FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
日記…じゃなくて、月記?
ご無沙汰しております。(またこの始まり)
ブログどころかメールもろくに送ってないので、方々に音信不通じみててどうなんだろう(かと思うと、すっげえくだらないメールを(いつも通り)送ったりする不審さ)。
相変わらず生きてます、おかげさまで家族も変化なく…いやこれはいかんか(笑)。頑張って回復してもらわねば!

さてさて一か月書き込みがないと広告があがってしまうので近況の報告に参りました…が…
うわーん、一月からこっち、全然映画みてなくて何の感想も…色々見たかったのに…皆様、最近の映画、どれご覧になりまして?育児に追われている映画大好き週二回は見に行くぜって友人も、今はあきらめの境地で「授乳と夜泣きが終わったらまとめてレンタルで見る」と割り切っているので、ワタシもそれにならってレンタル出たら見るんだ…うん…。
人様のレビューとか超参考にしたい。皆、映画感想あげてあげて!てかミッコに次にあったら逆裁の感想聞きたいけれど、忘れそうだ…(会うのが久々過ぎて)。
旅行にも出ていないのですが(まあ大概冬は引きこもるのでこれは別に構わないっちゃあ構わない…)、先日パワースポットと有名な奈良某所に行ってきた人にお土産でこんなものを頂戴しました。

111113_1510~0001

ご利益のある神社のお水をそのまま汲み上げ!なので、防腐剤が入ってないのですぐに飲んでねって、まるで井戸水を汲み上げて自宅に持って帰る人のようなコメントつき(^p^)明日にでも飲んじゃおうかな、うん。
どんなご利益があるのかは、これをくださった人も人の付添で行っただけなので全然把握してないあたりがなんとも有難味の薄い話ですな。笑。
あと、ブログにアプしてない画像なにかあったかなーと思えば、こんなものをワテクシ、撮影しておりましたのよ。

111215_2122~0001

ないないと騒いでた復刻版かっぱえびせん。温かなコメントより売ってる場所を教えて頂き、無事ゲッツ☆
食べてみたけれど、今の方がエビの含有率が多くて好きかな?という感じ。まあ、大差ないっちゃあそれまで…。
あと最近、大好きな大好きな堅揚げポテトのシリーズが増えてきて、毎日毎日そればっかり食べていたら…実際、リフォームがキッチンに入ってから料理ができなくなったので、バレンタイン辺りからご飯代わりにお菓子ばかり食べていたら(ここでどうして料理ができない=惣菜やお弁当じゃなくお菓子という転換をするのかと、ミッコに突っ込まれた)(突っ込まれるまでほかの選択肢があることに気づいていなかった)、六キロも体重が増加致しましてね…。
おっ、おう…スカートのベルトに腹の贅肉が乗るんだよ!ブラウスの胸元のボタンがしまらないんだよ!と友達に嘆いたらありえねえって大笑いされたが、事実です。笑いを取りたいわけでは…。
しかしながら太ってどっしりと体が安定したのかと言えばそういうわけでもないらしく、先日、久々にぽっかり時間が空いたので用事で出かけたついでに献血に参加したらば、たまたまなんですが、針の打ちどころが悪かったらしくて血の流れが弱くて長時間かかった+成分献血(一旦抜いた血液から必要成分だけを分離させて、血液自体はまた体内に戻すという、提供者に負担と影響の少ない献血法)にも関わらず血液が戻せなくて、終った途端貧血を起こす無様なありさま~~おーい、無駄に増えた体重、どこに栄養素行った(^p^)?
献血ルームの看護師さんたちにお手間を取らせて、恐縮の頻りだというのに、あちらはあちらで責任を感じていらっしゃるらしく、婦長さんとスタッフの男性がワタシの車を運転して自宅まで送迎してくださる始末…(運転中に貧血が再発して事故を起こしたら危ないからの措置だそうで)(何気に聞いてみたら、割と献血ルームでは日常的なことらしい…大変な裏側ですな…あれかな、献血って血液の無償提供なだけに、赤十字側も後から問題が起こらないように万全なんだろうなぁ)。
この間ミッコが駅で貧血で倒れたって話を聞いてたけれど、自分もあるんだなぁこんなこと…とうすぼんやりと使えない頭で考えながら失神してましたよ、沖に打ち上げられたトドの如く(^p^)。
ふらっと起こす貧血はあれど、こんなに意識喪失が長く回復しない貧血は初めてで(四時間近く起き上がれなかった)、気が付けば過呼吸まで起こしていたそうで(気が付いたらビニール袋の中で呼吸させられてました)血圧は60/30という低血圧なワタシでもお目にかかったこともない数値で、まさに初めてづくし
そんなワタシが救護室のお世話になっている間ついててくださった針を打ち損ねた(笑)看護師さんがね、若い可愛らしいお嬢さんだったのですがね、大丈夫ですよ、お飲み物をどうぞ、汗拭きますね(冷や汗かいてたので)、甘いお菓子で糖分補給してください、とずっと付き添っててくださったのですが、暫くお休みになってくださいね、と救護室を出たとたんに、扉の向こう側にいた同僚たちに「うわーん、申し訳ないことしちゃったー!」とそれまでの穏やかな声から一変してこっちに聞こえるくらいあたふたと叫んでらして、正直、笑ってしまったのだけれど、そうなると、こりゃいかん、多少無理を通してでも平気なふりをせねばと、変に気合が入っちゃったもんだ。
家に送り届けて頂いたのちは失神するように眠り、翌日もフラフラでしたが一番の後遺症はその日以後、親に注意されて日課的に計るようになった血圧が80/40と地を這っていることかな…まあ、低血圧の人とかそんなもんだろ、と適当に捉えているのだけれど、高血圧な血筋(笑)の親から見れば信じられない血圧らしく、今にも病院に放り込まれそうです。

120311_2055~0001

おばあちゃんの血圧計。今はなぜかタカヤマ専用機。アイタ。
献血ルームの方はその後二度ほど安否確認のお電話をくださいましたが、見栄張って全然大丈夫ぴんぴんしてますので、あの看護師さんに気にしないでくださいねとお伝えください、と言い切ったので、せいぜい回復してまた献血に挑みたいと思います。
こんな話しちゃったけど、大丈夫、献血怖くないし、嫌いにもなってない。回復したら(迷惑かけない自信がついたら)またやるやる。
そいえば献血終わったあとに何か渡されたなぁと思い出して(荷物放置常習犯)さっき袋を開封してみたら、献血十回目記念の記念品でした。10回もやってたのか。でもこの間、60回目の記念品もらってる男性を見かけた。10回なんて、全然ひよっこだなぁ。

さてさて、来週は春コミ!いえー!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.