FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
山陽・山陰旅行二日目~!
広島旅行二日目~!
本日は六時半出発のため六時起床予定でした。が、りっち先輩の目覚ましがその10分前に鳴ったのでぱっちり目覚め。先輩の携帯アラームは10分ごとになるようにセッティングされているようで…!おおお、そうかそうしてりっち先輩は徐々におきるんだ…!とプチ感動(何故)。
昨夜りっち先輩に貰った、脚の裏の疲れをとるカイロみたいなのを剥がしてみると、「疲れを吸い取った分だけ変色します」との説明がきのとおり、茶色に染まってましたよ(笑)。でもこれでまた今日一日歩き回れるはず!
もそもそと朝は無言なタカヤマ。同じように物静かなりっち先輩と二人朝の支度をしていたのですが、思い起こせば「おはようございます」と「そろそろ行きますか」以外会話した覚えが(笑)なんたること!端からみたら倦怠期の夫婦みたい、と後で思い起こして失笑。いや、機嫌が悪いとかそんなんじゃなくて、朝は静かなんです…。きっとりっち先輩もそうだったと信じたい…。

本日二日目の予定は、ワタシとりっち先輩の二人旅。後のメンバーはもう一台のレンタカーに乗って呉で保大ツアーです。
前日にどこいこうねと話していた結果、今回はりっち先輩の目的である島根の出雲大社と、ワタシの行きたかった岡山の鬼ノ城(鬼が島のモデルらしい)の両方行く欲張りツアー。距離的にありえないだろうという当然の突っ込みにも負けません。前日ネットのナビで試算したら、なんとかいけるスケジュールだったのですよ~!
しかし、それは車のナビの到着予定時刻試算で早くも打ち砕かれる嵌めに。う。ワタシがネットで調べた試算よりも、一時間も余分に時間がかかる…!(島根いくにしても、岡山行くにしても)ということで、本当はのんびり八時出発だったのを早めて六時半という保大組が寝ているだろう時間に出発。結局この旅行でT姉たち後発組とは一緒にご飯を食べただけでろくに話もしてません(笑/どうなのそれ)。
まあ、ナビの到着予定時刻のズレは高速で稼げるよね精神で広島を旅立ったのでした。

まずは島根の出雲大社。ナビだと三時間ちょい。広島から行くのに直線で高速が使えないために、島根に入るまでは高速、そっから二時間延々下道というコースが一番早いそうで。
山越えしつつ海岸沿いを走りつつ、前日の残りの雨に降られたり晴れ間が見えたりしながら三時間ドライブして出雲大社にたどり着きました☆
初!出雲大社!初!島根!だってこんな日本海側、遠すぎてこんな機会でもなければとてもこれない…!プチ感動。
出雲大社は伊勢神宮と姉弟のようなつくりなので、とても大きくて荘厳なカンジのお社でした。注連縄とか超大きくて見ごたえが!
izumo.jpg

超登りたい!(やめて!)
伊勢神宮でもそうだったのですが、神様がおわす社の前までしか参拝客は入れません。ですが、ここでも伊勢神宮と同じく、持ち株会(仮)の方々が中に入って参拝なさっている姿が。おおお、いつも思うけど、凄いな持ち株会(仮)…!何株所有したら入れるのかな、持ち株会(仮)参拝。
伊勢神宮と同じようなつくりのお社なのですが、ワタシはなんかこっちのが好きですな…!神様がいてもおかしくないような空気があります。(タカヤマさん発言に気をつけて)(いるんですよ!信じてる方々には神様はいるんですよ!)

そしてここでも御朱印を購入。本当はワタシは出雲大社で御朱印帳を買うつもりだったのですが、ここでは売ってなくて、近くのおみやげ物屋さんで売ってますよと言われてしまったので、購入を断念。だって、なんか神社にお金を払うのは奉納とおなじ意味合いだけど、お土産物屋さんで売ってるって、有り難味が薄いイメージなんだもん(笑)。や、物は一緒だけどさあ…。
御朱印は帳がなくても一枚のお札のような紙で売ってくれます。ので、ここまでと同じようにそれで買って、いつか気に入る御朱印帳に出会えたときにそれに貼り付けよう~と決意。
で、買った御朱印なのですが…ううん?出雲大社の御朱印は、日付と朱印スタンプと「参拝」の文字だけのとても…なんていうか、シンプルすぎる(笑)御朱印でした…え、マジで?これ神社名書き忘れてないの?と思わずまじまじと見てしまった…。(りっち先輩がかいてもらったのと見比べてみたい…)
だいたい今まで見てきたのは奉納の文字と神社名と日付とその神社の朱印スタンプの押されたもので、それは書いてくれる神社のひとによって字体も色々違ってくるものなので、まあぶっちゃけ、有り難味とかご利益はどうなのよといったカンジなのですが…(ほんと、ワタシは記念スタンプラリーくらいにしか認識していない)出雲大社はその中でも群を抜いてシンプルな御朱印でしたな…。

