FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
血の涙(まさに)。
ほぎゃー!!!

め、めめめめ目から血の涙が…っ!!

(血は駄目なの!と仰る繊細なレイディのため以下続きにて。要するに目医者行ってきたお話ですが…)
前日から左目が腫れてて、ああ、雑菌でも入ったかしらと思って今日はコンタクト使うのを控えていたのですが、お昼になんとその左目から出血が…!血、血の涙が…!(ひィ)

諤々腰抜かして病院にいこうとしたのですが、生憎とお昼で、病院の診察時間終わってて、出先で、保険証持ってなくて、と四重苦だったためそのまま放置…したかったのですが、止まらないし、なんだか痛みもあるしということで、散々どうしようか悩んだ挙句(いやもう行くのが面倒くさくて…ほら、人の体だし、なんとか自然治癒するんじゃないかな…とか…)何とか三時から午後の診察してる眼科を見つけて、初めてのところですが行ってきました…。(ていうか病院て水曜午後休み多いよね)
受付で初診なんですが…と伝え、どうされましたか~と聞かれたので「目、目から血が…」と呟いたら引かれた。看護婦さんにさえ引かれた。
血も止まってたので、じゃあ診察の前に視力検査することになってますから、と言われてまずは検査室へ。瞳孔と眼圧の検査の後に、ほら、お馴染みの片目隠してCを読むやつ(ランドルト環…だっけ)。
そして驚愕の事実。メガネ外すと、もう一番上さえもぼやけて(乱視入ってるんです…)見えないのですよタカヤマさん………。
お、お姉さん、言い訳させて!さっきまで眼鏡かけてたから、余計に外したてでものがぼやけてみえてね?!という心の声もむなしく、検査はあっけなく検査は終了しました…。今、視力いくつくらいなんだろう…最後に覚えてる視力が0.04とかそれくらいだったような気がするんだけれど、確実にまた落ちているような…(どこまで落ちるの)。そういえば今使ってるハードコンタクト(一日中つけっぱなしなので酸素透過性を一番重視)ももう4~5年前に作ったんですよね…。(その後に眼鏡も二本作ってますが)
なんだかちょっと凹み気味で、今度こそ診察室へ招き入れられる。と、そこには、

女医さんが。

ありがとう(がっちり握手)(?)。この瞬間、水曜日の午後にやっていない近所の眼科も今まで使っていた眼科もすべて捨てて、この病院を主治医とすることを心の中で決意しました。
小さな個人院だから、この女医さんが院長先生なんだろうな…とっても和むカンジの方で、穏やかな口調と優しい手つきに一瞬で恋に落ちてしまいましたよ…。病気じゃなくてもまた来たい。(無駄な医療費を使わないように)

そして、診察です。目が、目から血が、というと、じゃあちょっと見て見ましょうねー、と目をぐりぐりと(でも優しい手つきなの!)。瞼を捲ってみたら、その裏側が出血箇所だということが判明。なんか血の塊ができていたらしく、それが弾けたそうだ…。よかった、眼球は無事だったのね!(一番の心配)
まだちょっと溜まってるみたいだから、ついでに押し出して綺麗に洗浄した方が治りも早いでしょう、ということで、そのまま麻酔を入れられ、瞼をひっくりかえしてモニタリングしながら医療器具でぐいぐいと傷口を押して中身を搾り出してくれました。勿論ワタシにはひっくり返った瞼の中の出来事なんて見えはしないのですが、器具が迫ってくるのは見えるし、ぐいぐい押されてる感覚もあって、なんだか久々に呼吸も忘れて固くなってしまいました。わあ。傷口もそれなりに痛いのですが、もう痛いという言葉すら出てこない。(硬直しすぎて)女医さんが「痛いかなー。大丈夫かなー?」と優しく聞いてくださるのに、一言も返せなかったよ…。どうして痛いんで慰みに乳触らせてくださいの一言も言えなかったのか…あるんだなあ、こんなこと…。いや、泣き喚くよりはいいのでしょうが。

