FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
ジャンねたばれの日~!
さてさてさて、昨日は本当は車で出かけるの、嫌だったんだ。ほら、前々日の傷がね、補修出来ないままでだなんて、生き恥を晒すようなものですからね。
というわけで、千葉帰りの今日、本当ならば夕方くらいまで惰眠を貪っていたかったのだけれど、気力で昼(…)には起きてお天気がよかったので駐車場で一日愛車と向かい合う日でした。
改めて、…酷い。こんな酷い擦り傷初めてだ。擦り傷だけだと思って諦めて研磨してたら実は凹んでたというオチ付で余計に落ち込む。
マイカなので研磨したら濁った。当然です。仕方ないのでおじゃんぷ買いに行くついでに近所のカーショップでミラーコートを購入。ショップの人に「これかなり頑張って何度も擦ってくださいね」と言われて、おいおいこの炎天下の下いったいどれだけ人に労力を費やさせるつもりか、と思った。
仕方ない、全部ぶつけた自分が悪い。
しかしながら液体コートで磨いたら鏡のようにぴっかぴかになったので、腕の痺れも忘れて大満足でした。昔から目に見える結果が出ることに満足感を覚える人種です。ただ陽射しのきつい真昼間にやることじゃないよね。これまた目に見えて腕がTシャツ焼けしてる

なんだな、これで梅雨明けしたら再塗装するかなー。それでも目立つようならもう諦めてパーツ交換してもらうか…。

うだうだと考えながらジャンプ読み始めたら、あっというまに夕方でした。いつもそうだけど、こうして一日があっという間に終わってゆく…。生きるのが大変…。

以下ジャンねたばれ感想でーす。
ワンピ!
もう一番に開いて読むクセが抜けなくなりつつあるワンピ!
過去回想編最終話だった。そしてやっぱりサボが生きてた。革命軍か…となると今度はどうしてエースを助けに来てくれなかったのかというのも気になるところですが、それは今後の彼の再登場を待とう。絶対に理由があるはずだから。
エースは包み隠さず「サボにも頼まれたことだし」とルヒを唯一の弟として認識して育てる気のようでした。育てるっていうか、エースもルヒとの距離をこうやって手探りで探していったんだなぁと判る。初めからなにもかも完璧に出来なくて、だからたまに失敗して死ぬほど後悔してガクブルしちゃうんだけど、でもそれを差し置いてもあのエースが冗談でも「サボじゃなくておれのほうが死ねばよかったってか」とか言えちゃうことに愕然とした。それだけでもルヒの存在が、なんていうかな、エースにとってサボとはまったく違った意味で意味のあるものだったんだと思えた。
明確な何かはもうあれ以上ないけれど、そしてその成長過程すべてを見せろと心からオダエーに電波を送ってみたけれど叶うことは無く(当たり前です)、エース出航。
17歳の光り輝くエースの笑顔を見て、またもタカヤマさん驚愕。
こ、この光り輝く美しく途方もなく可愛い笑顔をしたエンジェルが、もう死 ん じ ゃ っ て る ん だ…ぜ…!(ぶわわっ)
この世にもういないとかなにそれ本気?なんの悪夢。改めて思った。
だからラストシーンの号泣するルヒに深く深く同情。そうだよね、エースを守りきれなかったこと、もう一生悔やんでも悔やみきれないよね…。
その辺次週以降も目が離せない辺りですが、今週はまだ黙ろう。
そして振り返ろう。ダダンへの愛を(え?)。
ダダンいいやつ…!いいひと…!なんて憎めない山賊。エースもルヒもなんだかんだとダダンのことを育ての親として、完璧でも心を許した相手でさえないけれど、でもちゃんと個人として認識してたようです。うう、いい子たち、そしていい山賊たち…。彼らはあの国で今も無事なんだろうか。村長さんたちが無事だからきっと大丈夫とか思うのは早計だろうか。でも再登場とかしてもいいと思う。ダダンにあったらよろしくってエースからも伝言頼まれてるし。
エースのあの繕った礼儀正さの源は要するにそこなんですねマキノさあぁぁああああん!と吠えたよ思わず。まあ要するにサボという隠し切れない存在が根底にあるわけだけれど、でもルヒを弟と認識してるからこそくる発想なわけで、そのへんも愛しさに悶え転がりそうです。もうD兄弟のすべてに悶える。すべてが奇跡の宝物のように感じられる。
だからこそ、この二人にこれ以上未来がないとか…とか…っ、う、やっぱり駄目!無理!
今週号はほんと、嬉しいけど痛い。心が痛い。
まだ暫くじくじくした痛みを抱えつつ、次週を待ちたいと思います。

鰤。
カラーが相変わらず素敵。
先週たつきちゃんが再登場してやほー!とか言ってたら早速藍染様に目をつけられちゃってどうしたら。
たつきちゃんがあんまり酷い目に合わないといいなと心から思う。
そして天鎖残月がうっかりここにいないはずの兄様に見えた件。

保健室。
先生がやっぱり怒ったやほー!
先生は怒ると思ったよー。敵の能力が判明してさて次週、子供達はこれ以上出てくるのかな…。本好くんが「長所」を失ってどうなったのか、ちょっと出てきて欲しかった。

サイレン。
おばあちゃん…!エルモアついに未来でも死んじゃった。悲しいはずなのにおばあちゃんのベッドに乗っかってるフレデリカの後姿になぜか笑えてしまった。不謹慎で申し訳ない。でもフレデリカ、ミニスカでそんな格好しちゃ駄目よ。

復活。
スーツ姿は外せない萌え要素の一つです。G氏が十代目の右腕として全配下に認識されるような事態が発生してもいいのではないかと思われ。
そして山本が一命を取り留めても歩けないといわれたこともきっとどうにかして奇跡が起きると思われ。

バスケ。
黒子の昔の男ばかり出てきて今彼のほうは本当にいつもやきもきする展開が鉄板だな!と思っていたら、なんと彼氏のほうにも昔の男が出てきた。
これはほんと、お互いの現在の絆を試す漫画である。
いいえバスケ漫画ですよタカヤマさん

ぎんたま。
今後願うことはただ一つ。妙九的展開である。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.