FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
伊勢志摩旅行二日目~
ise.jpg


三重旅行二日目~☆(まわりゃんせはフリーパスポートの有効期限が四日間あるのです)
またダラダラと起床して二日目出発です。前々日にひゃっほうと喜び勇んで買った旅行鞄はホテルから送り返すことに。車旅行じゃないので、手荷物は少ないほうがいいよね…。まわりゃんせと提携しているホテルだと無料で宿泊荷物を送ってくれるサービスもついてます。このホテルは違ったんだけど、やってくださると言ってもらえたので、甘えてお願いしました。

二日目は電車にがたごと揺られてお伊勢参りでーす!人生二度目だか三度目だか…。内宮の本宮への遠さに絶望した思い出しかないのですが、仏閣の礼儀に厳しい友達が同行しているので、今回はちゃんと外宮から回ることに。お外宮さんは初めてだなあ…なんか今、どっちも移設前らしいです。荒神様が階段の一番上にいらっしゃるのですが、友達がその階段途中で灰色の太くて大きいミミズをみたそう。ええ~!見たかったのにー!とまたキモいもの見たさのワタシはその後、外宮降りるもの内宮回るのも全部ミミズ探しに勤しんで過ごしました…(お前…)。いなかったんだけどさ…ミミズ…。
外宮から内宮に回るのに四つくらいお宮とかがあるらしいんですけど、そこはもうヘタレた大人らしく、友達に泣きついてタクシーでショートカット。このタクシーの運転手さんがまたナイスなキャラで、サービス旺盛な道交法違(黙)、や、ありがとうございました…。最後にはお賽銭にしなさいと十円玉まで頂く始末…。どうやら学生と勘違いしてなさったらしい…まあ…もうそんなサバ読みが許される年齢ではないので、ごめんなさい薄汚れた大人ですと申告しておきましたが…。
そんなこんなで内宮。おおおお。すげえ、三重県の観光、全部がここに集まってるんじゃないですかっていうくらいの賑わい。まあ。まあまあまあ…雨なのに皆様ご苦労様です…ワタシのミミズ探しに協力していただけませんかね…あ、駄目ですか…そうですか…。
またも絶望しつつ最奥の本宮へ。なんか昔きたときも、厚底靴とか履いてぐきっと捻ったことを思い出しました…。今回も愚かにも八センチヒールのブーツです…阿呆です…学習してません…。(だって寒かったから!)でもこけることなく、ミミズを探しながら本宮まで一周しましたよ…タクシーの運転手さんにもらったお賽銭でおまいりしたのですが、実はなにもお願い事をしてきていません。お前。何のために…!いつもそれなりに願い事を思い描いて喜捨するのですが、何にも思いつかなかった…。これって幸せってことなんでしょうか。おおう。違う、脳みそが動いてないだけだと思う…。無病息災とか、そんな些細なことでいいじゃん…10年後獄がツナに会えますようにとか、そんな些細な願いで充分じゃん…。(痛い大人)
なんだかすごく勿体ないことをしてしまった気分です。願いが叶うかどうかじゃなくて、気の持ちようというものですが。

後は、東海道へ行こうぜベイベ~と心の中で歌いながらおかげ横丁を探索。お昼は牡蠣のお店で頂いたのですが、ここの牡蠣が!牡蠣が!と~っても大きくて美味しかったのです…!わあい…!シーズンオフだからか、生牡蠣はなかったのですが、そのほかのカキフライ、蒸し牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣雑炊、牡蠣の佃煮は頂いてまいりましたよ。(食べすぎです)(しかも人の分まで食べてたよね)(牡蠣好きなの…!)もうもうもう、今度三重に来るときは必ず来るよと心に誓い。(三重県旅行することが残りの一生の内にもう一回あるのかどうか…)
あとは買い食いしながら(牡蠣食べたのに)おみやげ物を見繕い。ここで!ここの和物屋さんで素敵な鞄とお財布をゲッツできたのです!わあ!わあ!嬉しい~!
後は、初めておかげ座にも入りました。ここもフリーパスだったので…。お伊勢参りの歴史みたいなのを、ツアーガイドさんが館内一周説明しながら案内してくれるカンジ…。お伊勢参りというものは、昔は物凄く栄えたそうです(今もなのかな?)日本人口の五人に一人がお参りしている割合なんだそうですよ。すげえ。でも昔はそう簡単に旅行とかいけなかったから、村単位で旅行費用をためて、何年に一度か、代表者がお参りに行っていたそうです。道中も険しいですが、昔は何十日もかかる長旅で、しかも全員がいけるわけではなかったから、とても大切なお参りだったらしい。
そして、旅の途中もお伊勢参りに行く人は無料で持て成されたそうです。「施行」と言って、神様への願いを携えていく人に親切にすることで、優しくした人の分もまた祈りを受け継いでゆく、みたいな。だから宿屋も無料だし、疲れを癒すお風呂も沸かしてもらったり、馬に乗せてもらったり。
説明の模型の中では、年老いたおばあさんがわらじを差し出している模型があって、それはおばあさんが毎日毎日夜なべをして願いをこめて編んだわらじをお伊勢さんに行く旅人に無料で施してあげている図なんだそうです。おばあさんはもう自分ではお伊勢さんにお詣りに行くことはできないけれど、そうして町に立ち寄る旅人のためにせっせとわらじを編んで、それを道行く人に差し出してゆく…わあ!人情!旅情!古きよき日本!タカヤマ、うっかりガイドさんの説明にもらい泣き。引く友達。そりゃ引くわ。
お伊勢参りはやじきた珍道中じゃなかったよ…!昔からの祈りの詰まった国でしたよ…!と、大変勉強になりました…。や、フリーパスだから入ったんだけどさ…(台無しー)

お伊勢参りで予想外に心を洗われた後は、またも電車に乗ってがたごとと、今度は松阪へ~。松阪は観光ではありません。肉です。松阪牛です。松阪で育った乳牛を貪るのが目的です。イエー!
事前に三重県民にリサーチをして、雑誌に紹介されていないようなお店を教えてもらっていたので、そちらに予約を入れていきました。予約して正解!ちょっと判りにくい場所のお店だったのですが、どんどん人がくるくる。しかも全部予約席で埋まってるので皆帰る帰る。ほえー。そこは松阪牛のステーキもですが、焼肉として色んな部位が食べれるお店なのです…。そりゃあもう、食しましたとも…ロースもカルビも内臓も揚げ物までしてもらって、松阪牛を食しましたとも…。松阪牛、多分はじめて食べましたが、なんだかこってりとしてお肉でしたよ…。ちょっとの量でオバサン大満足、みたいな…。

まあ、三時間前に牡蠣を腹いっぱい食べたばかりの女が、お腹いっぱい松阪牛を食べる贅沢…。(設定ミス!)

もうデザートも入らないカンジで、また長々と電車に揺られて帰りました…。
酒を呑んだこととなんか色々食べたことくらいしか覚えてないですね…要するにいつもの旅行と何も変わらないカンジ…!(電車旅行なのにー)(いつも以上に酒が呑めたことくらい…!)
でもまあ、雨に降られましたが、新しいお出掛け鞄で知らない土地にいって美味しいもの食べられたので、とっても満足…。

あ、書き忘れましたが、一日目の写真が例によって何も写真撮るの忘れてたので、二日目の松阪牛…今日の写真がおかげ座でワタシがマジ泣きしたお伊勢参りの模型です。写真撮影可だったので…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.