしれません。(というかそこまで続かないかも)
でもみんなみんな、スグルに恋に落ちればいいよ、米のように!!!!
ジャンねたばれの日~
朝イチでジャンをチェックしたカカイラーの友達からの叫びのメールで起こされた清々しい月曜の朝。サードインパクトが何とかかんとか、なんだか色々錯乱してて、あれ、またカカシとイルカ先生が会話でもしてるのかな?と思ったら、すべてカカイラーの妄想でしたというオチ。

そんなわけで、ナルトとはシカチョの愛の物語であるという正しい見識の元に、ジャンねたばれの日でーす!
いろいろ読書
有川週間は地味~に進んでいて、読まなくてもどっちもでいいかなーと思っていた塩の町の文庫版もついでに読んでしまいました。大きく変わっていたのは戦闘シーンでしたので、どちらかというと「その後」が追加されて恋愛要素が増えたハードカバー版の方がワタシはお勧めです。
次はレインツリー読み初めました♪図書館戦争は別冊の1を読み終わったところです。地味に読書の秋。のんびりペースです。

夏コミのときに買って放置してあった身代わり伯爵も五巻まで読み終わりました~。五巻までしか買ってなかったのですが、そろそろ六巻は出たのかな?出るのかな?そのくらいかな。
つるっと読めて楽しいのですが、初め一巻を読んだときに、あまりに主人公の扱いが粗雑なので腹が立ってしまった覚えがあります。主人公が可愛くて素直でイイコなので、そんな主人公を政略に巻き込んだ周囲に腹が立つ、みたいな。こんな気持ちは久しぶりです。話に入り込んでるというよりは、ほんとかわいそうだったので、主人公はもっと怒りまくって構わないよ!みたいな…。
主人公と副官は順調にくっつけばいいと思います。あの二人のやりとりは可愛い。あのペースでも無問題。セシリア王女は初めなんとも思わなかったのですが、正体がわかってから健気で可愛く見えてきました。男の趣味は悪いけれど、彼女の恋もうまくゆくといいなと思います。いやでも、今の恋に破れてもっと素敵な普通の男の人とくっついたほうが、彼女も幸せになれるかもしれない…。
DVD消化日
DVD消化日。
色々溜めてたんですよね…。秋の改変日だったので…。

映画DVD
・久々にパーフェクトワールドをみました。映画に嵌るきっかけとも言える思い出の映画。もう泣けることはありませんでしたが、懐かしさを覚えます。
・バタフライエフェクト2を漸くみました。1がすごく秀逸だと思えていたのに、2ではそのクオリティというか脚本のすごさが一気にダウンしてて、その辺にある作品の一つになってしまってた。すごく残念。続編はヒットしない法則そのままですが、もしも曲がり間違って3にチャレンジするのなら、また不死鳥の如く復活を遂げて欲しいとは思います。3までは期待する…!2でがっかりだったけど、まだ見捨てない程度には、1はいい作品でした…!

J関係。
・無限の年長組のオカンみました。赤い人は何でも一生懸命で素敵です。オカン死ぬのかと思ったら死ななかった。最近の日本映画の流行→不治の病という嫌な思考が頭を占領している良くない例です。
・黄色い人の新番組が始まるので番宣で色々出てますね!FP2は物凄く猫被ってる優等生っぽいけれど、この人肝心なところで外すんだよなーと思いながらみていたら、結構そつなくこなしていて凄い感心してしまいました。(えらそう)
でもはなまるは結構優等生ながらもすらすら話せてたイメージ!すごいすごい!
・そういえば報道のニューアルバムの情報も出ましたね。(今更!)初回限定版と通常版ですが、今回は永遠色の恋が六人バージョンで収録されるので、絶対、何が何でも通常版なのです。初回版捨てるよ!あと、スノスクがついに音源化されるのが非常に嬉しい。ひらひら可愛くて大好き。

