FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
鰤のイラスト集ゲットー!
ベルトの画集出たー!うわーい!嬉しい!ベルの絵柄好きです。ずっと出るの待ってたんだよ!出ないものだから、本誌のカラーとか切って取っておいてたもんー!(出るのが遅すぎた感も)これでカレンダーを買わなくてもいいかなってちょっと思う(笑)。

以下、ジャンの今週号のネタバレ感想を交えつつ、つらつらと。いや、だらだらと?
嬉しい嬉しい。いそいそと購入しておうち帰って開封。表紙書き下ろしー。カバー裏ラフー(ラフも結構見るの好き)。
コメントは後ろに纏めてで、絵は絵だけという校正でした。懐かしい絵と最近のほぼ見覚えのある絵たち。ていうか、ほぼ最近のかなー。ベル自選のようなので、気に入ってるものとなると新しい絵柄のものになってしまうのかしら。ソウルソサエティ前半以前のは数えるほどしかなかった気がする…後半入ってからのがカラーも多かったということなのか…人気商売だなあ。ワタシ的には実は全部網羅して欲しかったのですが(だって好きなんだもん)ページ数に限りがあるのでそうはいかず。異国シリーズ全部載せて欲しかったなー。白いマフィアの抜けてたー。あれ好きです。第二段(出ると信じてる…!)では今回漏れた分も入れて頂けると嬉しい。ああにしても、ベルの絵好きだなあ…格好いいなあ。この人はセンスがいいよね。自分の私服とかのセンスがそのままキャラのチョイスに変わってるだけかと思いきや、織姫がレス/トローズとか穿いてたし。おおお。でも高校生が買うのに、あそこの服は高くないかな…!(そんなこと拘らんでも/笑)恋次もベルが描くと似合ってる服着せてもらえてて格好いい…アニメは忘れてしまいたい…。なんのイジメだったんだろう、あれは。アニメでもオープニングみたいな服をずっと着せてもらえてたらよかったのに。死神たちが人間界の服着てるの、好きでーす。
そういえば、作品に対する作者のコメントというのは色々なところで目にする機会があるものもあれば、一切語らない作者さんもいたりするのですが(読者の目に触れる場所でという意味も含め)、ワタシの場合、それは作品のあり方に対して変わってきます。コメント(解説・思惑)を聞きたい作者さんもいれば、そういうのは一切なしで、物語から汲み取れるものだけでいいという話もある。鰤に関して言えば、それは後者であると今回感じました。鰤はベルトが見せてくれる本編だけでいいや。言葉にした解説なしにあの世界を自分で紐解くのがいい。いや、ソウルソサエティの世界観なら設定読みたいんですけど。笑。そういうのじゃなくてね。

今週号のジャンは小畑せんせいの新連載が始まりましたね!小畑せんせいは美麗な絵が売りになってきたけど、もうご自分で話は書かないのかな…。突っ込んじゃいけない大人の事情なの?いやいやいや…。
ブルドラって、そういえばゲーム出るなあってくらいで全くノーチェックだったのですが、多分世界観を踏襲してるだけで、漫画とゲームのキャラはリンクしない…んだよね?多分…。
小畑せんせいまでニョタ描いて、なんか最近はジャンにニョタ率が高いような気がしてきました。解禁めいてきた…?一時期厳しかったのに(バスタとかで)。ニョタはでもまあ男の子の夢と希望の一部だよね。どんどん溢れればいいよ。小畑せんせいは老人の漫画やランプの精の漫画を描いたりしてたけど、原作付きになってからでも幽霊と人間の精神的ラブとかヒロイン不在の人殺し漫画とか色んなジャンルを描いてるなあと思いました…。そう考えると、今度はストレートに年上家庭教師モノで来ましたよね…。ちょっと楽しみなんですが。RPGぽい漫画久しぶりなので。戦闘やドラゴンの描写でページ食いそうだけど、できればさくさくと進んで描ききって欲しいと思います。

鰤。
ヨダレ。もう、男の子でいいのに…。ドン・パニーニ(違)が一護みたいなこと言ってた。(女の子がそんなこと言うなとか)鰤は男気あるキャラが多いですよね。敵に。笑。アランカルの価値観ってどこからきてるんだろうとか考える…。

ぎんたま。
芙蓉プロジェクト、気分的に中だるみ中…あれですか。ケツ毛のゴリラ的な黒い公僕とその仲間達が不在だからですか。もっとギャクをフツーに笑いたい漫画なのに、ホモ萌えが絡むと目が曇ります。笑。

Dグレ。
ブックマンの後継者が月の裏側に住んでる耳長族の王子様と同じ名前なので、いつもなんだかそわそわしてます。今回も表紙だったので、そわそわしました。名前出てないじゃん。笑。

ワンピ。
矢尾さん(何)はもうふんじばって連れて行けばいいよ。麻酔でも打てばいいさ。それより、そげキングはどうやって仲間に復帰するんだろう…。ぐだぐだとかなあなあはいやだな…だってルヒはウソを大好きなんだから。愛には馴れ合いだけじゃなく、けじめも必要なんだよ。

だらだら書きすぎた…?(うん)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.