FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
今年の自分チョコ
は、四つ買いました…よ…過去最高だ…。(だいたいいつも一個か精々二個)
もうあれですね、売り場は戦場ですね。毎年前日にまで近づくと売り切れ商品が続出ですが、今年は割りと残ってたかなぁ?
入荷数が多かったのか、そこも不況の波が押し寄せているのか…。
今年は日本一といわれる高/島屋に乗っかってみたのですが、もうほんと、すごい人。売り場の人も買い物客もそれぞれ戦闘態勢。
にも関わらず、優雅にご試食をなさって熟考ののちお買い求めになる男性諸氏。

………。

勇気あるな!
なんか、カップルの男女は「自分が欲しいチョコを一緒に買いにくるのか…」と思えるけれど、男性の一人客が真剣にそれなりのお値段するチョコを買っている姿は、去年はやった(らしい)逆チョコとかいうのではなく、スイーツ男子の自分チョコに他ならないとしか思えない。
いやいいですけど。実はホモで彼氏にあげるチョコを買いにきましたとかいわれても、全力で応援しますけど。
タカヤマなんかは美味しいチョコを一杯試食すると、もうどれも美味しいからどれを買ったらいいかわかんなくなって負け犬になるタイプですが(何が一番いいのか判らなくなって結局気疲れして適当になる)、よく味わった男性諸氏らは揺るぐことなくその場で決断なさってがっさがっさと次の獲物へと目を光らせるのです。
見習いたい…。
別に目立つわけではないけれど、男の人が女性ばかりの売り場でチョコを買うのも結構初めの一歩は勇気が要りそう。それを乗り越えてこの戦場に立つ彼らに経緯を評したい。彼氏のためか。

一緒に買物に行った友達にギブアップ宣言を出し休憩所で休みながら、戦場の売り場を眺めてふと考えるのはハートの海賊団の可愛いシロクマのことです。
シロクマはもう間違いなく甘いものが大好きだろう。でも普段はあんまり買い与えてもらえないんだ。虫歯になるから。船長、そこんとこは厳しいオカンだから。あと自分で好きなものを買わせると全部お菓子に化けちゃうのも栄養的に悪いから、シロクマのお小遣いは外科医が管理してればいいよ。なんなら物品支給でもいい。どうせ外科医が一緒に買物して、買い与えたいものは全部外科医が買ってるんだよそれもう決定。
ですが、バレンタインはまた特別です。
バレンタインはね、外科医もね、張り切っちゃうわけですよ、そこ愛の祭典だから。
動物が食べても大丈夫な、虫歯の心配も少ない砂糖不使用の、けれど味だけは間違いなく美味しい最高級チョコとかを、シロクマのために空輸で入手とかしてそう。その辺の町のデパートのバレンタイン特設会場のチョコとか見向きもしなさそう。人と同じものなんて否!特別なシロクマには世界でたった一つのバレンタインチョコを!とか思っちゃうタイプ。因みに誕生日も同じことしてると思います。シロクマの誕生日よく判らないから、出会った日(言わずもがな外科医と)がお前の誕生日だぜとか決めちゃうタイプ。周囲ドン引き。ドン引き(される)船長。悦。悦。悦。

そんなこと考えてたらやっぱり自分チョコは大概どうでもよくなって、友達にもう酒でも飲みにいこうよーおうおうおうーと駄々捏ねる始末。
来年はまた…頑張って知らないブランドを開拓したい…。(言うだけはタダ)(来年もシロクマと外科医のことを考えてたら、それはある意味すごいな…!)
スポンサーサイト



Designed by aykm.