FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
花きみ最終回~!
お店のエスカレーターのタラップの、ほら、あれって細かい線の集合体じゃないですか。あの線の溝にヒールの先が嵌って危うくエスカレーターを止める(または壊す)ところだったタカヤマです、コンニチワ。
溝に入り込んで動けなくなった瞬間、「ど、どんだけ…っ!」と思ったのはさておき、異物感知してエスカレーターが止まるより先にワタシのミュールと、もしかしたら吸い込み口が壊れるほうが先だと感じ、慌ててミュールを脱いで手で引っこ抜きましたよ…あぶないあぶない…。自分のミュールよりも、あんなものの修理代を請求されるほうが怖いっつの…でも、そんなミュールの踵が嵌るなんて、むしろあのエスカレーターのが危険物…!?某訴訟大国だったら絶対に訴えられてたんだろうな、と生温く店を後にしました…。

花きみ最終回!視聴率が良かったらしく、最終回が二時間スペシャルに変更!というのは後半戦入った辺りで決まったらしいのですが、さすが急造の二時間スペサル…という具合。友達なんぞは「前半丸々今までを振り返って、みたいな感じなんじゃない?」と辛辣なことを言ってましたが、むしろそれは後半だった…。後半怒涛の思い出ラッシュ。脚本急遽作り直したんだろうなーみたいな…。でも難波先輩とのやり取りに感動して泣いたことは黙っておこうと思います。
原作と違う違うといいながら楽しんでみていた花きみですが、一番のグラッチェはやっぱり神楽坂でしたね…最後の最後までアレですよ…。(あの部分追加撮影だって聞いたんだけど、ホントだろうか…えらいものを追加してしまったものだ…)神楽坂には早いところ正気に戻ってもらいたいものです。でないと、可愛いすぎて困ってしまう…(なにが)。
後半株が急上昇したのが中津でした。中津!中津!中津びっくり!なんていい男なんだろう、中津!これは中身のひとの好演技といえるのではないでしょうか…。や、中津は原作でもあの通りの行動でとってもいい子なんですが、でもやっぱりドラマ版のがそれをしみじみと感じました…。中津のあの一人心の声演技、とっても楽しくて好き…回を追うごとに秀逸に…(笑)。
もう、花きみのドラマ版に関して言えば、佐野より断然中津派です。中津とくっつけばよかったのに…!てくらいに中津イチオシ☆最後、抱きしめてくれたときに感動した…!

ホリキティの演技も毎回元気が良くて可愛かったです~。原作付きだとどうしても「ここが…」とか色々違いを批判したくなるものですが、このドラマはドラマ版としてとっても楽しかったですよー。録画して残しておけばよかった。(見返すかどうかはともかく)
しかしなんですね…思い切り、単発スペシャルを作る気満々の終わり方しましたね…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
あんぐりしたよ!
これは絶対タカヤマてんての日記に感想でるだろうと予測して最終回スペサル見ましたが(不純☆)・・・神楽坂ってやっぱりタカヤマてんてが言ってた通り佐野LOVEなのだと納得しましたよ!!!!
(メイド指名の件とかvv)
でも最終回にしてポスターではわからなかったけど、寮生の否イケメン度どんだけ~!!!と思いました~(笑)。
2007/09/20(木) 00:57:39 | URL | マチコ #-[ 編集]
よくよく見れば、
否イケメン度も高いのですよね。笑。正夫とかもう、最後の方は「若い子に混じって頑張れ!」みたいな応援に廻ってましたもん(笑)
いやあ、しかしあの最終回を見てくれた方がいたとは…!神楽坂!神楽坂!と延々叫んだ甲斐がありました(^-^)あの子の佐野LOVE度はちょっと下げたほうがいいですよね…なに指名してんのおぉぉぉぉお!とか叫びました…。
2007/09/20(木) 08:35:38 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.