FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
げどせんき。
まずしょっぱな謝ります(誰に)。
夏コミの駐車券、申し込むのをすっかりばっちり完全に忘れきってました。いつもT姉がやっててくれたんだよね。忘れてた忘れてた。
謝ります…(三日分全部ないよ…)。

いやーん忘れてたーと思いつつも、ゲド観て来ましたー(反省は一瞬)。夏休みで絶対に夜中でも満員御礼だよ…!と一時間前に劇場入りしましたが、席は四つしか埋まってませんでした。
判らない…人気頻度がわからない…。
試写会を見てきた色んな友達から、渋い感想を聞かされていたのですが…。
うん…ちょっとむずかしいなあ…。大作は、けなされつつもその勢いで細かい設定の無説明を突っ切るものだけれど、勢いが足りないといけないんじゃないかな…。
ワタシは原作を一ミリも読んでないのですが、タイトルに掲げられているゲドは脇役に回ってます。原作読んだ人に聞いたら、原作の真ん中部分のエピソードで主役をアレンに置き換えて抜き出したカンジ、って言ってた…。
別にそれはいいのですが、主人公二人(アレンとテルー?)のバックグラウンドがよく判らない。アレンがどういう星の生まれ(なんか不老不死を手に入れることができる存在だってクモが言ってたけど…)なのか、テルーが何者で今後どうするのか、みたいな説明が全部すっとばされていました…あれは意図的に割愛したんだろうなあ。でもわかんないよう。
そしてゲドがもっと戦うと思っていたのに、縛られて転がされて終わってしまった…。魔法で戦わない魔法使いたちなんですね…クモもなんかカオナシみたいなことになっていたけれど…。
カオナシで思い出した。宮崎監督はこの作品のオファーが来たときに、「今までの作品は、どれもゲド戦記の影響を受けて作っているので、自分にはもう作れない」みたいなことを言ってたそうなのですが(ってテレビでやってた…)、全くその通りだったんだなーと思いました。一緒に行った友達が、○○の台詞がもののけで、○○の設定が千と千尋で、と言うのに、そういえばと思い起こしていたよ…。
これはゲド戦記と銘打たないで、アレンとテルーの完全オリジナル作品として世に出したほうがよかったんじゃないかと勝手に思ったりしています。うーん。
謎といえば、クモの性別も気になるところ。多分無性別とか不明とかいう設定なんだろうなあとは思うのですが…あそこの部下のウサギたんは可愛いね!クモの配下の中でもアイドルであればいい…!とプチ萌えして観てました。多分あの映画館内でそんな見方してたの、ワタシだけの自信がある…。

全体的には厳しい評価になってしまうのですが、丁寧に作ってあるのはちゃんと判りました。パンピーの、何の思い入れもない友達は更に厳しいこと言ってたけれど(笑)。だってエンドクレジットにゴ○ゾの名前があっただけでも評価が上がるヲタ感想なのでね…。
ゲドはアレンの神様になったんだなあ、と思いました。テナー(だっけ?)にとっても神様みたいだけれど、文太ゲドは一体何人を救ってきたんだろう…そしてそのゲドは誰が救ってあげるんだろう…なんかそんなことが気になるカンジ。
原作知ってる人誰か捕まえて一から十まで説明して欲しい…(自力で読め)(挫折組です)。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.