新番組関係
・知らない間にギアスが終わってて、ワタシ、ギアスとG00は両方ともDVDに取り溜めしてて、終わったら一気にみようと思っていたのに、実は両方とも最終回を取り逃しているという顎カクーンな状況なので、G00の二期が始まりましたが、このままそっと過去のデータを消去してみないまま終わりそうです。ギアスは面白そうだったのに…な…。リアルタイムで追いかける根性ないからなー。
・秋のドラマの中では唯一ブラッディマンデーを見たいなーと思っていたのですが、初回二時間スペサルを見てたら、超カメラワークが鬼門。ワタシ、これ駄目。内容面白そうだし役者さんもいいのですが、カメラワークが駄目で見ていられません。画面見てて酔うのなんて久しぶり!ポケモンみてた人たちはこんな気分だったのかしら、と根性で二時間見た後倒れました。次週からどうしよう…。
・深夜アニメはとらどらが面白そうで見てます。超ラノベっぽい内容なのですが、主人公の目つき悪い男の子が楽しすぎるので、このまま見続けたい。とらどらの二人はくっつくことなくそれぞれの恋愛を成就させて欲しいと思うのですが、それは必ずしも今現在片思いしている相手ではなくて、もっと別の人でもいいと思っています。
・海外ドラマではヒーローズを地道に地上波で見てますよ。あと、N○Kでアルフの再放送が始まりました!うちの田舎だけかもしれませんが。アルフ、超懐かしい!子供の頃好きだったのです、あのギャグドラマが。
・ルキズ特番!
最初と最後が取りおろしでしたね。来年の映画化に向けた序章的でしたが、すでに初回のデータを消してしまった人間としては、新庄と先生のやりとりがもう一度ちゃんと録画できてよかったです。初回は可愛かった…。一時の情熱は冷めたかな…と思いながらみていたら、ドキュメントDVDの存在を最後に知り、思わず密林で覗いてしまう罠。
買ってません。買ってません…よ…。
・イケパラ特番。
いつやるのかいつやるのか、とだいぶ待って漸くの放映でした、イケパラ。正夫が昔のままで非常に喜ばしいことです。中津の独り舞台も楽しくて好き。
内容は原作のジュリアの回と中津のおかんの回を中心に纏め上げられていました。
後オマケで最終回後、三寮長の卒業式に合わせた瑞樹カムバックのお話を。佐野と瑞樹の距離が以前より近くて、原作にない展開が可愛かったです。

これくらい…かな…?
もしかしてブラマンをみて寄ったのはカメラワークよりも連続して引き篭もってDVD消化してたからじゃないかしら、とも思わないでもない…。次週も見ます。
ジャンねたばれの日~
ジャンねたばれの日~!
秋が来ました。食べ物が美味しいです。というかワタシは季節問わずいつだって食べ物は美味しい人なんですが(平和です食欲不振や夏バテとは無縁です)、ついついここ一週間くらい食べ過ぎている気がします。気どころか。
そういえば、またなんだかパン職人への夢が再燃して、ここ三週間くらい小麦粉と戯れる毎日を過ごしているのですが、まだ一つも美味しいパンが作れていません。どう頑張っても粉っぽい。ふっくらしない…!(致命的)ナンとかフォカッチャとか、多分膨らまない生地のがまだ向いてるかもしれない…。(それはどうかな…)(なにせね、すべての食品を廃棄物に変えるひとだからね…!)
思い返せば、数年前にワタシ自家製パンの達人になる!と志したときも、結局何度焼いても美味しいパンが作れずに挫折したんだよね…。でもまた気が向いて繰り返してしまうのが、学習能力の欠如した人間というもの…。今回も大量の廃棄物が発生…(お百姓さんに土下座!タカヤマさん、土下座!)
基本的にどれだけ頑張っても致命的に料理が上手にならない人種もいるのだと、そろそろ政府に認知して保護して欲しいと思います。死活問題ですよ。近所にビゴたんち作って。
ワタシ、一人暮らしするとしたら、上手な一人分料理の本よりも、おひとりさまグルメ特集の本を買ってくる…!
お菓子もパンも、当然普通のご飯も作れない…。駄目だ、一人で生きてゆけない人だ…。

