FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
今年のお花見
ちょっくら振り返り日記!
先週のことですが、京都御所の春の特別公開を覗いてきました。今年は花見どうしようかなぁと直前まで悩んでいたので、もう殆ど全部のツアーなんか埋まってしまって、辛うじて空いてたところにT姉と滑り込み。
毎年五日間だけのお楽しみで、一生に一度は行きたいと前々から思っていた場所なので、本当に感無量。今年は震災もあり宮内庁も自粛を発表していましたので、蹴鞠や特別展示などの催しはすべて中止になってましたが、その分、逆に混み合ってる時期なのに御所内の一般ルートを回遊できてワタシは嬉しかったです。混み合ってると短縮ルートになると聞いていたので。

京都の桜はというか、御所の桜に対してはちょっと遅まきだったのかな?早くも散って葉桜になってる木もちらほら。御苑のほうや周囲にはまだ咲き誇ってる桜もあって、そんな木の下には観光客のひとたちが群がってましたのよ。ワタシもその一人ですが。
せっかくなので満開の桜をぱしゃり!

110409_1106~0003

白い桜が可愛かったです。ただ生憎とワタシが行った日は前日の雨を受けて曇り空だったんですけどね…。なのでいっぱい写真を撮ったのですが、全体的に薄暗い色合ばかりなので、桜の写真は一枚だけにしておきますね。
京都御所、なんでそんなに一生に一度は…とか行きたがってたかというと、それはもう、このため。このためだけに行きましたと行っても過言ではない。

110409_1046~0001

神泉苑!
御庭池!
思ったよりがっつりしっかり京都御所の中に存在して、もっと御苑内のお散歩コースくらいに思っていたワタシは、「え、いいの?てか毎回こんなところまで入り込んでたの?ええええ?」とちょっとどきまぎ。
何ってゲームでね、ええ(笑)。愛蔵版で九郎さんとかとこんなところまで入り込んでたのかと思うと、思わず公開されてない門側も通りたくなってしかたないですが、タカヤマ自粛。何せ京都御所、御所警備だけじゃなく…。

110409_1027~0001

こんな…こんな警備まで…。
警備っていうか、すっかり人寄せパンダ状態になってましたけど、警察犬。笑。
神泉苑(仮)には鯉もおらず、「おいでませ龍神ー!」と叫んで拿捕される観光客になるわけにはいかなかったので、大人しく写真撮りまくって撮りまくって撮りまくって…あまりに連射してるものだから、周囲の人が振り返って場所を譲ってくださるくらい撮りまくって…ええ…そんな一般人ですが…ええ、満足いくまで神泉苑(仮)を堪能して参りましたのことです。
いやあ、迷ってたけど、お天気も悪かったけど、行って良かった。というか、行けてよかった!いい思い出の一日になりました。

オマケ☆
さすがに御所の中はムリですが駐車場近辺におみやげ物の臨時ブースが出店してまして、冷やかしながら見てたのですが、試食を勧められてびっくりしました。京都、おみやげ物のお菓子もきっちり美味しいんですね!
なんていうか、名物に美味いものなし、じゃないですが、失礼を承知で言うのなら、一般的におみやげ物売り場とかに出てるお菓子に全然期待したことなかったのですが…。(あれは「ここの名物(特産品)は○○なんですよ~」という紹介とアピールだと思ってる…)ちゃんと和菓子屋さんで売ってる看板商品ですってくらい、なんていうか、レベルの高いお菓子が陳列…。他でも買えるかなーと思ってその場で買わなかったことを密かに後悔するくらい。