そんなこんなで参拝を終えた後は、もう一箇所行ってみたかった神社へ。日崎神社…あれ?なんだっけ、名前がうろ覚え…(笑)。天照大神とスサノオノミコトをダブルで奉納している太っ腹な神社なのですが、それより何より塗り替えたばかりという朱色のお宮がとても綺麗だったので見てみたかったのです。
こじんまりとした神社なので、あっという間に一週。近所にあると可愛くていいなあ、こういう神社。
そして、そこをお参りしてしまうと、今度は岡山への長い旅時の始まりです(笑)。事前試算は二時間半。ナビが指すのは四時間。やってくれるぜ(笑)。燃えるぜ。タイムアタックの開始です。
出雲大社からは米子道を通って中国道で岡山へ。なんというか、移動時間が異様に長い行程ですよね…(笑)。でも初めての道を通るのも景色がいいドライブも大好きなので、つるっと岡山へ。到着予定時刻は50分ほど短縮させました。後日ハイウェイパトロールからオービスの写真が送られてこないことを祈るだけです。ていうか、オービスなんて一台しか設置されてなかったけど(笑)。

岡山はまず吉備津神社へ!ちょうど降ったりやんだりな雨が一番激しく降ってる時間帯でした…いやーん。しかも本殿が修復中で外観が見れず。でも、ここで御朱印帳をゲットできました!オレンジの紅葉模様のと、薄い青色の紋所模様のようなものが二種類あって、悩んだ末に(どっちも可愛らしかったのです!)薄い青色のほうに。こっちのほうがなんか高貴なカンジで(笑)御朱印帳は神社によって色んな種類があるので、できればまた違う神社でも見せてもらって、気に入ったのがあったら買いたいなあと思ったりも。
吉備津神社をぐるっと参拝。雨が酷くなってきたので、それでも渡り廊下で見れる範囲だけですが。ここにはずっと消えずに焚き続けている炎というのがあって、由来はなんだったかな…忘れちゃった(お前)。とりあえず、時間ギリギリにそれを見ることが出来ました。

そっからはワタシ的にメインである、鬼ノ城へ。きのじょうと読みます。ただし、ここでハプニングが発生。なんと、鬼ノ城がどんだけレアな観光地だというのか、ナビに出てきません(笑)!わあ!予想外!ワタシはここをガイドブックで見かけたのですが、ナビでいけるだろうと思って住所とかメモってこなかったんですよ~!
慌てるワタシに、りっち先輩が携帯で検索して住所を調べてくださいました。あああありがたや…。(自分でやれ)検索住所の近くまで行くと、「鬼ノ城→」の小さな看板が。それにしたがって鬼ノ山という山を登ることに。
おおお、こんなところでまたヒルクライムが…!二台がすれ違えない譲り合い登山道は、結構びくびくと注意して運転が必要です。特に需要がないのか、カーブでもミラー設置してないんだ、これが(笑)。
でもそのまま登る事暫し。漸く鬼ノ城ビジターセンターという場所に到着。ビジターセンターの閲覧室に山の模型が飾ってあって、鬼ノ城とは、鬼ノ山の山頂の集落を中心に、ぐるりと囲むように数百メートル(予想)四方に渡って建てられた四つの見張り台の砦を纏めて鬼ノ城と呼ぶらしい。昔の人は(鬼が島のモデルになったひとは)ここをこうして侵略から守っていたのかなーと。というか、ここまでの登山道と傾斜を考えると誰が攻めてくるのと思わないでもない…(笑)
で、とりあえず、もう時間も五時だし、ぐるり一週ハイキングコースはとても回れないということで(体力的にも)一番近い西の砦と見張り台まで歩くことに。
平たい道なら普通に歩けますが、登山というか傾斜を描いてる上り坂は本当に殺す気か、とか思う…たった五分程度の坂道だったのですが、もうタカヤマ日頃の運動不足の成果を遺憾なく発揮してぜーはーと息切れ状態。あああ、きっと明日は筋肉痛ね、と思いつつ、西の砦に到着。
すると、その砦の門から見渡せる岡山一望の景色に疲れも吹っ飛ぶ感動が!
すごい!すごい景色!素敵!素敵!
携帯写真でこれが伝わるでしょうか…!
kinojo.jpg

登山途中から一枚。
oni.jpg

たどり着いてそこから一枚。
伝わりませんorz
もうでもとにかくすごかったんです…!雲とか同じ目線ですよ。ここより高い山が周囲にないんじゃない?てくらい。素敵~感動~!
ここで夕日まで眺められたらどれほど素晴らしいことでしょう…!(けれど夏の日没は七時)(しかも街灯もない本当の登山道をダウンヒルする嵌めに)美しい景色に心を奪われつつ、そこを後に、こうしてりっち先輩との島根~岡山旅行は幕を閉じたのでした~。

