ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
初めての…エステ?
エステなんだろうか?アロママッサージなるものを受けてまいりました。
いや実はね、昨日から起き上がるのに難儀するほど腰が痛くてですね…寒くなるとたまに腰痛が出るのですが、普段は温湿布して腹巻してあったかくしていたり腰痛ベルト(持ってるんだ…)で動いたりは普段通りできたりするのですが、それが一日経ってもどうにも回復しない塩梅。
こ、これはもう、揉み屋の出番ではないか!先生!と思い立ち、とりあえず行きつけがあるわけでもないし整体はやったことないしで、入門編としてマッサージしてもらって様子を見るか…と、家から一番近所のショッピングセンター内に、そういえばそういうのあったあったとうろ覚えの記憶をもとにお出かけしてみたらば、これがね、いつの間にかアロマエステのお店になってたの(^p^)
あ~~れ~~足つぼとか腰や肩のマッサージみたいなお店だと思ってたのに~。
ですが、家から一番近いこともあり、もし暫くお世話になるとしたら通いやすいほうがいい。というか、他を探すのが面倒くさい。
店頭のメニューを見ればゲルマニウムうんちゃら~やらセルライトなんちゃら~に並んで岩盤浴マッサージの文字も。
腰揉み、やってくれんじゃね?と、とりあえず店頭にいたお姉さんに「あのー、岩盤浴どうでもいいんですけど、単品でマッサージだけのメニューってありますか?」とある意味失礼極まりないことを尋ねてみたらば、単品はないけれど岩盤浴の時間を削って切り上げることはできますよ、とのこと。
まあ、ものは試しとばかりにそんなわけでお願いしまーすとあっさり門扉を潜ったのでした。そんだけ腰が痛かったのね…。

まずはカルテに記入。質問項目がほんと、エステっぽい質問ばかりで(太りだしたのは?とか、気になる部位は?とか)なんだか初挑戦でドキドキしてきた。入り口で声をかけたお姉さんがそのまま担当で、「えーっと、一応セルライト除去のオプションを付けると、痩身効果がアップしますけど…」「いりません」「わかりました(苦笑)」。
や、痩身はいらなくないんだけど、とっても必要な贅肉たちを培っているのだけれど、今日はね、マッサージ目当てだからね!
でも、腰を揉んで欲しいだけなので下半身コースでいいところを、つい好奇心が勝って全身コースでお願いしてしもた(^p^)。肩もみも隙あらばしてもらいたい派。
ワタシが初めに岩盤浴いりませんとか言ったのを「時間がない客なのね」と誤解したのか、「手の空いているスタッフがいますので、二人がかりで時間短縮でやりますね!」とサービス(?)のお姉さん…いやこれ、リフレクトロジー目当てのアロママッサージだったらそのまったりかかる時間も癒しの要素の一つだろうから、嬉しくないんだろうな。ワタシは初めてなのでもう、なんでもお任せです。揉んでくれたらなんでもいいでごわす(笑)。

個室に通された後に用意された紙パンツ一丁に着替えてお姉さん二人がかりで施術開始。あったかいローションを使って四本の手がマグロ状態のタカヤマの体中揉みしだいてくれます。
「痛かったら仰ってくださいねー」いやもう、全然至福…てか、ちょっと力が強いかな、と感じるところはそれだけタカヤマの肉が硬いところなんだろうな、と思います。寸分たがわず、ようするにふくらはぎなんですけどね。ほら、40%越えの筋肉量の殆どがそこに!もう一人の店員さんから「先輩」と呼ばれている方の女性が「う、こ、ここをなんとかしたい…!」と超粘って頑張ってくださいましたが、多分固すぎて全然中の細胞に届いてなかったと思う…マッサージをしてもらって血行をよくしたかったのにな…。
ちなみに肩も結構ごりごり痛くて、だいぶ慢性肩こりも薄らいできたかな、と思ったのは錯覚でした。PCに向き合う時間激減したのにちょっと納得いかない…。
でも、腰部分はもう、マッサージしてもらってるその間どんな会話してたか忘れてしまったくらい気持ちよかったですよー!
ちなみにマッサージとセットになっている岩盤浴はタカヤマ、サウナみたいな別室を想像してましたが、そこでは専用のマッサージ台を予め使っているので、マッサージ終えてオイル塗れのまま二重シートにくるまれて15分蓑虫状態で放置、というものだったので、マッサージ後の気持ちいい疲労感のままでオイルサーディンの如く包まれておりました。
あったかくて気持ちよかったー。あと五分長ければ完全に寝てた。いや、イベント明けとかもっと疲労してる時だったら1分で寝た。岩盤浴も初めてでしたが、こちらも気持ちよかったです。

しかしながら、放置プレイ終了で蓑虫状態から救いにきてくれた店員さんが「汗、全然かいてませんね…」と一言。
うん、ワタシもうすうす気づいてた(^p^)
揉まれる方も結構汗かくのがマッサージ、しかもそのあと蒸しサウナスーツのごとく岩盤浴突入したのにタカヤマったら、汗の一筋すら流していなかったのです…。それどころか末端なんて冷たいまま。新陳代謝の悪さが半端ない。マッサージしててもやっぱりリンパ腺がパンパンだったみたいで、ちょっとこれは短いサイクルで暫くリンパマッサージしたほうがいいですよーと諭されてしまいました…。
そうなんだよな、最近長風呂とか半身浴とかしても全然汗をかかないから、気になってはいたのですよ…!
老廃物だらけで血行の悪い筋肉太りの全身。
「タカヤマ様の場合、ダイエットや運動よりもその前にまず、リンパの流れをよくして体質改善することが先決ですね…」
何かそれ前も誰かに言われたよ(昨日ですよ)。
腰痛に関しては色んな要素が考えられるから一概には言えないけれど、腰痛関係なしにしても冷え性の弊害解消のために体はあったかいほうがいいそうです。すごい硬かったからかなり扱きましたので、今夜は筋肉疲労であっという間に眠れると思いますよーでも筋肉痛にもなるかもしれませんーと言われたのは特別驚きもなかったのですが、「マッサージで一時的に血行をよくしたので、この後二時間は何も食べないほうがいいですよ!血の巡りがよくて吸収力が跳ね上がっているので、太ります」は知らなんだ…!水分はガンガン飲んでくださいね、とのこと。その方が老廃物が一緒に体外へ出やすいんですって。まあ、まだ老廃物を押し流せるほど、全身ほぐれてないんですけどね(固すぎて)。

