FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
四国お花見ツアー
髪の毛の色の変わったけーちゃんを堪能したあとは、早めに就寝しました。だって、今日は朝から早起きしてせっせとお出掛けなんです。
前々から行きたい行きたい言ってて、漸く日程の都合が合ったので行って参りました、四国旅行!きゃー!
きっかけは冬の寒い日にミッコと「寒い、今日寒い、昼飯うどん食べたい。讃岐にうどん食べに行こう今から」とか呟いたのが発端だったのですが…春になっちゃったじゃない(笑)。でもまあいいや、四国丁度桜も満開ですしね!四国っていうか、正確には香川旅行なわけですが。(讃岐の国)
ワタシは人生二度目の四国上陸です。朝から元気よく出発して鳴門大橋を渡って徳島でブランチに徳島ラーメン食べようというT姉の言葉に従い徳島を目指すも、宝塚で渋滞にはまりまさかのお昼到着。普段から宝塚って慢性渋滞だけど、行楽渋滞も加わると半端ないですね!ちょっと甘く見てたよ。
四国初上陸のT姉とミッコが鳴門大橋で渦潮見たい!と言ってたのですが、時間が時間だったので、ちょうど渦潮の時間にはかち合わず、橋から下を覗き込んでいたけれど、残念ながら渦潮は見られなかったみたいです。ワタシが前に四国来たの、もう五年以上前の話なので定かではないですが、渦潮、今そんなにおっきいの見られない…ような?あれ?どうかな。(電波で適当な発言は控えてください)

まあともあれ徳島です!(魔法の接続詞)
四国入ったら盆地と遠くに山!っていう風景が延々広がってて見晴らしいいよー!と二人には言っておいたのですが、ほんと、久々に来た四国はとてもドライブに最適!お天気も良くて桜もちょうど盛り(というかもう終わりかけくらい)で気温も最適、すごくすごく清々しい一日の始まりです。
T姉が選んだ徳島ラーメンのお店は徳島駅から川沿いに向かってちょっと行ったお店。雑誌でもよく名前が載ってるお店でしたが、ちょうど到着した時間がよかったのと、ラーメン屋さんて回転いいんですね!運よく並ばずに入ることが出来ました。

100403_1157~0001

徳島ラーメンて初めて!叉焼乗っかってるのもあるのですが、基本豚バラが乗った焼肉風味の色の濃いラーメンで、大抵地元の方はご飯と一緒に食されるらしいです。食べ始める前は「そんな、麺と米のダブル炭水化物攻撃だなんて…」と遠巻きに眺める姿勢でしたが、目の前に並んだラーメンのスープを一口啜って納得!これはご飯と食べたくなる味ですね。
この肉ラーメンの上に更に叉焼をトッピングしたラーメンもあるみたいですが、豚バラがすでにたっぷりと乗っかっているので、ボリューム的にも大満足。モヤシと豚バラのコラボが最強ですよね~。
色は濃いですがどちらかというと焼肉のタレ的な味の追加のみで、本体はとんこつや背脂のようなくどさは一切ない鶏がらスープっぽい味です。ごめん、焼肉味が特徴的で、鶏がらスープなのか魚介出汁がベースなのかよくわかってないいい加減な舌(笑)。まあ美味しかったということで!

徳島ラーメンに舌鼓を打ったあとは、意気揚々と徳島海上保安部へ!そうです、主にこの二人が揃うと、海的な方向の船的な参拝は外せなくなるのです(笑)。
合同庁舎よりお船の方が先に見つかったけれど、よかった、穏やかな気候だったためか、ちゃんと港に接舷してらっしゃいました。
その後合同庁舎も発見。と、思ったら、合同庁舎よりも、その裏の公園のほうに我々の眼が釘付けです。

100403_1309~0001

なにこれ…!なにこれなにこれ…!
徳島の公園に馬鹿デカイ狸がいた…!
公園は桜が満開。キャッチボールをして遊ぶ親子連れなどがいらっしゃいます。その中の一組が狸の像の前でなにやら手を叩いています。タカヤマ思わず「たんたんたぬきの~」と歌ってしまった。
すると、なんということでしょう(マイブーム・ビフォアフ風ナレーション)。物言わぬ銅像の背後から、大量の滝が流れてくるではありませんか!
うおー!すげー!巨大狸の銅像だけでも目を疑ったのに、更にセンサーがついてて手を鳴らすと背後から滝が流れてくるー!なにこれ、血税が正しい方向で使われた特例?
喜び勇んでミッコも同じように手を叩いてみますが、狸、まさかの無反応。超スルーされた。狸、この鬼畜生徒会長相手によくまあそんな恐ろしいまねを。そうか、これが部落差別(県庁前に張ってあった標語)。いや、狸があれだよ、ロリコンだったんだよ、子供の肉しか食べないんだよ、子供の肉食って化けダヌキになるために、子供にしか阿らないんだよ…とミッコを慰めるも、きっと清い心の持ち主にしか反応しないセンサーだったに違いないと思っています。違ってもそう思ってます。その方が面白いから。

