FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
でぱーてっど。
なんだか片目生活で色んなことを学びましたよ…。

片目では車の運転がしづらい…!

(運転するときは眼帯外せっていわれたよねタカヤマさん)
と、思っていたのに、三日もすると慣れてしまうマジック。左目を使わないとすごく右目に負担がかかるようで、今度は右目が眼精疲労な予感です。もう治るまで寝て過ごすがいいよ…(え、学んだことってそれなの?)

と、いいつつも、「レオ様の新作だから!」とパンピの友達をつって映画見に行ってきました~。死者です。がっつりオチまで暴露の感想ですので、未見の方ご注意ください~。
映画が終わり、場内に光が戻った後、そっと隣の友人が労わるようにワタシの肩を叩いた。

「…ま、聖林でリメイクが成功したためしなんてないじゃない。ね?」

うん。このときばかりは肩を落として同意してしまったよ。
見終わった後に余りの事態に顎が外れそうなくらいカクーンでした。
ご存じない方に説明すると、今回の死者は無間道という韓流映画のリメイク版です。マフィアに潜入した警察官と警察に潜入したマフィアの男の騙し騙されの頭脳バトルみたいな?多分、このブログでも以前感想文アプしてた…ような(自分で振り返れ)。
本家は三部作で完結しているのですが、まずこの聖林、その三部作品をなんと二時間半の一本で纏めてきました。おおお、おおおおお…。ま、まあ確かにあの三部作も第二部は丸々趣味でつくたような映画だったから、映画のキャラ心理の深みは増すけれど、削ってもストーリー的に支障はない…。けれど、第三部を丸々削るということは、要するに物語のオチが着かないということにどうして気付かないんだろう…。いや、気付いているのか?それであえてあのオチなのか?
レオ様が死んだところまでは多少話が前後したり飛ばされたりしても大筋あんなかんじだった…。そこまではワタシも多少人物への感情移入度が低いなあと思いつつも(要するに心理を掘り下げてない)普通に見てた…。
でも最後、マッドDが射殺されて、関係者全員死んで終わりっておわりはどうなんだろう…!
要するにそんな話しだけど、まさかそんな強盗に襲われました的になんの野望も果たせずに終わるために彼の人生は在ったのか?てことになるんですけどね…。あの瞬間、顎がガクーンて落ちたよ。もう言葉もなかったよ。そんな乱暴なオチのツケかたありなのか?レオ様が女医に渡した封筒が何の伏線にもなってねえ。(これは別にどうでもいいか)

要するにワタシが言いたいのは、本家はもちっと見ごたえがありますよ…という擁護なのかもしれない…うん…。だって…なんだか…だって…どうしてブラピは恐ろしい数の脚本を吟味する癖に、自分の映画になるとこうも外してしまうのか…折角いい映画のリメイク権買い取ってきたんだから…キャストもちゃんと豪華になってたんだから…。うー。うー。

うーん、あんまりお勧めできないというか、本家を知ってる人は受け入れがたい映画になっているんじゃないかと思います。知らない方はこういう話なんだ、でアリかもしれませんが。
この映画を見るための時間を使うなら、無間道のほう見て欲しいなあ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。