FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
塩の街
海の底に引き続き、有川週間(だから週間には程遠いです)三冊目は「塩の街」でーす!(というか、読んだのは旅行前なのに、アプするのを忘れてました…)
これがこの作者さんのデビュー作になるのかな。ほんと、順番ランダムに手にとってます。笑。でもどれも面白いので問題ないです。

塩の街。
デビュー作だからというわけじゃなくて、ただ単にメインキャラがおっさん(*後に二十代の青年と判明)と少女(後に18歳と判明)だったため、角川か富士見のラノベっぽいなぁ、あんまり興味わかないかもなぁと思いながら読み始めたこの作品。
…あっという間に、滂沱の涙。
わああああああああ。もう、泣くよ、泣く泣くー。なんだこれー。
泣いたといっても主に由美&正夫妻に関係してなのですが。
結果として海の底よりいっぱいいっぱい涙の流れたお話となりました。
あとがきで知ったのですが、元々はやっぱりラノベだったようですね。そちらもきっと面白い作品だと思いますが、改稿してハードカバーになったこのお話もとてもとても素敵な話になっていると思います。
戦闘シーンのみ、ちょっとラノベ読んでみたい気もしますが、きっと読まないままで終わりそう。笑。

以下、簡単にですが、あらすじネタバレ感想です。
[塩の街]の続きを読む
スポンサーサイト



Designed by aykm.