FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
島根旅行一日目
ある日突然、「はっ!むしょうに今すぐ出雲大社行きたいじゃん!」と思い立ち、それが二日経っても収まらなかったので、もう行くしか、とT姉に相談したところ、付き合ってくれるというので早速ネットで検索検索。
うちから島根県の出雲大社に行こうとすると、最寄の出雲空港への直行便は出てなくて、米子空港経由になるんですよねー。でもT姉と都合の合う日を調べてみたら航空券とホテルがパックになってるようなのはもう全然取れないの!
さすが本家出雲大社…年がら年中混雑なのね!とその時は思ったんだけど、後から調べてみたら11月は旧暦の10月にあたり、10月は一般には神無月と呼ばれていますが、日本中から神様がいなくなって出雲に集まるとされているため、出雲では旧暦の10月(つまり11月)を神在月と呼んで、日本中の神様が集まる月といわれているそうなんです。
あー、だから余計にどこも満席満室なのねー。
というわけで、飛行機を取ろうとすると日程が限られ、またT姉と合わせようとすると更に先延ばしになってしまいそうなので、思い立ったら即実行のワタシは飛行機と同行者を諦め、一人で長距離運転覚悟で車でゆくことにしましたー。

何年か前に手前の米子(水木しげるロード)までなら友達と車で旅行したことがあるから、まあいけるかなあって適当です。一人だと全部が自分の責任の代わりに自分のペースなので、一人旅もお好きですよ!
事前に決めていたのは出雲大社参拝とご当地グルメ、あとはさすがに宿泊の予約くらいはしていきましたが、その程度。お天気が悪かったりしたら順延すればいいよねーくらいの気楽さで出発!
事前にナビタイムで恐ろしい到着予定時刻が表示されていたので、日中仮眠を取って真夜中のスタートです。
中国道走るの久しぶり!でも折角の山間部なのに真夜中!笑!
工事区間があっても特に渋滞してる場所もなく、休憩するほども疲れず、するっと辿り着いた島根県。事前に調べた時間より二時間も早く辿り着いてしまったので(快適なドライブ過ぎた)、あんまり混んでない朝一番に出雲大社に特攻かけるつもりでしたが、ちょっと予定を変更して出雲大社から更に車で20分ほどドライブした日本海側の先端にある日御碕神社というところに行ってみることにしました。
でもこれがね、近くにいくにつれて笑っちゃった!
行ったことないわー、初めての場所だわーと思って選んだ日御碕神社ですが、道に見覚えがある。さらには手前の駐車場まで辿り着いて「ああ!来た事ある!!」と愕然。
何年か前に広島旅行の途中に抜け出してリエ先輩と二人で出雲大社に行ったのですが、そのときついでに日御碕神社まで辿り着いてたんだなぁ…!すっかり忘れてはじめてのお寺と思っておりましたよ。
そんなに昔の話じゃないはずなのに、行ったことある場所を忘れてしまうなんて!ちょっとショックだけど、笑い話です。

101016_0741~0001

日御碕神社は朱塗りのお堂がとても素敵な海沿いのお寺です。早朝なので社務所とかまだ開いてなくて御朱印頂いてないのですが、ついでに日本海の沿岸を朝のお散歩。長距離運転で固まってた身体を解して一日の旅の無事を祈願です!
さてさて、せっかくだから出雲大社に戻る前に最寄のお寺は他にあったかしらと地図を見てみたら(巡礼マップというものがあった)、車で少し行った山中に一件発見!
というわけで、次はそちらへゴー。まあ予定では出雲大社に行きたい!の一心で出発した旅でしたが、こういうアバウトさが個人旅行の気軽さです。
そうやってたどり着いた二つ目のお寺は鰐淵寺さん。わにぶちでらって読んだけど、がくえんじ、と仰るのよ(笑)。
実は山中の駐車場から山門まで結構歩く距離があったので、せっかちなワタシは「えー」と少々面倒くさがっていたのですが、その駐車場にこのような石碑が。