関係なくジャンねたばれの日でーす。
豊川稲荷参り
今日は朝イチからミッコと免許の更新に行ってきましたー。免許の更新の何が面倒かって、免許交付の試験場が遠いのが不便です。面倒面倒。タカヤマさん、大抵生きることの大半が面倒。
平日と日曜日しか受付してないからか、平日これない社会人の方がいっぱいで、朝一番の受付でゆくつもりが、すでに何百人(といっても過言ではないと思う)という行列が開始待ちしてました。朝八時半前から並んでいたのに、講習を受けられたのが九時四十五分!どこの大手列ですか。
で、つるっとスライドなんかを見ながら講習を終え、何をそんなに朝イチから用事を済ませてしまいたかったかというと、今日はお出掛けしたかったからなんです。
本日は愛知県豊川市にある豊川稲荷をお参りし、ついでに穴子のてんぷらを食べる予定(どっちがついでだか)を前日から予定しておりまして、そのためにも免許の更新をね、朝一番にね、速やかに三十分くらいで終わらせてね、そのまま高速に飛び乗る予定だったんです…よ…。(もうすでにグダグダになってますが)

日本三大稲荷は、この豊川稲荷と伏見稲荷、あと名前しか聞いたことがないですが、佐賀の祐徳稲荷神社が数えられます。
伏見稲荷、多分行った…多分…。有名だし…。(超危険な記憶力)ということで、豊川稲荷もいつか一度行ってみたかったのです。
高速に乗ってつるっと三河地区へ(ですよね?)。
まずは遅めの昼食のため、穴子天のお店へ向かったところ、なんとなんと臨時休業の看板が!
ショック!ショック!こんな遠路遥々足を伸ばしたのに、臨時休業って!!!
HPもない町の定食屋さんなので、テレビに紹介されたときの情報だけを頼りに着たのですが、臨時休業はどうしようもないよね…。
心に大きな傷を負い(だって観光ついでじゃなくちゃ、こんな遠くまで足を運べない…)、しょぼーんと豊川稲荷へ。
豊川稲荷、駅の近くだからか町中っぽいイメージです。周りが木に囲まれているので敷地の大きさがちょっと測れません。
観光商店街に背を向けつつ正面から入って、目の前が法堂に続く門で、お稲荷様の本殿は左側の奥でした。その道の途中にすっごくみたこともないような大きな金木犀の木が。

081012_1323~0001

大きさの対比がわかりますでしょうか?門より背が高いんだよー。
金木犀のシーズンでしたよね。もう散りかけの金木犀なので香りは楽しめませんでしたが(散りかけの金木犀はちょっとよくない香り)、金木犀は花の芳香の中で一番だいすきです。金木犀って雨の日でも香りが消えないという凄い花なんですよ。
そこを通り過ぎまして、本殿。
本殿前の架け橋のところで観光ガイドさんが「○○という呪文があって、お稲荷さんではそれを唱えます。この呪文を知らずにお参りする人は、きた意味がないといっても過言ではないんですよ」と大声張り上げていましたが、きた意味がないといっても過言ではない代表ともいえる(穴子天食べられなかったしね)ワタシはスルーして本殿へ向かいます。

081012_1303~0001

本殿。

081012_1304~0001

名物。お稲荷様。

081012_1304~0002

大きな提燈!
大注連縄とか、こういうの見上げるの大好きです。もっと宮大工の意匠を見ろと怒られそうですが、神社ってこういう大仰なのが見ごたえあって好きだなーと思います。
本殿お参りして、その奥がお堂などが立ち並ぶ観光コースになっているのですが、その一番奥、豊川稲荷の多分一番の目玉、大小千体を越えるお稲荷様のお出迎え。