思わぬ狸との出会いに徳島の県民性を垣間見つつ、おおいにほっこりした気分にさせて頂いたあとは今度は香川方面へ。ある意味、旅の主旨とも言うべき讃岐うどんを食べに参ります!ちょい時間がずれ込んだものだから、お昼っていうかうっかり三時のおやつな時間ですが、ま、うどんくらいちゅるんと入るよね!という幻想のもとに。
雑誌、口コミ、テレビでそれこそ色んな讃岐うどんの名店が紹介されてらっしゃいますが、我々が今回選んだのは高松方面に向かう途中、インター近くにあるお店です。何故ってこちら、穴子天が美味しいらしいので(笑)。完全なる独断と偏見により、ワタシチョイス!
お昼の営業時間ギリギリになりましたが、なんとか到着。時間を外していたので、こちらもするんと入れます。
うどんの食べ方さえ知らない素人、かけ、ざる、ぶっかけ、と言われて、一番最初に書いてあったかけうどんをそのまま注文。もう少し暑くなってきたら断然ざるうどんがいいですよねー。

100403_1439~0001

うどん登場ー!ほこほこの湯気と透明なだし汁とその上にのっかった穴子天ー!
瀬戸内の穴子はべえすけという名前で呼ばれているそうです。他の地区の穴子より肉厚で、と説明してありましたが、養殖じゃなくてまさかの時期外れな天然なのかなあ。脂がたっぷり乗ったあっつあつ揚げたての穴子天、タカヤマ、つい我慢がならず…。

100403_1448~0001

追加。皆まで言うな。
このひとほんの三時間前に徳島でラーメン食べたばっかりですよ。いやいやね、ほら、かけうどんにしちゃったから穴子が汁インでね、ワタシかりかりの衣のままの穴子天も食べたかったからサ!追加のオーダー撮ってくれたお店の人にまで再確認されちゃった。穴子天うどん、穴子追加って聞いたことないオーダーを。
でもやっぱり最後は苦しくなってううってなるオチ。天ぷらそばのときも同じ事を繰り返した気がします。食に関してとことん学習しない生き物だな…。
うどんは普段食べてるおうどんより若干麺が固めでした。コシがあるって表現するの?汁は素朴で美味しかった!熱々で汁までは飲み干せませんでしたが…。
製麺所でセルフで食べるうどんにもちょっと憧れてたけれど、それはまた機会があったら、ということで。本場のうどんを食べれたこともそうだけれど、瀬戸内の穴子を食べたことも嬉しい!着々と日本の穴子を制したい。

さてさて、ダブル麺類に胃が圧迫されたあとは、再び見晴らしのいい、休日とは思えない快適な高速に乗って高松で途中下車し、高松海上保安部へ。
こっちはコンビナートみたいな埠頭のわりとど真ん中にあって、あっ、すみっこ族の海保が優遇されて…?と思ったのもつかの間、我々の眼を信じがたい光景が襲います。

100403_1604~0001

海保の船じゃないよ。問題はそこじゃないよ。
背後の観覧車。その下の看板「本」。そう、本。本屋の屋上になぜ観覧車…?!ていうか、あの巨大なビル全部本屋なの…?!
海保にきゃっきゃする二人を尻目に、あの強烈な光景のが気になって仕方のないタカヤマ某。そっと本屋にも行ってみたらば、品揃えのいい四階建て?くらいの、でも普通の本屋さんでした…。でも屋上にアミューズメントあって、中には飲食店も入ってて、もうちょっとこれ、図書館みたいに一日中いられるよね…と心から思った…。こんな工業地域にぽつんとある大型書店…。何たる香川の心意気…。
あとは早売りジャンを売ってくれたら、ワタシ、宮○社長に握手を求めにゆくぜ、と思いつつ、向かいの卸売りセンターには入荷されていたけれど(山積みにされてた!)当然ながら発売日前なので書店のほうには並んでないのでした。がっかり。でも凄い大きい本屋さんです。四国で有名な本屋さんなのかしら…。
四国で思い出した。(唐突)
銀行名って大抵略すじゃないですが。信金とかも。徳島信用金庫なら「とくしん」のように。
で、四国銀行ってなんて略すんでしょうかね。教えて偉い人。ワタシが「しぎん」って略したら、「他の響きを思い出すよ」と突っ込まれた。でもミッコは「しこぎん」と呼んだ。そっちのがよっぽど他の何かを彷彿とさせますがな(笑)。旅行中ずっと気になってた。UFJみたいに「これ以上略しません」という答えが待っていそうな気がします。

高松のお船を見たら、あとは一路本日のホテルへ。二日目はこんぴらさんへゆくので、丸亀のホテルで宿泊です。リゾートホテルなのかな?室内プールとか遊園地が併設されてて、先ほどの本屋さんが印象に残っていたので「香川はアミューズメントパークを併設するお国柄なんだろうか…」と思ったことは心のどこかにそっとしまっておく。
因みに屋内プール裸族でいいですかと言ったらダメですといわれたので、折角のリゾートプールですが未踏で終わりました。我々大抵強行軍の旅行してるから、夕食の時間に間に合っただけでもまあ奇跡だよ…。充分だよ…。
ゆったり温泉に入って途中買ってきたケーキなんぞをツマミに酒を呑みつつ、今日から丁度地上波が始まる新ビバヒルを見て(懐かしすぎるビバヒル!!)就寝したのでした。なんたる健全な旅行。ていうか、今更ビバヒルリバイバルって。ケリーが出ててわー懐かしい!ってなった。
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/07(水) 20:42:18 | | #[ 編集]
確かに!
そんな感じの説明看板が立ってました!
あわおどり空港も出来たことだし、もう徳島の県民性ってことでいんじゃね?<踊りが なんてことも言ってましたが…(笑)。
偶然にも世界一に出会えることが出来て楽しかったです!
にしても、先生、お詳しくてらっしゃいますね…!
2010/04/08(木) 13:19:12 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.