岩盤浴してる最中はマッサージ気持ちよかったしこのまま暫くここに通ってもいいかなーという気分だったのですが、すべてが終わった後にローション塗れの体を「じゃ、蒸しタオル使って拭いて着替えたら出てきてくださいね」という措置だったのだけが残念です…。拭いたけど、そりゃ拭いたけど、全然べたつくよ…!なので施術後の勧誘はのらりくらりと断ってビジターのまま。その後乾いても、家に帰ってシャワー浴びるまでべたついたままでした…お出かけついでとか、絶対に立ち寄れないな…。
家から近くてローションを使ったマッサージなら施術後シャワー完備のサロンがいいなぁ…てか、サロンなん?(自分に問う)マッサージ屋さん、もっとどう細分化されているのかリサーチしてみるべきか…。てか、揉み屋のが絶対に安いと思うんだよな(笑)。財布の中身足りてよかった。

しかしながらですね、大変残念なことに、その後しばらくは爽快だった腰が今の時間、このブログを書いてる時点でまたじわじわと痛みを訴え始めているのですよ…。風呂上りでちょっと水飲んでPCに向かってただけでこの始末…。根が深い。今夜もまた温湿布のお世話になろう。
てか、温湿布なのに貼る瞬間だけひやっこくて冬場は勇気がいるのよさ…。でもこれ以上ひどくなってまた寝たきりにならないように、この冬は冷え性を改善することが目標です…!てか、明日の朝、無事に起き上がれますように…!(わりと真剣に)
スポンサーサイト
体組成計
最近はやりのたにたさんの、体組成計というものに乗ってみました。初めて!
体重以外に色んな数値がわかる体重計なんですが、意外なことにタカヤマのこの年中いつでもだらしない食生活に晒されたたるみきった体ですが、体内年齢が二十歳なんですって!うひょ!そんなに喜ばせてくれちゃってもう、今夜は晩酌がうまいぜ…(笑)。
でも体脂肪率は23%で(恥ずかしげもなく公表すんな)これはやっぱり多いんだな…のわりに、内臓脂肪はレベル4で、23%の脂肪の大半は主に表面についてるみたいです(笑)。(たにたのレベルは1~9が標準、10~14がやや肥満、15以上ががっつり肥満、というレベル表記だそう)(そんで骨量も標準)
ちなみに、もっと驚いたのが筋肉量で、タカヤマ、42%あるそうです。(男性の平均値さえ軽くオーバー)(店員さんでさえ驚いて、二度測り直させられた)
「アスリートか何かですか?」
「いいえ、生まれてこの方ノー運動を貫いてきた、自堕落な引きこもりです」

寒い会話をしてしまった…。
両親揃ってスポーツやってましたといえば、「ああ、完全に遺伝ですね」と納得されてしまった。しかし遺伝万歳。この遺伝子があったから、タカヤマ旅先でもアクティブに動けるんだね…。
ただこの筋肉はやっかいで、例えば今ワタシめがダイエットのためにジムとかに通って健康的に痩せようとしても、動いた分だけ全部筋肉になって体重は減らないそうなので、もしダイエットってか、42%もある筋肉をこれ以上増やさずに脂肪だけ落としてスリムになりたかったら運動以外の方法で減らした方がいいですよ、とのこと。
もとより運動でダイエットとか候補にさえなかったけど、見ず知らずのひとに客観論として言われると余計に運動しなくていいや、と、自堕落への道が開けてしまうよ!

とまあ、こんだけ説明長居して説明聞いたけど、結局体組成計買ったりしてない(笑)。
そんで筋肉が多い分、基礎代謝は1380Kcalあるそうですが、これも冷え性が災いして全然活かしきれてないみたいです。まさに宝の持ち腐れ?
そして帰りがけにようやっとミスドで復刻ドーナツ四個も買って今日の夕ご飯になってる件。
今の生活のどこをどう切り開いても、体脂肪が増える要素しかない(^p^)
広島旅行2011 二日目
写真が多くなったので分けました。笑。

二日目は健康的な時間に起床して朝から宮島へ向かいます。広島に来たら厳島神社!これ絶対はずせない!!(魂に刷り込まれてる)
同行者が弥山も登りたいと意欲的なので、宮島訪問何回目かで今年は初めて弥山ハイキングにもチャレンジです。
九時くらいに宮島に到着したけれど、観光シーズン恐ろしや、今までで一番宮島混み合ってるかも!
ロープウェイ待ちにならないうちに…と、厳島神社裏の無料送迎バスを利用して(くだりはいいけど、登りは歩くの嫌だ…)ロープウェイ駅へ。往復1800円しますが(むろん片道分だけ買ってもOK)、二台のロープウェイを乗り継いで山頂付近までそこそこの時間で運んでくれます。これがなければ麓から約三時間のハイキングコースです。楽は金で買えというではないか(真顔)。

110918_1121~0001

お天気が不安定であんまり快晴の写真とは言いづらいのですが、雨はやんでましたこのとき。
晴れ渡っていたら、瀬戸内が一望できてオクラごっことかできたのだろうか…当然向きは四国側でちかちゃんの名を呼ぶよ!

110918_1041~0001

お気づきでしょうか、うっすらと見える水平線の上に漂う浮雲…そう、雲が眼下なんです。いえい!
ワタシ、ロープウェイで上がれるっていうからほんとほんのハイキング気分でしたが、そこから一キロほど勾配のある山道(ちゃんと舗装はされてます)を上り下りするので、弥山に登る方は服装にご注意くださいませね…おもっくそ肩だしキャミワンピなんてものを着てカーディガンを石田○一のごとく肩がけするしかなかったタカヤマが証言するよ。ジャージでもいいくらいだ。
ぜいはあと息を切らしつつ弥山本堂に到着。なんか恋人のうんちゃら~とかよくわからない社会への迎合の果たし方をした弥山ですが、同行者全員スルーです。お堂は神聖なほうがいいんだよ!(とか言ってみる)
不滅の霊火で焚かれた大釜のお茶は、堂内目に染みるほどの煙ですがご利益があるといわれているので、ぜひに。ちなみにこの弥山の不滅の霊火こそが、広島平和公園で灯され続けている平和の灯です。
ちょうど祈祷の時間で本堂入れるみたいだったので便乗してちゃっかり僧侶さんの後ろで合掌。いやあ、いいタイミングだった!
読経の後その僧侶さんに御朱印を頂いたのですが、思ったよりも若い僧侶さんで授かりながら世間話してたら、「ところで、足元何履いてます?」とカウンター越しに聞くもので「(今気分は石田○一ですが)もちろんしっかりしたスニーカーです」と答えたら破顔一笑、「いやあ、何を考えてるんだか、ピンヒールで登ってくる女性がいるんですよね!そんな足元で何があってもお前らしらねえぞって思うんですよー」と力説…。
タカヤマ、思わず苦笑い。友達に止められてなかったらそんな足元で来るところでした。
お兄ちゃんの言い方も憤懣やるかたなき感が込められてて可愛かったけど、多分ピンヒールで来る女の子たちはデートで頑張っておしゃれをしてきた旅行客で、まさか観光地で登山するはめになるとは想定外だったんだろうなーとも思うので、どっちも可愛い。ま、本人が危ないしお寺の人も管理が大変だから無理しないでね?と言いたくなる。
タカヤマも今後もうっかりせぬよう気をつけねば…。