そんな今回、バスツアーを利用して京都へ赴いたのですが、メインというべき御所を一番に巡ったのちは、近くのホテルでランチビュッフェ。こちらも特に期待してなかったのに、デザートのわらび餅が美味しくて、食べるのが止まらない!あと、全然関係なくお寿司のネタにサーモンがあって、サーモンの握りが大好きなタカヤマ、一食で七貫も食べてしまった。ランチビュッフェなのに、そんな単品種類で腹をいっぱいにさせてる客。ホテル側も手料理の振る舞い甲斐がないに違いない…。おばんざいとかいっぱいあったのにね…。でも美味しかったので反省しない…。サーモンとわらび餅のランチ。
おなか一杯になった後は、この時期に有名な鴨川沿いの半木の道とやらをお散歩。
ちょうどイベントと重なって、屋台とか学生のブラバン演奏とか盛りだくさんで小さなお祭りみたいな状態になってました。
お天気も晴れてきて絶好のお散歩日和!タカヤマ一人、「日傘忘れた~歩きたくない~」と駄々捏ねつつ(団体行動ですタカヤマさん)河原へ降りてみたら、ちょうど警察の防犯キャンペーンがやってて、なんと、なんとなんと白バイに試乗させてもらえる催しが!
白バイ試乗なんて、滅多に出来ない経験!
むろん飛びつくタカヤマ。ミニワンピだったのに、タイツ穿いてるから許して!とばかりに大股で白バイ乗車。てか人間が寄りかかってもびくともしないくらい自重があって、尚且つ足がつかないくらいでかい白バイ…!これに最近、女性隊員が増えてるっていうのだからほんとびっくり。てか尊敬。T姉に写真撮ってもらったので、あとで写真譲って貰うんだ~。えへ。
で、写真撮らせてもらったあとに、T姉がお巡りさんに何気なく質問。
「ここから出町柳の駅って、タクシーでどれくらいかかります?」
「タクシーっていうか、歩いて10分くらいですよ」
なんでそんな質問してるかというと、タカヤマが京都で一番好きなお饅頭やさん、出町ふたばが出町柳にあるからなんです…!(ありがとT姉!)
今回団体行動だし、ランチに寿司とわらび餅しこたま食べてお腹いっぱいだしとうだうだしてたら、T姉が聞いてくれたんですね、半木の道から出町柳に抜け出れるか。
歩いて10分と聞いて、俄然行く気になった我々。
すぐさま大通りに出てタクシー捉まえて店に向かうも、ま、当然なのですが、店前にはものすごい行列の折り返しが。自由行動時間残り20分。「うん、ムリ!」またもすぐさまタクシーを捉まえて、集合場所に戻る我々。
なにやってんだか。
まああれですね、団体行動してるときに勝手な行動しようと欲張るなってことですね…。
人気なのは知ってましたし、いつも並んで買ってたけれど、あそこまで道がふさがれるほど並んでるのを見たのは初めて。春の季節にあわせて道明寺の桜餅とか、きっと限定のお餅をみんな、買いたかったんだろうなぁ…タカヤマも食べたかったなぁ…まあ、そのうちまたリベンジするさ…。

というわけで、半木の道。その殆どを往復のタクシーの中から眺めるという間違った観光客の見本みたいになりながら、集合時間に間に合ってほっと一息。
そして三箇所目の観光地、これまたこの時期にしか入れない瑠璃光院の特別公開にお邪魔すべくバスに乗り込んで15分。
瑠璃光院、春秋の二ヶ月間のみ一般公開している山中の寺院です。瑠璃光院の名の如く、瑠璃色に輝く苔の庭がこの時期のメイン。ただ、春の瑠璃色より秋の紅葉のほうが断然というか、写真で見る限りは切り取った絵画のように美しい日本庭園の風景だったので、秋もお勧めのようです。
写経が出来たり御朱印が頂けたり庭に面した縁側でお抹茶が頂けたり、ちょっと観光地から離れてる分、静かな佇まいでとてものんびりできる瑠璃光院。院内にこそ桜はありませんでしたが、周囲には桜の木もそこここにありますので、桜鑑賞三連発と言えないこともない。
そうして各所でまったり過ごさせていただいたのちは、しば漬けのお土産物屋に立ち寄って高速乗ってお帰りコース。
生まれて初めて参加したバスツアーでしたが、「ゆっくり観光できなくて忙しない」「お土産物屋とか興味ないところに引っ張りまわされて面倒」といった事前の声が覆るくらい、どこも充分に時間をとって観光させてもらえて、ゆっくりのんびり出来るツアーでした。ガイドさんがいなくて添乗員さんだけっていうのもまた、ツアーの自由度が増してる理由かもしれません。ワタシ多分、解説が聞けなくてもガイドさんのあとをぞろぞろと…というより、現地放し飼いにしてもらったほうが気楽なタイプだと思う。
何より自分で運転しないので体力的にも断然楽です。
ドライブが趣味だから運転するのはいいのだけれど、京都とか混雑してる土地の運転は勘弁、という我侭なワタシなんかには、いい印象ばかり残るバスツアー。
今後も積極的に活用してみたいな!というのが今回の総括なのですが、でもバスツアー、多分これおひとり様には向かない…ような気がする…一人でバスツアー利用してる人、一人もいらっしゃらなかった…。お一人様で旅行に行くのは全然平気なのに、団体行動の中に組み込まれると、途端に自分が一人のことに寂しさを感じそう。
おひとり様向きのツアーとかもあるのかなぁ。
って、おひとり様で行くことを前提にするから駄目なのか。いつも旅行記を書いては「だからなんでお前は事前に誘わないのか」と怒られることが度々あるので(それは前日の夜とかに突然行きたくなって決める、そして現地でアバウトに好き勝手動く気まま旅行ばかりだから)、できる限りお誘いあわせの上、チャレンジしてみようかしら、バスツアー…。(でももしハズレのツアーでも、責任取れない!)
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/16(土) 02:15:53 | | #[ 編集]
あざーっす!
そうなんですね~。そっか、そういう観光でもバスツアーってあるんだ!と勉強になりました。
そして楽しそう!
これから真夏までの新緑の季節とかに、山方面とか楽しそうで聞いただけでワクワクしてしまいます。

あれだけ外面いいのにヘタレな一面がある頭領のこととかにまにま妄想しながら歩く熊野古道はとても楽しそう…!ちゃんとしたフェリーで旅行!というのはこれまでの人生になかった選択なので、そちらもなんだか興味が湧きます。
素敵な情報、ありがとうございました~!
2011/04/18(月) 13:56:02 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。