ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
鉄人奪還作戦
F&Mのショコラアアアアアアアア!
なにこれなにこれなにこれええええええ!
か、感動した…!なんて美味しいんだろう…!ていうか、なんて今のワタシの味覚にジャストフィットするチョコレートケーキなのでしょうか…!!
通う、通うよ、F&M…!紅茶だけじゃなかったんだね、F&M…!ああ感動した…。
先週から、なんの体調変化か、チョコが食べたくて仕方ないです。ていうか食べてるんですけど(笑)。お店でチョコケーキを選んで食べるなんて何年ぶりというか初めての選択ではなかろうか…。夜中に食べたくて仕方なくて、甘いもの嫌いな友達を連行してキャッツカフェに飛び込んだのも初めてですよ…。(あそこ二時くらいまでやってるからサ…)なんでこんなにチョコが食べたいのかしら?自分チョコ買い逃した呪い?甘いものというわけではなくて、チョコなんです…しかも板チョコとかじゃなくて、ブラウニーみたいな普段くどくて食べないようなのがいいんです…。血糖値あがりそー。(血尿でたら控えよう…)

続いて続いて、これも漸く読みました…「鉄人奪還作戦」。
プルートウに便乗したリバイバルブーム?(辛口)と思ったりもしたのですが、やっぱりロボットモノ好きなのでついつい…。作画が金田一の人なんですよね。なんの経緯で今回28号を書くことになったんだろう。はて?
実はGロボは心の底から愛しているのですが、同じ横山漫画でも鉄人のは別に…(こっちのがメジャーなのですが)正太郎コンプレックスの語源くらいの認識しかありません。
で、今回のお話は鉄人が正太郎少年のものになるまでのお話です。日本政府ととある研究機関が極秘裏に開発していた巨大ロボットを悪の組織PX団(BF団にしとこうよBF団にさああああ!)に盗まれる。警視庁は事件の解明を少年探偵である正太郎少年に依頼。警察と正太郎少年とで事件を追う。
その過程で最新型ロボットである28号が少年のものになったりするのですが、今回はそこまでのお話。特に一巻とも銘打ってなかったようなのですが、これ続きはやるのかな?出会い編だけピックアップリバイバルなのかなー。(それはちょっと半端なような、でもワタシみたいに名前だけ知ってる読者にはいい出会いのきっかけになったような)28号と少年の触れ合いがさほどないからか、もともとこの作画さんの絵でワタシが萌えられないからか(笑)、大好きなイニシエーションロボ漫画なのになんの感想も浮かばない…。
こういうのは原型から思いっきりはなれてやるか、いっそ原作を忠実に、細かい補足を入れつつ踏襲するかの二択しかないような気がするのですが、もともとの原作を知らない人(ワタシですワタシ)からしてみれば、その名前を冠しているというだけで「原作と同じ」という認識になってしまうんですよね。今回感じ取れた一番大事なところは「少年がロボに愛を感じていない」ということ…大作くんはGロボを心から愛してくれていたけれど(アニメ版~)、この漫画だけを読んで鉄人28号を知った人は愛すべき要素がない正太郎少年に何も共感できないのではないかなーと思ったりします。
ていうか、アニメ版が見たくなった…。なんか、昔やってましたよね。FXとかつくやつ…あれ?違うかな…見てなかったからよく判らない…。FXの前にもなんかアニメになってなかった…っけ…?(適当なこと言わないように)(わーん)
ワタシがロボットものに求めているのは、人間と機械の心の交流なんです…。それは愛というのさ…(独り言)(危険)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。