ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
抜歯してきました
昨日の夕方、抜歯してきました。
初めての麻酔。初めての親不知抜歯。すんごい緊張(笑)。まっすぐ抜けてる歯はあっという間でなんでもない抜歯だと聞いてはいましたが…ほんと、麻酔が効くまでの間待たされただけで、あっという間だった!
危惧でぐいーんと口を開いた状態で固定されて、あ、何か金物当たってぐいぐいやってるなと思ったら、知らない間に抜けてて、「ほら、こんなふうに虫歯になってたんですよー」と仰るお医者さんの声に目を開けてみたら、処置台の上に自分の歯があった、みたいな。
うお!はええ!
ガーゼを噛んで自然に血が止まるのを待つ…のでも問題ないそうですが、ワタシはヘタレなので怖い要素は一つでもないほうがいい、ということで抜いた傷口をレーザーで焼いて塞いでもらい、そちらも術後の出血は殆どなく、30分くらいしてガーゼを外した後は血も出ませんでした。
麻酔が切れる二時間後くらいから、人によっては痛みが気になったりするようで、化膿止めのほかに痛み止めも処方されましたが、タカヤマの場合、「ほっぺの内側噛んじゃったからじくじくするわー」程度の違和感のみで我慢できない痛みはなかったので、化膿止めだけ飲んで、でも染みたら現実を思い出してビビるだろうからその日はもう化膿止めの薬以外何も口に入れずに(お医者さんは反対の歯で噛めばご飯も普通に食べられますよと仰ってましたが)就寝。
起きた今日はほっぺたが腫れることもなく、ほんと、普通に朝ごはん食べられました。(口の中に残らない飲み込みやすい食材を選びはしますが)

おお、親不知抜くの、怖くないな…!

とはいえ、まっすぐ生えていただけの普通の歯だったので、まだ下に埋もれた歯があるのを忘れてはなりません。
これがきっと難関。削って砕いて歯ぐきを割いて(ごめんなさいこの表現!)抜くって言ってたので、きっと世間一般に恐れられている親不知処置後の傷みというのは、こちらで味わうことになるんでしょうな…。

ところで、四本の親不知を抜くペースですが、医者は別に化膿さえしなければ週に一本抜いてもいいし、別に緊急を要するような何か悪さしてるわけでもないので、のんびりペースで抜いてもいいよと言ってくれていて、それを今悩んでいるところです。
抜いた箇所の歯ぐきは個人差はあれど大体一か月~三か月で埋まって違和感なくなるそうですが、それを待ってから次の歯…とするのが安全策とは思いつつも、そうすると今年一年、常に口の中に気を使いながら生活をすることに。
それはちょっと面倒。考えるところが…。
そうすると、もはや来週あたりまっすぐに生えている歯を二本いっぺんに抜いて、GW前に横向きの難関を始末してしまい、今年のGWは両頬が腫れても寝て過ごせるよう無予定で寝込み、両奥歯の不在にひいこらいいながら五月いっぱいを過ごすのが、一気に片付いていいんじゃないかと…ですね…(極論過ぎる)。
ほんと、多少口の中に違和感があるくらいで、どっこも痛くないので、調子に乗ってそんなことを考える次第なのでした。
一番の予定と言えば、今唯一定期的に通っている毎日のジムのことで、抜歯した日は長風呂と運動は控えるように言われているので、できればジムの休館日に合わせて抜きたいなぁ。
何故って、一度理由をつけてさぼってしまうと、絶対に復帰できないものぐささが、ワタシには確実に存在するので(笑)。
さてさてどうしようかな…明日、消毒のためにまた歯医者さんへ行くので、それまでに決めたいところです。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。