FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
房総半島半日ツアー
おはようございます。本日は朝の七時に懐かしの松戸にいました。モーニングをするためです。そもそもどうして松戸でモーニングをしているかというと、本日のシティに参加するついでにお勧めしてもらってた幕張のパン屋で朝ご飯を食べよう!!とか思ってたらうっかりそのお店が日曜休みでして、流れ流れて松戸まで来たという結末です。(長い)
こんな近くに千葉で人気のパン屋さんがあるなんて以前は知らなかった。
何の目印も無いような住宅街で、一階がパン屋さん、二階がカフェになっているこちらのお店。七時開店前から雨にも関わらずすでに行列が。ほわ!凄いなー。
で、カフェのほうでモーニング!
ワタシ全然そういう頭がなかったのですが、カフェのほうはもう予約オンリーと言ってもいいくらい、予約していないと入れないみたいです。ワタシはたまたま朝一回目の客で次の予約までの時間でしたら…ということで入れてもらえましたが、そのあとの一見さんは皆お断りされてました。な、中々に敷居が高い…?!
普通のサンドイッチなんかの軽食も取り扱っているカフェなのですが、モーニングはなんといってもこちら!

100627_0727~0001

一階のパン屋さんの人気のパンがワンカットずつ山盛りになっている(数えたら11種類でした)まさに「パン屋さんのモーニング」!です。色んな種類食べたいワタシみたいなひとはこういうの大好き!因みにモーニングですとこれに卵料理やらドリンクやらがつきますが、モーニング以外の時間でも単品として山盛りパンは取り扱ってらっしゃいます。(ディップつき)
で、これがまた冷めてるのに美味しいんだー。ほのかに温かいのとか、パン屋のパンをそのまんま持ってきたわけだから焼きたてだったらいいのに~と欲張ってしまいそうですが、実際のところこうして冷めた後も美味しく食べられるパンこそをテイクアウトしたいものです。
あ、そうそうこのメニュー、お持ち帰り用のビニール袋もついてます。確かに卵料理とスープを頂いた後に例えワンカットずつだろうとも山盛りのパンはちょっとお腹に厳しいですよね。タカヤマさん完食致しましたけどね。

明らかに食べ過ぎた…ということで、モーニングの後に一階のパン屋でパンを土産に買おうと思ったのに、お腹がいっぱい過ぎてパンが選べない。(本末転倒)
朝一番でまだパンが出揃っていなかったのもありますが、ハード系のパンよりデニッシュなどのお惣菜パンのほうが多かったです。普段デニッシュとかまったく食べない人なので(ひたすらお食事パンの好きな人種)そういうのもたまにはいいかな、とも思ったのですが、結局二階のカフェで食べられなかった残りの種類のパンを幾つかお買い上げ~。後は今日の気温で傷まないことを願いつつビッグサイトへ。
ワタシ六月なんて間の季節にイベントに参加するの何十年ぶりって感じだったのですが、す、凄い賑わい!信じられない!そして東館の待機スペースが癌検前の駐車場が潰れた代わりにビッグサイトの駐車場として整備されてて、それにもまたびっくり!
人気ジャンルのプチオンリーが重なったこともあるかと思いますが、つるっと買物済ませてお昼に富津で穴子!のつもりでしたが、気がつけばもうお昼もとっくに過ぎていたのでした。
いやしかし雨に降られなくて本当によかった。参加されたすべての方、お疲れ様でした!

さてさて、お昼に富津で穴子~は脆くも崩れ去りましたが、折角お天気がいいのでイベント後はアクアラインを通って房総半島へ!海ほたるは相変わらず渋滞ですね。
途中、木更津で一度高速を降りて久々にお寺巡り。

100627_1428~0001

一軒目はこちら、読めませんよね、ええ、でも皆さん聞いたことある名前のはず!
「しょうじょうじ」さんです!
しょ、しょ、しょうじょうじ~♪しょうじょうじの庭は~♪
という狸囃子で有名な證誠寺さんでーす!歌詞の「しょうじょうじ」は証城寺と表記されていますが、こちらの

100627_1431~0002

この狸塚のあるとおり、このお寺の狸囃子伝説をもとに作られた童謡です。
いやあ、こんな有名なお寺が木更津にあるなんて知らなかった!イベント後千葉に行くの、とミッコに言ったら(そしてミッコとは会場で現地解散でした)「木更津キャッツアイ?」と聞かれましたが、いやいや、キャッツアイ見てないしな…。巡れないしな…。
木更津といえば氣志団ですが、思わぬお寺との出会いにかんぱーい!
たまたま御朱印を頂くついでに(?)浄土真宗の説法なんかも簡単に授けていただけて、ほんと実りある訪問でした。

100627_1500~0001

それともう一軒。
今度は高速を挟んで山側にある「高蔵寺(高倉観音)」にお邪魔しました。何故って花梨ちゃんと同じ苗字だったから…(笑)。
あとネットで見た御朱印がダイナミックで格好良かったから、というどうしようもない理由もあるのですが、でも行って見て思った以上に素敵なお寺でこちらも感動!高倉観音という名前のほうが有名なのかな?境内から納経所を挟んで隣に小さな庭園が設えてあって、これがね、とても温かみがあってよかったのです。だって猫型ロボットや光るネヅミの石像なんかもいちゃうんだぜ。
このお庭のどこかに象が隠れているので、是非足を運んだ際は探してみてくださいね。見つけた方は幸運が訪れるそうです。
(あとお堂の体内巡りならぬ浄土巡りというのもやってますので、興味ある方は堪能なさってくださいませ!)

