FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
遅まきながら、ひぐらし~!
071017_1807~0001.jpg

京都の和紙屋さんからオーダーしていた紙筒が届きましたvV受注生産なので1.5ヶ月待ちくらいだったのかな?でも可愛いので待てる待てる~!この大小さまざまな紙筒は、本当にお茶葉とか入れておくような、ああいう筒の紙バージョンです。写真で見たときはもっと小さくてインテリア的なイメージだったんだけど、実物きたら一メートルくらいある梱包でびびったよ(笑)!別に何かに使おうという目的があったわけではないのですが、あまりに可愛かったので…。でも丈夫な厚紙と和紙を使ってしっかり作られているようなので、そのうち揃えて使える環境を作りたいなと思ったり、でもやっぱり勿体ないと思ったり…(笑)。暫くはそっと保管しておこうと思います。やー、嬉しい。待った甲斐があったよ!

なんか本を読みたい気分なんだけど、特に読みたいものがない…と彷徨っていたワタシ。そういえばひぐらしが出揃ったら読もうと思っていたんだよな、と思い出しました。
でもひぐらし、全くの初心者にはどれから読めばいいか難しいですよね(^-^;)
とりあえず「解」と書いてない方から読んで見るかなーと恐る恐る手に取ってみる。(ラッキーなことに、それが出題編三部作で、なんとか順番に読むことが出来ました)
で、出題編なのでネタバレ感想とかはないのですが、…ひぐらし、怖い…!!!
びっくりしたよ、思わぬ恐怖度にびっくりしたよ…!これはもう、絵師さんの勝利としか言いようがない…。(特に一作目)Tがや先生が出た当時仰ってたように、可愛い絵なのに思わぬシュールさを描くもんだから、そのギャップが余計に怖い…!
夜から読み始めたのに、あまりの怖さに途中でやめることも出来ずに(とりあえず最後まで読みきらないと返って怖い)深夜まで延々読み続けてしまいました…。そして、暗闇が怖くなりました(あ痛)。
だって!だって足音とかさ!物音にすごく敏感に…(苦笑)。
もう夜中に一人でトイレ行く(っていうか自室を出る)のすら怖くて……………親を起こしました(末代まで祟られるべき恥)(祟りとか言うな!)。
しかもワタシ、普通に二冊で完結してると思ったら、これ全部「出題編」なんですね…。
…………。
早く、解を読まなくちゃ…(T_T)(ていうか解ってもう完結してるのかな?)(一巻しか見つからなかった…)
一応事件の最後までを読んだので続きが気になって…的な怖さはないのですが、もうもう、目を閉じてもあの真っ黒な目とかが思い浮かんでねえ…。夢にまで見たよ…。微妙に怖くない夢だったので、きっとひぐらしの恐怖レベル的にはそれくらいだと思うのですが(呪怨とかより全然直視できるレベル)、でもあの魅音の「くけけけけけ」って笑いのコマをエンドレスで思い出します…深層心理的にアレが一番怖かったのかな、ワタシ…。
(呪怨よりマシとかいいながら、読み終わった後部屋にコミックスを置いとくのすら怖くてそっと別の部屋に置きにいきましたからね)(どこまでヘタレなの)
ところで、作者様があとがきで物語の「鍵」が~との発言をなさってますが、優秀な読者であるタカヤマさん、どれが鍵なのかもさっぱり判らない状態。いやもう、製作者の意図通り踊らされるだけの読者です…。ワオ…。というか、何を出題されてるのかもよく判らないという…(え…それはちょっと…)。要するに、真犯人というか、どうしてこんな”怪奇現象”が起こったかを紐解けというお話なのかな、ひぐらしは…。誰の悪意が裏で絡み合ってこうなってるかを…。一作目から順当に読んだせいか、その後何を読んでも絶対にレナには裏があるとしか思えない人です。魅音は割りと二作目でバックグラウンドが見え隠れしたので、そこまででもない…。人間、判らない・理解できない相手に一番の恐怖を感じるものですな…。うまい手だなあと思います…。
因みに、三部作、全部犯人(悪意の持ち主)はちがうんですよね…。それでもって三部作全部チェックしないと見えてこない人間関係や謎があったんですが、それも込みで考えていいんですよね…?
ああいや、自分で解を読んで納得しよう…。こうやってあれこれ悩むことも、世界観を楽しむための要素ですよね、きっと…。

一年位前にひぐらし~のコミックスが乱発されてどれから読んでいいか判らないから、基本に戻ってゲームをやってみようと思ったら、ゲームもゲームで何作も出てたのでえー、いったいどういうゲームなのーと思ったのを思い出します…。これ一人で考え付いて作ったっていうんだから、それはとても凄いことです…。

て言うか、ゲームも「くけけけ」って突然笑い出すのかな。そしたら怖くてやれないな…。(そこか)
Comment
≪この記事へのコメント≫
怖いでしょぉぉぉぉぉ!
ね、ひぐらし怖いでしょう!?
恐ろしいでしょう!?
私は「綿流し編」の一番ラストの見開きページが怖くて怖くて・・・・。うわーん。思い出しちゃったぁぁぁぁ!
回答編は『鬼隠し編』に対応する『罪滅ぼし編』が2巻。
『綿流し編』に対応する『目明し編』も2巻まで出ています。
解シナリオ編はこれにあと『皆殺し編』と『祭り囃子編』があるみたいですが、コミックスはまだ出て無いんですよ。
こっちの深夜にやってるアニメの方はこの前『皆殺し編』まで終わりました。
一応こいつが犯人じゃね?と思っていた人が正解だったんですが、そこへ至るまでの推理の経路が全然外れでした。(笑)(人、それを勘と呼ぶ。)
ゲームの方がもっと怖くて面白いらしいんですが、怖くて手が出せません・・・。

2007/10/18(木) 21:09:02 | URL | Tがや #LaI6Bqtc[ 編集]
超こわかったっす…!
綿のラストも思い出したあああああ!確かにあれも思わずばたんと本を閉じてしまったほどでした…。でも綿が一番推理しやすいかな、といった感じもしました~。きっと外れているんだろうとは思っています/笑。
解は二作目まで出てるのですね!ありがとうございます!
祟のトリック(?)がさっぱりなので、せめて鬼と綿だけでもかする程度に謎解きがあたってるといいなー、と思いつつ…。暇潰し編を読みながら回答四作揃うのを待つか、いやきっと待ちきれずに読んじゃうのかな…。
深夜アニメも一回だけ見たのですが、内容がさっぱり??だったので見続けなかったんですよー。(途中から見たし)漫画で纏めて見ようと思います…。
そしてきっとゲームはやらないんだろうな、と…(笑)(だって!音つきであんなのが画面にいきなり映ったら心臓止まるし!)
2007/10/18(木) 22:20:46 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.