ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
北海道の海の城
たまたま、「少年たちが~」のオビ文句になんとなく手に取って、初乾ルカさん作品を読みました。四龍です。
少しコンプレックスのあるどんくさい中学一年生の少年と、見るからにツンデレ全開な中学二年生の少年の二人が、閉じ込められた海の城から脱出しようと頑張るお話。
いやもうなんて申しますかね…!こうもテンプレなのに、この二人の距離感が徐々に縮まってゆくのが心躍ってね…!割と暇つぶしになればいいやくらいのつもりが、読み始めたら一気読みで止まらなくなってしまいました。
少年たちのドキドキ初恋物語(言い切る)+脱出の謎解きという、どちらも気になる二本立て。
とはいえどちらの結末も想像の範囲内から出ることはないのですが、もはやそこまで読み進める頃には、割と透けて見える切ないエンディングの可能性に、逆にハラハラして外れて欲しい…!むしろ、バカバカしいほどの三流のハッピーエンドが見たい…!なんて思うようになっておりました。
結論から言えば、帯の言葉どおり「切ない物語」だったわけですが。
この物語を三流のハッピーエンドに貶めて三流の蛇足的結末を脳内で補完することで自分を癒すタカヤマ…。
だって…純粋な少年たちの初恋は実って欲しいじゃない…。
どんくさい少年×ツンデレ上級生が王道っぽいけれど、あえてここはツンデレくんの今後の成長(体格的な意味で)に期待して、ツンデレ×どんくさで推して参りたい所存…。

ちなみにこの謎の城の設定自体も面白いものなので、そちらを掘り下げてファンタジーど真ん中にしても、背後関係に突っ込んで社会派サスペンスもどきにしても、どちらでも読み応えのある面白い話になったような気がしますが、そこであえてちょっと児童書めいた雰囲気を残したまま、ぶっちゃけいうならBL臭漂う題材を主題に据えたあたり、この作家さんの作風なのかしらと疑ってしまいました。
気になるので、他の作品も読んでみようと思います。
にしても、四龍、切ない…。
少年たちの初恋は、もっとふわっと浄化してほしいものだ…。(エンドレス)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。