081012_1312~0002

こんな景色が一面ぐるっと。夜は絶対怖くて泣く。
本殿よりこっちでお参りしたほうがご利益がありそうな妙。
お墓だったらどうしようと思いますが、多分寄贈品なので写真をとっても平気かなー、と安易に撮影しましたが、本来お社を写すこと自体無礼なことは承知していますので、いつもながらそこは勘弁してください。

御朱印貰って終了。多分周りにも他の観光地があったと思うのですが、スタートが遅かったので豊川稲荷だけお参りし、またツンデレナビにやられそうになりながら帰途に着きました。

番外編

081012_1309~0001

豊川稲荷内にあったお得品。やった、ワタシ四国制したよ!(してません)
その隣にあったお堂の大黒様の撫で地蔵(っていうのか)は勿論腰をなでてきましたが、大黒様が撫で地蔵だって知らない人たちから不審な目でみられました。御朱印受付で教えてくれたんだもん…!触っていいんだもん…!

番外編2

穴子天を食べ損ねたのが悔しくて、地元に帰ってきてから近所で食べました。
予想GUYに美味しくて、あれ、こんな近所で普通に美味しいなら、遠路遥々穴子天のために遠出することないじゃん、とオチがつきました。(お参りお参り!)
訛り言葉
この可愛らしさをどう表現したらいいのかな…!
ちょっとご縁があって京都の方と一緒に半日過ごしてご飯なんかを頂いてきたのですが、もーもーもー、京都弁超可愛い!
あのはんなりした柔らかな感じがたまらない。大阪弁ともちょっと違うんですよね、京都弁って。可愛いなあ。素敵だなあ。もうお話とかずっと聞いてたい感じです。
そういえば、ワタシ山形や岩手なんかの東北弁も大好きなんですよね。(あの訛った感じで敬語を使われると、可愛くて可愛くてぎゅーってしたくなっちゃう)
日本は狭い島国ですが、その中でも色んな地方に特色ある訛りが残っているかと思いますが、ワタシは多分京都弁と東北弁と信州弁が好きなんだなーと思います。そこそこ色んな土地を放浪しましたが、他の地方でここまでときめくことって中々ない…!
因みに自分の地元の方言を可愛いと思ったことは殆どありません。(やっぱり耳慣れてるのはあるけれど)ここいらの方言は中々攻撃的で、ワタシの口が悪いのはこの風土のせいではないかと密かに思ってます。(責任転嫁)
もっとこう、ひとをむやみに傷つけないというか、普段から優しい言葉遣いのできるひとになりたい…!(目標が高すぎる)
ジャンねたばれの日~!
書き忘れていたのですが、昨日のPCトラブルで電話応対してくださったとても可愛らしい声の女性で、ああ、可愛さの前にすべては許される…!と心から思いました…。ユーザー側のミスじゃなくて、明らかにシステム構築上の設定範囲ミスだとしても、可愛い声でお待たせしてすみませんとか言われれば、いえそんな、待ちます待ちます、とつるっと言えちゃうよ…!
タカヤマさんはコンビニのレジで店員が男と女だったら、迷わず女性のレジへと選んで並ぶ人です。女の子、大好き!(うん、多分皆知ってる)

さて、そんな美しさの前にすべてが許される新キャラの登場したワンピ感想を含む、ジャンねたばれの日でーす☆
力…尽き…た
朝からPCトラブルで一日が終わってしまいました。
朝から不具合なのに復活したの今!今って18時!(いえ正確には少し前ですが)
自分で直せないものにはとんと弱い人です。(それはシステムを理解してないからああああ~)
帰りたい…と心から思いました。(どこへ)(心のふるさとへ)

