FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
振り返り日記/下呂温泉
だいぶ前の振り返り日記となりますが、この冬はちょっくらね、岐阜まで行って参りました。
ワタシが「温泉行って雪見で一杯やりたいー!」と叫んでいたら、友達が「岐阜の下呂温泉って有名だけど行ったことないなぁ」と言い出したので、即決、一泊二日で下呂温泉です。いつだってぽろりあっさり決まるときは決まるこの流れ。
結局のところ面子の日程の都合で結局延び延びになり三月の初めにお邪魔することになったので、雪見で一杯、の時期は終わってしまったのですが…。
それでも旅館の露天風呂も、温泉街のそこここにある温泉も堪能してきて、いかにも「温泉旅行!」といった趣で大満足です。温泉旅館の中で、女性は浴衣が選べるオプションつき!浴衣なんてフリーサイズも同然だろ、と思って普通にMサイズにしたら、全然丈が足りなくて慌てて交換してもらうオマケつき。ワタシより背の低い友人も同様で、今時このくらいの身長はデフォではないかと思ったけれど、それもまた歴史ある古い旅館ぽくて和みます。
最近?冬になると温泉街で打上げ花火を企画してらっしゃるようで、ちょうどその時間はお夕飯のお時間だったのですが、給仕の方が「どうぞ中座なさって花火をご覧になってください、ロビーからが綺麗に見えますよ」と教えてくださったので、行儀悪いですが倣って花火も堪能させて頂きました。
浴衣一枚で闊歩できる館内はどこも暖かくて、冬の花火という情緒はあまりありませんでしたが、それでも久々に見た打上げ花火は綺麗でいい催しでした。温泉て大抵冬の風物詩ですが、その中でも更にこういう企画で変化を持たせてくれる観光地っていいですね!

にしても今回、一泊二日で下呂を堪能、と目的を告げたら、旅行会社の窓口の方が「下呂って観光する場所なにもないですよー」と…す、勧める気あるのかな。笑。大変正直で宜しい。
というわけで、じゃあ下呂に入る前にどこか行きに立ち寄って観光しようかということで、高山観光をすることに。そうそ、車大好きタカヤマさんですが、さすが冬の移動は車を置いてJRを利用です。雪を避けようと思ったからなのですが、丁度旅行の日はお天気で山間部に少し雪が残ってる程度。これなら車で来れたかしらー。
なので二重の意味でちょっと残念…雪がないほうが歩きやすいけれど、折角豪雪地域(?)へゆくのだから、地元では滅多にない雪を堪能したかったと思わないでもない。ま、おかげさまで風邪を引くこともない、快適な旅行だったのですが。

高山は町並みとか資料館とか城跡とか色々目を引くものが人それぞれあると思うのですが、我々ときたら、高山到着→即飛騨牛堪能→町並み堪能という名の酒蔵試飲ツアー、という、もう観光?いいえ、食です☆な有様。
いやまあ…ワタシ以外は皆高山何度も来てるっていうし…いいのよいいのよ。飛騨牛のフィレステーキ美味しかったからいいのよ。

110305_1217~0001

シャトーブリアン食べたいって言ったら、450gからですといわれ、どんだけ大きなカットなん、と挫折した結果だけど、地酒も何杯も呑めたので、それだけでも車を置いてきた甲斐があったというものです。
あっ、でも流石に陣屋くらいは見ましたよ!

110305_1310~0002

高山陣屋。江戸時代の奉行所です。鴨居の低さがそれっぽい。意外に広い建物で、蔵なんかも解放してて予想外に楽しめました。いや、丁度遙か5くらいの時代かなぁとか思って…ね…(笑)。江戸時代なんて時代的には「ちょっと前」というくらいで、もちろん色々と人の手は入っているのでしょうが、概ね時代の趣が感じられて楽しかったです。日本家屋の作りとか、お寺とか、やっぱり好きだなぁ。現在建屋は現存させてますが、蔵は一部なくなってしまってます。でもその蔵も入れるので楽しいですよ。
いっぱい写真も取ってきたので、そのうち整理しよう。