木更津で久々に二件のお寺にお邪魔したあとは、館山道に乗って一路房総半島の先端へ!
…のつもりが、途中ですっごい大雨。館山に辿り着いてもこの雨じゃあ観光はしづらいかなぁと思ったところで丁度鋸南保田だったので、急遽高速を降りて保田で穴子を頂くことにしました。
こちらも長年の課題になってた千葉の穴子!(ありがとうございます!)

100627_1609~0001

で・か・い!
そもそもどうしてこの時期に千葉に拘ったかというと、千葉の穴子が六月から九月に旬を迎えるからなのですが、それにしても大きいだろうこれ(笑)。
上に乗ってるのはパセリの天麩羅です。パセリなんて初めて食べた(笑)。
千葉の穴子、初めて。一口食べてみたら白身魚みたいに柔らかくてふんわりしてるのにわずかに弾力もあって、なんだろう、これまた初めての食感!江戸前穴子に近いのかな、やっぱり。
穴子自体はわりとあっさりしてる部類に入るかと思うのですが、衣かタレが独特の味付けで、甘いタレのはずなのになぜか塩分が強いの(笑)。おっきい二本でも飽きずに最後まで食べられます。不思議不思議!
にしても、穴子ブームがいつの間にやら収束してて久々の穴子でした。久々すぎて他の土地の穴子の味を忘れてしまいがちだ。穴子ってこういう味だったっけ、みたいな。気分は浦島太郎です。
因みに鋸南保田インターを降りてすぐのところにあるこちらのお店は地元でも有名で、穴子天ではなく海鮮すべてを取り扱っていますので、メニューが豊富で決めるのに迷うこと必至ですね。
折角なので旬を迎えているうちにもう一回くらい千葉の穴子、今度こそ富津のはかりめを食べてみたいところです。

穴子を食べてお店を出たら幸運にも雨があがっていたので、今がチャンスと思ってもう一度館山を目指すことに。
途中どうしても行きたかったお寺が一軒あって、それがこちら、

100627_1705~0002

崖観音という名の通り崖の中腹に本堂が設えられたお寺なのでした。
丁度五時の時報が鳴った時間だったので崖観音は施錠されてしまっていたのですが、御朱印をお願いしたら快く引き受けて頂けて、書いて頂く間、許可を頂いて登ってみることに。
千葉といえばの日本寺にくらべれば見上げられる程度の高さなのですが、お待たせしてはいけないわ、となけなしの脚力を振り絞って全力疾走で駆け上がったら、久々に心臓がばくばく。普段全力疾走するような生活してないもんなぁ…。
でもお堂から見渡す眼下は180度パノラマ!という感じで気持ちよかったです。よかった、この風景が見られて。
参拝を終えた後はもう一軒、那古寺というところを眺めつつ(でももう五時過ぎてたのでほんとにただ通り過ぎただけ)、本日の最終目的地、中パン館山バイパス店へ。
この中パンって要するに新宿の中/村屋さんのことなのですが、こちらの館山店のほうだけで限定のレーズンパンがあると教えて頂いたので、それが目当てなのでした。
しかしながら五時を廻った時間はさすがに遅すぎたのか、看板メニューは残念ながら売り切れ。うーん、今日はタイミング悪いことが重なるなぁ。
でも折角お邪魔したので他のパンを幾つか頂いてみました。こちらのパンはワタシの基本とするハード系というよりは基本を押さえた優しいお味の家庭のパン、という印象のお店です。食パンはもちろんのこと、それを使ったサンドイッチなんかも昔懐かしな雰囲気がそこかしこにあって、何より全然お手頃な価格設定なので、近所に一軒あったら重宝するなぁといった雰囲気のパン屋さんなのでした。(で、食パンも買って帰ったら、これがまたトーストしなくてもすごく美味しいんだ!)
うーんレーズンパンリベンジしたいー。新宿店でも取り扱ってくれたらいいのにー。(泣き言)

ところでここまで来たときにナビで近くにお城が見えました。
もう夕方を廻っているので城内には入れないでしょうが、折角ここまできたので眺めていくことに。
館山市だから館山城?とか適当なことを考えながら、バイパスから一本曲がったところに観光案内所(?)らしき店舗の前を通ったら、そこに「臨、兵、闘、者、皆、陣、列、在、前」の九字マンダラの登りがあがっていて、「八犬伝の里見のお城かー!!!!!」と今更ながらに気付いたのでした。いやさ、目から鱗!里見八犬伝て千葉のお話だったんですね!(南総っつってんじゃんタカヤマさん)(もう全然気にしてなかった)

100627_1738~0001

いやいや、城内入れたら資料館とか面白そうだなぁと思いましたが、生憎と閉場後。一枚の写真を撮るだけで終了でした。残念。

もう夕方でしたが、すっかり日が高くなりましたねー。雨上がりだったからか、雲の流れが凄く早くて眺めてて楽しかったです。渥美半島でも思ったけれど、房総半島も風が強いのかしら。あと、造船所とかあって海沿い超楽しそうだった!時間があったらまたあれこれ探索したい土地ですが、いかんせん、少し遠い(笑)。でもアクアラインが出来て確実に近くなったイメージです。あ、因みに帰りもアクアラインから横浜に抜けましたが、その時間でも渋滞でそして横浜の夜景は相変わらず綺麗でした。
そうそう、帰りの高速、目の前で事故が起こったよ。今日は「あとちょっとで…!」ということが多かった気がする一日です。目の前で新刊が完売したりお寺に間に合わなかったりなんだりは仕方ないけれど、あとちょっとで玉突き事故に巻き込まれるかも、というのを回避できたのはこれ、一日分の「あと少しで…残念!」と差し引きしてもおつりが来るくらいの幸運だ。
仏様、今日も一日ありがとう。思わず疲れた一日でしたが、その分実りも多かった。
スポンサーサイト



Designed by aykm.