FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
わらしべ長者…
何故だか今年のクリスマスはおかんが張り切ってケーキ作ったりしてました。(絶対買ってきたほうが美味しいって!と頑なに思っていた酷い娘なのですが、食べてみたら予想外に美味しくてすごかった)
張り切り列伝その2として、祖父祖母にクリスマスプレゼントまで用意してたのですよ。おかん、イベント好きね…。(でも娘宛ではない)

で、今日、それを届ける役目を仰せつかったワタシです。新刊出さないと暇人扱いです。その通りです。ていうか、多分、年末年始遊び呆けて年始の挨拶どころか家にも帰ってこないような娘に、ついでに義理を果たしてこいという意図があったと思われ。
出かけに電話して、今から行くから、門扉の鍵開けておいてねー、と伝えたら、来るついでに新聞を縛るビニール紐を買ってきてくれないかしらというので、オケオケー、とかるーく返事(どこに売ってるのそれとか思ったのは置いといて)。お店で購入¥99(税込み)なりーイエー。と、買い物袋を振り回しつつ、おかんからのクリスマスプレゼントを片手に祖父の家へ行く不肖の孫。

ビニール紐(とついでのお土産)を渡しつつ、お祖母ちゃんが代金を払おうとするから、いいよいいよいらないよと(だって¥99(税込み))言うと、まあ、じゃあこれはお駄賃でもらっておいて、と札を握らされました。
!!!!!!
¥99のビニール紐が一葉に化けた!
じゃなくて、おかんに怒られる!とわたわたしながら返すも、いいのいいの、いいから貰っておきなさいとすっかり子供扱い…そうだ、忘れてたけど(不義理でしたので)老人は孫にこういうことするんだよね…わあ…わああ…お祖母ちゃん、そのお小遣い今もらっても冬のお台場的な方面でエロ本に化けるだけなんですが…(親不孝モノ)
ものすごく居た堪れない気分で、本来の目的であるおかんが用意したプレゼントを渡すワタシ。
そしたら、おばあちゃん、今度はなにやらブランド的な袋をワタシに渡してきます。
祖母「これね、前々からあなたにあげようと思ってたの。いいものもらったお礼にね」
開けてみると、高貴な獣の毛的な襟巻きが…!
わあ…!(おかんの買った)クリスマスプレゼントが毛に化けた…!
わあ!またなんか老人から搾取するひとになってるワタシ!ぎゃあ!ぎゃあ!お祖母ちゃんお祖母ちゃん、孫はもう成人でお小遣いもご褒美もいりませんから…!(諤々)
ぶるぶるしながら、慌てておかんに言いつける(言いつけるって)。そうしたら、我が母はクールに。

母「なに、形見分け?いいわよ、貰っておきなさい」

ユー、形見分けて。せめて生前贈与と(変わりませんよ)。
このロクデナシなダメ人間一匹成人させるために掛かった費用を思えば、この上一銭も貰う余地はないというかむしろ返金しなきゃいけないんじゃないかと思われるのですが…。
取りあえず、ちょっとしたおつかいのつもりが、貰うもの貰いまくった居た堪れない日となりました…。

因みに、特に孫の中でワタシが特別可愛がられているということは全くなく(ないのか)(ないです)、いつまでも嫁に行かず親元で暮らしている一番将来が心配な孫がワタシというだけで多分構われてるんだろうよ…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.