101016_0839~0001

行くしか。

ベンジャミン弁慶さんに関わる土地だと仰るなら!ええ!
駐車場より先は車は進入禁止ですが、心地よい山道が10分ほど続きます。道沿いの小川が綺麗なので、飽きずに歩けますよー。

101016_0857~0001

お寺に到着して100数段の石段を登って参拝。本堂の横にこのようなものが…。

101016_0900~0001

弁慶さんが大山より一夜にして運んだといわれている鐘です。ベンジャミンは色んな伝説を残してるのね…まあ弁慶さん複数説なんてものもありましたしね…。
参拝を終えて本坊のほうへ。じつは神社と違ってお寺で御朱印をいただくのってちょっと敷居が高く感じられてしまうのですが、折角の素敵なお寺なのでと呼び鈴を鳴らして訪問。
そしたら奥さんらしき方が丁寧に応対してくださって、お待ちになる間お菓子でもどうぞ、だなんて!
なんたるお心使い。朝からじんわり感動。そしてこの感動はこの旅行中ずっと続くのですよ!

重々にお礼してお寺を辞した後、山道歩いてたら蛇に出くわした。山で蛇ってなんか当たり前のシチュだけどお寺帰りだと神聖な生き物に見えるので、人間はつくづく不思議な生き物です。思わず合掌しちゃった。笑。

さて、今度こそ出雲大社に行こうと思いましたが、ナビがね、同じ道を戻れと仰るのですよ。いやいやいや、旅において同じ道を戻るとか、ありませんから。というわけで、戻らずに山を下って迂回するルートで出雲大社を目指します。ドライブドライブ!
その途中で島根ワイナリーという、名産品のデラウェアを使ってワインを造ってる有名な製造工場の前を通りました。
実はね、この島根ワイナリー、この土日にワイン祭りというお祭りを開催していたのです。なんか島根牛も食べれるレストランがあるとのことで、出雲大社参拝後のランチはここで頂こうかなーと思ってたのですが、丁度目の前を通ったのでなんとなく立ち寄ってみる。
これが大正解!
まだ10時前だったにも関わらず、駐車場には続々と車が入ってきて、あっという間に満車になってしまいました。ワイン祭り、無料試飲のほかに販売、物産展、屋台が並んでイベント、特撮ショーなんてものまで予定されてる大きなお祭り!
ワタシが気になってた島根牛のお店もあっという間にランチタイムの予約整理券を発行するための行列が出来てたので、ワタシも便乗して並んでみました。そしたら、結局一時間並んでしまうハメに。ああ、ここまで並んだんだから絶対に食べるよ島根牛(数量限定)…と貰った整理券をみたら、予約指定時間が14時半から。これはもしかしなくても凄いお祭りだったの?
これでこの時間まで出雲地区を離れられないことが決定。

ですがこの島根ワイナリー、立派な観光地らしくって路線バスが通ってるのですが、それを使って出雲大社までゆけるので、混雑の中車で移動するより、駐車場に車を置きっぱなしにして予約の時間までバスで出雲大社を参拝することに変更。
これがまた大正解で、日中の出雲大社は近隣の道も当然駐車場もものすごい混雑で待機列がまんじりとも動きません。車で来てたら二重に困ってただろうなー。
大社を参拝する前に、そろそろ小腹が空いてきた…と思ったので、神前通りのお店でぜんざいを頂きました。

101016_1141~0001

実は出雲、ぜんざい発祥の土地でもあるのです。
神様にお供えする神在餅(じんざいもち)=ぜんざい、に起因してるんですって。
そんなわけで、その基本の出雲ぜんざいが本日の朝ごはん!
ぜんざいってちょっと甘すぎて重いなって方もいらっしゃるかと思いますが、出雲のおぜんざいはとってもするりさらりとした味わいのおぜんざいでしたよ!白玉もつきたてかってくらい柔らかくて、いくらでも食べれそうなくらい美味しかったです。お茶請けにお漬物がついてるのも、口がさっぱりしていいな。
美味しく完食!ご馳走様でした。
さて、お腹が満足した後は今度こそ、本来の目的地出雲大社を参拝です。

