FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
うっかり…
日記を書くということを忘れきって一週間を過ごしてしまいました…。ワオ…。なんかこういうことをすると、本気で一ヶ月くらい書かなくなりそうで怖いな!続けられるうちは続けようと努力をしないと…。

冬支度パート2!なんか毛糸のもふもふした部屋着が欲しいな!と思って、ウロウロしに行きました。今年は白い毛糸のが欲しいな!という気分で。見つけたのはこちら。uni.jpg

黒ですよ、タカヤマさん(お約束)。だって、白いもふもふはすごく汚れそうなんだもの…。しかもゆにくろです。ていうか、実は初ユニ。ユニって色んなものがあってすごいのね!そして店員さんは、どこぞの中古本屋のように「いらっしゃいませー」「ありがとうございましたー」の大合唱。おおお…。なんだかすべてが目新しいカンジでしたよ…。
ついでにブーティが欲しくて靴を見に行ったのですが、買ったのは普通のブーツという落ちも…。お前…。だって、今年の新作なんですよと茶色のブーツの試着を勧められて履いてみたら、全然ヒールが低くて快適だったのです…。去年はヒールのブーツを買って、それであちこち旅行したら大変なことになったのでね…。
結局この秋のブーツは買わずに終わりそうです…いつだって流行に乗れない女…。

さて、先週から色々アニメが最終回してるので、纏めて感想アプです。
地球へ…の最終回をようやく見れました。
わあん!ほかのカプになびくことなく、トニジョミでよかった…!トォニィは最後までかわいそうだったけど、でもグランパと和解できて(?)よかったよ…!思わず貰い泣き。死にシーンはいつだって残されるほうが可哀想でならない人です。トォニィはあの瞬間、間違いなくジョミーと一緒に宇宙の果てにだって逃げたかっただろうけれど、ジョミーのお願いを断れる子供でもないので、泣く泣く戦線へ…ジョミーはそういう意味では最後まで鬼だったけれど、ちゃんとトォニィを抱きしめ返してくれたのでよしとしよう…(何様!)。トニジョミとか言ってますが、明らかに比重はトォニィ(成長後)です。可哀想レベルが高いのもそっちなもので…。
トォニィはほんとうにグランパのことが大好きで、一言グランパに「お前が頼りだ」とか言って、「頑張ったなトォニイ」と頭でも撫でてもらえれば、それで宇宙だって滅ぼしただろうに、たった一つだけ欲しかったグランパの愛情だけが欲しがれば欲しがるほど手に入らずに可哀想でした。子供の頃はそれこそ溢れんばかりに与えられていたのに、大きくなってジョミーの役に立てるようになった途端与えてもらえなくなってしまうなんて、もどかしくて仕方なかっただろう…でも仲間の前では絶対にグランパの不審なんて口にはしないし、自分にも信じるんだと言い聞かせて…うう、なんて健気…!ジョミーはちょっとトォニィの前ではブルーのことを考えたり言ったりするのは控えて頂きたかった。トォニィが可哀想で仕方ない。死んだ人間には勝てないし、生きてるときだってブルーが特別な存在なことは明らかだったんだしさ。
放映時間の都合という事情で最後大胆に前向きに次代を継承したトォニィでしたが、それでも永遠にジョミーのことが好きで、枕をぬらしながら寝るんだろうなと思わずにはいられない…。
まあ、トォニィが心の決着をつける様まで描いていたら二時間の映画版ができてしまいそうなので、割愛されたのは仕方ない…仕方ないさ…。(と自分に言い聞かせる)
暫くはジョミが生きてて普通に引退してトニに次代を譲り、老後はトォニィに愛されて暮らすドリームに包まれて生きようと思います…。トニはジョミが側にいればそれで幸せな子なので…。あの子が欲しかったのは、そう、家族…(泣)。
因みに、キスサムでもあるので、キースは死んでサムと幸せになったらいいよ、と普通に思ってます。
殆ど全部が面白かった地球へですが、フィシスだけキャラが固定してなかった気がするのは気のせいでしょうか…?なんか後半ずっと違和感でした…。

黒契約。地味に見てました。キャラは可愛かったのですが、結局最後は決着つかずに終わっちゃったなー感が否めない…。あの後黒は銀と二人で組織にはむかって戦うのだろうか…銀と黒が二人で潜伏生活をしてること自体思い浮かびませんが…(笑)。アンバーがよく判らなくて、思わず二回巻き戻して見ちゃった。(理解力なさすぎ)リーくんの大食いキャラが可愛くて好きだ…。あの子が対価を払ってないのはなぜかということに最終回まで気付きませんでした。そうか、人間だったからか…。

ぼくらの。
今期一番淡々としたアニメ…(といっても他を見てるわけじゃないからアレなのですが)。初回見て、ラスト数回を見て、という具合だったのですが、内容は掴めた。
で、最終回はどんな結論を出すのだろうと思っていたら、最後の最後まで淡々と、伝えたかったことを何一つ明確な言葉にして説明せずに終わったような気がする。視聴者の受け止め方次第といえばそうなのですが、思い切った作風だなーと思ったのも確か。
知らない人に説明すると、15人の少年少女がロボットの操縦者に選ばれてしまい、地球を守って戦うアニメ。ワオ、なんて簡単な(笑)。戦う相手は別の宇宙(?)の「地球」に住む人間の操るロボット。一戦につき一人がメインパイロットとなって15戦。メインパイロットになった少年少女たちはその戦いに勝とうが負けようが戦いが終わればその場で死ぬ。戦いから逃げれば地球ごと滅ぼされるだけ。相手も自分の「地球」を背負ってるから必死です。どちらにしても15人は全員死ぬ運命。(全話見てないので違ったらスミマセン)
で、その通り順番に死んでいったわけですが、裏でこのゲームを操ってる存在とか色んなことが出てきて、最後は一体どうなるの?と思っていたら、普通に最後の子が戦って、勝って、その子は今までどおりに死んで、でも地球は守られました、という終わりでした…。ううん…?
もちろん、引継ぎの契約をしなかったから、この怖ろしくばかげたゲームはここで終止符が打たれたわけですが、別のゲームを仕組んだ大本が片付いたわけでもなく、多分違うロボットが作られて違う地球で殺人ゲームは続いてゆくわけで…?とか、そういうことは考えちゃ駄目なんだろうか。答えを与えてもらいたがらずに、自分で結論を見つけなさいってことなのかな…?
黒契約と同じように、別の世界観のすべてに決着はついてないわけですが。両方ともコンセプトとネタは面白かったと思うのですが、最後がイマイチすっきりとしない気分です。すべてに明確な答えを与えて欲しがるのは考えることをしない古いアニメ世代の悪癖だって言われそう…。だってその通り、古い人間なんだもん…/笑。

そういえば、ODに友達が嵌ってて、ああ、見るかなあ…と思った矢先に終わった(笑)原作読めということでしょうか…読まずに終わりそう…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
そのアニメ
つか、アニメになってるってしらなかったんだけど、原作はおもしろいのよ。よんでなかったら今度かしますw
2007/09/29(土) 18:37:00 | URL | ジェリカ #-[ 編集]
原作ありき?
知らなかった!ぼくらのって原作つきだったんだ…今度お会いしたときに、よかったらみせてください~!(BBQ?)

そういえば、日記を読んでる限り死にそうにハードな人生送ってらっしゃいますが…レメント、インストールくらいはできましたか/笑。
2007/09/29(土) 20:55:21 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.