FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
厄払い
今年も後二ヶ月で終わるっちゅーこの時期ですが、時期と関係なく先月のワタシのダメ人生っぷり(いや禁酒の件じゃなくてね?)の半分くらいを聞かされた友人が、「ちょ、厄払い行かなきゃダメだよ!」と強くプッシュしてくださったので、行ってまいりました厄払い。
前一度、毎年初詣に行ってる神社で厄払いしてもらったことあるなー。あとは車払いとか。
言われてから、厄払いで有名な全国的に神社まで遠征するか、それとも地元の氏神様にお願いするか迷っていたのですが、朝起きて雨が降ってなかったので「あ、今日行こうかな」と思い立ってしまったので、ネットで「○○県(地元) 厄払い」で検索掛けたところ、一番最初にヒットした神社に行ってみることにしました~。にしても、もうちょっと早ければ出雲大社なんて有名な神社に行ってきたばっかりだったのにね(笑)。

さてさて、人生二度目のちゃんとした神前での厄払い!
地図とナビを使っても迷子になった挙句たどり着いた社務所で受付をして待ってる間、厄払いのパンフなんかを眺めていましたが、知らなかった…女性って三十代に入ると、半分以上厄年なんですね。三十代の女性の大変さが偲ばれます。
七五三の時期ですが、たまたまワタシと同時に受付をしたのがお一人だけだったので、二人で受けた厄払い。その子は小学生くらいで、最近ちょっと怪我が多いのでお母様が心配なさって厄払いを申し込んだのだそう。うーん、厄払いっていうと単純に厄年が思いつきますが、そうじゃなくても厄払いを日常的に捉えてる方がいらっしゃるのね。
信心深くなければ思い出しもしないイベント、厄払い。たとえば毎日の星座占いとか運勢とか、そういったのを気休めだって思ってる人でも、嫌なことが起きて今日の運勢が悪かったときくと、なんとなくそのせいだと思ってしまうこと、ありますよね。
病は気から、ではありませんが、思い込みって侮れないと思う。車払いをしたその後車をクラッシュさせたタカヤマですが、「車払いしておいたからこの程度の軽症で済んだんだ」と思うと少しは救われた気にならないでもない(笑)。
人生二度目のご祈祷は違う神社でお願いしたからか作法もちょっと違って、けれどリラックスして受けることが出来たのでひょっとしたら気性の合ってる神社さんだったのかも!

101031_1859~0001

お払いの後貰ったご祈祷品一式。これと後は絵馬です。厄払いの願い事を書いてその場で奉納済みなので写真にはありませんが、先日出雲大社で授かった厄払いのお守りと一緒に残り二ヶ月持ち歩いていようと思います。県内の神社なので、ちゃんと返納に行けそうなのもいいな!
頂いた京菓子の賞味期限が三日間なので、せっせと食べたいと思う。乾菓子ちょっと苦手だけれど、なんとなくご利益がありそうで、そういうこと考えちゃう辺り日本人だなー(笑)。祈祷符はうち、神棚がないから実家にでももって行こうかと思ったけど、それじゃ意味ないよなと我に返ってとりあえず南向きの高い場所に飾ってあります。
どうか年内、無事に生きてゆけますように!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.