FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
今年の風邪
新潟にも行ってないのにミッコ同様風邪でダウンしてる今日この頃…てか、昨日までですな。
少し前に喉風邪みたいなのをひいて、今年初風邪だわーと思っていたのですが、今度はがっつり発熱つきの風邪で、そっちは一年以上ぶりです…。発熱すると何が辛いって、関節痛がしんどい、と思うのはタカヤマだけでしょうか…人それぞれですね…前々日に思い立って購入した電気アンカが大活躍です。電気毛布にアンカ…どんどんお布団の中から抜け出せなくなってしまう…。

ところで、発熱は三十九度近くあがったくせに市販の風邪薬を飲んで五時間ほど転寝したら下がってしまった(しまったってお前)ので、起き上がって寝る前に土曜発売をすっかり忘れて今週買ったジャンを読んだのでした。
ここ何年も風邪薬のお世話になることがなかったため、買い置きの市販薬の消費期限が一年以上前に切れてたことなんて、気にしない…。しかも解熱剤なくて、鼻水・鼻づまりの薬を飲んだけど、今、タカヤマはこうして元気でピンピンしてます…。
ミッコも言ってましたが、インフルだったらしんどさは比較にならないけれど、きっと強制ダイエットになってくれただろうな…。今日も元気に肥えてます。というか、解熱後のご飯がマックのグラコロって我ながらどうなんでしょう…マックのグラコロ、年々美味しいと感じなくなってきた…だってぬるいんだもん…。

と、発熱中、寝ながらちょっと思ったのが、一人暮らしはよく病気をすると誰にも頼れないから大変でわが身を振り返る、みたいなことをしみじみ感じる、とよそさまではよく聞かれることでした。タカヤマの場合、というか、さすがに風邪くらいではそこまで悲壮というか危機感を感じることは皆無だったのですが(ポカリ常備しとくべきだなーと思ったくらいで)、思い出したのが、リフォーム終わった当初、廊下で荷解きをしてる最中トイレに入り、偶然幅を利かせて広がったダンボールが廊下の壁とトイレのドアの間でつっかえ棒の役目を果たし、あわやトイレに閉じ込められるところだった、ということでした。
ものがダンボールだけに力ずくで脱出しましたが、力ずくでどうにもならない場合、トイレみたいな密室、一番危険では?!と危機感を持ち、もしもの時のSOS手段として電話の子機をトイレに設置すべきではあるまいか、と思ったのですが、電話機の子機を、使わないからもういらなーいと捨ててしまったのを思い出し、全部買い直しか…と思うと重い腰があがらずに、放置で今日まで…。
いやしかし、備えあれば憂いなし。
トイレに子機、いれとくべきか。
いや、トイレの前の廊下で荷物を放置しないことのほうが簡単なはず…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.