FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
念願の倶利伽羅峠
半分以上突発だったわけですが、行って参りました倶利伽羅峠
いやもう、晴れた日にはお出掛けってことで!高速千円割引終了しましたが、更に平日だと休日割引や夜間割引とも無縁で、久々に普通に高速代払ったなぁ、とこの二年の恩恵になむなむと手を合わせてしまいます。色んな場所に遊びにいかせて貰いましたからねー。
そんな中、北陸も何回もいってるはずなのですが、毎回スルーしてきた倶利伽羅峠。
いやいや、そろそろこの傷心を敦盛しゃんに癒してもらわねばなるまいて…と心のマイラバー(自由発言の国)との思い出に浸るべく、行って参りました倶利伽羅峠!
倶利伽羅峠倶利伽羅峠と言ってますが、実際にはどこなん場所?と地図を調べてみたら、能登半島の根っこの辺り、石川県と富山県の境目にその峠はございました。
有名なのは倶利伽羅古戦場なんでしょうね、きっと。
ワタシとしてはその辺の洞窟(きっとあると信じてる)に入り込んで水責めされて敦盛しゃんに助けていただきたいところですが、とりあえずそんな場所をナビが知っているわけもないので普通に倶利伽羅不動尊を目指して一路出発!
その途中に道の駅があったので立ち寄ってみたら、丁度7/1(の一週間前くらいから)限定で氷室饅頭というお菓子が出回っているとのことで。へえ~。文字通り昔は氷室(氷)で涼をとる代わりにしたとかなんとか。今でも北陸で暑気あたりしないように健康に過ごしましょうね、と願いを籠めて送る時期柄のお菓子だそうです。ほへー。
子供の日に草もち食べるとかそんな感じでしょうか。大好きですそういう風習。ちょうど道の駅にも売っていたので、おひとつ頂きまして自分で食べました。味噌餡なんて初めて食べたかも!(種類はいろいろ)
健康にこの夏を乗り切れますようにー。

さてさて道の駅から山に向かえば倶利伽羅鳳凰堂、更に幹線道路を進めば倶利伽羅不動尊です。
まずはどっちも行ってもよかったのですが、途中偶然倶利伽羅不動尊には黒龍の剣という宝刀があり、その刀が悪い縁を断ち切ってくれるんですよーと教えていただき、もう断然倶利伽羅不動尊で悪縁(主に病気との)を断ち切って頂くべく、黒龍の力に縋りに倶利伽羅不動尊へ。

丁度お昼で鳳凰堂のほうで読経が始まった時間だったようで、境内のスピーカーからそのお声がリアルタイム中継で聞こえてきます。多分そういうことなんだと思うけれど…いやまさか、常時読経流しっぱなしとかでした?あれ?(聞いとけ)
そのためか不動尊のほうは人も少なめ。タカヤマ大好きそういう状況。
ウェルカムお堂の中だったので、ずかずかと入り込ませて頂いて、思う存分視姦不動尊。いや、いやいや違う、どっかに黒龍が巻きついた宝刀があるかなーって。
実際にはなかったんですけどね。なかったというか、一般公開してないオチだったんですけどね。
(でもいいんです、参拝しただけでご利益があるって信じてるから!)
で、御朱印をいただく間に本堂の中を見ていたら、壁に掲げられた額の中に人生で忘れてはいけない七か条、みたいな感じに、ええ、とてもためになるお言葉がですね、ございまして。
日々神仏に感謝して生きてゆきましょう、とか、あなたが生かされているのは他者あってこそですよ、とかなら(いやそれも充分に忘れてはいけないありがたい教えですが)よく目にするのですが、そちらがちょっと目を引いたのは、自分自身を幸福にするのもあなたの怠ってはならないお勤めですよ、と結構強い語調で書いてあったことです。
全体的に身の引き締まるお言葉が多く、できればそのお言葉を持って帰ってきたかったくらい…。おうおうおう…。(写メ禁止で残念!)
ともあれ、ちょっとお酒禁止じゃね?とふてくされていた(いたのかやっぱり!)ワタシなんかは、かなり前向きにすっきりと、一年後、十年後の自分のために節制ね、と吹っ切れたのでした☆

