FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
我が家のプチリフォーム
実家がですね、先日立て続けにお風呂やらトイレやら水回りやら壁紙やら塀やらをリフォーム致しまして。
そのついでかリフォーム熱が収まらなかったのか勢いづいたのか、おかんが「娘の家もリフォームするわ!」と宣言したわけですよ。ええ、ワタシが今住んでるお部屋のことです。
賃貸じゃないからリフォームは好きにできるのですが…それを聞いたのが昨夜ってどういうことなんだろう。

昨日の夜、お風呂に入ってたら玄関の開く音が。
うちの鍵は家族全員が持ってて「あー、おかんが来たなー」と思った程度で放っておいたら、風呂場のドア越しにおかんが「ちょっとトイレ掃除するわねー」とか声をかけてきまして。
へ?と思いながら、まあありがとう、と応えてしばし、風呂から出たワタシを待っていた衝撃の一言。
「明日の9時から業者の人が入るから」
「…なんの?」
「トイレを温水便座に変えるから。で、ついでにガスレンジも新しいのを取り付けしてもらって、そうそう、キッチンの電気も取り替えてもらうつもり。あといらないオーブンとか取り外して、使ってないストーブなんかと一緒に纏めて捨ててもらいましょー」
「はい?」
「バルコニーも床工事してもらって、今は部屋を増築したりサンルームみたいにしてもらえるみたいだけどどうする?」
「どうするって、ちょ」
「他にリフォームして欲しいところがあったら、まとめて片づけてもらうわよー」

ちょっと待ってママン!

三十秒でいいから考える時間をくれ!
という余地もなく、
「あら、あなたまだ夕ご飯食べてないの?今から?邪魔しちゃったわねー、じゃあまた明日来るわー。明日朝から出かけるなら居間の机だけ避けておいてねー(業者が居間を通ってベランダに出るから)」
と颯爽と去ってゆくおかん…。
タカヤマといえば、夕ご飯…というかおかんが冷蔵庫に入れていったマスカットがあったので、その皮を地味に剥きながら(マスカットって巨峰より剥きにくいですよね)、「??」「???」と事態の把握を図るべくも…結局考えることを放棄して就寝。
言われるがままに今朝出かける前に机だけ端に寄せていったのでした…。

そして今日、出先からおかんに恐る恐る電話をする娘。
「で、家で何か作業やってんの?」
「そうねー、まずは庭の土を全部撤去するから当分かかると思うけど、あなたが帰る前には駐車場を空けるよう伝えて、あなたが家にいる日は作業も休止って言ってあるからー」
「? …おかん、今、どこにいんの?」
「どこって、実家で夕ご飯の用意してるわよう」
「…ウチには?」
「お母さん、ご飯作らなきゃいけないのにずっといられないでしょー。九時に業者の人にバトンタッチして、夕方作業が終わったら実家に鍵を返しに来てくれるよう頼んであるからー」

ちょ、ちょ、ちょ、おかんー!!!!!
見ず知らずのリフォーム業者が家人のいない家に放置ってー!!
明日の朝来るからとか、業者手配したからっつって、ワタシがいなくても全部おかんが立ち会ってくれるものと思ってたから好きにさせたのにー!
現金も通帳もカードも実印も全部その辺に放置してあるんですけどー!」(注:これはワタシが悪い)
「? 部屋の中に、でしょー? あなたの寝室には入らないわよー、リフォーム関係ないんだからー」
それこそ関係あるかーっ!
と、母親を怒鳴りつけて大急ぎで帰る娘が一匹。
帰る最中、ああどうしよう、全部まとめて一か所に、とか、そんな業者に鍵を預けっぱなしって、少なくとも合鍵を作られる隙があるってことで、とか、リフォーム終わったら即玄関の鍵を付け替えなきゃ!とかグルグル考えて気持ち悪くなってきたワタクシめ。
実際家に帰ると業者は撤収後、貴重品も無事、なんら変わった個所もなく…どっと気疲れすると同時に、ふつふつとおかんへの怒りが。

普通、娘が一人暮らししてる部屋に業者だけ放置するか?鍵預けっぱなしにするか?
いや確かに実家暮らしだったころなんて、ワタシもT姉だって家の玄関の鍵なんてしめたことございませーんって生活して平気だったくらい平和な片田舎の町ですけどね?!

もやもやと蟠りつつ夕飯にもらい物の稲庭うどんをすすってたら、実家(車で10分の近所)よりおかん襲来。
なにしにきたん?とうどん食べながら見上げれば、おかんの説教タイム開始。
「あのねえ、あなた、相手は何十年も仕事してる業者なんだから、そんな家のものに手を付けるとか信頼にかかわることするわけないでしょー。それに、実際あなたもお母さんも四六時中立ち会ってられるわけじゃないんだから、少しは人を信頼しなきゃ!さっき業者さんが鍵を返しにきて話したら、実際忙しくてリフォーム個所以外見向きもしないし、何なら下着だろうが着替えだろうが邪魔にならない場所なら放置したままでも構わないって言われたわよー」
いやそれもどうかと思うが…。
てか、ワタシが悪いの?!人を信じる心を持たないワタシが悪いの?!一人暮らしを始めてにわかに危機管理するようになった用心の観念が間違ってるの?!ていうか、ワタシが決めたわけでもない工事スケジュールに立ち会えないことを責められなくちゃいかんのか?!
ときっちり言えばいいのに、ワタシも大概とろくさいから、言い返すこともせずに、
「とりあえず、麺がのびるからうどん食っていい?」
この母にしてこの娘あり(^p^)
言いたいことを言ってすっきりしたおかんは別にそれ以上言うことなく、今後のリフォーム予定だけをつらつらと並べ立てまた風のごとく去っていったのでした…。

まあもう始まってしまった工事のことはどうでもいい。業者のこともどうでもいい。
問題は見積もりも取らずに工事を開始してしまった今、請求額がいくらになるのかワタシが把握してないってどうなんだろう…。(だってさっきようやくおかんに聞いたら、「見積もり?今からよ」とかいうんだもん!普通そこは事前に見積もりとって数社比較検討しないか?なんで作業と同時進行なんだ、おかんよ…)
住んで暮らしてるのはワタシなのに、どんなガス台が入るのか、どんなトイレになるのかも知らない!
でもおかんがぼそっとバリアフリーにするとか言ってた。バリアフリーって、ワタシ、さすがにそんな年齢じゃな(黙
…いや、やっぱりこれは今からでも口出しすべきか…?
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.