FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
貴腐人の集い 1
カレー食べすぎなお腹を抱えて、待ちに待った貴腐人の集いへ出発です。今年の開催は神戸!何故なら去年利用させて頂いた神戸のリゾートホテルがとても素敵だったので。もう今後毎年そのホテルで開催でいいのではないかと、心から思う。
ラ・スイート神戸というハーバービューのリゾートホテルなのですが、貴腐人の集いのみならず神戸で宿泊することがあったらこのホテルがいいな!とほかをよく知りもしないのに言い切ってしまえるほど、女性にお勧めのホテルです。ミシュラン獲得したとかなんとかー。
ウェルカムドリンクやアメニティなど、女性が好きそうなサービスもてんこもりでエステまで完備。お風呂はシャワーブースと分かれたテレビつきジャグジーで、和室なんかもついてるので、スペース的にも満足!あと、ワタシが個人的に嬉しいのはドライヤーが普通のと巻き髪のと二種類あることー♪備え付けの設備もいっぱいだし、ほんと、ただ泊まるだけでは勿体ないホテルです。べた褒めするよー、ほんとにいいから!

さて、毎度貴腐人の集いとは、映画好きなメンバーでお酒を持ち寄って美味しいデリを買い込み、三日間ホテルでDVDを見まくる、という、爛れた大人の祭典(笑)。神戸美味しいものいっぱい買えるし、お酒もガンガン呑めるし(酔い潰れたらそのまま寝ればいい)、というほんと、一年のご褒美のような三日間を過ごすための集いです。

110602_1605~0001

今年のお酒ラインナップはこちら!毎年美味しいお酒を教えて頂けて、ほんと嬉しいですありがとうございます!T姉から差し入れてもらった二本も込みで。三日間というか、最終日はワタシ車運転して帰るので、チェックインしてから一日半でこれだけ呑んだんだ…(笑)。
今年のDVDは超常現象兄弟の5!というか、連続ですね、ええ。アニメもリリース始まったので、それも合わせて。
あとこのホテル、ホテルのテレビに無料で映画配信してるので、最近の人気映画とかだとDVD借りてこなくともホテルで見られてしまいます。悦…。

さてさて、それではまず、メインの超常現象兄弟のシーズン5一気見感想から!
今回は兄弟揃ってますが(どっちも死んでないの意味)相変わらず心が擦れ違ったままでスタート。兄の肉体がミカエルの拠り代だったり弟の肉体がルシファーの拠り代だったりと、まあスケールの大きなことに巻き込まれてゆきますね、ほんとに…。
兄弟はもちろん、天使VS悪魔の戦争なんて起こさないためにトップの拠り代になることを拒否しますが、悪魔と天使たちはそれぞれに兄弟の肉体を奪うためにあの手この手で襲ってきます。基本的に本人が生きてて、尚且つ「YES」という同意の言葉がないとトップたちも兄弟の肉体に降臨できないという設定なので(設定言うな)、命を狙われることはないのですけどね…。
いや、弟は天使に、兄は悪魔に狙われてはいるんだけど。
結局拒否し続けても何も変わらないということで、つまりはミカエルとルシファーの兄弟喧嘩をどうにか回避しないといけない。それは即ち、リリスを倒してルシファーを復活させてしまった弟の取るべき責任で、彼はルシファーを受け入れて、その上でルシファーを元々封印していた牢獄に自分ごと封じられる道を選びます。
そんなん、当然お兄ちゃんがお許しになるわけもなく、けれど弟が血を飲んでパワーアップして一生懸命抵抗するから、というので泣く泣くその作戦を取ることに。ただ人間が思ってるより勿論神様たちのパワーのほうが強いに決まってて、あっさりルシファーに肉体を乗っ取られる弟。
おにいが肉体を明け渡さなかったので、代替案として兄弟の更なる弟(懐かしい!)再登場でそっちに乗り移ったミカエルVS弟の肉体を乗っ取ったルシファーで代理戦争勃発!のところに、駆けつけた兄の愛の力で弟がルシファーから肉体を一時的に取り戻し、その後は計画通り弟ごと地獄の監獄へ。
弟は例え自分がどうなろうと、今までのシーズン5に至るまでのあれこれのように、兄にもう自分を助けるために何かをしようとするなと約束させています。つまりは、自分ごと監獄に閉じ込めたルシファーまでどうにかならないように、もう自分のことは見捨ててくれ、と。どうにかできるようなら、自力でどうにかしてみせるからそれを信じて、兄は普通の生活に戻ってくれ、と。(リサと夫婦になって子供と一緒に暮らしてくれ、ということですね)
今までの兄だったらそんな弟の駄々なんて構わずに結局は自分が諦めきれずにあの手この手を尽くしてしまう展開が待っているのですが(弟に関しても!その点においては似たもの兄弟です)、今回はこれまでと違う展開。
兄は弟の最後の願いどおりにリサのもとへ戻り、子供と三人で円満家族へと…あれ?あれれ?そんな展開アリ?
今までとあまりに流れが違いすぎて、あっけに取られる視聴者。まあ今までがあまりにもシーズンごとに極悪な終わり方してきたからなんですがね!
ええー、まさかスパナチュ、こんな終わり方するのー?!とでも言いたくなるような、打ち切り的ニュアンスを含ませた終わり方…になるかと思いきや、最後、兄の円満な家庭を家の外の外套の下から見守る弟の姿が…。
あれ?弟なんでそんなところにいんの?ルシファーごと地獄に落ちたはずでは?