101016_1151~0001

今現在ちょっと大社の改修工事とかしてて、あまり撮影向きではないので門前のみ。
車の渋滞も凄いですが、参拝客ももちろん凄い数です。伊勢神宮や日光東照宮もそうですが、心を癒されに参拝にきて逆にちょっと疲れちゃう場合もあるのですが、こちらはそこまで疲れないし人が一杯でも騒がしくもありません。なんでしょうね?修学旅行客とか若い子が全然いなかったなーと、今こうして思い返してて思い当たりました。それかな?
参拝後、最近はもうお参りして御朱印をいただく程度だったのですが、厄除け守りが真っ白で綺麗で可愛かったので思わず買っちゃった!来年返納に来れる自信がない…。
あと前述のとおり大社が改修中なのですが、改修中でも見学できる日などもあるような話を聞いたので、折角だから参拝なさる方は一度HPで調べてみてからゆかれるのもいいかもしれません。改修終わった姿もみたいけど、その過程も貴重なチャンスよね、と思われる方向き、かな?

さて、本殿参拝後は、本殿よりある意味有名で写真なんかでも良く見る、神楽殿を参拝!

101016_1211~0001

前お参りしたときもそうだったけど、今日も今日とて大注連縄にお賽銭を突き刺そうと、真下から勢いよく投げつける人たちが後を絶ちません。願いが叶うっていわれてるんですって。ワタシはぶきっちょだし、願いが叶わなかったら悲しいので試したことはないですが…。
まだこの先人生の中で出雲大社に参拝することがあったら、一度くらいは試してみるかなー。そういえば、他の神社でも同じように注連縄にお賽銭刺してる人を見かけたことがありますが、日御碕神社をすっかりさっぱり忘れてたこの誇るべき脳みそをもって、どこの話か忘れてしまいました。合掌。

さてさて、参拝をした後は大通りを下ります。大社前って映画で有名になった一畑電車が通ってるんですよねー。鉄分ないんですが、おみやげ物屋を覗きついでに駅までてくてく歩いてみました。島根ワイナリーの予約時間まで他に観光しようかなーと気軽な気分で移動しようかと思ったのですが、行ってみてびっくり!電車がね、一時間に一本とかなの。途中JRで乗り換えもあるんだけど、そっちも各駅は似たような運行。す、すごいな、これが公共機関の生命線…!バスもそう頻繁にあるわけではないので、出雲市の方の交通手段は主に車なのかもしれません。
観光案内所の方とああでもないこうでもないと話し合った結果、結局移動しても大変そうなので地元の方に人気との評判のお蕎麦屋さんでお昼を頂くことに。
ほんの一時間前にぜんざい食べたばっかりで、さらにはほんの二時間後に島根牛の予定だから本当は自重しなくちゃいけなかったんですけどね…!
ですが教えて頂いたお店は地元の人にも人気、との言葉通りちょっと離れた場所にあって待ち時間も長かったですが、三段の出雲蕎麦はちゃんと美味しかったです。
出雲蕎麦、くったどー!ということで(^-^)

もういい加減にしなくては、ということで腹ごなしに大社からワイナリーまでの道をてくてくと歩く。二キロくらいかなー。結局途中でシャトルバスが通ったので乗ってしまいましたが(笑)。楽することには抜かりないタカヤマ。腹ごなしはどうした。

そして戻ったワイナリーで物産展など見つつ、あっ、しまった、出雲大社行く前くらいだったらワインの試飲してもアルコール抜けるくらい時間が経ってたのに!と心から後悔しつつ、ノンアルコール飲料の試飲で慰められる今日。
予約の時間になって、漸く島根牛にご対面です。
このワイン祭りのランチ、ものすごい人気みたいで1200食用意されてたそうですがあっというまに整理券完売!
でも渡されたバーベキューセットを見て大納得。ワンコイン500円というお値段で、島根牛と豚肉がそれぞれ一人前ずつ(焼肉屋で一皿頼んで大体乗ってるだけの量)に、キャベツ、玉葱、もやし、ピーマン、かぼちゃのお野菜セット。それになんと白米握りが二個!もついて、さらには看板商品のぶどうジュースが呑み放題で500円です。
ワタシ、ワンコインだと思って凄い侮ってた。お蕎麦とか食べちゃダメだった!