そういえば、折角の岐阜なのでお餅好きのタカヤマは名物(?)の五平餅を堪能したかったのですが、なんとなく食べそびれてしまった…。その代わり、岐阜で有名なパン屋さんまで遠征して、しこたまパンを買ってきました。よく雑誌やテレビで取り上げられている、トラ/ンブ/ルーというパン屋さんです。
ヴィエノワズリー部門世界第三位というお店だそうで、意識してデニッシュ系を中心に10個くらい。どんなもんの人気か判らなかったので、その中のいくつかは事前に予約してから行ったのですが、時間帯がよかったのか、日中は商品が豊富に揃ってました。
こちらは旅行中なので家に帰ってから幾つかまとめて食べたら、ちゃんと美味しかったのですが、普段食べ慣れないから胸焼けした…苦笑。デニッシュってバターいっぱいですもんねー。
評判どおりに苺のデニッシュ、それから意外とカレーパン、あとは南瓜のスコーンが美味しかったです。クロワッサンが有名らしいのですが、クロワッサンに精通してないタカヤマは、前に秋田県の人気のクロワッサン屋さんで食べたクロワッサンのほうが好みだったかなぁ…という感想。
それと他にもう一件、駅前近くのパン屋さんも口コミサイトの評価がよかったので立ち寄ってみました。そちらではリュスティックがもっちもちで美味しかったので嬉しい!いいお顔したパンたちが並んでいたので、地元にあったら全種類制覇するまで通ったでしょうね。つくづく食事パンが好きなんだなー自分、って感じです。
電車で行ってる一泊旅行でありえないくらいパン買ってるとか、いいの。自分土産だから!

自分土産といえば、あとは高山の景観地で有名なわらび餅屋さんと和菓子屋さんでも買いました。買いすぎ。笑。でも和菓子屋さんのほう、陣屋から二本も三本もちょっと離れた通りにこじんまりとあるお店だったのですが、もうもんのすごく美味しくって、どうして定番の草饅頭とよもぎ餅しか買ってこなかったのか、全種類制覇すればよかった!とすんごく後悔してしまいました…。
賞味期限が短いものだと、持ち帰れないからなんですが、高山観光行かれる方で和菓子がお好きな人には是非、お勧めのお店です。
わらび餅のほうはね、黒蜜をたっぷり掛けてお召し上がり下さい、とのことでしたよ。でもすみません、タカヤマ黒蜜そんなに愛してないんだ…。きな粉だけで頂きましたが、充分美味しかったです。

てか、ほんと、食しか書いてないな!笑!

高山の景観地で酒造が蔵を解放してて、いっぱい飲み歩けたというのもテンションを無制限にあげていたに違いない。高山から下呂に戻るのにバスを利用したのですが(旅行会社が無料券くれたので)、いい感じのお昼寝タイムだったのはいうまでもございません。

110306_1007~0001

因みに食い倒れ(買い倒れ?飲み倒れ?)ののち、下呂温泉で泊まったお宿。ちょっと奮発したからかはわかりませんが、周りの人たちの「下呂温泉?ああ、食事は全然たいしたことないよー」との前評判に反して、ちゃんと美味しい料理が、しかも女の子は完食できないくらいの量がどかんと!出ました。何せ翌朝の朝食がすでに、下手な旅館の少な目の夕食分くらい供されるすごい旅館でしたので。笑。
温泉も堪能できたしお部屋もしっかりしてたし、下呂温泉、すごくいいイメージです。

因みに旅行会社の人に「下呂は観光する場所はありませんよー」と言われた観光としては一箇所、下呂温泉街からすぐの温/泉寺さんというところで早朝座禅の体験をさせてくれるという催しがあったので、それに個人で申し込んで行ってきました。
「…っていうのがやってるんだけどね、ワタシ行くんだけどね、行く?」
と友人に(一応答えはわかっていたけれど)聞いたところ、
「ちなみに、何時に起きるの?」
「朝の六時前くらい?」
勝手に行ってこい
同行者のこの即答拒否(笑)。
早朝辛いっていうけどさ!朝寝坊なんて休日の日常茶飯事で、早起きするのなんて旅先ぐらいじゃん!笑!

ただ、実際に行ってみたら今回は残念ながら住職がご不在とのことで座禅ができなかったのですが、代わりに境内案内と大数珠回し(20人くらいで読経の最中巨大な数珠を回付させる祈祷法)を体験させてくれたので、これはこれで満足です。20人が並んで持てるくらい大きな数珠にですね、大玉と小振りな中玉が対角上についていて、それが自分の手元に廻ってきたときに祈りを捧げる、というお作法だそう。
座禅はまたそのうち、またどっかで機会があったときに出来ると嬉しいなー。
それを終えて戻ったらちょうど朝食のお時間くらいだったので、同行者たちを叩き起こして健康的に朝ご飯です。早起きすると、朝ご飯もいつもより美味しいです。

そんなご機嫌で、ホテルをチェックインしたのちも立ち寄り湯なんかも堪能しつつ、すっかりしっかり癒されて帰って参りました。
いやあ、命の洗濯。素敵な温泉っていいなー。今年の冬はそのあと大震災が発生して旅行どころではなくなってしまいましたが(東北の方々なんて比較にならないほどに)、また機会があったら今後もどこかへ、温泉に入るためだけにのんびり行ってみたいもんです。狙ってるのは湯布院!
今年は旅行運がいいって言われたし!(おみくじに)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.