FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
遙か3ドラマCD感想~
は、遙かの…ドラマCDを漸く聴きました…。漸く…漸く…。別に避けていたわけではないのですが(笑)聞く機会がなくて。
取り溜めた録画やDVDとかって実は色々他ごとやりながら見たりすることができて(ご飯食べながらとか本読みながらとか髪の毛乾かしながらとか)そのためだけの時間を空けなくてもなんとか吸収できるのですが、耳で聞く音楽とかって、そのために集中する時間を空けないと対応しきれないという意識で、手が出なかったんですよね…。多分耳で聞くという作業にあんまり慣れてないんだと思いますが。(ラジオも全然聞かないし、音楽は車で聴くしなあ…)
そんなこんなで敬遠しがちだったのですが、すこーんと聞く体制が出来たので(笑)反動的に一気に全作網羅です。多分。
ネタバレもですが、発言も色々注意で以下続きます。
望美の声を聞いて、ああ、望美ってこんなふうにはきはきと喋るんだ…!とまず衝撃。語尾伸びてないんだなあ。でも、この方の声は芯の強さみたいのが垣間見れて好き。可愛いなあ。
そして、どのドラマを聴いても、もう「ユーどんだけ攻神子なんだYO!」としかいいようがない(笑)。一番笑ったのが、リズ先生と迷い辻に入り込む話で、望美(小)が「いやじゃないから撫でてもいいよ」っていったこと…!撫でてもいいよって…!いいよって…!(笑)許可制ですか、神子様。どんだけ強気なんだ。(勿論子供の虚勢だってわかってますが、それでも)そんでまたリズ先生も嬉しそうで、先生、どれだけ神子を甘やかせば気が済むんですか…!その子恐ろしい子ですよ…!甘い顔すると襲い掛かってくる野獣のような神子ですYO…!(先生は別にいいのかもしれない)

あと、すべてのお話に垣間見えたのが、望美がいかに朔を愛しているかという事実でした(真顔)。迷宮のクリスマスのお話で、望美と朔が二人きりのところに言い寄ってくるナンパ男たち。望美は朔を守るために(超)強気で立ち向かいます。「ちょっと、(わたしの)朔に触らないで!
言った、あの神子は絶対に心の中でそう言った。(小宇宙を感じ取りました)
王子さま…!(きゅん!)望美は朔の王子様…!!!(オフィシャル)
キタキタキタ、望朔きたああああああああ!とイヤホン越しに握り拳。やー、そうですよねー、神子様はこうじゃないとねー、とその王子様っぷりに暫し満足感に浸っていたら、次のCDで更なる衝撃が。(どうでもいいけどどの順番で聞いてるのユー)(手に取った順)
十六夜記の、洞窟の中で皆とはぐれ、ひとり幻影と戦う望美のお話。
望美は目の前の敵を倒したつもりで、けれどそれは仲間だった。「ヒノエくん…?!」動揺する望美。そこに次々に襲い掛かる仲間(の姿をした幻)。その中に、(最愛の)朔の姿まで。
望美は衝撃に打ち震えます。
「朔とは戦えないよ…!」

…………っ!

(衝撃すぎて声にならない)
ヒノエに斬りかかっても「あれ、これどういうこと」と普通に混乱していた望美が、朔が目の前に立っただけで半泣きして逃げ出した…っ!朔と(だけ)は戦えないって、泣きながら走り逃げよった…!!!

そうだよNE…っ!!(ぶわっ)(もらい泣き)

望美、朔のこと大好きだもんね…!朔が目の前にたって冷たい顔して切りかかってきたら、そりゃあ衝撃だよね…!わあわあ大泣きして、でも絶対に朔だけには剣を向けられないんだよね…!
うっかり貰い泣きするタカヤマさん。(キモイ生き物)いやでも、泣くでしょう…?!泣きますよね?!望美が大好きな朔に冷たくされてたら、そりゃあどれだけあの子が朔のこと好きか知ってたら泣きますよね…?!(誰に同意を求めてるのユー)あ、うっかり思い出してまた泣きそう…。
もう、凄い朔望CD出しましたね、オフィシャル…うっかり萌え尽きるところでしたよ…。なんだろう、これ。なんだろう、この朔望具合。望美がどれだけ朔を好きかなんて、これ以上ないくらい受け止めてると思ったけれど、いつだって原作(オフィシャル)はそれを凌駕することをやりおるの…!!
朔望CDとしてすかさずPCに落としました。当然です。いやもう、衝撃で色々ふっとんだな、あのシーンは…。

ネオロマのCD聞くの初めてなので(というかドラマCD自体全然手を出したことのないジャンルですが)こういうのが一般的なのかは判らないのですが、遙かのCDはオリジナルドラマ+ゲーム中の八葉の台詞+キャラソンという構成みたいです。
う~わ~~和彦さんの歌久々に聞いたよ~~。あんまりまだちゃんと聞いてないのですが(ドラマだけ連続してつまみ食い)、そのうち歌詞とかじっくり聴いて笑いたいと思います。(何故笑う)(え、キャラソンてそういう楽しみ方するんじゃないの?)(偏見)

そういえば嬉しかったのが、平家側のドラマがあったこと~!わあ…!わあ、嬉しいな、平家側の露出…!六波羅で畑仕事してる面々とか…(惟盛とかいて、一瞬時期列見失いましたよ/笑)。あと、オフィシャルで絶対に知りたかった将臣の平家拾われ時代のお話…!こんなところに補完されていたのですね…!
内容は、将臣が拾われた少し後で、まだ敦盛しゃんが怨霊の力に気付かずに、夜な夜な人間を襲っていたというお話です。将臣があまりに格好良くてどうしていいか判りませんでした。なんて男前で前向きなんだろう…!えらいな、この子…!
経正お兄様の敦盛しゃん好きっぷりもまた見事でしたが、それ以上に引っかかったのが、ドラマの知将具合…(BL注意)。遙かでBL、全然構わない性質なのですが(というかBLもNLもGLもなんでもいいのでは派)、今まで特にこれというカプもなく攻め神子の鬼神ぶりに傾倒してきたワタシ、ここで初めて遙かでBLフラグが立ちました(インマイハート)。知将、知将、これ知将で美味しくいただける…!やあ、知盛もとからただの変態だから、ホモでもなんでも嵌るなあ…!器用だなあ…!(知盛ファンに怒られますよ…!)将臣が知盛ラブに落ちることはなさそうなので、なんだかなし崩しで関係に落ち、けど将臣はその辺けじめをつける子だから、一回ヤった後は知盛に最後まで付き合うんだろうなーとか、しばし知将ストーリーについて考える時間。人生において大変重要な時間です。
とかいって、十六夜記CDでは特に銀泰フラグは立たなかったので、銀はアレか…あのひとは神子様一筋でいいのか、ワタシの中で…と今更ながらに自分のカプ確認。

なんか他にも小ネタを色々拾っていたのですが、朔と望美のものすごいラブの前に吹っ飛びました…(ついでに知将にもひっかかってて)
また後日思い出したら書いてるかもしれませんが、ひとまずそんなこんなで遙か3ドラマCD聴きましたよ感想終了です。やー、暫く余韻に浸りますよ…。あー、面白かった…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.