101016_1429~0001

普通に食べてもものすごい大満足の一人前の量。お肉を食べ終えた時点でワタシがグロッキーしたのはいうまでもありません。オニギリ二個とか、なんたる…なんたる満足度重視のお心遣い…受け止めきれぬ我が身を悔います…。
が、島根牛はすっごくすっごく美味しかった!何せ凄い人数の、しかもバーベキュー用に用意されたお肉だからと鮮度はちょっと劣るかと思いきや、レアで食べても充分な味でした。柔らかいのにジューシー。素敵。焼肉向きのお肉ですね。柔らかいのでステーキなんかのブロックで頂いても美味しいかもしれませんが。
島根牛、隙あらばまた食べてみたいなーと思わずにはいられないお肉でした…大満足! 地元の方は毎年ワイン祭りがあっていいなぁ!

さて、お腹が半端なく大変なことになったあとは(無論それを超える満足感)、一息つく間もなく次なる神社の参拝へ。朝一出雲大社のはずが予定がずれまくっておりますが、せめてこの近隣の神社だけでもクリアーしておきたいよね、ということですぐに向かったのが「くにびき伝説」で有名な長浜神社。必勝の神様でもありますね。
更に畳み掛ける様に彌久賀神社!こちらは翌日の大祭前ですでに境内で人がおおわらわしてました。
という二箇所をクリアーして丁度17時だったので本日のお寺巡りは終了です。お寺は閉まるのが早いよね。朝も早いけれどね。おおわらわしてたのはタカヤマさんもで、うっかりお寺の写真取り忘れてしまいました。おかげさまでどんな神社だったっけ…ともはやこのブログを書いてる時点でうろ覚え。いや、パンフレットの写真を見ればさすがに思い出すと思うんですけどね…!

まあそんなわけで臨機応変極まりない初日出雲の観光はすべて終了したのでしたー。
翌日は松江のスケジュールでいたものだから、丁度その中間地点くらいの場所(宍道湖の手前くらい?)に本日の宿を予約していたのですが、まだちょっと入るのには早いかなーと思ったので、いっそドライブがてら松江まで行ってみることにしてみました。
そうそう、島根の高速、例の無料化実験対象区域なのでどこを走ってもETC無料割引です!活用しない手はない。
で、松江に到着。折角だから開闢400年祭りを控えた松江城を…と思いきや、本当は季節限定で21時までライトアップしてるはずの天守閣も明日のお祭りを前に早めに閉鎖されちゃって入れませんでした。ただ警備員さんが県庁の駐車場に車を止めればまだ公園には入れますよと親切に教えてくださったので、そのようにして城壁越しに見上げる松江城。この天守閣も確か有名だった気がするけど、城マニアじゃないからよく覚えてない。(なんたる適当極まる旅ブログ)

101016_1700~0001

松江城(一応)みたどー!と満足した城下を一周した後は、そうそう、松江の駅前デパートに有名なスイーツがあったよね、と移動移動。一畑百貨店の地下にあるお店の、

101016_1725~0001

この生どらやきというのが何かしら賞を取ったスイーツだそうで。
要冷蔵なのですが、保冷剤をつけてくださったので宿に持ち帰ることに。
お店を出てから宿まで、今度は高速を使わずに折角なので宍道湖沿いの海岸ドライブを楽しみました。だってね、丁度夕方でね!宍道湖の夕日の綺麗さは有名ですよね。美術館辺りが絶景ポイントらしいけれど、運転しながらも充分綺麗に見えました。夕日が綺麗かどうかはお天気に左右されるから、まったくもっていい日和だったことを神様に感謝し忘れた。暑いくらいの日差しでしたが、旅行にはこのくらいが助かるよ!

