FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
お世話になった皆々様へ
やほー!やたー!

いえ、失礼しました。

まずは、友人一同諸氏に厚く御礼申し上げます。
入院しておりました父が、漸く退院の運びとなりました。闘病中(主に打たれ弱いタカヤマに)頂いた励ましの言葉の数々、もはや日本全国各方面に足を向けて眠れませぬ。立ったまま寝ろってことですネ!いえっさー!

とまあ、突然の話ですみません、ええ、ちょっくら心臓の病気で手術して入院してたうちのパパンがね、「も、これ以上退院を長引かせてもどうにもならなくね?」というあまり前向きでない検査結果を(主に喫煙歴のせいで)受けて自宅療養に切り替わりまして。(それもどうなんだ
お知らせしていなかった方、ご心配をおかけしたくなかったんですごめんなさい。
病気発覚して泣きついた(タカヤマが)方、ほんっと~~~に今日まで微に入り細に入り色々とありがとうございました!

こういう人生の一大事が起きると、今更ながらに色々と、改めて思い知ることも多いです。
このブログ同様、自分のこと曝け出し垂れ流し(いやこれでも一線は引いてるんですよ?かなりどうでもいいラインで/笑)のタカヤマとかは、今回に例えるなら身内の前では動じた姿をみせずに通しましたが友人には即泣きついたように、キャパオーバーを感じるとすぐに周囲に頼ってしまいます。
けれどそうしないひとも、広い世界、もちろんいらっしゃいます。自分のことを理解してもらおうと話す手間の方が苦痛だとか、相手の反応に失望したくないから大事なことは話さないとか、あとはそういったことは全部身の内で処理して零さないで消化できてしまう方とか。
人それぞれのことですから、そういうひとが人知れず頑張ってるときに「誰かに頼ることで少しでも楽になれるのに、不器用なひとねぇ」なんていうのは勘違いも甚だしいことでしょう。
何故ならそういうワタシも、それこそ今回のように助けを必要とすることは打ち明けるけれど、特に言わなかったことはつまりは別に重要でもなんでもない自分で処理しきれることだから、水臭いなんて思わず気にしないでネ!と、簡単に言えてしまうわけです。
そう考えると、誰もが基本スタンスは同じで要するにその「言うか、言わないか」の線引きだけ違うように思えてきます。
ワタシはまあ、いい年して大概そのラインは低めなのかもしれない。笑。お一人様行動平気だけど、友達いなかったら生きてゆけないよ!
そんな甘ったれたタカヤマですが、どうぞ今後も宜しくお願い申し上げます。(つまりはこの一言)

ちょっとずつね、様子を見ながら日常生活取り戻しにかかるよー。パパンのこと大好きすぎてごめん。身内のこと大切すぎてごめん。笑。
もう願うのは穏やかに少しでも長生きしてくれることだけですが、そんなパパン、可愛がってた庭の池の魚たちが死滅したことに、いつ気付くと思う(^p^)?
まあ…緑の手を持たぬ娘ですからね…緑の手、打ってないしね…。いつなら話を振っても心臓びっくらこかないかしらん。
スポンサーサイト



Designed by aykm.