FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
貴腐人の集い2010 3
と、酒を呑みスパナチュを堪能した三日間、そうそう、このホテル映画が無料で見られるのですよ。久々にマンマミーアとか見てた。新作もガンガン入ってて、DVD持ち寄らなくても一通りの時間を潰せるくらい充実しております。
三日目は朝テラスで優雅に朝ごはん食べようと思ったらついに雨、という残念ぶりでしたが、それでも初日と二日目に降られなくてよかった!
神戸の夜景も綺麗だったし、海沿いなのに潮風も気にならなかったし、やっぱり立地的にもいい場所のいいホテルでした。機会があったらまた是非利用したいくらいです。

さてさて三日目、貴腐人の会のお姉さま方とお別れし、帰りがてら神戸の美食を堪能しつつ京都まで足を伸ばして花見して帰ろうと思っていたのですが、あまりの雨っぷりにすべてが嫌になり(なんかもう雨だと車から降りて傘を差して出歩く行程がとてもとても憂鬱になるのです…)大半すっとばしてしまいました。折角のアフターだったのに…。
神戸の美食はまた今度にでも楽しむことにして、高速乗ってドライブがてら京都へ。
目指すお店は祇園で有名な天麩羅屋さんなのですが(そうです、またも穴子の人です)、ランチタイム始まってすぐに行列、品切れ次第終了、と聞いていたので間に合うかなー?とせっせと向かいましたが…。

100412_1153~0001

ランチタイムセーフ!
かき揚げ丼が有名なお店で、これまた穴子天を頼むワタシ。
カウンターのみのそう広くないお店も、祇園という場所柄とても小奇麗なつくりです。でも篭った場所にあるから一日中天麩羅の匂いが充満してる感じ。ここで板前やってたら、もう匂いだけで胸焼けしちゃうよね、きっと。
修学旅行生らしき中学生の男の子たちがもりもりと天丼食べていたけれど、最近の中学生は修学旅行で天丼の店を選ぶのか…!とそのチョイスにちょっと衝撃。というか、最近の修学旅行はこんな新学期始まってすぐの時期に行われるのですかね。二週間じゃ、グループ作りも手探りでしょうに…と余計なことを考えつつ、穴子を完食。甘いタレがジャストな味わいの穴子天でございました。
なんか見てたら二度揚げしてる部分もあったりしたので(ひょっとしたら油の具合で偶然そうだったのかもしれないけれど)、タレをかけていないかりっとした食感の穴子も食べてみたかったかなぁ。

ところで祇園の有名店ということで敷居が高いのかと思いきや。
ワタシの隣に座ったご夫人方が団体さんに席を譲って差し上げたのですが、そのお礼に、と店主さんから天麩羅がサービスされているのを見て、なんて気配りの行き届いたお店なんだ…!と一気に親しみを覚えてしまいました。
カウンターで店主が一人で切り盛りしているので、けして回転が早いとはいえないお店ですが、それでもその場所から店内のすべてを見通して、いらっしゃいませ、ありがとうございました、と声を掛けるのも忘れないその気遣い、そういうのがなんていうか、食べてても気持ちのいいお店っていうものですよね。
でもご夫人、三本乗った穴子天をオーダーなさって、サービスで穴子天二本を後から頂いて、「あらあ、かき揚げ丼にすればよかったわー」なんて冗談で笑ってらっしゃいました。確かに、穴子5本は好きな人以外は多いって思っちゃうよね(笑)。

さてさて、天麩羅を頂いてお腹も心もほっこりした後は、雨が降っているのでもうまっすぐ帰ろうかな…と思わないこともなかったのですが、京都の桜の中でも一番見たかった仁和寺がそろそろ見頃のようなので、悩みつつ仁和寺へと向かいます。
あ、途中出町柳でいつもの豆餅買うのも忘れない(笑)。これ鉄板。穴子を食べた後なので向かいの甘味屋さんで餡蜜は食べなかったけれど、今の時期包装紙が桜で感動してしまった。

100412_1343~0001

可愛い!
もう、こういうちょっとした時節物、大好き!
で、雨の中花見してもなーとうだうだしつつ仁和寺へと向かったのですが、行ってみたら山門の前にでかでかと「御室桜 満開」の立て看板が。

100412_1256~0001

満開!満開!ついに遅咲きの御室桜が満開!
この機会を逃がしたら今後御室桜が満開の時期に京都へというか、仁和寺までわざわざ足を運ぶか、いや来るまい、との自己葛藤わずか三秒で、仁和寺の目の前のコインパーキングに車を突っ込んで傘さしてるんたったと山門潜ってました。(あんなジャストミートの場所にパーキング作った人、グッジョブ)
結果から言えば、雨が残念でならなかったけれど、御室桜を見ることが出来て本当に本当に満足です!!!

100412_1305~0001

100412_1306~0002

御室桜。
墨染くらいというか、薄紅という言葉さえもまだ生温いくらい、「白い」桜。
八重桜よりもおおびらで美しい花弁。まるでフレアスカートのようにふわふわとしたフォルム。なんたる可愛さ。ヤツは自分が可愛いことを知っている。知っていてなお、人間に媚びない清楚さ…!
タカヤマさんもう桜に向かって何言ってるの。
ごめんなさい、それくらい感動しました。初めて見たの御室桜。超可愛い。
晴れてさえいればこの桜の下で抹茶を啜って何時間でも眺めていたいくらいなのですが、残念ながらの雨でお座敷も屋根のある場所に限られてしまいます。(晴れていると御室桜の下にベンチが設けられます)
仁和寺、京都の桜の満開の時期からは少し外れているはずですが、それでも御室桜以外にも境内のそこここに桜が満開で、きっとこの雨で全部散ってしまうかと思われますが、それでも色んな桜を堪能できて、雨だけれどきてよかったと思える場所でした。
仁和寺の桜、ずっと見たかった。長年の夢が叶って幸せです。
京都の桜は他にも、いえ、京都以外にも桜が美しい場所はあるかと思いますので、来年はまた来年の桜をとても楽しみにしています。
四季のある国に生まれてよかった。他の季節もそれぞれに浮かれますが、やっぱり四月の桜も外せない。桜の国、日本。なんて美しい字面。うっとり。桜っていう漢字自体がもう例えようもないくらい美しいバランスの字だよね。

と、すっかり見も心も萌えも情緒も楽しませていただいた三日間は、こうして今年も閉幕いたしました。
貴腐人の集い、なんて行事を毎年開催できるのも一緒に楽しんでくださる方がいらしてこそ。先生方、今年も大変お世話になりました!そしてお土産、超嬉しかったですありがとうございます。頂いたママレードももりもり食べさせていただいておりますよ。次回も先生方のお酒のチョイスを勉強させて頂きます。笑!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.