FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
夏コミお疲れ様でした~!
帰ってきたよ!
夏コミ三連戦参加なさったすべての方、お疲れ様でした~!
タカヤマ的にはなんかもう、イベントの思い出より暴飲暴食の思い出しかない具合はこれ、毎年酷暑で朦朧として過ごすからかな…?!
でも今年は台風の影響で初日と二日目は多少曇っていた印象です。中は熱気で暑かったけどね。東京に行くと毎年、夜が出歩いてても涼しくて快適…。これが西だとこうはいかんぜよ…。

100813_1353~0001

行きに静岡で穴子が食べられなかったので(売り切れてた)、初日我慢できず、一人でこっそり会場から築地に行って穴子食べてました。で、思ったよ、夏で暑かったというのを抜きにしても、もうそろそろ築地のデカ盛りは卒業ではないかと…ね…。天麩羅半分食べたところで終了のフラグとか情けなさ過ぎる。けれどその日の夜は池袋で呑んでたので、相変わらず酒と甘味は別腹です。

100814_1215~0001

坦々麺ブームが来てるので、二日目のお昼に館内の中華料理屋さんで食べた坦々麺。胡麻のねっとり感が全然なかったけど、辛さは確かに!という感じで、T姉とか好きかもしれない。ただどこぞのちゃんぽん麺のように食べても食べても麺がなくならなくて(そして辛くて)、結局ミッコに半分食べてもらった…。ミッコえらい…。

100814_1546~0001

二日目の夜ご飯。
繰り返します、夜ご飯です。アンミラでパーツ買い。
これと酒ね。持参したのと現地で買ったのと。ケーキに酒ってどんだけ!と呆れたT姉は一人まっとうな夕食を食べに出かけました(笑)。ワタシとミッコはこれで充分夕ご飯になっちゃうのさ…。
そうそう、今回会長のお導きで品川のホテルに泊まってたのですが、あれだけ憎々しく思ってた二日目の花火大会が、ホテルから一望できて大興奮!高層階だったのが幸いしました。高台のホテルでよかった!まさに会長のお導き!
実は何気に花火大会とか大好きな人です…。無心で最初から最後まで見続けた。涼しいホテルの部屋から眺める花火、楽でいいねえ。現地にいたら大変過ぎて見物どころじゃない。

三日目!
三日目は用事がなかったので、イベント終わるまでの時間潰しに千葉リベンジでした。
穴子がね、初日に挫折した穴子をね、もう一度今度こそ千葉で味わっておきたかったの!

100815_1007~0001

三日目に選んだのは富津の穴子です。ここの穴子食べたかったんだ~。今朝漁に出て水揚げしてきたばかりという穴子は新鮮すぎて、ぷりぷりです。ひとによっては生臭さが若干気になるとか、骨の処理が気になるかもしれませんが、今までで一番大きくてプリプリの穴子だった…。揚げたてがすっごく美味しくて、ご飯にはタレが掛かってるんだけど、穴子はよかったら塩で召し上がってね、と言われて塩つけて食べたら本当に美味しかった。ちゃんとタレも追加で用意してくださるので、一本は塩で二本目はタレで、という食べ方も出来ます。一挙両得!塩で食べる天麩羅って揚げたてだと美味しいよねー!
朝の10時から食べるものじゃないけど(笑)、大満足です。女の子だと多分、ご飯の量が少し控え目に出してもらえるのではないかと勝手に思ってる。だって「食べ切れなかったらお持ち帰り出来ますからね」ってパックまで用意してくださった…いえいえ、朝の10時からぺろっと平らげれる呆れた胃の持ち主なので、お気使いなく…ご飯さえ少なければ、穴子は入るんだ…。
そうそう、富津に行ったついでに東京湾観音も眺めてきました。

100815_0841~0001

眺めてきたっていうか、現地に行ったら東京湾観音がでかすぎて、ご存知ですか奥様、これ19階建てなんだよ。

100815_0852~0001

エスカレーターないんだよ。無理だ。普通に無理だ。二日間イベントで酷使した筋肉痛の身体にそんな荒行無理だ。
というわけで、景色だけ眺めて御朱印頂戴して、勇気ある撤退です…。

後はこれまた前回食べ損ねた中パンのレーズンパンを、漸く、漸く頂きました。開店と同時に入ったからラインナップも豊富だったけど、レーズンパンだけ大量買いして終わった。笑。
でもこれで中パンもクリアーで満足!中パンのレーズンパンはアンパンの餡の代わりに中央にぎっしりとレーズンの塊が入ったパンで、レーズン好きな方にはほんと、たまらないパンだと思う。そして洩れなくレーズン好きのタカヤマです。うふ。

なんだこれ食レポートしかしてねえな(笑)。高速は思ったほど渋滞してなかった。多分時間帯がよかったんだと思う。渋滞区間をT姉に運転代わってもらった人間のいうことじゃございませんが(笑)。
夏のイベントは冬コミの申し込みが終わって大阪を過ぎるまでがイベントだよね。大阪では何食べようかな…(食か)。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.