一時間ほど湖畔をドライブしてたどり着いた本日のお宿は旅館です。ホテルで干渉されない快適タイムも好きだけど、旅館なんかでちょっと畳みにお布団、という風情も大好き。
本日お世話になるのは木綿街道の近くのお宿で、ひとごこちのいい旅館でした。女将さんが気のいいひとで、チェックインついでに小一時間くらい雑談したかもしれない。おかげでこの適当旅行者が少しだけ出雲に詳しくなったような気もするよ!
旅館のお風呂も貸切で用意してくださるのですが、せっかく割引券を頂いたので近くの大きな天然温泉に行ってみる事にしました。(この割引券凄いの、半額以下に…)
行ってみたらこれまた大正解。スーパー銭湯とかって何気に当たり外れもありますが、ここは近くの温泉から引いてる源泉掛け流しの温泉で、設備も情緒しっかりしてて何より温泉の温度がワタシに丁度良くて気持ちいい!ここでこのまま寝れる~とどれだけ思ったことか…。
長距離運転してるからこそ、ホテルのユニットバスじゃなくて足を伸ばせるお風呂のある旅館にしたのもありますが、まったくもって当たりでした。
ピーリングで何気にお肌もつるつるというものですよ!もういらないかと思って日傘忘れたので、紫外線の影響は大変なことになってるでしょうが…。
のんびり露天風呂につかりながら、今日はまったくいい日だったと振り返ります。

さて汗を流してさっぱりしたのち。島根牛がお腹を圧迫してたので、旅館の女将さんが「このお店でうちの名前出せば予約してなくても入れて、料理もサービスしてもらえるよ」とお勧めしてくださったお店があったのですが、夕食はもういらないなーと思いながら温泉を出ようとして…出ようとして…。みつけてしまった。温泉に併設されてるお食事どころに「穴子天丼」の文字を。
実は!実はですねー!島根の穴子って水揚げを浜田漁港でしてるんですが、出雲から浜田市って高速も通ってない上にすっごく遠いんですよー!なので今回の旅行では地産の穴子を諦めていたのですが、まさかこんなところで食べられるとは…!
お腹いっぱい?え、誰がそんなこといったの?と長湯して少しこなれたような幻想がする胃の申し出を拒否し、お店にイン。すみませーん、穴子天丼ひとつーとメニュー表もみずに注文。
出てきたのは人生で二度目かもしれない、丼からはみ出すことのない穴子天の乗っかった穴子丼で(ちゃんと切り身になって上品に乗せられていました)、油もしつこくなくあっさりと頂くことが出来ました。
あと、やっぱり地産の宍道湖のしじみ汁つき!これがすっごく優しい味わいで美味しかったー!西側なので白味噌なのもポイントが高い。しじみってあさりに比べて小ぶりで食べにくくありますが、でも美味しいんだよね。島根名物をまた一つ食べられて、満足な夕ご飯となりました。
あ、お宿に帰ったらちゃんと生ドラも頂きましたよ。柔らかい生地って大好き。抹茶にしたけど、定番あずきでもよかったかも。まあ売り切れてたんですけどね。笑。
ここまで読み進めて、こいつ一日何食食べた?とか思っちゃいけない。振り返ったら負けな思い出だってある。いいよたまの旅行くらい、羽目をはずしてもさ…!(そしてまた賢明な方はお気づきでしょうが、放浪癖があるのでたまの旅行じゃないし、暴飲暴食も日常茶飯事です)

前日日中仮眠を取ったとはいえ、ほぼ一昼夜運転し続けたので、流石にその日は九時過ぎには沈没しました…。
いやはや、予定とまったく違うけど、結果オーライでいい初日でしたよ!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.