ちなみに本堂がゴール地点ではなく、そこからほんの五分ほど登ったところが山頂です。
そして、タカヤマが弥山を訪れた最大の理由でもあります。

110918_1123~0002

この山頂の岩場風景!ここを肉眼で見たかったのよさー!
苦節何年?!ようやくたどり着いたぜ、弥山山頂…ちょっとテンションあがりすぎて、携帯カメラの容量限界まで写真を撮りまくってしまった…(下山してから写真が取れなくなってて気づきました)。むふふ。もちろん岩場の隙間からは地下祭壇とか地下牢とかそこかしこに繋がってます。実際、レッツチャレンジで潜ってみて何もなかったけど、言い張ります。いつだって妄想力は誰にも負けない。(誇れない)
ああうっとり…。
ちなみに展望台と売店とトイレもありますので、休憩もできます。この岩場の数々が古代遺跡で、弘法大師が引きこもって(タカヤマさん発言に気を付けて)修業した弥山自体が神域となります。大聖院のほうなんかは徒歩で登れる距離のお寺ですから参拝しやすくて三鬼大権現様も祀られていますが、弥山全体が聖域=信仰の象徴なんだと思います。
タカヤマは今はまだ、そこにお寺があると聞けば西へ東へ、そこに観音様がいると聞けば実際に目にするために四苦八苦、と、好奇心というか実際にその場へ行って触れ合ってみたいという一種のこれも我欲が捨てきれずにおりますが、いずれは年を取って「このお山自体が神様だからね」と麓から毎朝見上げて合掌、くらい穏やかな信仰のあり方を迎えたい…そんなおばあちゃんになってたい…おばあちゃんまで生きられるのか自分(^p^)

今の野望はとりあえず毎年地道に宮島のあちこちを攻略していったので、次は宮島に宿泊してせめて弥山から自力で下山して大聖院にたどり着くコースくらいは踏破してみたいってことかな…オウイェス。
足腰がこれ以上ダメになるまえに…(切実)
かろうじて、下りの途中にあった不思議な岩場。なんでも、ここに溜まった水が厳島神社の潮の満ち引きに合わせて水位が変わるとか。↓

110918_1129~0001

宮島自体不思議がいろいろ眠ってるそうなので、そういうのを下調べしてから「おお、ここか!」と巡るほうがきっと堪能できると思います。曼荼羅岩はでも、今立ち入り禁止なんですよねー…。

さて、朝一番に登った弥山ですが、下山してきたらちょうど昼時、ということで、同行者が牡蠣を食べたいとリクしたので、お土産物通りの牡蠣屋さんへお邪魔してランチしてきましたー。
前もこのお店入ったような気がする…。

110918_1306~0001

メニューには記載されていないのですが、牡蠣飯、オイル漬け、焼き牡蠣、カキフライ、牡蠣汁がちょこっとずつセットになった牡蠣尽くしの定食を。うーん、宮島の牡蠣は浦村に比べればこぶりだけど味はしっかり美味しいなぁ。穴子も昨日食べたし、大満足です。
昼食後はちょっと駆け足で厳島参拝を。入場列ができるほど混雑してるのを、改めて初めて見ましたよ!
でもちょうど満潮の時間で、厳島で初めて水が満ちてる状態を見た…!(これまでは引き潮で大鳥居まで歩けたり、半端な満ち欠けの時間だったりばかりだったのでー)

110918_1343~0003

こっちもまた同行者に置いてゆかれるくらいあちこちいっぱい写真を撮ったのですが、ま、しょうがない。大好きだからしょうがない。高舞台も平舞台も頬ずりしたいくらい大好きで大切な場所…!いつだって敦盛しゃんを抱きしめる準備だけはできている。
(こっちではもうオクラとちかちゃんのことなんて欠片も思い出しませんでしたよ厳島ステージ)
そんで駆け足でお土産物をゲットして宮島を離脱。
ちなみに紅葉饅頭は岩村もみじというお店がほんと、ダントツで美味しかった。賞味期限も5日程度しかもたないから、そもそも一か月くらいを見越して作ってる他の店舗の紅葉饅頭とは素材が違うのでしょうね。今はやりの生紅葉は全然違いますし、土産で持ち帰った紅葉饅頭をレンジでチンして少し温め直しても、同じ生地の柔らかさにはなりません。紅葉饅頭、揚げ饅頭やアイス饅頭や色んなフレイバーなど展開してますが、ワタシ的には岩村さんちで紅葉を買って、やまださんちで桐葉菓を買って行きたいなぁ。

さて、何をそんなに駆け足で宮島を出たかというと、広島市内に戻らねばならなかったからです。
そもそも、この旅行のきっかけでもある、友達の広島の用事。
何かと申しますと、先般某メーカーが募集したお笑いライブのチケットが当たったため、それを見るために広島へやってきたのでした☆
いやあ、このライブチケットを当てるために、友達、何十箱このメーカーの中華商品を買ったことか…(笑)。ほんとはライブ中は別の友達と広島散策するつもりだったのですが、ペアチケットとのことで一席余ってたので、広島城を見た後にワタシも便乗してきましたー。

110918_1556~0001

友達のお目当てはちゅーとです。
「タカヤマの好きなぶらまよも出るよ」
「そりゃ楽しみ。他には?」
「この二組と…他に何組か出て、一時間半くらいのライブかな」
「へえ」
と、タカヤマは上記2コンビがメインであとは吉本の名前も知らない若手が前座を務めるのかな、と思っていたのですが、始まってみるとこれが次から次へと知ってる人たちばかり。
おおい、頑張ったな某メーカー…!なんでCMキャラでもないのに、そんな吉本と密着してんの(笑)?!
ちなみに出たのは、はんにゃ、あじあん、はいきんぐ~、ふっと、に上記二組の全6本。漫才の後は抽選で芸人さんたちの寄せ書き色紙と舞台上で一緒に記念撮影ができる権利まで。大盤振る舞いですね!
ちなみに来場者全員にこちらのメーカーの看板商品&レシピブックのお土産付。友達なんて「まだ家に残ってるのに…」とげんなりしてたけど、多分今日会場にいた妙齢のご夫婦や家族連れ以外の黄色い声援を放ってた子たちはみんなおんなじだと思うよ…(笑)。アイドルじゃないけど、芸人さんにも同じようにおっかけファンがつくものなんだなぁ…。
まさかこれがあるから広島市内のホテルが取れなかったんじゃ、とまで穿ってしまいます。(全部で1500人)

