ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
学園ジャンル
今朝方、道を仲良く並んで笑いながら歩いている中学生を発見。ひとりはなんだかちょっと昔のヤンキぽく制服を自分で着崩して髪を立てた男の子。(このくらいの子ならワタシの時代にもいたよ…!)(懐かしい…!)で、もうひとりはひょろりとしたいかにも発育途中の田舎の中学生的短髪の男の子。

めらっさ、萌えた。

うおおぉぉおおををを??!
か、可愛いいいいいいいい!!!そういう身分違いじゃないけれど、自分の畑を越えたカップル大好きですよ…!お互いがお互い仲のいい友達というか、同じ空気の友達がいるんだけど、でも小さい頃からの幼馴染みである二人は今も周囲が首を傾げるくらい性格が違うのに仲良し…!
だいすき…!お姉さんはユーたちが大好きですよ…!友情フォーエバー…!
と、朝から道ゆく中学生を視姦してまたーりと微笑ましいモーニングでした。
あれですね…頭の中にあったのは阿雲ですからね…。あの二人は兄弟だけど、要するにそういうことです…。阿含の落ち着ける場所はおにいの傍だけなんです…。
ついでにその先の妄想も走りました。身分違い(?)の二人は高校受験をむかえて学力の違いから別々の高校を選ばざるを得ません。ここでは仮にヤンキっぽい子より普通の子のほうを優等生としましょう。普通の子は普段は地味で大人しく目立たないのに、話してみると自分の中の目標や意思をきちんと持った子。ヤンキぽい子は彼のそんなところを尊敬しています(勿論口には出しません)。だから自分と一緒にいるために進路を曲げない普通の子をとても素晴らしいと感じている。よって、二人が一緒の高校に進むためには自分が勉強をして学力を上げるしかない。今までのように親に反抗したり喧嘩したりしてる時間はありません。優等生の子もそんなヤンキぽい子に協力して二人で一生懸命勉強し、ついにふたりは同じ高校に合格…!薔薇色の高校生活…!

…というのは、一昔前のボーイズラヴかな、と思わないでもない。

というわけで設定訂正。ヤンキぽい子はそんな外見に反して優等生。普通の子はあくまで学力も平均の子。なので普通に受験勉強に勤しみます。
ヤンキぽい子は普通の子と一緒の高校へ進みたいがために、親や先生が推薦する県内トップの高校への進学を拒み、密かに普通の子が狙う公立高校を受験するつもりでした。しかし、それが普通の子にばれる。僕と同じ高校にくるためだけにレベルをおとすなんて…!と憤る普通の子。お前はもっと上の学校へ行けるんだから、そうするべきだ!と受験を前に喧嘩をしてしまいます。すれ違う二人。本当はお互い一緒にいられればいい、望みはそれだけなのに―――。

って、あれ?こんなのもあったな。(昔から)

学園モノはかなり食らい尽くされたジャンルのようです。
あー、明日も明後日も卒業まであの二人の恋の行方を見守りたい…!明日からあの子たちの通学路に立ってるのどうかな。緑のおばさんぽく。(通報されるよ)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。