という衝撃でもなんでもない曖昧な終わり方に、見終わった我々はまさかのシリーズ打ち切りを考えずにはいられませんでした…(ネタバレ回避のために、殆ど情報に触れずにこの集いまで待ってるので)。
まあその後すぐにちゃんと本国で第六シーズンに至ってることを確認して安堵したんですけどね。
にしても、今回の終わり方…それもある意味怖かった…。
だって今回、ミカエルとルシファーの対決描いちゃったんですよ。天使VS悪魔のトップ同士ですよ。更に更に、この喧嘩を止められるのは神様しかないだろうってことで、物語の過程で神様の力を借りに行くっていうのも描いてるんですよ(その結果、神様は関与しないっていう結論が出てる)。
この先、一体何を描くつもり…?
なにをって、まあつまりは弟がどうして地上に戻れたかって話しからはじめると思うんですが、そんで第六シーズンは何を目指す話しになるんだろう…?
今までもとんでもないぶちきられ方をされてきて次のシーズンが待ち遠しかったですが、第六シーズンからがらっと話が変わるのかしらもしかして、という予感を含ませた今回もやっぱり引きは強かったと言えるのかもしれません。

さてそんな話の本筋を脇に置いて、今回。言ってもいいですか?兄弟のいちゃらぶが少なかった…!
相変わらず言葉ではあれこれ誤解を招くっていうかもうこの兄弟の兄弟らしくなさは恋人を越えたよねってところまで突き詰めちゃってるんですが、それにもまして今回は二人の接触が少なかったです。
いや、今までみたいに萌えならそこかしこにちりばめられているんですけどね?うーん、なんというか、今まではそれでも1シーズンに一回くらい、「今回のベスト兄弟!」と言えるシーンが入ったはずなのですが、それもなく…。強いて挙げるなら、最終話で弟がルシファーから意識を取り戻すきっかけとなったのが、兄との思い出を思い出したから、という流れくらい?これが第2シーズン辺りに入ってきたらもう、当時は「ぎゃー!」だったでしょうが、今更感が拭い去れない…贅沢になってしまったもんだ…。
しかもこの兄弟、てか弟、そんなことまでしておきながら、結局心の奥底にあった大事な記憶は兄とは無関係のアレコレだったのだから(そういうのが露呈する回がありました)、本当に兄の報われなさったら、半端ないっす。
怖い、マジ怖い。両想いになる日が遠すぎて、というか、訪れない気がしてならなくて、怖い。
兄にはもう一から十まで全部が全部、弟しかないのにねーえ…。
兄の幸せ家族計画なんて崩壊するのが目に見えてるよ、弟との約束のために家族の元へ戻ったところで、そんなん、選ぶのは弟だってわかりきってるんだから。(と言い切ってしまえる…)

兄のそんな愛が、なのに一方通行で、悲しい。もう兄弟のイチャラブに素直に喜べないワタシがここに。だって、両想いに見えれば見えるほど、兄がその分不憫でならない。口先だけで何を言っても、兄が同じだけ報われることはないと判ってしまってるから…!

でも続くんです。続きも見るんだ。シリーズが完全に崩壊するまで(笑)、付き合うよ、兄!(兄のためなのか)

因みに今回というか、もう毎回兄弟の生死より気になる我らが心のオアシス、ボビーですが、ちゃんと五体満足で生き残ってくれた!
ありがとう、製作側!ボビーだけはほんと、最後の最後までどうかどうか、無事で幸せになって欲しい…!ボビーの幸せ今回土足で踏みにじられて、彼もまたあんまり明るい未来は待ってなさそうなんだけど…。ま、まあ超常現象と関わってる限り、そして兄弟の戦いが終わらない限り、ボビーにも引退はないよね…。

そしてもう一つ、触れずにはいられないのが、前回から準レギュラーに収まったキャスことカスティエル!
初めはおっかない天使だったけどもう、回を追うごとに可愛くなってまいりましたー!いまやキャスこそが癒しです。彼がいてくれるからこそ、殺伐とした雰囲気の中に笑いが生まれる…もう今更キャスが裏切ることもないって判ってるから安全パイという意味でもね。
ミハエルにふっ飛ばされちゃったけど、最終話で神様パワーで復活して戻ってきてくれたので、第六シーズン以降も役目があるのだと信じていたい。
けどそういえば、今思い出しましたが最終話のラストのナレーションでボビーとはこの後暫く別れることになるとか云々言われてたので、ひょっとしたら兄弟の再会か兄のハンター復活まで時間がかかる予定?設定?
その間、キャスはどう生きてゆくんだろうこの人間界で…。(キャスの心配かよ)(いやあの子もうほんと、偏りすぎてて面白いから)

と、そんな第5シーズン感想総括です。
今回は珍しく話を跨いで関わってくる女関係がなかったなー。女性キャラは出てきたけど(そして涙を残して退場してしまったけど)、うん…。まあおにいはリサたちの下へ戻ったので、それが女関係派手じゃなかった伏線といえなくもない…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.