けどま、生で漫才を見たのは初めてだったので貴重な経験でした。ありがと、友!ちなみに年内、彼女はちゅーとのはんぺんさんのほうを追っかけて京都に通うらしいです。笑。

ライブ終了後は休日で混雑してる広島駅に戻って、あんまり時間がなかったので駅の二階にあるお好み焼き屋さんで、最後に名物広島焼きを食べて終了~☆

110918_1918~0001

ネギ乗せ。ここのは生地が薄めで、ほんとお店によってさまざまだなぁと思っちゃう。牛筋入りにしたけど、美味しくて大満足。
ほんとは旅行会社さんからおこのみ村だかどっかの広島焼き無料券をもらってたのですが、使い切れずに終了…てか、広島駅はもっと北口と南口の風通しを良くするべきだと思う。笑。
そいえば広島駅でお気に入りのミニクロワッサンのお店で今回も自分土産にクロワッサン全種類買って帰ったのですが、このお店、味が落ちた…?昔感動した買いたてのパリパリ感が消えていて、作ってから時間が経過してたからかしら、と思って家に帰って焼き直してみても、やっぱり他のお店のミニクロワッサンとそう大差ない印象になってました。
うーん、今度福岡いったら本店の味と食べ比べてみたい…。
そんなこんなしてたら、呉冷麺を土産に買い損ねてしまいました。あの独特の汁が楽しかったのに~。

☆おまけ☆

110918_2036~0001

初めてみたかも?!山陽のエリアなのでレールスターがいた。
広島旅行2011
さて、先週行ってきた広島旅行の自分覚えの纏め感想でーす!
今年は保大のに行かなかったので、広島行く機会ないかなーと思ってたら、なんと友達が行く用事ができたというので、便乗して一緒に行って参りました。いつだって便乗するのに躊躇しないタカヤマ。いつでもどこへでも旅立ちたい。国内限定。(チキン)
微妙に台風と被ったりすれ違ったりと傘の手放せない残念旅行だったけど、ま、台風シーズンだから仕方ない!
まずは新幹線で広島駅に降り立つと同時に、レンタカー屋へ連絡。広島です。当然マーツダです。まつださんは近所なのに駅まで送迎してくれるんだぜい☆いえい☆

そんでもって、我々が観光も差し置いてまず最初に行ったのは、広島駅から車で10分程度、広島で有名なバターケーキのお店です。九時開店と同時に並び客が出て、売り切れ次第閉店って聞いてたのでもう、朝一に走ったよ!広島ついたばかりなのにもう自分土産の話か、とか聞かない。ついでに朝食代わりに1ロール買ってく?とか言ってた話も忘れた。
バターケーキ、お店の名前から連想する通り、カステラのようなスポンジケーキなのですが、カステラでもない、パウンドケーキでもない不思議なお味…。豪快にフォークで端から切り崩すように食べながら商品説明を読んでいたら、店主がカステラの改良して作ったのがこの「バターケーキ」なるものらしく、他店でも取扱いがあるみたい。ほへー。カステラに卵と牛乳増量でとにかく滋養を高めたとのことで、カロリーも恐ろしいことになっているんだろうな、という想像に難くない。タカヤマ、1ホール一人で食べきっちゃった。そりゃ血液検査の結果もさもありなん。(広島行く前の話です)

さてさて、お目当てのものをゲットした後は、本日の第一目的地、呉のヤマトを拝みにゴー、です。高速でつるっと行けてしまうのですが、前も保大行くとき通ったっけ?という記憶の曖昧さ。海岸線沿いで、晴れてさえいればなんて素敵なドライブだったことでしょう…(大雨でした)。
高速を降りてしばし、呉駅方面へ向かいますが、やはり開館当初から時間も経ちましたので、あいにくのお天気もあったでしょうが、第一駐車場も第二駐車場も選びたい放題、館内もそこそこの混み具合で観覧には最適でした。

110917_1016~0003

うちゅうーせんかんヤーマー(略)はこっちのほうが彷彿とさせますね!海自のです。大和ミュージアムに併設されてて中の資料館とか入場自由(だったような)。大和ミュージアムのほうは入場料がかかりますが、戦争資料展示コーナー以外は撮影OKのフリーダム空間で、館内入ってすぐの四階までぶち抜きの空間にどかんと大和さんが鎮座ましましており、案内員のお姉さんがその前で写真撮影してくださいます。(この写真は特製の額入りで購入も可能ですが、HPから個人番号を入力してDLも可能。いいサービスですね)

110917_1047~0001

こっちが例の映画で話題なった戦艦大和。
何分の一スケールって書いてあったかな…忘れたな…(このつるっつるの脳)。よく見ると甲板に海兵さんのお人形とか立ってて可愛い。

110917_1048~0001

戦争資料も兼ねてるので、ゼロ戦とかも展示。潜水艇も実物大で展示されているのですが、マジ小さい。座って乗って頭が天井につくぐらい。よくまあこんな密室で海底を行き来できたものだ。閉所恐怖症の人は確実に無理でしょう…。

このほかに大和や歴代のお船や戦争、呉の歴史なんかも展示されたブースがあって、ほんと、事細かな資料が満載。ダメだよな、絶対に沖縄のひめゆりの塔の二の舞に決まってるよと友達と足早に駆け抜けるも、うっかり人間爆撃機とかに乗った兵士と家族の手紙なんかを目にしてしまい、もらい泣きIN呉。
せ、戦争は悲しいなぁ…

四階まであるのですが、四階の体験コーナーが何気に楽しくて、制覇する勢いで長居してしまいました。
そいえば、マーツダーでレンタカー借りたら、特典?受付で粗品プレゼント☆がございまして、頂いたのは大和のポスターでございました。売り物でもポスターあったけど、こっちは非売品なのかな?お好きな方はぜひマーツダーで…(笑)。

ミュージアムを出た後は、そっから車で10分程度、商店街のど真ん中にある呉冷麺のお店へ特攻です!開店前から並び客が出ていましたが、何とか並んで一回目で入れてラッキ☆

110917_1149~0001

ところで、呉冷麺てなにかしら?と思いつつ出てきたのをちゅるんと食べてみたら、盛岡冷麺とか韓国冷麺とかとはまた違った冷麺で、麺は(お店によって違うと思いますが)僅かに平打ちの麺で、何よりもそのお味が衝撃的!透明なスープはお酢と何がベースなの?全然わからない!でも一口食べたら後味が辛いんです。スパイシーなんです。お好みで黒酢をどうぞ、と書いてあったので試しにちょこっとかけてみたら、辛さが中和されて酸味だけの食べやすい味に。お子様にはこちらのほうがいいかもしれませんが、最近カレーでスパイシーさに慣れてたタカヤマは元の味でも黒酢をかけても、どっちでも美味しくいただけました。
いやあ、呉冷麺、このスープの変化するお味が楽しくて好きかも!今度呉行ったら、また違うお店で食べてみたいと心から思える食べ物でした。