というわけで、グイグイと何かやってもらって、後は炎症止めと痛み止めのお薬貰って終わり~粘膜なので自然治癒を待つカンジです。
まだ血が止まってないので、本日より、あれですよ、人生初の眼帯生活…!
眼帯という言葉で真っ先に思い出したのが綾波レイという辺りがもう救えないヲタ具合。パンピーの友達はハーロックとか言ったよ。それもどうよ。(年を感じる…)
まだちょっと血が止まらないのですが、まあ、三日くらいで止まるよと言われたので信じます…女医さんだしさ…(重要)。

一つ、ものすごいことを学んだ。
目が血塗れ(こわ!)でも、視界は真っ赤に染まらなかったよ…!へえ…!そうなんだ…!
考えてみれば、カラコンだって普通に見えるもんねえ…。
ごみが入ったときのようにぼんやり幕がかかったような視界になりました。初めゴミが目に入ったんだと思ったもん。鏡見てドン引きしたもん。

そういえば、女医さん女医さんと浮かれて、結局どんな病名というか原因というか、その辺の肝心な話を一切聞くの忘れてた…。
まあいいか、生きてるし…。(アバウト人生)早く治るといいな~。
Comment
≪この記事へのコメント≫
お大事に!
うわわわわ、読んでいるだけでちょっと痛くなりました。
体のほかの部位の手術なら、目をそらす事もできますが、瞼じゃ、逸らしようもないですもんね。お疲れさまでした。
眼球じゃなくて本当に良かったですね!
お大事に~!
2007/01/26(金) 00:18:53 | URL | Tがや #mw2.PuPE[ 編集]
ありがとうございます!
眼球じゃなくて本気でよかったですよー!うちは祖母が失明しているので、一瞬そのことも頭を過ぎり、しぶしぶ病院へ行くことにしたのですが、そういうときって一瞬で最悪のケースまで想像しちゃうんですよね。親を呼んだほうがいいのだろうか…とか(笑)。

お大事にしてあげようと思うのですが、もう二日続けてもらった目薬を差し忘れています。( お ま え )なんか…忘れちゃうんですよね…人体の基礎回復力に期待してます。
2007/01/26(金) 09:44:06 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
ひいいいいいいい
怖い怖い怖い・・・。
眼球じゃなくて本当によかった。タカヤマせんせーの眼球フィルター(あらゆる物が主に桃色方向に見えるフィルタ)がイカれたのかと思いましたょ。
それにしても女医せんせー・・無事でよかった><。(何が)
2007/01/26(金) 11:50:30 | URL | 綾瀬 #PoWUY.ns[ 編集]
ワタシの桃色フィルターは、
通常仕様なので、恐らく一般人から移植可能だと思われます。もしくは自然再生しますよ…。眼球さえ無事なら、前向きに生きてゆけるはずです…!
でも先輩の萌えフィルタは特注品なので、大切になさってください…人類の宝です…。

けれど、今更、女医とか看護婦さんとかそういうわかりやすいものにはもう萌えないわと思っていた昨今、まさかこんなところでフォーインラブするとは思いませんでした。どうやって次回の接触を図ればいいのか模索中です。
2007/01/26(金) 13:12:21 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
桃色フィルターにしろ萌フィルターにしろ。
多分普通の人は持ってない極☆希少価値。大事になさってください。眼球ごと。

私も最近病院行き始めました。10年来放置しまくりの健康診断の再検査、今年は人事課が厳しくてさ…(笑)。女医さんが、それも美人が多いと噂の病院に行ったのですが残念ながら担当医はオサーンでした。まだ好みのオナゴ見初めてないにょー。
2007/01/26(金) 21:06:14 | URL | T姉 #-[ 編集]
もうお互い年だからさ…
きっと病院にいったらあちこち悪いところとか見つかって、医療費が膨大な金額になるんだよ。
でも年に一度程度の定期健診じゃあ、とてもじゃないけれど糖尿以外の悪いところは見つかりそうにないから、必要なのかなあ。

人間、健康であることが一番ありがたいねえ。
2007/01/27(土) 11:19:24 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.