FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
みつめがとおるDVD~
三つ目がとおるを延々見てました週末…。9巻からでもつるりと見れましたです。視聴者に優しい設計なのかしら。でもやっぱり大昔の記憶にある漫画版とは違うイメージだったので、漫画版も確かめたくなってしまった今日この頃。愛蔵版とか出てましたよね…え、まさか買うの…(自問)?いやそんな…まあ手塚漫画だし…(?)。

わとさんとしゃらくくんはそこそこのラブでした。しゃらくくんは人間を滅ぼしてかつて栄えた三つ目王国を再建したいらしいです。が、それと平行してわとさんとも結婚するつもりらしいです。わとさんはしゃらくくんが奴隷にしたがってる二つ目族の人間なのに、その辺はどうなんだろう。なんか初めは愛人的な位置で収めようとしていたような気がしたけど、それは漫画版の刷り込みなのかなー。9巻から見たアニメでは普通にラブだった…結構適当というか年相応というか、そんな大事具合のラブだったけど…。しゃらくくんて結構酷い男だと思ったり、でもわとさんには弱かったり、弱いと見せかけて自分がしたいことの前にはそちらを優先させたりと、要するに子供な男の子なんだな(子供ですよ!)と思うことしきり。三つ目を封印されてるときの保助くんは、中学生とは思えない甘ったれで、わとさんは母性の人なんだなあと。保助くんの保護者然としてるわとさんも、しゃらくくんの暴走を叱り飛ばす(けど頼る)わとさんも母性の強い人に見えましたですよ。昔の女性に多いよね、そういうキャラ。でも保助くんもしゃらくくんも結構なロクデナシ系の男の子なので、わとさんはどっちと結婚しても(同一人物ですよ)苦労しそうです…。わとさんは別の人を選ぶといいんでは…。でもそうしたらしゃらくくんはイースター島あたりで猿と結婚するしかないな…!

さてさて、お話はかつて地上で栄華を誇った三つ目王国が滅びて今の二つ目の人間が栄えたように、結局どれほど有能な種族でも環境破壊と戦争を繰り返して滅びていくんだ、的な訓告を含むテーマで終わってました。じゃあ次は一つ目の時代?とか思ったアホな感想はさておき、しゃらくくんはだから、三つ目の人間が二つ目の人間を支配して王国を再建するという阿呆な野望は捨ててくれました。そんないつか滅びるかもしれない王国を争うよりも、今生きてる親や友達やわとさんの方が大切でそれを守って自分は生きていきたいんだ、と目覚めたわけです。なんかそうだったかなあと首を傾げることしきり。そうだった?手塚先生がこの漫画で伝えたかったことってそうだった?うーん、原作…(まだ迷ってる)。

ところで、緒方刑事とうんめい刑事が凄く気になる…!緒方×うんめいで…!緒方さんはうんめい刑事に必要な人ですよ…!うんめい刑事がむきー!となってるときに、ひとり冷静に裏で指揮とってたりしてるんじゃないかな!でもそれは全部うんめい刑事のお手柄とかになってたりね!緒方さんは前に出なくてもいいひとだから!そう、ワタシの中の何かが感じ取ってるから!(この二人の軌跡を辿るためだけに三つ目を一話から見たい衝動に駆られました…)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.