この呉冷麺(発祥のお店みたいです)から歩いて一分くらいのところにあるケーキ屋さんも事前にチェック。呉駅近くのそごうか何かにも店舗入ってたかな、確か。そちらで地元で人気というクリームパイをデザートに頂きましたが、これがまた呉冷麺でひーはーいってた口の中にちょうどいい甘味!カスタードベースのクリームが薄いタルト土台の間にどっかり詰まった、ほんと「クリームパイです」というそのまんまのさほど繊細ではないケーキなんですが、これはこれでいいですね。あと少し食感が柔らかいほうが、好みかな?固すぎるとそれこそカスタードプリンが乗っかってる印象になっちゃいそう(そこまで固くはないですが)。
チーズケーキも濃厚とのことで頂きましたが、こっちはチーズは濃厚ですが焼き菓子感が強いチーズケーキで、小さく見えても1カットで十分なお味でしたのよーん。

と、朝昼兼用に冷麺とケーキをがっつり頂いた後は、来た道を戻ってまた高速に入り、尾道まで長距離ドライブの始まりです。長距離と言っても一時間ちょいくらいなので、普段から比べれば全然長距離じゃない(笑)。
前、呉からしまなみ海道にドライブに行ったときは天気よくて海岸線を走りたくて下道で二時間か三時間くらいかけて行ったんですよねー、確か。高速乗っちゃえば地図的には遠回りでもやっぱり早いもんです。

そして到着した尾道でもやっぱり大雨なんですが(あああああ)、尾道に来たからにはその町並みを堪能せねば!ということで、頑張ってロプウェイ乗って山頂行って、

110917_1441~0001

雨の中文学の小道を歩いて

110917_1454~0001

千光寺の鐘楼から尾道の風景を一望致しましたとも…!
しまなみ海道が見えて瀬戸内海が見えて古寺がそこここにある急勾配の町並み…これ、ほんと晴れてれば、晴れてさえいれば、気持ちいい昔ながらの港町みたいな景色だったんだろうなああああああ。
あいにくとそこまで堪能できるほどの生易しい天気ではなかったので、うっかり穿いてきてしまったロングスカートをずぶ濡れにさせつつ、途中にあった景観のいい古民家カフェでお茶することも諦め、とにかくは下山したのでした…。
で、まだ九月なのに雨で寒い!ということで、あったかい飲み物を求めてロープウェイ乗り場脇にあったカフェへ緊急避難。あったかいものが飲みたかったという割には、このお店雑誌でも紹介されてたワッフルが有名なお店だったようで(尾道を舞台にした映画にも出たみたいで)、つられるままにワッフル注文。

110917_1536~0001

ううーん?
普段あんまりワッフル食べないから、褒めるべき特徴がよくわからない…結構なボリュームで出てくるので、お腹は満足しますね、ええ(笑)。
珈琲に力を入れてるお店らしく、紅茶はティーパックのまま出てきます。それで珈琲と同じ料金とるのはどうなのさ。笑。

そのあと、尾道商店街をぶらついてお土産物屋さんで尾道名産のイチジクを使ったアンパンとなんだかドラマのてっぱんに出たとかいうせんべいを買って(帰って来てから食べましたが、両方とも美味しかった!イチジクのつぶつぶ感が楽しめるアンパンなんて最高ー!)、もう雨がひどいので他を散策することなく尾道エリアを終了。広島市内へと取って返します。
今日のホテルは海沿いにある広島プリンスなので(このホテル泊まるの二度目!なんかやたらめったら観光シーズンだからか混んでて、もうこのホテルしか取れなかったのです…)瀬戸内の魚を食べさせてくれるお店で夕ご飯食べようぜー!と、某口コミサイトに頼ってお邪魔した居酒屋さん。
レンタカー運転手なので酒も飲めないのに居酒屋って(^p^)と思いはしたけれど、こちらのお店がこれまた大当たり!てくらい、出てくる料理のお魚が全部美味しいー!

110917_2002~0001

調子に乗って刺身から揚げ物や煮魚、寿司までぜーんぶ堪能。久々に穴子も食べたけれど、瀬戸内の穴子はこぶりだけと程よい脂と弾力があって、天ぷらにしても煮穴子にしても美味しいなぁー。

そんなこんなしつつホテルへと戻ったらもういい深夜でしたので、この日はまくら投げもせずに就寝です。ほんと、弾丸旅行のホテルはシャワーを浴びて寝るだけの場所になってしまう…前も宿泊しましたが、オーシャンビューでウエディングもやってる綺麗なホテルですよー。ただ、お風呂が狭いので洗面台と別々になってる利点を差し引いても、ちょっと残念。

あんまし歩き回ったわけでも長距離ドライブしたわけでもありませんが、これまた夢も見ずにおやすみ三秒でございました…(いつものことです)。
連休初日
ですが、ええ、何も計画せずに連休突入なので、今日は一日おとなしく地元で買い物に出歩いておりました。
靴とか探して足を棒にして歩き回ったよー。途中、前々から行こうと思ってたカレーのお店にランチに立ち寄ったら、平日メニューじゃなくて休日メニューだった。内容がボリュームダウンしてるのに、休日のが200円高いなんて納得いかないわ…

とまあ、どうでもいい話はさておき(それをさておいたら、このブログから話題が消えてしまうよ!)。
そんなこんなで一日中外にいたわけです。台風一過で涼しくなってきたので、デパートの中のみならず、地下街のみならず外もぶらぶら歩きながらですね、ええ。
それなのに、一回も化粧直ししてないファンデが今、帰ってくるまで全然よれずにテカリもなしに朝化粧したて同様の、パーフェクトな状態だった…!
すごい、これはすごい…!
ちなみに今日はHRのファンデです。この間試供品もらったから試してみた。
試供品でもらって試しても、大抵は大した変化も感じられずに「ふーん」で終わってしまうので、ここ10年くらいアナ水にどっかり腰を落ち着けてしまっていたのですが、これはすごい、すごいぞHR…!
思わずブログに書いちゃうくらい感動したのでした。友達がワタシのアナ水同様にHR一筋なのもわかったような気がする。
デパートうろうろしてたら、また色々試供品くれたので、この秋は前向きに河岸替えを検討してみようか…。

などと考えつつも、本日の戦利品はロクのハンドクリームとSRの洗顔後すぐに使う浸透用美容液と(秋の乾燥シーズンをこれで乗り切って下さいと言われた)、あとこまごまとしたもの。それから新しい下着屋さんがオープンしてたので、そこで下着セットを、い、五つも…(下着は自分のもそうだけど、友達の買い物に付き合うでも、大好き…!心躍る空間です)。
タカヤマさん、目的の靴、どこいった?
つかれたびー。(目を逸らしつつ)(わかってる!絶対に必要な用の靴なので、また捜し歩きに行かなくちゃいけないことは分かってるのよ~~~)