いやあ、いいっすね倶利伽羅不動尊!敦盛しゃんとのメモリアル抜きにしてもとてもとてもいい訪問だったと本気で思いました。御朱印も格好よかったしねーん。

その後結局鳳凰堂には寄らずに(いや本当は両方ともお参りすべきなんでしょうが、まだ読経が続いてたのでイベント時間中かなーと思って)、そのまま本来の目的地である倶利伽羅峠へ。倶利伽羅峠、と地図上で指し示されている場所は倶利伽羅古戦場の駐車場に車を入れて歩いて向かわねばなりません。
雨の日(そうこの日北陸雨でした)に山へ踏み入る客、タカヤマオンリー。むしろ倶利伽羅古戦場にさえ、タカヤマオンリー。平日の雨ばんざい!独壇場ありがとうございます。大好きですこういう状況。
因みに「熊出没注意!」の看板が生々しすぎて、え、熊でるの敦盛しゃん!でも敦盛しゃんなら素手で熊も倒してくれるってワタシ知ってる!でもどうしよう、敦盛しゃん今ここにいない!と、とんでもないことを実際に声に出して一人芝居してしまっていて、我ながら自分で自分の痛々しさに絶望した。自由すぎた。倶利伽羅峠の空気が、ワタシを解放してしまったんです、リズ先生…。(そりゃリズ先生もお隠れになりあそばされるはずよ…)
フリーダム過ぎてあいたたた。
因みに雨の中写真も取りましたが、どれもやっぱり光源足りてませんでした。
一枚平気かな?

110701_1233~0002

これが倶利伽羅峠ですよー(全貌つかみずらっ!)。
古戦場には慰霊碑なんかもそこここにあって、古いお堂とかも行く前ネットで見たのですが観光パンフレットが何もなくて、立て看板だけだと見つけられませんでした、残念…。

110701_1232~0001

(とか言いながら、鎌倉の源氏山でも灯台下暗しな観光迷子だったので、多分、多分皆さんは辿り着けるのではないかと…)
まあ、問題は古戦場じゃなくて倶利伽羅峠って名のつくこの大地に立っていることですからね!と負け惜しみを言いつつ、熊に遭遇することもなく(笑)、倶利伽羅峠観光終了。
雨なのに汗かいて汗疹が出来たよ子供かいな。

因みに後、折角能登半島の近くまで来たのだから、と、前ミッコと旅行したときには時間の都合でスルーしてしまった羽咋の気多大社にもお邪魔したら、現地のオジサマと仲良くなっちゃいましたv
いやなんか、その後どこに移動してもその人と顔を合わせて、三回目には笑っちゃったくらいで…ご縁があるっていいですねー。旅先のご縁て特に、ここが四国巡礼の途中だったら出会う人は弘法様の化身といわれるくらいなので、四国じゃないけどそう思うことで心が安らぎます。

110701_0824~0002

気多大社、縁結びの神様だそうで、平日でも女性の参拝客のほうが多くていらして、それを見たオジサマが「うちの息子も全然結婚できなくて、というかこの辺は男ばかりが余ってて是非外からお嫁さんに来て欲しいくらいなのに、ここにくる女性は結婚できなくて大変なんだなぁ」と呟かれるので、縁結びにはとんと他人事なタカヤマも「息子さんもここに来てお願いしてみたらいいんじゃないっすかね、少なくとも女性とは出会えますよ(ナンパ的な意味で)」と適当なこと答えたりしてみたら、「そうだよなあ、ここで縁が欲しい女性と男性が集団見合いすればいいのになぁ」とオジサマも深く頷く始末。二人してまったくもって傍観者である。
今全国で流行ってる縁結びのお寺はそれこそ、合コンとか婚括パーチーとか開催してみても喜ばれるやもしれませんよ(^p^)
それも縁、これも縁!

さて、お寺も攻略したあとは、ちょっと遅めのランチに金沢のパン屋さんでパンを食べつつ何をしようかなーとるるぶを捲り…(この辺が突発旅行)金沢市内へ!。
市内のパン屋を二件ほど巡りつつ、ついでに利家とまつを奉った神社もあるし三時のオヤツにあんころ餅食べながら兼六園のあたりウロウロしようかなーと思わないでもなかったのですが、平日でも結構な混みあいでタカヤマぐったり。
そのまま金沢駅前までスルーっと抜けて、結局フォーラス?金沢駅前のパルコみたいな若い子向けの百貨店で始まったばかりのバーゲンを冷やかしつつ、偶然ビゴたんち金沢店が入ってたのでそれを自分土産にしつつ、観光のかの字もないまま晴れてきた北陸道をドライブして日が高いうちに帰ったのでした。

いやあ、後半ちょっと観光旅行関係なくて失格だったけれど、とりあえず倶利伽羅峠という長年の宿題をクリアーできて、その上クリアーできた以上の楽しさもあって、大満足な一日でした。ドライブ行きたい欲も満たされましたしね!
帰りに福井で降りてお気に入りのパン屋さんの現状を確認してこようと思ったのに、肝心の住所を携帯メモから消しちゃってて寄れなかったことが残念です。計画しっかり立ててかないからこんなことに…越前蕎麦を堪能するのはまた次の機会に…。
(福井云々の前に折角の石川県なのに海鮮も和菓子も堪能してない現状もどうかと思うよ)(近江町市場は以前も行きましたので今回はスルーで、あんころ餅は帰りのSAで食べたよー!)

そいえば、金沢のビゴたんち、ラインナップが少し違って楽しくて美味しかった!
ビゴたんち、ほんとそろそろ地元にもできてくれまいか…。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。