FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
「自分を甘やかす」
自分を甘やかすという言葉が大好きです。
というか、抗えない魅力というか、自己弁護というか、建前というか、とにかく甘えたくなる。
ワタシは基本的に年中自分を甘やかしている堕落した人間なのですが、その中でも特に今週はこれとあれと片付けたから、とか、今は月一のあれで甘いものが食べたいからー、とか、そんな言い訳でケーキを食べる罪悪感(?)を帳消しにしちゃう。
のを、常としてきたんですがね。
先日雑誌を読んでて、なんだったかな、日経かなんかかな?なんかのコラムでね、「自分を甘やかすという言葉の意味を履き違えてはいけませんよ」みたいなことが書かれていたんです。
つまり、ちょっとした理由を盾に自分を甘やかすためにケーキを買う。まさにワタシがこのパターンなのですが、ただ自分をそうやって甘やかしたところで、ダイエットというツケを払うのも自分自身。他にもストレス解消のために高い買い物で気晴らししたりしても、結局は家計のやりくりに頭を悩ませるのも後日の自分自身。
ならば、そういった結局自分自身の首を絞める堕落の仕方はやめて、たとえばちょっといい入浴剤を使っていつもより長くバスタイムを取ってリラックスする時間を増やしたりして自分を甘やかしませんか、という内容でした。

うーん、確かにドカ食いしたあとダイエットするのも、高いブランドバッグや一目惚れした宝飾品を買ってカードローンを支払うのも後日の自分だなーと、確かに思う。
でも、お風呂=最上のリラックスタイムと捉えられない女性はじゃあどうしたらいいのかしら…?
温泉行ってどうでもいい話なんかを延々と友達と喋りながら露天を満喫するのは、確かにすっごいリラックスタイムです。でも温泉旅行に行くのに掛かるお金がブランドバッグと同じ捉え方になるのならその方法は本末転倒ですし、家のお風呂で同じことは出来ません。気持ちが落ち着くアロマなども今のところ興味はないし、おつまみとお酒でDVDでも見ながら夜更かしするほうがよっぽど好きな時間。
けれど世の中には充実のバスタイム=ストレス解消方法のひとつと捉えられる女性が確かに存在して、そんな女性の背中を押すためにこういったコラムも大いに意味があるのでしょう。
これはだから要するに、自分を甘やかす=後日の自分への負担を増やす、というストレス解消法ではなく、もっとお金も不健康も伴わない気晴らし方法を、そろそろ見つけなさいねという訓示なのかもしれない。

そういった意味で、ちょっとためになる物の捉え方でした。

で、告白していいですか?

今日だらだらと自堕落に、そして久々にDVDを消化する間(12本観たよ!)ケーキ四個とシュークリーム、スナック菓子二袋を延々食べ続けた挙句、夜食に食べたラーメンで胸焼けを起こしたタカヤマです。
更正への道が遠すぎて、どうしたらいいのかわからない!
自分を甘やかすって建前がなくても、好きな食べ物も甘味も買い物も旅行も後の予定を考えない長風呂も、何一つ我慢したことがないなんて…!
でも禁酒してなければ酒と柿の種でもあれば12本観てる間それで十分だった自分を甘やかすための、やっぱりケーキなのかなこれも…。甘やかしすぎてて線引きがもはやわかりません。ようするに今日も絶好調でダメ人間だったってことです。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.