その後、夕ご飯代わりにミスドの復刻ドーナツが食べたくて買いに行ったのに、もう売り切れてた。しょぼーん。そしたら、従妹の結婚式の引き出物にもらった某野菜スイーツ店の焼き菓子セットが届いておりました本日。

110923_2029~0001

さっそくトマトのマドレーヌと胡麻だかサツマイモだかの(すでにうろおぼえ)パウンドケーキを頂きましたが、ほんと、野菜のお味がします。でも焼き菓子です。野菜味のスイーツ。すごいなー。
焼き菓子は別になんの違和感もないけど、生ケーキのほうは食べた人の感想では「なぜ敢えてこの野菜で作ったのか」という首を傾げるポテンシャルらしい。なんだっけ、三重県にもプロデュースしたお店が開店したんでしたっけか。
専門店としては草分けですが、野菜スイーツ、最近ここそこで見かけるようになって久しいですね。

と、呑気なスイーツ談義してるところで何なんですが、また血液検査に引っかかったので、糖質制限でそうです。うっへえ。暫く控えてると正常値に戻るのに、気を抜いて甘味食べ始めるとこの始末…甘味っていうか、多分ここ一か月ほど集中的に食べ過ぎているのはスイーツとカレーなので、両方なのだと思います。カレーのスパイスがカレーの動物性脂質を上回らなかった件(^p^)
これ以上悪い数値になって注意観察で済まなくなる前に、また地道に節制しよう…とりあえず、このひと箱食べ終わったら…(このゆるさが最近のだらしない生き方を物語っている)(わかってる!泣!)
台風到来!
ちょっくら広島行って帰ってきたら(旅行記はまた後日)、台風まで引き連れてきちゃってあれまあみたいな…。
特に和歌山のほうなんて、この間の台風の爪痕も残ったまま新たな台風とか、これ、ちょ、だ、大丈夫なんだろうか現地の方々…

タカヤマの住んでいる町内でも境目あたりで避難勧告が出て、ちょっと向こうの方々が避難なさってるようですが、相変わらず呑気なタカヤマはベランダの鳩よけネットが下の階の住人のご迷惑になってないかが心配です。ガタブル。ご近所付き合い過酷!
昼間とか全然普通の雨だったから、ワタシ、広島土産の紅葉饅頭もっておばあちゃんち行って、雨が降って庭の池が決壊しちゃったっていうから、ひしゃくみたいなの片手にめだかたちと庭を追っかけっこしてたのにな…(あやつらがまたすばしっこくてもう)(庭中水浸しだから、どこまで~~も逃げて行ってしまう)(そして水が引いてきたら池に戻れずに勝手に干からびて死んでしまうの迷惑!)
ずぶ濡れでおばあちゃんが敬老の日の祝いにもらったお菓子たちを盗る猫☆して帰る孫。いやいや、代わりに空箱に紅葉饅頭詰めてきたよ。

家に帰ってきたら郵便局から電話がかかってきて「今日指定の書留ですが、申し訳ありません、大雨で今日と明日の配達が無理なので、明後日以降で…」とのこと。そ、そんなすごいことに?!呑気に庭でメダカ追っかけてたタカヤマの立場は(^p^)

いや、生きてます、周りも無事です。駐車場の車も…多分…無事…
あとは今現在豪雨に見舞われている地域の方々の被害が少ないことを祈るのみです…。
ひきこもり「名」探偵
ミッコから教えてもらった(ワタシの情報網は大抵ミッコであった)(過去形)北山某さんの引きこもり名探偵シリーズを読みました。漫画化されたほうじゃなくて、原作の小説のほうです。北山さんて今回初めて知った作家さんですが、作品一杯出ているようで、まずはとっかかりとしてこっちの名探偵のシリーズを。
これまた一話読みきりの短編が何本か入って一冊、の形式で、長編が読みたい気分のときにはつい放置してしまいがち…。
でも最近、こういうののほうが多いのかなー。(前の謎解きはディナー~しかり)

作家の主人公(というか語り手)が引き篭もりの友人を少しでも活動的にすべく探偵事務所を開設して数々の依頼を引き受けてゆくお話。まあ、心配半分、自分の小説のネタ半分、なのですが、この作家と引き篭もりの関係があんまり明かされてなくて、一方的に作家が引き篭もりに尽くしている感が薄ら寒い…(笑)。こういう、「特殊な人種」と「語り手たる私」という関係のコンビ作品て推理小説の定番ですが(ホームズとワトソンですね)、日本では断然男性作家がこの手法をとっていることが多く、この人どんな気持ちでこのいい年したオッサン二人のやり取りを書いているんだろう…とそんなことが気になってトリックに中々集中できません。嘘です。いや、冗談半分くらいで。でも書き手が男性か女性かって結構気にするほう。
このひとは「城」シリーズのほうが表題作なのかなぁ。引き篭もり名探偵シリーズは(坂木さんのほうの引き篭もりシリーズと「名」探偵で表現を分けている…つもり…)、ま、一冊読んだらもう続きはいいかな、と思ってしまったので、この人の「城」シリーズほうこそ読んでみるべきか?
DVD消化日
最近、時間の使い方に非常に反省する点が多いです。なにせ、無駄な動きが多すぎる。その上、纏まった時間も結局のところは無駄にしすぎる。理想は、普段アクティブに動きまくってたま~~に何もせずにぼんやりと過ぎる(もしくは一日中家にいて録画消化などに努める)休日…なのですが…(365日休日の人間が何を言う)。全然理想どおりいってない!!
因みに、ワタシの口にするアクティブ=旅行の比重が高いです。つまりは旅に出たいってことなのですね。天高く馬肥ゆる秋…。熱中症で倒れる危険も少し和らぎ始めたこの季節、何か活動的なことに時間を費やしたいですな。日経に女性ボランティアツアーも出てた。なんにせよ、口にするだけではなく、自ら動かなくては話になりません。
活動的な人間になりたい。(ぼそり)

そんでも録画は消化しました纏めて。
∞のゴールデン特番、黄色い人が泣きそうになってる女の子(本当は女装させられた男の子)に「ごめんな」とか言ってて超ときめいた。ああいうときの大阪弁の可愛らしさはまさに無限大。他の追随を許しません。タカヤマランキング内(これまた適当な)で。
緑の子も位置的に真ん中に配置されて結構喋ってた…ような気がするけど、それよりオレンジの人の喋らなさ具合が気になって…喋らないっていうか、カットされまくった?次週以降満遍なく、を期待したいです。
そしてオッサンがオッサンに振られた赤い人…!このひとのこういう昔と違う役回りに、年長三人組のやり取りに大笑いさせられる。ブラックは是非ともこの番組内では「だめな子」の役どころを貫いて欲しい。回答席はずっとラストでいいよ!いえい!
因みに女装したメンバーはぱっと見だけですぐに判った…これはファンには簡単でしたよね。笑。