直ってしまえばなんてことはない。お帰り、マイディア。
というわけで、一日電話片手にPCの前にいたので、今からジャン買いにちょっくら出かけてきまーす。
Q的祭り
Qの秋祭りスペサルでしたね!
この企画、唯一ともいえる若だんなの海外ロケなので大好きです。企画してくれてありがとー!
前回の池ポチャ祭りも非常に腹筋よじれそうなくらい笑わせていただいて、今回も途中までは非常に楽しく見させていただいたのですが、でも最後は笑えなかった…!だって、若だんながミスって負けちゃったんだもん…!
ワタシ、若だんなには遥かな高みから下界を見下ろしていていただきたいの…!それで反感買っても突っ込まれても(ほぼネタと化してますが)そんな余裕ある若だんなでいて欲しい…のに…!
うわーん、なんか我がことのように悔しい~~~~~!!若だんな、やればちゃんとできる子なんです…!こんな失態、きっと本人が一番悔しいと思うんです…!(負けず嫌いだから!)(でも挫折することも知ってる子なんですよ!)おじさん二人に笑いが向くようにフォロー入ったのにもなにげに傷つく…!
そんなふうにテレビの前でしばしじたばたして、それからふと、なんでワタシこんなに報道の子たちに対して見守るおかんの立場なんだ…と我に返りました。(ほんとにね)(タカヤマさんしっかり)
いやでももう、なんでもいいので次はいつもの上から目線の若だんなに戻っていただきたいものです。でも若だんな、頑張ったね…!(やっぱり見守る目線)

ところで、番組始まってから暫しして、F原さんからメルがきました。
「今、Qをみてますが、(若だんなは)受け攻めどっちでしたか?!」という内容の(笑)。
大笑いして、「可愛いから受けになって欲しかったけど、その実総攻めです!」と返信しておきましたヨ!正直にね!でもF原さんはけして年下攻めがお嫌いではないはずなので、ワタシの選択は間違ってなかったはず…!(一体なにを目論んでいるのか)

ところで、今PCの横に昨日買ってきて放置してあるエロゲが積んであるのですが、ふとこれを見て、そもそもワタシのPCはもう容量が足りなくてゲームをインストールできなくて云々という話を年明けくらいにしていたのではないか…と思い出しました。そうそう、それで確か、Fateのホロウがインストールできずに終わってる…んだよ…!(何年前の話)
すっぱりぽんと忘れてました。パソゲできない。多分。

あーうーうー…また忘れよう…(ものぐさ!)
秋ですね。
昨日の天気予報で土曜日は晴れの予報だったため、急激にどっかドライブへ行きたくなり、ミッコに「高野山で写経して生き神様になりませんか?」とメルしたとこ、ソッコー「我、写経興味無」と電報のような返事でふられてしまいました。(いや、いまどきこんな電報ないですが…)
そんなわけで、じゃあひとりでお出掛けしようかしらと思いつつ眠りについた午前二時、翌朝目覚めたのが九時過ぎだったことは当然の摂理かと思います。

orz

朝四時に起きて、高野山で早朝写経の予定が…。
ですがよくよく調べたら高野山てものすごく広大な敷地なんですね。全部のお堂廻ったら七時間コースですって!マジで?!また危うく帰ってこれなくなるところだったよ!
それにどうせならあと少しで紅葉のシーズンですし、高野山で写経&一日散策ツアーはそれまで持ち越しにしたいと思います。
紅葉キレイだし、少し肌寒いくらいがすごしやすいし、秋って大好きです。

