ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ハサミ男
で、ジムをさぼって何をしていたかというと、ひたすら本を読んでおりましたのことよ。
どんでん返し推理小説が読みたくて、「ロートレック荘事件」と「ハサミ男」です。
ロートレックのほうは好みと合わなかったけれど、確かに大どんでん返し的なトリック小説でした。
ハサミ男も実はトリック的には同じ手法なのだけれど、こちらのほうが現代物だったので読みやすかったし一気にぐいぐいと読み込めましたね。
ネタバレさせたら一巻の終わりなトリックなので黙りますが、思わずネタの伏線を拾いに読み返してしてやられたーな気分になるかと思いきや、あまりに思いもよらないトリックなので「ここが伏線になってたのか!でも予想できんて!」となって、悔しさは一ミリもなく、ほうほうほう~となだらかな気分で読了。
本当は悔しいって思った方がこの作者の他の本をもっと気合入れて読む気になりそうだから、そちらのほうがいいのかもしれません。
叙述トリックの大御所をこれでほとんど読んでしまったような気がするので、今後は推理小説としてトリックの完成度が高い有名作品でも徐々に読破してゆこうかな~と思う今日この頃。
読書熱がいつまで続くかわかりませんが…(笑)。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。