録画消化その2。RKRN、先週は厳禁で嬉しかったー!!厳禁!厳禁!相変わらずワタシのテンションを一番高くさせてくれるシリーズです。
今期もたちばな先輩の役回りが素敵。前の前のシリーズくらいで厳禁はある意味頂点を極めたような気がしていたけれど、この変わらなさをいつまでも貫いて欲しい。
は組の二人がご都合展開なのはどうでもいいのです。大切なのはあの二人とたちばな先輩がどう絡むか、なのです。うっとり。
次いで、同室云々のタイトルにらんきりしんの三人組の話かと思いきや、留&伊のお話でしたね。留もある意味、不幸の余波を食らっている。誰もが気付いていたけれど、公式で出た(笑)。
年長組連続出演でひゃっほー♪なので、この流れで五年生も出てくれたら嬉しいな。ピンでもいいけれど、上級生が下級生と絡んでいるのが好きです。
大安吉日
謎解きのあとに辻村作品も読みましたー。
本日は大安なり、という、先に読んだ(というか発売してから何ヶ月経ってることか…)ミッコが言うところによると、いつもとちょっと作風違うよーとのことだったので、ま、そのうちそのうちと流していた一冊でもあります。
やっぱり辻村作品の醍醐味は叙述トリックだと思うので、初期の青春ミステリのが好きでああいう作品が読みたいなーと思ってしまうのですよね…。いや、色んな話にチャレンジするのはいいことかもしれませんが。
これまた表紙のイラストから勝手に「和物」とか「妖怪の話?」とか思い込んでいたので、目次を開いて結婚式場を舞台にしたオムニバスだったので、あまりの見当違いに笑ってしまった。そっちの意味での「本日は大安なり」か!
以下、ネタバレを含む感想ですので続きより~。
久々の献血
に、行ってきました今日。うっかりだらだら起きて昼くらいに行っちゃったら、「すみません、午後の受付13時からなんです…」と、時計を見れば12時10分。こちらこそ失礼しました!(時間感覚がだめすぎる)
相変わらず血圧も濃さもギリギリでしたが、今回もなんとか滑り込みで献血OK!健康の証のようで嬉しい。さー、絞れるだけ絞り切ってくださいな!と、リラックスしたトドのようにだらーんと寝転んで待つことしばし…成分献血なので、血液を抜いて、血液の中から必要な成分だけをより分け、血自体はもう一度体内に戻す、という割合負担の少ないほうの採取なのですが(もう片方はご存じ、まるっと血液を200とか400とか抜いちゃうほう。そっちは数値が足りなくて捧げられない…)、抜いて、選り分けて、「じゃあ、今から血液が戻りますねー。痛くないですかー?」「はーい」と半分寝こけながら生返事し、いつもと違う事態はそこから発生したのでした…。
痛くないですかと問われれば反射で大丈夫ですと答える典型的日本人。まあね、注射の時もその瞬間は痛いし、そういうものってあると思うんですが、あれ、あれれ…?今日はなんかいつもと違う…!
血液が戻ってゆくのに比例して、採取口が、針の痛み以外の痛みをじわじわと訴え始めます。
初めは(う…?)と思いつつも、まあじわじわと違和感を感じる程度だったので放置したのですが、それがどんどんと増してくる。いやまて自分、いい年した大人が痛いなんて騒いじゃ滑稽よ、ここは冷静になって皮下筋肉注射の痛みを思い出せ。あれに比べれば…あ、いたた、いたたた、指先しびれてきました、あとどんだけ?まだ半分?痛い、痛いっす看護婦さーん!
と、悲鳴を上げる前に、目のあった看護士さんが「もしかして、痛いですか?」とすぐさま駆け寄ってきてくださり、みっともない悲鳴を上げる前にすぐさま機械をオフ。
「うーん、半分残ってますが、痛いならやめておきましょうね。たまに、痛点にあたっちゃう人がいるんですよー。ごめんなさいねー」とのこと。
そ、そうか、そんな痛点とか血管の逆流に関係したのか…。
上手く刺せなくてごめんなさい、血液戻せなくてごめんなさいと何度も謝罪されて、いや、こちらこそ、いい年してこの程度も我慢できなくてごごごごめんなさい…!血なんて、どんどこ抜いちゃってくだされ!200や400程度戻さなくても全然平気っす!むしろ成分と一緒に使えそうなら使ってくださいってなもんで。
献血しに行ってなんとも申し訳ない事態に。

献血の終わりにもう一度血圧を測るのですが、本人の元気に反比例して「上が七十で下が三十…うーん、ちょっと低すぎますね…」「重ね重ねダメ人間ですみません」。もとから低いんです、食後十分以内でも階段上り下りした後でも上が90下が50が最高値なんです。「いくらなんでも低すぎます」でーすーよーねー。
というわけで、献血終わったらいつもへろっと帰るだけなのに、血圧が上がるまで何倍も熱い飲み物を飲み、勧められるままに置いてある甘いお菓子を摂取し(献血ルームで初めて飲み食いしたぜい)(いつもつるっと行って帰るだけ人間)30分も看護婦さんをやきもきさせた挙句、ようやく下が50まで回復したので帰宅許可が下りたのでした…。下が30でも平気でふらつくことなく院内歩き回れて飲み食いできる危機感のないタカヤマ。人は一体どこまで血圧低くても生きてゆけるのか(^p^)

でもワタシの後に受付してた献血初めての女の子も、献血中に貧血を起こしたらしくて休憩してました。同じ看護婦さんをやきもきさせるにしても、あっちはだいぶ女の子らしい理由だなぁと思った乙女度がつくづく足りないタカヤマ。
その上帰りには、結果的に血液分体重減ったはずだからいいよねー、と、普段休日や夕方にはあっという間に売り切れてしまう人気のケーキ屋さんに遠征し、ケーキ三個も買って帰ったのでした。当然、今日の夕ご飯です。
ケーキをご飯代わりにしない誓いどこいった?
きっと今血圧計ったら結構な優秀値だと思うんだ。笑。
∞ツアー
五大ドーム公演決定とのことで!
おめでとう!
そんでもってニューアルバム発売決定!
おめでとう!
で、報道のほうは?