帰りは福山で解散。本当は広島駅まで戻ってレンタカーを返す予定だったのですが、岡山まで来て広島まで戻っても時間も高速代も新幹線代ももったいないということで。マツダレンタカーは県内乗り捨ては無料なのです。そして、返却営業所から新幹線駅までの送迎もサービスしてくださるのですよ。人当たりもいいし、電話応対も親切。なんて素晴らしい。さすがマツダ。(マツダ賞賛)
一つしまったなーと思ったのが、広島駅でクロワッサンを買えなくなった事(笑)。いや、帰りにも山のように買って帰るつもりだったんですよ…/笑。まあまた機会があったら。本当にちょうどいい美味しさなので、お勧めです。出来立てが一番!
福山駅はおみやげ物を買う場所もあるし、全然歩かされないし(笑)いい駅だと思いました。ただ、のぞみが殆ど岡山どまりでその向こうへ行くためには乗り換えなのねン…乗り換えは面倒くさいのねン…というわけで結局一時間待って乗り換えの必要ないひかりで帰ることに。うわー、何年ぶりのひかり!ひかりのが時間がかかるんで、ここ数年はのぞみにしか乗ったことなかったんですよね…。でもまあ乗り換えないし、どうせずっとゲームやってるし(乗り過ごしたら大変だから)最終までには帰れるし、どうでもいいか、と…。
おみやげ物屋を物色しつつ時間を潰し、新幹線ではゲームをやって時間を潰し、そのままつるっと無事帰宅…となるはずが、京都を出た辺りから激しい腰痛に見舞われ、座っていることも出来ない状況に。
うぎゃあああああ痛い痛い痛い…!どっちを向いても痛い。捻っても何してもいたい。座っているのが一番痛い。
あああ、この旅行、座ってる(車に乗ってる)時間が長かったからなー、と。
先輩たちが心配するといけないので言っておきますが、二日間の運転時間が長いのがアレなんじゃなくて、車に乗って座ってる(腰を曲げてる)時間が長いのが敗因だったんだと思います…。今日なんて一日の半分以上車に座ってる上、何時間も新幹線にだらけた姿勢で座ってたもんな…。そりゃあもともと爆弾抱えている腰への負担も一方ならぬものでしょう…。
座っていられない痛みだし、立っても足が疲れるし、という状況でめそめそ戦いながら残りの行程帰りました…。日付変わる前に帰ってこれたのですが、もう腰の痛みでそのままダウン…。
締まり悪い終わりですが、二日間、これでもかっていうほど観光堪能できて楽しかったです。りっち先輩、ありがとうございました!そしてT姉、アレの件ごめん!(笑)
Comment
≪この記事へのコメント≫
私も昨年(笑)
行きましたよ島根!出雲大社~!!おおあの大注連縄懐かしい☆縁結びの大社。まったく縁がないですけど(笑)流石に神話の時代の伝説的大社だけあっていろんな石碑とかありましたよね(笑)とりあえずあの大注連縄にお賽銭を皆さんのせようと頑張っていたのですが、最終的には射そうとしてました(銭形平次なみのフォームで投げてた…)いやにそれが印象深く…もちろん私もやりましたけど。高山さんのれぽでとても懐かしくなりました。お蕎麦おいしかったとかお土産やの試食くいまくったとか…。私達のその時のメインは鬼太郎だったんですが(笑)
…ところで島根県の観光関係の商売っ気のなさにビックリしませんでしたか(笑)
あんなのんびりでいいのかと名古屋人としては心配することしきりでした(余計なお世話)懐かしく旅行のことを思い出しましたv
ゆっくり旅の疲れを癒してくださいませv
2007/06/12(火) 18:33:48 | URL | あずさん #-[ 編集]
アレの件て何の件だっけ?
と本気で暫く考えた。
前回餅入り広島焼きを完食できなかったのはゆ~にんだけデスよ。アタシはギリギリ何とか食いきったもーん(笑)。しかし今回は本当に一瞬しか会わなかったね、タイムアタック50分短縮おめでとう☆私は翌日岡山で乗ってたときは見事に時間設定そのままだったよ。まぁ一般道だけだったけどさ。ちなみに一般道の設定試算時速50キロくらいだった(計算した)。一般道でそれって無理くね?(笑)
2007/06/12(火) 22:49:39 | URL | T姉 #-[ 編集]
ありがとうございま~すv
>あずさたん!

おおお、しげるロードはわたくしも以前練り歩きましたよ…!あそこは人生一度は行っておかないとね!妖怪の国の住人として!
大注連縄、一杯人が小銭を投げてました。乗せたり指したり。ワタシはきっと無理だろうと思ったので、そのまま眺めて去っていきましたが…やった方がこんな近くに(笑)!お疲れ様っす!
島根は本当にあっという間に観光して立ち去ったので、名物が何かも判らないというちょっと勿体ない旅行者だったんです~。(岡山はままかり…!)でもなんか空気もすべてがせかせかしてないカンジでしたv

>T姉。

うん、アレの件。TDSのときでごめん(笑)。
あれえ?前回広島焼き挫折したのってワタシだけ?!マジで?えええー…(苦笑)。
や、けど今回は苦しくなることなく美味しく最後までいただけました。美味しい食べ物だよね、広島焼き。
そして我々は遠く離れた場所で一瞬だけの邂逅を果たし、また旅立ち…。ある意味清々しい/笑。
岡山レポ待ってるよー!(写真もアプしてね!)
2007/06/13(水) 09:00:39 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.