ところで、高野山でキレイな心を取り戻すツアーに失敗したため、下界で物欲に塗れて買い物三昧してきました。秋物色々は普通の買い物だからいいのですが、気がつけば電気街からエロゲ四本も連れて帰ってきてました。
………。
………。
キレイな心ってどこにいけば売ってるのかナ…。
(いやだって、ふと気がつけば、以前買った百合エロゲの続編が色々と…!)(積みゲがまた増えたネ!)
報道&無限新曲!
ひっさびさに歌番組を見ました。だって、無限と報道がダブルで出演なんです!(そりゃみなきゃ!)
週初めのHEYX3でも報道は見てましたが、今回の新曲、振り付けは可愛いのに歌はちょっと難しいんじゃないかしらと余計な心配をしてしまいます。
しかしそれよりなにより衝撃なのが、シゲヤマさんの髪型が変わってらしたことです…よ…!ドラマやら舞台やらが終わって暫くみないうちにそれ…?!まだ辛うじてセーフですが、ワタシ、シゲヤマさんには短髪でいて欲しいと願っている派なので、なるべく早めに今の髪型に飽きてばっさりやっていただきたく思います。ギリだよ、シゲ…!
そして、どんな髪の色だろうが可愛いのが最年長さんですが、今回も可愛かったですー!
曲の最後六人でポーズとるとき、隣のテゴがウィッシュの手つきをしようとしたのを叩き落としたママン!もう、もうもう萌えっ!萌えっ!あの二人は隣同士にいると曲の最後によく絡んでくれるので、今後も是非ともこの配置でお願いしたく。けーちゃんほんとかわいいなー。今二十半ばほどですが、一体いつまで可愛いままでいてくださるのかしら…とこれまた余計な心配ばかりしてるワタシでした。

無限の方は新曲初めて聴きました。まだ報道ほどリピしてないのですが、気になったのが黄色い人のめがね!途中でどっか飛ばしましたか?!JINから貰った私物のじゃないのね、と勝手に納得してますが…さて…。
シゲに引き続き、この人(黄色い人)の髪型も今がもうギリというかそれを超えた状態なので、一秒でも早く切って欲しいと思っておりましたが、あのまま秋の新番組に突入するようなので、また当分長いままか…とちょっと残念です。極めて個人的な好みですが、黄色い人は短めのが好き。長めでもいいから、前髪は上げておいて欲しい。全部もっさり落ちてると、目が隠れてちょっと残念。
あと、何のめがね祭りか、緑の子までめがねっこになってました。もう、何しても可愛いからって…!可愛いけど…!
そんなわけで黄色い人と緑の子に目がいきがちなので、黒い人も眼鏡をかけてらっしゃったことに気づいたのはリピ三回目でした…。うん…ごめん…。

ところで、今回の無限の新曲のシングル、限定版2種+通常版の三種類が出るんですね~。
通常このJ商法には踊らされないクールなワタシですが(え?)、今回はライブDVDが特典につくので非常に心が揺れてます。2008の春夏ツアーDVDが出れば纏めて収録されるとわかっているのに…!(だって今年のツアーDVD、まさか出なかったらどうしようかと)(まさかまさか)

タカヤマさん、冷静になって。
塩の街
海の底に引き続き、有川週間(だから週間には程遠いです)三冊目は「塩の街」でーす!(というか、読んだのは旅行前なのに、アプするのを忘れてました…)
これがこの作者さんのデビュー作になるのかな。ほんと、順番ランダムに手にとってます。笑。でもどれも面白いので問題ないです。

塩の街。
デビュー作だからというわけじゃなくて、ただ単にメインキャラがおっさん(*後に二十代の青年と判明)と少女(後に18歳と判明)だったため、角川か富士見のラノベっぽいなぁ、あんまり興味わかないかもなぁと思いながら読み始めたこの作品。
…あっという間に、滂沱の涙。
わああああああああ。もう、泣くよ、泣く泣くー。なんだこれー。
泣いたといっても主に由美&正夫妻に関係してなのですが。
結果として海の底よりいっぱいいっぱい涙の流れたお話となりました。
あとがきで知ったのですが、元々はやっぱりラノベだったようですね。そちらもきっと面白い作品だと思いますが、改稿してハードカバーになったこのお話もとてもとても素敵な話になっていると思います。
戦闘シーンのみ、ちょっとラノベ読んでみたい気もしますが、きっと読まないままで終わりそう。笑。

以下、簡単にですが、あらすじネタバレ感想です。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。