そんなわけで∞の話題。(だって報道の子たちの団体行動が寂しいから)
月9のED曲をヘビロテしてます。この間のMステの。緑の子が24時間の前にばっさり髪の毛切っちゃったままなので、今、ちょっとご不満なタカヤマ。もうちょっとだけ前髪長いといいのに!ベリショは好きだから、前髪だけもう少し長くて、それをツンツンにしておでこ出してくれるといいのに!
今週末から始まる仕分け新番組ではどんな髪型してるかなー。オレンジの人と赤い人は実は長髪のほうが落ち着きます。なんだか。

そういえば本屋ぶらついてて緑の子がa○a○の表紙を飾ってて吹いた。この間(?)黄色い人がやってたと思ったら、緑の子までこの大躍進!やったね!すごいね!
けれど、久々にアップで見た緑の子はいつの間にかお顔にほくろが増えてらっしゃった。あらん?
中身は脱いでるようでしたが、この子がぽちゃってた時代が懐かしい…健康食が好きみたいなことを言ってたけれど、お姉さんぽちゃってる緑の子が大好きでしたよ…食べてることが幸せそうで…健康食でもジムトレでもなんでもいいけど、ジャニらしいイケメンになってもなんでもいいけど、気持ちいいくらいの大食漢であり続けてくれないかな…そんな仕事を緑の子に回してプリーズ。←明らかに売り出し意図と違うニーズ。
いいじゃんか(^p^)

そういえば、思い出した。
録画して旅立った24時間は駆け足で流し見しましたが、例年以上に…ごにょごににょ…そして七人揃ってると安心して置物になるあの緑の子(^p^)
でもチューボー、報道のけーちゃんほどハラハラしなかったんだよな…それなりに年を経たということか…。(なにその結論)
台風影響
台風一過してなかった!
今朝もまた、ベランダのネットが外れててあわわ。雨もやんでなくてあわわ。テレビつけたらニュースでまだ台風のことやっててあわわ。ワタシなんて完全に土曜日に四国直撃して通り抜ける~って認識だったのに、紀伊半島あたりにすごく被害が甚大だったそうで。
進行速度がゆっくりで、このあと東日本にも雨の影響が及ぶそうなので、被災地とか酷くならないといいけどなぁ…と願う次第です。

台風が来てがらっと寒くなったので夏が終わったかしら~という気分に(一時的)に陥っているのですが、この夏は結局節電でエアコンはつけずに過ごせてしまいました。こんな夏もあるんだなぁ。意識次第ってことかしら。
九月いっぱいは自動車業界の輪番休業が続くそうで、友人宅も旦那さんがその影響を受けたりしてて話を聞く機会があったのですが、夏の山場は超えたかもしれませんが、根本的な問題が解決したわけでもないので、今度は冬場の暖房時期がどうなるか、ですねー。夏に暑いのを我慢するのと、冬に寒いのに耐えるのは、ちょっと別問題。のような気がします。
皆さん、季節の変わり目ですし、風邪には気を付けてくださいましね…。
台風一過
昨日は友達のお誕生日会だったのですが、屋外を避けたので意外と台風の影響は受けませんでしたー。
が、明けて今朝、台風の目が通過したのに昨日よりも雨。昨日は雨より風の影響が強かったもんなぁ。
そんな中でも週に一度は(外食)カレーを食べたい…ということで、台風の中これまた最近近所にオープンしたばかりのカレー屋さんまでいそいそと出かけたら、休日のランチタイムなのに客皆無。
「いやあ、今日はもう店を開けようかどうしようか悩んだんですよー」とお店の方まで苦笑する始末。そ、そっか、こういう日はそういう恐れもあったのね!いやいや、開けててくれてラッキーでした…。台風の中わざわざ来てくださってありがとうございます、と、食後のアイスチャイをサービスして下さって、おお、天気に負けないといいことあるなぁと、ささやかな幸せを感じた今日この頃。
ちなみにお店はスリランカカレーのお店で、普段食べ歩いてるインドカレーよりさらっとしてスパイスが利いてるカレーでした。今日みたいな酒の残るすっきりしない胃腸具合のときに、なんて最適なカレー。南インド料理も最近、好き。また近所にいいお店が一つ増えたなーとほくほくと帰って、

カーテン開けてベランダ見たら、ずっとかけっぱなしだったベランダの鳩よけネットがぐちゃぐちゃになってて四方に垂れ下がっており、小雨残る中あわてて回収作業&かけ直し応急処置に追われてたとか、せっかくの幸福が相殺。

いやまあ…その程度の被害でまあまあ…ね…(自分を慰めてみる)。本格的な台風シーズンはこれからですが、今年はどうかなー?
台風到来
皆さん無事でつかー?

タカヤマの地域は雨よりも風のほうがすごくて、いろんなものが飛ばされまいかと戦々恐々としてます。早く通り過ぎるといいなーと思うのは、明日お出かけする予定があるから…(笑)。

けれど夕方、まだ降り始める前の空をたまたま見上げたら、ものすごい、早送りくらいの勢いで雲が流れていって、思わず見入ってしまいました。普段目にすることのなかなかない光景!地上から見上げてすごいなーはやいなーって思うくらいだから、上空ではいったいどんな速さで流れているのか。気になって仕方ない。
もっと別のことを気にしたほうがいいよと我ながら思う。(台風で窓ガラス割れませんように!)
執事とお嬢様とディナー
積本にしてた「謎/解きはディ/ナーのあ/とで」を漸く読み終わりました~。
初めての作家さんなのでつい積本…でもちょっと前に話題になったので読もう読もうとは思っていたのですー。

タイトルどおり推理小説なのですが、思ったのとはちょっと違ったかな。挿絵から勝手にもう少しラノベっぽいかと思いきや、普通に小説でした。少しだけ残念だったのが、一冊で一話の推理小説かと思っていたのが短編が六話入った小説だったこと…。

登場人物は実は大財閥の令嬢の下っ端刑事とその執事、それから令嬢の上司の三人がメインで、毎回上司と令嬢が首を捻る殺人事件を自宅でのディナータイムに執事に話して聞かせると、あら不思議、執事があっという間に事件の謎を解いてみせる、とかいうパターンの話が六つ…。
シリーズというか短編連作なのはそれはそれでも構わないのですが、令嬢も若い執事も上司も、メインキャラに絡む話が一度もなかったのが残念かなぁ。これがもし本当にシリーズもので今後も続刊するようなら、せっかくなので主要登場人物たちのバックボーンに絡めたお話が発展しても読み甲斐がありそうですが、メインキャラたちの背景には一切触れずに事件だけが発生してゆく、ある意味どこからでも読める作風がこの作者さんとこのシリーズの持ち味だというのなら、今後もそれはないかなぁ。他の作品を読んでないから断言はできませんが。
お嬢様なのに言葉遣いの悪い令嬢と、慇懃無礼なのにもほどがある毒舌執事のやり取りが面白いだけに、この二人にもっと焦点を当てて、ディナータイム以外にも現場にずかずか入り込んで謎解き出張してくれると面白いのにな、と思ってしまいます。

事件が発生して執事が自分の推理を話すまでが一作なので、その後犯人がどう捕まったかとか、どういう事情があって起きた殺人だったとかそういった人情の絡みそうな話は大胆にカットされてるのも、さくさく読める重くなりすぎない点かな。それが物足りないと感じる人もいるかもしれませんが、気軽に読めて物語より登場人物たちに印象が残る小説でした。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。